プロブロガーのイケダハヤトさんが自身の経験から惜しみなく伝える現代のブログの㊙︎文章法です。Kindleストアで400円ほどで売っていて、初めてiPhoneで本を読みました。
著者のイケダハヤトさんは、この本を出版した時点でブログ執筆だけで月50万円を稼いでいたそうですが、僕が見ている限りでもものすごく賛否が分かれる人です。イケダさんを嫌いな人は徹底的に嫌いですが、肯定的な人も多く、炎上をも恐れずにPVを稼ぎまくっています。
この本は、従来の文章法とは違い、現代のインターネット時代において自身のブログ記事を売り込みたい場合に即した実践的な内容が書かれています。例えば、「ブログ記事を売り込む」ということを「ストリートミュージシャン」に例える場面が出てきますが、まさにその通りで、いくらいい文章を書いても、読者がいなければ目的は達成できません
これは個人的にもすごく心当たりがあることで、ぼくがアメリカ留学時代に大学の授業で数々の小論文を提出しましたが、言語のハンデがあるにも関わらず、成績はとても良かったです。専門科目だけで言えば、GPAは3.72(4.00が最高)とアメリカ人学生の中でも優秀といえる成績でした。しかし、ブログで同じクオリティの記事を書いても、ぼくにはほとんどPVを稼ぐことができません
大学では「教授(かグレーダー)」という読者が、努力せずとも確保されていましたが、インターネット上では読者を確保するところから始めないといけません。こういった「勝負する土壌の違い」を踏まえた上で戦略を立てる必要があるということです。
もちろん、それ以外にも、読者を獲得し定着させる技術や実践方法、さらには書くことによる自分への社会的な面や心身への好影響などにも考察が及んでいて、いろいろと参考になります。
当ブログでは、アフィリエイトなど特にやってないので稼ぎは0円で、PV数も記事投稿時に1日で10PVいくかどうかぐらいのお寒い状況です。恐らく、やり方が古くて、今のインターネット上の常識やトレンドなどに追いついていないのが原因なのですが、この機に、この本に書いてあることを実践してどこまでいけるか試してみようと思います。