栗田 宏昭 のすべての投稿

オレゴン州・ポートランドで「コミュニティ開発」を学んだ湘南のコミュニティ活動家。「湘南で働き、遊び、暮らす - 「湘南」を生活圏に!」をかけ声に活動中。帰国後第一弾プロジェクトは「平塚市民プレス」http://hcp.main.jp/

I”m a community activist in Shonan, Japan, who have learned Community Development in Portland OR. My objective is to make Shonan region go independent from Tokyo region as a metropolitan area.

Twitter: clikanist
facebook: Hiroaki Kurita
Skype: clikanist
mixi: clikanist

第54話 高田馬場での出会い

成田空港から京成線に乗り、日暮里で山手線に乗り換え、19時過ぎに高田馬場駅に到着した。 ニックスに再度携帯電話を貸して知人に電話してもらったのだが、ニックスは日本語が読めないので、待ち合わせ場所を決めるのにうまく会話が出来ていないようだったので、途中で僕が代わって待ち合わせ場所など聞いた。 ニックスの知人は、ヒデヒトさんとアツコさんの2人のカップルで、どちらもワシントン大学への留学経験があり、その […]

第52話 シアトルでの再会、賑やかな晩餐会となる

シアトルのダウンタウンでお土産を購入した後、ホテルでニックスと待ち合わせる為、この日は徒歩でホテルへ戻る事にした。 ホテルに着いて部屋に荷物を置き、ロビーで日記を付けながらニックスを待つことにしたのだが、時間になってもニックスは現れず、ホテルの外に出て分かりやすいように大きな通り沿いで待つが、それでもニックスは現れなかった。 「やはり冷やかし半分だったのかな」とがっくりしつつも、ロビーで暫く日記を […]

第51話 アメリカの地で買い物恐怖症を患う

ワシントン大学の広大なキャンパスを散策した後、ニックスに薦められたユニバーシティ・ビレッジというショッピングセンターまで言ってみる事にした。 ユニバーシティ・ビレッジまではかなりの距離があって、普通だったらバスで行く距離だという事も知らずに、バカみたいにまた徒歩で向かってしまった。 さすがにへとへとになって充電が必要だと思い、到着後、まずアメリカ最安といわれるスーパーマーケットのセーフウェイに寄っ […]

第50話 旅行8日目 ワシントン大学訪問

11月10日(木)、この旅行もあと2日を残すところとなった。 この日も早朝6時過ぎに起床し、国内、国外問わず、早起きは僕の得意技となった。 さて、この日の予定は次の通りだ。 1.バスでワシントン大学まで行く 2.ワシントン大学を訪問し、その後は大学周辺を散策 3.バスでダウンタウンに戻り、お土産を購入 4.ホテルにてニックスと再開 5.ハジメさんの家族と合流して皆で晩餐会 6.前日と同じホテルでニ […]

第49話 シアトルのダウンタウンを散策

アムトラックバスの運転手の荒い運転あってか、予定よりかなり早くシアトルに到着した。 時計を見ると15時50分で、まず、ダウンタウン内のバスの無料ゾーンを利用してダウンタウン中心部のパイク通りまでバスで行った。 サンタモニカでも立ち寄ったアバクロンビー&フィッチ(アバクロ)という洋服屋や、ノードストロム・ラックというノードストロムという高級デパートの型落ち品やアウトレット品を激安価格で扱っている店な […]

第47話 旅行7日目 暫しの別行動のばずが・・・

11月9日(木)、旅行7日目の朝は7時半に起床。 訪れたばかりの土地で、知合ったばかりの外国人と目覚める朝は当然僕の人生で初めてで、まだ夢の中にいるみたいだった。 さて、今日の予定は次のようになっていた。 1.ニックスはこの日宿泊予定のユースホステルへ。僕はダウンタウンを散歩 2.バスの出発時刻前にパシフィック・セントラル駅に戻り、アムトラックでシアトルへ 3.シアトル到着後はダウンタウンを観光 […]

第46話 出会ったばかりの外国人と明かした一夜

ブリティッシュ・コロンビア大学からバスに乗り、ホテルの近くで一度バスを降りて、今度は別のバスでチャイナタウンに向かった。 チャイナタウンのある適当なレストランで僕達はディナーにしたのだが、そこで注文した中華料理の量は凄まじかった。 麻婆豆腐や回鍋肉など10種類くらいの中華料理の中で好きなものをトッピング出来たので、それぞれ3品くらいのおかずを注文したのだが、超大盛りのご飯の上に殺人的な量のおかずを […]

理想の経営(2)バンドマン社長・河野 章宏さん率いる「残響」

「理想の経営」というちょっとした連載で、いくつか例をあげながら、僕の勝手な経営の理想像を説明しています。 ①オレゴン州ポートランドのフードカート:小規模でもみんなが経営者になることにより、力を発揮出来る人が増える。 ②バンドマン社長・河野 章宏さんの「残響」:社員が成長することによって伸びる。 ③家入一真さんのLiverty:眠っている労働力を総動員してマイクロ事業を立ち上げまくり、利益をメンバー […]

第45話 ブリティッシュ・コロンビア大学訪問

今後の予定が決まると、早速、貴重品だけ持ち、フロントでブリティッシュ・コロンビア大学への行き方を聞いた後、バスに乗ってブリティッシュ・コロンビア大学へ向かった。 結局、僕はカナダドルに両替をしなかったので、バスの料金もその後かかる食費などもニックスに任せっきりだった。 ブリティッシュ・コロンビア大学へはバスに乗って30分ちょっとくらいかかり、到着するとすぐに、帰りのバスの時刻を確認した。行きのバス […]

第44話 見ず知らずの外国人とホテルをシェアする、あなたには出来ますか?

ニックスと名乗ったシンガポール人は、まだこの日の宿泊先を決めていなかったようで、僕は事前に予約してある旨伝えると、「ホテルを一緒にシェアしない?」と提案してきた。 もちろん料金も半分で、ベッドが2つなければ床で寝ても構わないと言っていた。 この時点で、まず、ニックスという人間を良く知らなかったし、言葉の通じない異国の地でシンガポールという文化も知らず、何が起こるか全く想像が出来ない状況で、僕の頭の […]