平塚市で行われた『第一回 三十路式』に市民記者として潜入取材!


1月14日は成人の日です。今年は暴風雪の成人の日となりましたが、平塚市を含め、各地で成人式が華やかに行われました。

しかし、その真裏では、成人式から10年が経ち今年三十路を迎える青年たちの集いも行われていました。その名も「三十路式」!数田市議会議員に声をかけて頂き、平塚市民プレスでも取材に入らせて頂くことが出来ました。

「あれから10年、そしてこれから10年、同じ地域に生きた仲間たちとの繋がりの再構築」を掛け声に平塚市、大磯町、二宮町、中井町合同で行われたこの三十路式は、地域の30代の有志が実行委員を形成し、約1年前から企画を始めたそうです。(facebookイベントページ参照)

始まりは、言い出しっぺである実行委員のウラグチさんの何気ない一言から始まったそうです。その後、実行委員を集めて度重なるミーティングを経て、中学のアルバムを中心にみんなの住所を収集し、招待状を送りました。

その結果、荒天にも関わらず、実行委員・スタッフ・出演者で総勢300人もの地元の同級生たちが集まりました。悪天候のため、来れなかった人も多かったようですが、当初は350人近くの参加が見込まれていたというのが驚きです。会場はサンライフガーデン5F(江陽の間)でしたが、移動が困難なほどでした。

まずは、三十路を迎える落胆など微塵も感じさせない会場の様子をご覧ください。(スライドショーにも切り替え可能です)

[nggallery id=10]

この司会の彼は、かなりの名物司会者でした。名前を忘れてしまったのは記者として致命的なんですが、普通に素人記者なので許してください。

その他、数田議員や学生服のトキワヤのトキワさんなど、青年会議所メンバーをはじめ、実行委員はタレント揃いで、うまく役割分担をして運営していました。

実行委員で言い出しっぺのウラグチさんが、落合市長や河野太郎衆議院議員らに見守られながら開幕のスピーチをしました。続けて、市長を始め、議員の方達が順にスピーチを。

会場の様子です。この参加者の多さは圧巻でした!会場の様子をリアルタイムでUstreamでインターネット配信するなど、若者らしい取り組みもみられました。(後ろのスクリーンからも映像が映し出されていました)

ステージ上にて、鏡開きも行われました。イベント終了間近には、一部で、このお酒を浴びるように飲むことになるのですが…成人式では酒は出ませんが、酒浸りになれるのが三十路式のいいところですね。笑

乾杯の号令とともに、懇親会開始!

会場の一角には、「この10年でHAPPYだった事」や「親に一言」などいくつかのお題から一つ選んでメッセージを記録できるビデオレターのブースが。みんな、思い思いに語っていました。

ちなみに、この写真にあるように、この三十路式は、子連れも配偶者の参加もOKで、夫婦親子での参加者がけっこういました。

このブースの模様は、下記のYoutubeページに公開されています

パフォーマーも当時の同級生からってところが素敵ですね。(同級生からのゲストパフォーマーたちの詳細は数田さんのレポートをご覧ください)

月謝7000円で日本舞踊を教えているそうです。普段は教える方の専門らしいですが、今回は一肌脱いで彼がパフォーマー側に。

会場外に出ていて聞き逃してしまったのですが、このグループもこの地域出身の同年代だそうです。手話を使った「HAND SIGN」というダンスグループで、地域の盲学校などを回って活動し、今年からオスカープロモーションに所属し、NHKの番組にも出演しているそうです。

同級生たちの中からミスター&ミスを決める投票が行われてました。

数田さんとトキワさんという青年会議所の三十路コンビによる、桜の植樹の説明です。翌朝、毎年行われる渋田川の桜祭りの会場にて植樹式が行われました。

毎年、桜祭りに参加してこの桜を見れば、当時のことを思い出すかもしれませんね!

最後に、実行委員のみんなで記念撮影。みなさん、本当にお疲れ様でした!

会場外ではActivation Studentの高田くんら学生のボランティアが受付をしてくれていました。

また、その横では、平塚商工会議所の青年部の方が、三船敏郎と石原裕次郎主演の「黒部の太陽」上映会のPRに訪れていました。この映画は、東日本大震災復興支援チャリティーとして上映され、売り上げの10%を被災地へ募金するそうです。

2月 23日 (土)13:00から、場所は平塚市民センターで。チケットは前売りで1000円。DVD販売などされていないそうなので、ぜひこの機会にどうぞ!

~~~~他サイトに公開された三十路式の話題のリンク(随時更新)~~~~

平塚市で第一回三十路式が開催されました | モトシロブログ

実行委員の数田さんのfacebookでの報告(写真多数あり)

第一回 三十路式 平塚大磯町 二宮町 中井町 合同 ビデオレター(Youtube)

三十路式そして… | 駿太オフィシャルブログ「打倒ムエタイ日記」

平塚市内ホテルで「三十路式」、友情確かめる/神奈川  | カナロコ

三十路式で”10年ぶり”の再会 | 平塚 | タウンニュース

【JiN】湘南ジャーナルにすこ〜〜し(・ω・)【三十路式】 | HANDSIGN Official Blog

第二の成人式 1市3町合同、有志で「三十路式」| 湘南ジャーナル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

取材後記:

「三十路を迎える」というのはどこかネガティブなイメージがありますが、この三十路式の模様を見るとどうでしょう?三十路といえど、まだまだ青年真っ盛りで、ものすごいエネルギーに満ち溢れていました。僕も、自分が三十路の時にこんなイベントがあったら良かったのになと感じました。

同窓会っていうと従来はクラス単位のが主流だったと思うのですが、これだけの規模での同郷の同級生たちの集いになると、生み出されるインパクトもものすごいものになる気がしました。平塚に骨を埋めようと思っている筆者にとっても、これだけ多くの同年代の友が地元に集まり、地元に思い出を残してくれたのがとても嬉しかったです。

今回、実行委員の中でも中心的な存在だった数田さんにお誘い頂き、「取材」という名目で会場に入らせてもらったんですが、こんな素人記者集団に声をかけてもらってとても嬉しかったです。MC妖精くん関係で全国ネットの番組担当の方から声がかかった時もそうでしたが、誰でも市民記者活動を通して縁を広げ、何らかのチャンスを掴めたりするんじゃないかと思ってます。

筆者は、平塚市民プレスの言いだしっぺですが、記者としてもカメラマンとしてもド素人です。会場にいる間、何をすればいいのか分からず常におどおどしてました。笑 でも、逆に考えれば、こんな素人記者集団でも役に立てることがあるってことだと前向きに捉えています。(平塚の方ならみなさんが市民記者候補なので、ぜひ記者登録してください!)

来年の「第2回 三十路式」は一年後輩の有志たちが主体になると思うんですが、今回の実行委員のみなさまにはぜひとも後輩たちへのサポートをして続けていってほしいです。ともあれ、みなさん、本当にお疲れ様でした!

Similar Posts:

「平塚市で行われた『第一回 三十路式』に市民記者として潜入取材!」への0件のフィードバック

コメントを残す