ドリームパスポート:平塚市内の小学生をプロスポーツ観戦に連れていこう!

今月より、市内の小学生向けにプロの試合が無料観戦出来るパスポートが配られるようです!
総合公園の施設でサッカー、野球、バスケットボールのプロ3リーグが見られる、そのなも「ドリームパスポート」!

噂には聞いていたんです、なかなか正式なニュースが見つからなくてこれまで報道出来ませんでした。
でも、最近になってタウンニュースや広報ひらつかでも正式にニュースになってました。

タウンニュースの記事;プロの試合を無料観戦

o0315046612443234367みなさんご存知の通り、湘南BMWスタジアムをホームスタジアムとする湘南ベルマーレは、現在、Jリーグでプレイ中です。
現在の順位は16位と低迷していますが、まだまだシーズンは始まったばかり!
みんなで盛り上げていきましょう!

左の画像は、平塚のさすらいの似顔絵師の一寸木(マスギ)くんによるキリノ選手の似顔絵。

野球に関しては、 湘南ジャーナルの記事「プロスポーツのあるまち:イースタン・リーグ2013シーズンも開幕で知ったんですが、平塚球場は横浜DeNAベイスターズファームチーム(2軍)の準本拠地なんですね。

スクリーンショット 2013-04-02 22.33.54しかも、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」のホームアリーナが、平塚市の総合体育館だとも知りませんでした。
漫画のスラムダンクで、湘北がインターハイ出場を決めた場所が平塚の総合体育館をモデルとしているそうで、実はバスケの世界では重要な体育館だったんですね。

いや〜、平塚市内で小学生のいるご家庭は羨ましい!
会社の人などで、家に案内が来ているという話を聞いて、いいないいな〜と思ってました。
筆者も実は小学生くらいの子どもがいてもおかしくない年齢なんですが…汗
市内でスポーツが盛んなうちに子どもを育てたいんですが、まずは婚活を成功させないと…

市内には小学生が約1万4千人いるらしく、事業費は1380万円にもなるそうです。
当然、この費用は僕らの税金から出ている訳で、この事業は賛否両論でしょうね。

筆者としては、とても素晴らしい事業だと思ってます。
子どもたちに地元を好きになってもらえるし、地元でスポーツの文化も盛り上がるし、結局、地元の施設のためにお金が使われ、地域で循環しやすくなると思いますし。

ぜひとも、出来るだけ多くの市内の小学生にこの機会を使ってプロスポーツの文化に触れて欲しいです!

Similar Posts:

コメントを残す