平塚市民プレスに載せた記事

ぷちひらつか2012 〜キッズビジネスタウンひらつか〜

2006年から毎年開催されているという「ぷちひらつか」が今年も行われる。

日時:8月5日(日) 10:00~15:30(受付9:20~)

  • 場所:平塚商業高校

「ぷちひらつか」は、平塚の青年会議所が主体となって取り組んでいる、子どもたちによる子どもたちのための仮設社会のこと。子供達がその仮設スペースの中で自由に社会を形成し、失敗を含めたプロセスを大人たちが温かく見守る、という試み。原型は、ドイツの「ミニ・ミュンヘン」という取り組みにあり、日本では、佐倉市の「ミニさくら」や千葉商科大学の「キッズビジネスタウン」などが有名。ぷちひらつか2012 〜キッズビジネスタウンひらつか〜

原型となっているドイツの「ミニ・ミュンヘン」について、以前、ミニ・ミュンヘン研究会の方が編集したドキュメンタリー映像を見たことがあり、衝撃を受けたことを覚えている。その流れが、ここ平塚にも来ているということに、個人的にとても嬉しく思った。続きはこちら

 

 明るく楽しく団地祭

山下団地自治会の盆踊りを取材してきました。実は、元々、東京の稲城市の平尾団地の盆踊りを見に行こうと思ってたんですが、やっぱり市内の記事のネタをと思い、急遽予定を変更しました。

ツイッターで実況していた内容を元に、盆踊りの模様をお伝えして行こうと思います。

山下団地の盆踊りで、バナナの叩き売りの大道芸が、ちびっ子たちに大受け!売ってるおじちゃんはものすごく口が悪かったけど、何となく昔ながらの人情を感じさせる憎めないおじちゃんだった。続きはこちら

隠れた名所:平塚大橋から臨むビオトープ

この写真は、山下と上平塚を結ぶ「平塚大橋」から湘南平方向に写した写真です。(平塚大橋の地図)花水川のほとりの木々に着いている白いものは何だか分かりますか?遠くから見ると、ゴミがへばりついているようにも見えますが、ゴミではありません。

平塚大橋から、花水川沿いのハイキングコースに入り、ちょっと近寄ってみました。住宅地など市街地に囲まれているとは思えないくらい、素晴らしい自然だと思いませんか?この時点で、ここは平塚のかくれた名所だと思いました。続きを読む

 

 

平成24年度 事業仕分けの実況中継

2012年度の事業仕分け作業が、本日8/11(土)に行われました。仕分け対象の事業一覧はこちらです。また、各事業の詳細事業シートはこちらにPDFで保存されています。

構想日本を迎えて初の事業仕分け作業です。2班に分かれ、それぞれ4人の仕分け人とコーディネーターが、各平塚市役所の事業部の担当に質疑をし、最終的に仕分け人の採決で対処方法が決まるというものです。

事業仕分けの判定は、1.不要、2.必要性の再検討、3.国・県・広域、4.要改善、5.現行通り、の5段階評価。今回は20もの事業について仕分けがされ、一事業あたり30分の討議時間がそれぞれありました。続きを読む

Similar Posts:

コメントを残す