「グローバルvsローカル」カテゴリーアーカイブ

平塚市民プレス(仮)立ち上げ作戦会議

ローカル市民メディアの立ち上げ勉強会が開催されました。「平塚市民プレス」という仮タイトルで、β版として、早速サイトを立ち上げることになりました。仮コンセプトは「完全市民目線、つまりあなたが書くんだべ」ということで。まだまだ計画段階なので、是非次回の勉強会にご参加ください!

勉強会の書殴り議事録です。汚いです。 ow.ly/i/Mxal

参加者:@yossy_morisaki@masanari_iida @p0p0ji

平塚市民プレス(仮)立ち上げ勉強会でその他話されたこと→サイトが荒らされたり、炎上して収拾がつかなくなった場合のコントロールは難しい。規約でガチガチに固めて管理側がコントロールするのもありだけど、出来れば記者同士、市民同士で話し合って解決する流れを作りたい。

一番の対処法は、「平塚をより良くしたい」という意識を共有すること。そのために何が出来るかをこれから考えていく。実名やその他のプロフィール情報を必須にすることも、不用意な中傷などを防ぐのも効果があると思われる。出来るだけ参加の敷居を下げたいけど、その辺はしっかりやる

子どもたちの参加も募りたい。だけど、実名で参加させることに問題が発生する可能性もある。今後、子どもたちの安全で十分な参加の確保についても検討を進める。また、個人としてではなく、数人(グループ)での取材・記事投稿なども自由にやってもらう。

サイトの管理側がどこまでコントロールするかの考え方について。あまり思わしくない記事やコメントを書く市民も出てくることが予想される。悪人と言えるような人が出てきたら、排除して隠す?その必要がある場合もあるけど、基本的には、「悪人がいる平塚」もありのまま示したい。

現状のローカルメディアの問題点について→他のローカルメディア(タウンニュースや湘南ジャーナル)は、記者が固定されて必ずしも市民目線とは言えず、型にはまってしまっている。また、市民による平塚情報は確かにあるけど、バラバラに散らばってしまって埋もれてしまっている。

その点、平塚市民プレス(仮)は、このプラットフォームを介して市民が自由に平塚に関する情報を発信でき、平塚市内の地区や近所レベルの情報までも蓄積出来る。facebookなどより記事、記者という意識が高く、タウンニュースなどより自由度が高く市民目線のメディアになる。

応募の動機と事業仕分けに対する考え

平塚市で、この夏に行われる事業仕分け作業に向けて、市民からも事業仕分け人を募集しています。(募集期間は6/15(金)まで)www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/gyoukaku/jigyousiwake.htm

僕は、応募するためにしっかりエッセーも書いたのだけど、応募条件に反する点があったので、応募を取り消すことにしました。それは、「市民仕分け人を委嘱する日(平成24年7月13日)に市内に1年以上在住している方」という項目。

まぁ、うまくやればバレないとは思ったのですが、そもそも、確かに、僕がまだ平塚に帰ってきて3か月しか経ってないということは、僕はベストではないということだということです。かなり僕の中で葛藤がありましたが、他の市民の可能性を信じる意味でも、応募は辞退することにしました。

なので、平塚市民のみなさん、いいエッセーを書いてふるってご応募ください!

せっかくなので、僕が下書きしたエッセーをここに載せておきます。

 

応募の動機

応募の一番の動機は、自分が市民という立場で具体的に市制に関わって、どのように感じ、どのように行動が変わるのか、その体験を他の市民に語り、鼓舞したいと思ったこと。一市民という立場で、政治の分野でどのような影響力を持ち、どこまで達成できる可能性があるのかを見極めたい。また、専門家ではない立場で参加することが、どのように危ういか、逆に、他の参加者のやり取りを観察し、専門家任せにすることがどんなに危険なのかも客観的に判断し、積極的に発信していきたい。

事業仕分けに対する考え

アメリカのポートランドでコミュニティ開発を学んだ。平塚では20年かかっても実現出来ないようなことが、3年くらいの刻みでスピーディに進んでいく。市民の参加が盛んで、行政と市民との間で、事業の優先度がよく合意されているから、迷いがないのだと思った。

数年前に民主党が行った事業仕分けは、良い部分もあったが課題も多く残った。まず良かったのは、事業仕分けを実際に断行したこと。逆に、課題は、コスト削減を意識するあまり、必要なものまで削減してしまった事業があったこと。例えば、学校の耐震強化の予算削減。自然災害が起こらなければ必要ないが、実際に起こった。去年の大震災の時に、この耐震強化が生命線となった地域はたくさんあったはず。

事業仕訳は、コスト削減のためではなく、あくまで、行政改革のために行われるべき。コストの議論は単に一要素。必要なことであれば、コストがかかってもやる。つまり、必要な事業を見極め、優先順位を決めること。そのシンプルで地味なことが、まさに行政改革だと認識している。先に紹介したポートランドは、この行政改革が常時行われており、そのために、アメリカ一般の都市とは一線を画した発展を遂げている。

個人的には、平塚とポートランドを比べて、平塚の方が環境的に劣っているとは、必ずしも思わない。むしろ、自然環境や人口密度の高さなどで、ポテンシャルは高いと思っている。劣っているのは、市民の参加と行政改革のスピードだ。私は、平塚を愛する一市民として、これらの点を促進する人生でありたいと思っている。

平塚駅南口「ぶらりはしご酒」に参加

一緒に行く人はまだ見つかってないけど、買ってしまった。明日、平塚駅南口周辺で行われる「ぶらりはしご酒」のチケット。まぁ一人でも行ってみたい。 ow.ly/i/CNVd

平塚南口でひとりぶらりはしご酒一軒目: 串平 ow.ly/i/CWVh

平塚南口の一人ぶらりはしご酒二軒目 松麟亭 少ないけどうまい! ow.ly/i/CX26

5杯も飲むと、酔っぱらってしまうだろうなぁ。2杯目は泡盛にしてしまった。

三軒目はwoodshopというバーだったんだけど、ばったりラジオのナパサの人とブラジル音楽の今井亮太郎さんと会って、話が弾んでしまって、写真を撮り忘れた。

今井亮太郎さんは、僕がフォローしていることを覚えていて、わざわざ話しかけてきてくれた。すごい記憶力と思うと同時に、平塚の活動家にとても注意を払っているんだと思った。素晴らしい人だ。

四件目は、マリールイーズで!

火曜にこの混みはあり得ない!一品といえど、かなりの地域の経済効果になると思う。

最後はいしけんさんで。地物アジの南蛮漬け。うまい!ow.ly/i/CXwZ

ビール、泡盛、カクテル、ワイン、日本酒!

一晩で5軒も何の気兼ねなくはしご酒出来るなんて、とてもリッチな経験だった。普段だったら、飲み屋行って一品だけで終わらすなんて失礼にあたるのかもしれないけど、ぶらりはしご酒みたいなイベントがあれば、居酒屋もお客もハッピーなんだよね。

困るのは、ぶらりはしご酒のイベントに入れない全国チェーン店などだけど、地元の居酒屋たちが協力し合えば、やがて巨人をも打ち負かすことが出来るんだよね。全チェーン店が必ずしも悪ではないけど、やっぱり、ローカルのお店ともっと競合出来るような状況が好ましいと思う。

平塚の南口は熱いなと思った。正直、北口に比べると南口はぱっとしないけど、今現在どんな状態なのかが重要なのではなくて、どれだけ活動家がいるのかが問題なのだと思う。

フードカート・ビジネス計画

今日はポートランド美術館が入場料無料の日で、友達ととても楽しい時間を過ごしたんだけど、その前にバイトをして実はものすごく疲れてた。他のこともしながら、焼きそばを18食作るのって、結構重労働。 

でも、フードカート(屋台)ビジネスは、日本に帰ってからも地元で是非やりたい。 

家の近くのスーパーの駐車場の一角を借りて、揚げ物専門のフードカートなんて面白いかなと思ってる。「地元の素材」と「オーガニック」、「揚げたて」、「安全(放射線検査など)」、「旬の素材」などに拘って。 

普通にネタばらしちゃったけど、むしろ、やりたい人は、それぞれの地元で始めて見て欲しい! 

うちの畑もフル活用して、フードカートで売る天ぷらや揚げものに使う旬の野菜を栽培したい。 

フードカートをやったとして、ものすごく儲かる訳じゃないんだけど、地元の人たちとコミュニケーションをとってコネクションを作るにはもってこいだと思う。 

ポートランドでお世話になった人がいろいろアドバイスをくれた。一つは、NPOとしてカート(屋台)を運営し、自分の給料を除いた利益を、災害時の非常食を用意し保存しておく資金に充てること。災害時にカートが生き残るかわからないけど、災害後の炊き出しとしても使えるようにする。 

もう一つは一つ目と関連することで、僕のまちづくり事務所の活動とも絡めること。全体のまちづくりの活動の一環として考えるということ。そういうことを考えると、いろいろ可能性が広がってきて面白い。やっぱり、自分だけの想像力だけじゃ不十分で、いろんな人からアドバイスやアイデアを積極的にもらっていかなきゃと思う。

国や自治体をビジネス•ユニットと見なす

今のご時世、自治体をビジネスユニットと見なして、市民と役所が一丸となって経営していかないと、生き残れない時代だと思う。 

グローバル化で国が強くなるとは限らない。グローバル企業がどんどんリッチになったとしても、それが国益になるとは限らない。アメリカがそうなってないいい例だ。アメリカ発のグローバル企業は、安い人件費の安上がりの国•地域を自由に選んで経済を展開する。多くの企業が、国益なんて気にしてない。 

企業が国益や自分の自治体の利益を考えないなら、国や自治体は、それぞれ生き残りをかけて同じように自分たちに有利なようにビジネスを展開するしかないってこと。 

国や自治体が、自分たちに不利になるような企業の経済活動を制限することは、普通にありだと思う。落としていく法人税や市民の雇用状況などのプラス要素以上に実は損失を被り続けていないか、いろんな角度から審議し、見極めていく必要があると思う。

ポートランドの市長候補たちのディベート

ポートランドの市長候補たちのディベートを見に行ってきた。さすがに面白そうな人が出てきてるなと思った。このディベートも、高校生が主になって主催し、特に将来の有権者に来て欲しいと願って開催されたものだったようだ。 ow.ly/i/r9fd 

政治の分野で、子ども達が「蚊帳の外ではない」と思わせる雰囲気作りは必要だと思う。投票権を持ってなくても、子ども達が政治に影響を与える手段なんて沢山あるんだし。 

ポートランドの次期市長候補は、若い男性と年配の男性と女性の3人だった。これだけの情報で判断するなら若い人がいいかもしれないけど、ディベートを聞いた感じ、年配の男性と女性の輝かしい実績から、先見性は証明されているようなもので、年配の候補たちに歩がありそうな気がした。 

男性の方はCharlie Halesさんで、長年の議員としてのキャリアを通し、ポートランドの公園やライトレールの発展に大きく貢献した。女性の方はEileen Bradyさんで、2000人の雇用を生んだローカルのスーパーマーケット•チェーン「New Seasons」の創業者の一人。 

どちらが市長になってもポートランドは引き続き良くなりそうなもんだけど、個人的にはEileenさんの方がいいな。経営者としての能力とローカリゼーションの哲学を兼ね備えた人はとても貴重だと思う。

インターン第二弾がほぼ完了

  

インターンのメインイベントが無事終わった。成功と言えるかな。そんなにすごいことをした訳じゃないけど、プロジェクトの狙いはとてもいいと思った。

そんなに大きな集いではなかったけど、東ポートランドのネイバーフッド・アソシエーション(連合自治会のようなもの)の役員が32人集まって、情報を共有し、知り合い、学び合い、モチベーションを高め合う集いとなった。専門家を呼ばず、基本的には役員自らが作り上げるところがポイント。 

僕は最後の締めの部分のファシリテーションを任されたけど、意外とステージフライトなくうまく出来た。SGIの活動で大勢の前でスピーチする訓練をしてきたのはでかいな。

自治会サポート事務所のちょっとした構想

設立しようとしている事務所の属性的に、事業収入をどう得ていこうかと悩んでたんだけど、意外と方法はありそうだな。ただ、「自治会の活性化」という目的から少し離れないと難しい。住民からの自治会の会費から少しずつ吸い上げる訳にもいかないし。 

事業収入の案としては『「仕事」と「遊び」の垣根をなくす』(bokudeki.me/personal/idea/3807/)で書いたように、地域の定期的なふれあいの場を作り、手作りドーナツなどを売ったり、これも地域のふれあいの場作りの一環でストリートでドーナツを売ったり。 

元々、最初はボランティアを集めてお金のかからない形で事務所を経営し、実績を積んでいこうと思っている。そこから、そういった事業収入と寄付金、市からの補助金などで本格的に事業を拡大していく。最終的には、自治会の活性化の事務所と有給スタッフを市の一部として持つようにする。 

自治会活性化のための事務所で最初にやろうとしていることは、自治会ごとにウェブサイトを作ること。自治会の会合や地域の行事をサイト上のカレンダーで見れるようにするだけで、住民が知って参加する機会が格段に上がるはず。 

それから、事務所の活動としてやりたいことは、地区ブロックなどの単位で自治会の役員さんたちを集めて、みんなが元気になって、モチベーションを上げて自治会の活動に戻っていけるような場を四半期に一度などの間隔で作りたい。これは、今、研修でやっているプロジェクトからのアイデア。 

さらには、その事務所でやりたいこととして、ボランティアで手分けして、その地域のキーパーソン100人へのインタビューをして、関係をつくるのと同時に、その地域の強みと弱み、機会と脅威をそれぞれ聞き、分析してレポートを作成し、自治会に届ける。これは、前の研修先でやってたようなこと。 

まだまだあった、地域の新聞を刊行したい。地域の人なら誰でも記事を書けるようなブログも必要だな。それと、地域の範囲でフォトジャーナリズムみたいなこともやりたいし、アンケートを取ったりして社会科学の実験なんかもやりたい。 

あと、リアルタイムの話題で、サイクリストが歩道を走れなくなったことへの対応として、自転車の優先道路なんかの策定も、各自治会と連携しながらやっていきたい。 

もちろん、伝統的なお祭りの計画にもファシリテーターなどとして関わりたい。

Keep Portland Weird!

日本に帰国してそのうち起業するなら、ドーナツのフードカート(屋台)でもいいなと思った。今日、バナナベーコンなるドーナツを食べて、ベーコンの塩味でバナナの甘さが際立って面白いなと思った。ネタばらししちゃったけど、こういうのって日本でもあるんだろうか?

ドーナツのフードカートでミスタードーナツとかのチェーン店に挑戦してみたいってのもある。ポートランドには、Voodoo Doughnut(ow.ly/7uPOS)という地元の名物店がある。まずいのに大人気。フードカートもたまに出してる。

Voodoo DoughnutのTexas Challengeってドーナツは、レギュラーのドーナツ6個分の量が詰まったドーナツらしい。それで、これを80秒で食べたらお金返してあげるって。面白すぎる!Keep Portland Weird!

ポートランドの人は、”Keep Portland Weird”って言って、自分たちの街がずっと変であることを望んでいる。「変な〇〇」ってのをネガティブな表現としてタブー扱いする人がいるかもしれないけど、ポートランド人のように「変でいること」をポジティブに取ることも十分出来る。

「変な人」や「はみ出す人」が自然に受け入れられ、のびのびと活動できる。そして、他のみんなも「変でもはみ出しても別にいいんだ」って思えるようなコミュニティがいい。

グローバル化対策はこれでバッチリ?

TPPに参加しようがしまいが大事なのは、消費者として買い物をするときは自分に近いコミュニティに有利なお店で有利なものを選ぶ。労働者として、自分に近いコミュニティに利益のある仕事をする。ステーク•ホルダーとして、自分に近いコミュニティを強くする為に政治活動に参加し、戦略的に進める。 

TPPに参加しようがしまいが、僕たち国民が、消費者として、労働者として、ステークホルダーとして賢く行動するための議論が最も重要だと思う。国益っていうのも単位がでかすぎて、まずは「家族」や「近隣」というコミュニティに利益のあることを意識して行動していけばいいと思う。 

自治体や国の財政面の改善を目指すには、企業からの法人税をあてにするだけじゃなくて、お金が逃げて行かないように、それぞれの枠内でお金が循環するようにすればいい。一番効果的なのは、人々の地元意識などの自主性や当事者意識を育てることだと思う。