「政治」カテゴリーアーカイブ

舛添さんへの集団リンチに違和感を覚える投稿が増えてきたところで…

舛添さん、ついに辞職ですか…

舛添さんを擁護する気はさらさらないけど、この「集団リンチ」以外の何物でもない状況に違和感を感じてた。

そんな状況に対して問題提起する記事や投稿が出始めたとこだった。

不謹慎だと感じる人もいるかもしれないけど、米フロリダで起きた銃乱射事件と同じくらい、日本の有名人や政治家に対して行われている集団リンチは恐ろしいものだと思う。

何て言うか、例えれば、前者は「監禁」のようなもので、だとしたら後者は「軟禁」に当たるのではないか。物理的な恐怖より、精神的な恐怖の方が根が深いと思う。

僕の父親は、パチンコ屋に行く時にも家族の共用車を使う。自分でガソリン代を払うのが勿体ないからだそうだ。その父親のセコさと傲慢さのために、僕は自分の車を買わざるを得なくなった。

また、自分の買いたい食料品を勝手に買ってきて、一円も残らず母親に請求する。あたかも当然のように。僕だったら、自分で出して喜んで家族に分けるけどね。

そのセコさは舛添さんと同質。多分、舛添さんの世代特有のセコさなんだと思う。そんな父親はかなりの勢いでこの集団リンチに参加している。

自分を棚に上げて集団リンチに参加してしまえるほど恐ろしい人はいないかもしれない。

ヨーロッパに労働許可が不要な国があったなんて!それもオランダ!!!

え?オランダで日本人が労働許可なく働けるようになったの⁉︎

働けるようになったというより、国家間で元々そういう条約を結んでいたようですね。これで、日本人がオランダで働き住み続けるハードルが大幅に低くなりました。

オランダは、ヨーロッパではスウェーデンと同じくらい行ってみたい国でした。去年9月にヨーロッパ出張に行けてたら、仕事以外で唯一行こうと思ってた国。

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

オランダは、憧れの国っていう訳でもなく、特に先進的な訳でもなく、素晴らしい国とも必ずしも言えず、単に「当然」が詰まった国なんだと思います。

ぼくが3年半住んだアメリカのオレゴン州ポートランドと共通点が沢山ありそうな気がしてるんですが、次の記事ではその共通点について書きたいと思います。

Does Technology Threaten Politics?

In 2008, the global financial crisis occurred which has its roots in the subprime mortgage crisis and bankruptcy of Lehman Brothers. Eventually, financial capitalism failed as a consequence of excessive globalization. Unexceptionally, Japan, where I was born, has been greatly influenced by the crisis. Even though you might not believe it, Toyota, which represents a company in Japan, fell into the red. Thus, undoubtedly, Japan is also in a major depression. In addition to global collective concerns such as climate change, and world poverty, Japan has the numbers of deep-rooted problems such as a growing gap nationwide, more than 30,000 suicide victims annually, an increasing number of violent crimes, and so on.

Why do such unexpected and undesired situations happen? That is because human experience and knowledge are limited to understand relativities between all phenomena happening in this universe. This uncertainty is a reality and people never been inescapable from it no matter how much we endure. However, people want the certainty for the future and started inventing “technology”. Today, it edges into our livelihood naturally and has huge impacts on it. We might be able to say that politics is also affected by technology in the same manner.

Does technology threaten politics? I can say that it can be. It depends on how people deal with it. That is, since technology itself is neutral without humanity, it can become both opportunity and thread with us. Technology was invented for the human prosperity and, actually, it has made our livelihood convenient, effective, and flexibly. For example, information technology enables us to communicate quickly with a terminal connected with network such as computer and cell phone no matter when and where we are. However, as history shows, technology has changed or destructed physical objects such as landscape, buildings and even human with development, wars and so on. Also industrialization as a technology made it possible to produce a huge amount of goods at a time with less people. It has actually produced many jobs for people but managers who seek just for profit tend employ more technologies than workers for efficiency to produce more. Therefore, as long as people utilize technology, which means it could threaten us, we need to ensure that politics is defended against it.

Crick describes, in the book “In Defense of Politics”, “technology” in politics as “Science”, “Technology”, and “Administration”. Each of them has a visible and fixed object that is some kind of “system”, “tool” or “form”. In general, “technology” is a “tool” invented by people with existing scientific principles to the production of tools and goods. “Science” is a kind of “form” which people have discovered in this universe with existing knowledge. “Administration” is an existing system of how to manage any form of community effectively. We tend to believe that these technologies promise certainty by being testable by experiments and work also at realms in our livelihood in the same manner. Crick says, “’Technology’ holds that all the important problems facing human civilization are technical, and that therefore they are all soluble on the basis of existing knowledge or readily attainable knowledge” (p. 93). However, in fact, technology can apply only to the environments or circumstances in the certain scope that is within human’s existing experience, knowledge or imagination. Thus, technology is not universal something. There is no assurance that technology works correctly at new environments or circumstances because there are a lot of facts that have not been proven in science especially of universe, environment and even human.

This uncertainty is a reality. Our society and environment are formed by various calculations by various experts in economics, science, and politician in their own way. However, we face a lot of uncertain and undesired situations as illustrated in the first paragraph of this paper. Interestingly, also there is something that falls short of expectations from those experts positively. For example, Curitiba, Brazil had been facing considerable problems derived from depending on society based on automobile, which was established by a certain norm called “American Dream” invented by a handful of experts and politicians as a kind of technology.  The problems include a massive traffic jam that requires extra hours to get the destination comparing to the case of public transportation and ineffective development pattern based on automobiles that makes people live a place away from any destinations as well as danger of traffic accident, air pollution and noise etc. From this point, the city effected sweeping reform of transportation from the automobile-oriented way to public-transit-oriented one. Experts in the city expected that it would be long way to go but, as a result, people in the city adjusted the new environment only for a week. This strongly demonstrates that the uncertainty is a reality even with collective knowledge and experience of experts or scientists.

However, people still depend on such experts for gaining certainty. As long as we do it, experts would try to influence on politics with the scientific principles with a semblance of reality to control such passive folks. Today, technology has been spread all over the world as a doctrine that power and production are the same thing. Crick states that “The modern state is simply the governing committee of the bourgeoisie; all power is economics and economics is production”  (p. 94).  Many of the bourgeoisies would try to gain more economic power with technology such as industrialization. Some might seek for power more aggressively with considerable ways that include backstabbing other people.

In this condition, people still overestimate experts but experts become more arrogant with their underestimation of citizen. Crick mentions that, “The complete concept of ‘Technology’ is that of all society itself as one factory of which the state is manager” (p. 94). In this case, the workers who gain benefits from the factory that produces the needs and happiness of them don’t have a right to produce anything without the manager’s skills, direction, and permission. The workers who cannot create any form of certainty by themselves still depend on the manager who could show a certain form whose certainty could prove at the limited environments and circumstances.

What are the disadvantages in such a situation? Crick introduces the position of Saint-Simon in 1821 that is, “In the new political order … the decisions must be the result of scientific demonstrations totally independent of human will … Under such an order we shall see the disappearance of the three main disadvantages of the present political system, that is, arbitrariness, incapacity, and intrigue.”  (p. 96). This means that since technology is utilized as “safety of democracy” not as something necessities for society, the potential of politics is limited. Saint-Simon viewed “arbitrariness” as “no more than product of diversity”, “incapacity” simply as “some sense of limitations”, and “intrigue” as “no more than the conflict of differing interests in any even moderately free state” (p. 96). These disadvantages create the safety of democracy but it just means people are kept away from politics without freedom by experts’ attempts to control politics even in a democratic state.

In states with totalitarian ideologies, these tendencies are obvious. Crick says, “Totalitarian ideologies make claims to be the basis of a world order, to offer a comprehensive explanation of everything” (p. 99). Under fascism, that market-like structure in politics already mentioned above can be seen in a way that personal rule dominates the state. In this condition, the personal authority of the ruler is more critical element than the institutions of the state to decide what to do. Hague and Harrop argue in the book “Political Science: A comparative introduction” that, “Once Hitler and Mussolini achieved power, state and party merged as personal vehicles of the supreme ruler” (p. 349). This is the most obvious way of “top-down” decision-making. In this case, the ruler might refuse any advices not only from ordinary citizen but also even from experts because he can make decision on his own way without any limitation or restraint. This means that the state is controlled only by the ruler who is originally an ordinary man. Since any ordinary man is limited to have skills, knowledge, view points, imaginations, and experiences, the fascist state is the most obvious case of Saint-Simon argued arbitrariness, incapacity, and intrigue.

In a communist state as one of the totalitarian forms, there is an institutional structure unlike the fascist states.  There are the executive, legislature and the judiciary but they are less well-developed than in democracies. One of the most critical differences comparing with free states is that there is a ruling communist party that dominates the formal institutions of the state. In this situation, the power is deconcentrated into more than one person unlike the fascist states. Also, skills, knowledge, view points, imaginations, and experiences from other people could be more shared to quickly adjust to new environments and circumstances than that of the fascist states. However, as long as the power is concentrated and elements for decision-making are dominated only among a certain group or individuals, the nature of arbitrariness, incapacity, and intrigue remain in the state.

There can be the danger of technology against politics in free societies. Rollins states in his article “Yes, Play Politics in the White House” that, “Believe it or not, most people in a White House are not from the world of politics. They are lawyers and experts on the budget and foreign policy”. In this point, it can be understood that those experts have unignorable influences on politics. The most obvious form of technology to be able to be seen in free states is “the respectable disguise of academic social science. Crick states that, “Politcs is, to so many social scientists, a kind of disease: society is a patient ridden with tensions and political events are the unreal, neurotic fixations by which it tries to rationalize these contradictions” (p. 100). Such social scientists know how to convince people with the rational, effective, and flexible ideas in their doctrine even though these ideas are not applicable to all environments and circumstances. So they attempt to prioritize on their scientific principle rather than citizen participation to make decision in politics by making people believe that the principle is certain.

There are two options in free states when experts utilize such their own scientific principles in the realm of politics. The first one is to cheat on people with the notions to have more power. This is the way of making improper use of technology I discussed so far. The second one is to try to use it to change society in a favorable manner also for people. Al Gore, ex-vice-president of the United States, tries to organize a bunch of scientists in the environmental field to gain as many scientific evidences on global warming as possible. At this point, what he does is the same as what modern politicians, good or bad, try to do. However, Gore utilized these scientific evidences to make people wake up to take action, hosting thousands of lectures to introduce the evidences to the “people” in the world. As a result, he earned Nobel Peace Prize in 2007. This indicates that, as I mentioned in the first paragraph, whether technology works effectively or not depends on how people deal with it. Therefore, the critical difference is that how significant such politicians and experts view for participation of citizens.

Currently, those who live in the today’s world cannot forecast how cup of sorrows will be brought into them next by such artificial macro forces and there is no end to the concerns unless they can handle such a problematic governance situation. To make the future more certain, we need as many view points from citizens as possible. That is why citizen participation is required. The need of it would be obvious with “participatory governance” as one of the most desirable example. The significance of participatory governance can be showed also by contrast with design-centered approaches based on top-down approach such as the New Urbanism. For example, these top-down approaches encourage many people to benefit at one time. However, these approaches cannot cover all concerns and problems residents have at each area unless these are conducted as a people-based strategy in bottom-up way. Also, for instance, the New Urbanism cannot sustain desirable outcomes over a lengthy period but just produce immediate outcomes in a short period of time. On the other hand, participatory governance can create a path that leads more desirable outcomes in the end even though quick effects are hardly produced.

Participatory governance draws many players in different interests into one meeting place and encourages conflicts to be arisen among them, which strengthen the decision-making. For example, at the Transportation Policy Alternatives Committee (TPAC), a committee for transportation planning in technical aspects in the Portland Metropolitan region, considerable conflicts are inevitable to be arisen because of the nature of the meeting. The committee is made up of representatives from local jurisdictions such as counties and cities, implementing agencies such as Oregon Department of Transportation, and citizens. Actually, some members made an objection against numerous claims made by speakers at some points, saying “It is not true at all!” in a straightforward manner. It is always accompanied by pain. However, such conflicts are essential in a process to advance projects step by step. Portland has advanced its planning steadily based on the participatory governance. Especially, as for the transportation system, MAX, the extensive light rail transit in Portland metropolitan region, extends its service coverage every couple of years in this decade. It is really a surprising fact to those who do not have good governance in their city like me. The success in transportation system in Portland metropolitan region is largely originated in efforts of the participatory governance. What it does is to bring all players in one place and identify and share essential problems and concerns each member has by encouraging conflicts to occur.

Politics is uncertainty of future. To make the future more certain, at least, citizen participation is required. Technology is consistently only a supplementary element for decision-makings. Crick discusses, “science and politics are different ways of looking at a common reality for different purposes” (p. 103). Technology or science must not be more prioritized than citizen participation. Rather, people have to decide whether each technology should be used or not through the process of collecting as many view points as possible from citizens and delivering what should be more prioritized politically among citizens. The danger of technology against politics is derived from the pride or arrogance of experts. Crick mentioned in the book as a part of his conclusion of the chapter 5, “What they are in fact doing, faced with all sorts of complicated choices and alternatives as to how to allocate scarce resources, is to make political decisions without the institutions and procedures which register actual social demands honestly – a place for people to speak without fear for themselves or the interests of their group” (p. 110). Therefore, as long as we utilize technology, which means it could threaten us, we need to ensure that politics is defended against it.

6812407093_fbf34b4ef4_b

【読書6】21世紀の自由論 「優しいリアリズム」の時代へ(佐々木俊尚著)を読んで

この本は、日本式の「リベラル」勢力や本場のリベラリズム、従来のコミュニタリアニズムの限界を見越し、数々の大問題を抱える「日本」という航空機が、現実的で体温の感じられるような「不時着点としての第三の可能性」を探る論考だ。

まず驚くのが、大江健三郎氏、坂本龍一氏、内田樹氏、山本太郎氏など、錚々たるメンツに対して、ある意味、完全にケンカを売っている。理由は、彼らの「リベラル」的な運動は、政治哲学によるものではなく、「反権力」という「立ち位置」に過ぎないというもの。

では、本来のリベラルとはどういうものか?この本には、「現代のリベラルの基本理念」として、以下のように書かれている。

人々には生まれながらにして自由がある。みんなが自分で人生を選択し、自由に生きていくためには、それを妨げるような格差や不公正さを取り除かなければならない

今、「戦争反対」や「徴兵制反対」を主張することは、果たして「リベラル」といえるのだろうか?

僕は、2007年に「日本の平和憲法が機能する条件」というブログ記事を書いた。一部を以下に抜粋する。

——————————————
「戦争」自体に、良いも悪いもないと僕は思ってます。

過去の歴史を紐解いてみれば、戦争を起こさなければならなかった場面はいくらでもあったのだと思います。

コスタリカが直面した1948年の内戦もそうです。

当時、腐敗を極めていたカルデロン政権に言論弾圧を受け、メキシコに追放されたフィゲーレスが、社会民主党を組んで政権に挑み、選挙無効などの独裁的な手段に出る政権に対して武装発起しました。
内戦は6ヶ月ほどで終結し、約2000人の犠牲と引き換えに、コスタリカは、民主主義と軍隊を廃止する平和憲法を手に入れました。

僕は、この戦争については、肯定も否定も出来ません。

ただ言えることは、この約2000人の犠牲の責任は、コスタリカがこんなにもぎりぎりの選択を迫られるような状況になるまで放っておいた世界中の人々にあるということです。
——————————————

8年経った今でも同じ考えを持っていて、これだけ絶望的に入り組んでしまった世界情勢下では、日本が武力による支援を検討すべき国や地域があってもおかしくないと思っている。そんな必要性を生んでしまっているのは、紛れもなく「無関心だった僕たち」「十分な働きかけをしてこなかった私たち」の責任なのだ。

まずはその反省を共通の出発点として議論を始めないといけない。にもかかわらず、自分を棚上げして「自分たち(正義)」と「権力(悪)」という構図を作り上げるに終始するのであれば、確かに、それは政治哲学というより、「立ち位置」に過ぎないかもしれない。立ち位置にこだわっている以上、本物の変革はあり得ない。

そもそも、民主主義国家では、権力者は私たち「国民」だ。だとすると、味方も「私たち」であり、敵も「私たち」であるはず。本当に向き合うべきは、自分たちが(間接的にでも)選んだ政治家や政府ではなく、あくまで「私たち」であるべき。そうだとしたら、働きかける先が政治家や政府だけになってしまうのは、本末転倒なのかもしれない。

日本の「リベラル」勢力は、「独裁主義」と聞いただけでアレルギー反応を示し、無条件に「悪」というレッテルを張ってしまうかもしれない。しかし、この本では、中国やシンガポールの例を出し、独裁主義についての捉え方やイメージの再構築を提案している。

以前、今一度、「国民主権」について考えてみたいというブログ記事で、民主主義と独裁主義について以下のように書いた。

—————————————
「民主主義」というかけがえの無い自由を得ることと引き換えに、僕たちは、実はとんでもない責任を背負っていることになる。民主主義は、機能させれば最高の結果に行きつくことが出来る。その代わりに、機能させられなければ、独裁主義よりひどい結果になり得る
—————————————

このジレンマは、僕たちが本当に求めている自由とはどちらなのか?という下記の究極の選択肢に現れている。

  • 生存は保証されていないが、自由
  • 自由ではないが、生存は保証されている

また、この本では、従来の「リベラリズム」と「コミュニタリアニズム」の限界にも切り込み、第三の方向性を模索している。

リベラリズムは、「普遍的なもの」「理想的な個人」を目指すもの。ただし、これは本当は存在しない幻想だとしている。「ものごとはたいていグレーであり、グレーであることをマネジメントするのが大切である」という考え方や、ヨーロッパ的な価値観が実は万能ではなかったということからそう断じている。

コミュニタリアニズムは、共同体に参加することに価値があると考え「参加」を求めるもの。ただし、内と外のあいだに壁をつくって、結果的に外側(参加しない人)を排除してしまう。共同体内の結束や忠誠という文化に耐えられる人は手厚く守られるが、その文化についていけない人は「自己責任」という荒波に放り出されることになる。

この二つの課題点をクリアする第三の方向として、筆者は「ネットワーク共同体」という概念を提案している。その概念について、筆者は以下のように表現している。

ネットワーク共同体における人と人の「線」は、ひとつではない。さまざまな線がさまざまな太さで、さまざまな人たちを結びつけている。そこには多層化されたレイヤーがあり、さまざまなレイヤーのさまざまな線上に人々がいる。民族や国家、地域など多層・多元化された線によって立体的に構成されたオープンな三次元共同体なのだ。

これは、従来の日本の「ムラ」のような共同体とは一線を画していて、インターネット上のSNSのような、人と人とのつながりがゆるく広く多層的で柔軟に張り巡らされるような共同体だと理解している。内と外との境界線が極めて曖昧で、右や左などの両極端はなくなり、むしろ大半がマイノリティーに属し、それが当然という認識になる。

当然、両極端が生まれなければ大きな対立は生まれないし、マジョリティが存在しなければ排除は行われない。多層化・多次元化され境界が曖昧な共同体構造では、意識しなくても参加することもあり、いつの間にか当事者性を持って行動しているということもあり得るだろう。このような社会構造化であれば、自由や富を手放す代わりに、例外なくみんなが最低限の豊かさを享受して生きていけるのかもしれない。

気が遠くなるほど多くの大問題を抱える日本社会において、著者が見極めようとしているのは、あくまで現実的で体温の感じられる「不時着点」だ。時には妥協も必要かもしれないし、抗議活動の他にもやるべきことは確実にある。僕たちには、足を引っ張り合っている暇などどこにもない。

僕たちが「根本的に何を目指すべきなのか?」について課題点を整理し、その原点に立ち返る必要性を痛感させられる一書だ。

公明党支持だけど集団的自衛権に反対の場合

二つ前のブログ記事で、集団的自衛権の行使容認に反対の意思を新たにした旨書きました。
知っている人も多いと思いますが、僕の支持政党は公明党です。公明党は自民党と連立政権を組んでいて、一緒になって限定的とはいえ集団的自衛権の行使容認を進めています。支持する政党が望まない決断をし始めた時に、どう考え、行動するべきでしょうか?「抗議する」とか「支持をやめる」という手段は当然有りえますが、その政党がそういう決断にに至るまでの前後の文脈的なものや事情を考慮するべきだと思います。

確かに、自民党と一体となって一連の安保法案を推進していて公明党も悪者のように扱われても仕方ないんですが、公明党としてもこの安保法案を推進したくないんです。反対の声をあげたり、連立政権から離れたりしないからといって悪だと決めつけるのは早すぎると思います。

単独で議席数2/3を維持する自民党に対して、政党にしても個人にしても、自分たちの限られた影響力をどう有効に使うかにはいろんな考え方や手段があります。

前提となるのは、2013年の参院選と2014年の衆院選で自民党を圧勝させてしまったという事実。この時点で、安倍さんが集団的自衛権の行使容認を強行することは目に見えていました。

この流れを覆したければ、これらの選挙でそれ相応の行動を起こさなければいけなかった。その責任の一端は、今、各地でデモを起こしている人たちにもあるはずです。要は、この二つの国政選挙の結果で、安部首相の集団的自衛権行使容認の大筋の流れば誰も止められなくなってしまった。

この前提に立つと、自分の(自分たちの)限られた影響力をどう使うかで、民主党のように採決の時にプラカードで抗議することもあれば、国会前でデモをするのも手段の一つ。

公明党も、人数比で言えば微力ながら、法案に賛成する代わりに、可能な限り、容易に戦争に突き進まないための具体的な歯止めをかけようとし、実際に打てた手もあります。それは立派な一手段であり、一方的に責められることではないはずです。公明党がいなかったら、この安保法案は確実にもっとひどいものになっていました。

次の国政選挙は来年の7月。ここに焦点を絞った活動でないと、どれも空振りで終わってしまうと思います。その上で、個人的に外してはいけないと思うのが、以下の3点です。

  • 今の流れを作ってしまった責任の一端は自分にもあるということを自覚する
  • 好き嫌いを超えて、許容範囲を広げて同じ志を持つ人と連帯する
  • 対政府で抗議活動をするのと同じくらい、身近な人や知り合いとの対話を大事にする

僕は今回の一連の流れで容易に公明党支持をやめるつもりはないけど、だからと言って何が何でも公明党支持を維持するつもりもないです。

とにかく、今まで通りこの3点を外さずに行動していくだけです。

【読書3】「日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門」(伊勢崎賢治著)を読んで

この本のタイトルもかなり煽り気味ですが、この本の帯のコメントにはこう書かれていました。

↓全部、ウソです
「中国、北朝鮮、韓国が日本に戦争を仕掛けてくる」
「イラク戦争で自衛隊に戦死者は出ていない」
「自衛隊を出さないとアメリカは日本を助けてくれない」
だまされるな。

若干引いてしまうような強いコメントで読んでみようかどうしようか迷ったんですが、著者の伊勢崎 賢治さんは国際紛争地に身を置き、現地の武装解除や外交努力を続けてきた経験があり、東京外国語大学大学院では「平和構築・紛争予防講座」担当教授もしている信頼たる人物なので、読んでみることにしました。

テーマは、今騒がれている集団的自衛権の話。本のタイトルや帯のメッセージの煽りとは裏腹に、大学の教授の授業を聞いているゆな感覚で、初歩的な知識から分かりやすく理解することができました。

全部ではないけど、僕がこの本を読んで学んだことを箇条書きにしておきます。

  • 「集団的自衛権」と「集団的安全保障」は別物
  • 国連の常任理事国の「言い訳」として生まれた集団的自衛権
  • 憲法9条の「必要最小限の実力の保持」の正しい定義と理解とは?
  • 日本の勘違いとトラウマにより続けられる自衛隊の海外派遣と歓迎されない資金援助
  • 既に集団的自衛権を公使してしまっている(アフガニスタン戦争の時のNATO軍への給油活動)
  • 集団的自衛権を使って対応する必要がある15事例はすべて個別自衛権で対応可能
  • 軍法を持たない自衛隊が海外で活動する危うさ
  • ソフトボーダー戦略の必要性と、それから遠ざかる日本の対応
  • もはや安全ではない南スーダンから今更撤退できず危機に陥っている自衛隊(国際的にはこのタイミングでの撤退は人道的ではないと見なされる)

個人的には集団的自衛権の行使容認は反対だったけど、この本を読んで、さらにその意思は固くなりました。

これを受けて僕がどう考え行動するかについて、別のブログ記事で書きたいと思います。

 

集団的自衛権③:「戦争しない政府」を選んでいけるという自信と権利意識

今回の集団的自衛権の一部容認の閣議決定で「戦争が起こる」と言う抗議の声が多く聞かれる。確かに、現体制が長く続くのであればその可能性は高い。そうでなくても、何をやらかすか分からない政権が他に台頭しきても同じ。

その上で、「戦争が起こる」と言うのは、自分たちがこれからも「信用出来ない政権を選び続ける」という宣言でしかないと思う。それは、無力感を通りこして自分たちの無能さを積極的に示しているに過ぎないのではないだろうか?

元々、憲法9条改正を目指す安部政権が衆参両院で圧勝した時点で、日本は平和とは言えないのではないか。本当の平和とは、例えば、戦争が出来る状況にあろうが、戦争という手段を選択しないことのはず。だとすれば、憲法9条があるだけで平和だとするのには無理がある。

何らかの危険が差し迫った時に戦争をするかどうかを判断するのは誰か?もちろん、時の政府が決断する。憲法解釈の範囲内で。

だけど、その前段階で、実は僕たち国民次第で、その時々の政府を選ぶことが出来るということを忘れてはならない。「選択に値する政治家や政党がない」というなら、選択肢を自分たちで作る必要がある。戦争をしない(戦争を未然に防ぐための十分な行動が出来る)政治勢力の選択肢を。

僕たち国民には、選挙という手段でその選択をする権利がある。もちろん、日本の有権者数は1億人以上いて、自分ひとりが投票したからと言って大きな変化は起こりえない。だけど、横のつながりの国民に働きかけて影響力を高めることは出来る。

「権利」があるのは前提条件で、あと必要なのはこの「自信」だけ。権利があるのに絶望的な未来を予見してしまうのは、間違いなく自信がない証拠。自民党をあれだけ圧勝させてしまったことで現政府を変えられる自信は僕はないけど、少なくとも、未来の政府をよりよいものにしていけるという微かな自信はある。

すでに享受している「権利」とともに、この「自信」を自他ともに増幅させていきたい。

―連載終わり―

集団的自衛権②:「自分たちが引き起こした結果」という自覚と責任感

今回の集団的自衛権の憲法解釈変更の閣議決定。
自民党がこれだけ強引に進められる背景には、2度の選挙で圧勝したという実績がある。

彼らが正しいかどうかとかその権利があるかどうかの前に、「安部政権がこういうことをやる」ということは誰にも分かっていたはず。
「自分は投票してない」とは言っても、選挙結果から「国民が彼らを選んだ」という事実から逃避することは誰にもできないはず。
本当に憲法もその解釈も現状維持したければ、それは選挙前に行動し示さなければならなかった。

何も、反対や抗議活動をするなとは言っていない。
僕も自分なりに反対や抗議活動はしている。
ただ、今、お祭りのように盛り上がっている抗議運動には大事なことがすっぽりと抜け落ちていると感じている。
それが、この「自分たちが引き起こした結果」という自覚と責任感なんだと思う。

今回の件、反対や抗議をすることが正義のような固定観念が見え隠れするけど、この自覚と責任感なき反対や抗議はとても正義とは呼べない。
正義か悪か云々よりも、無責任で自覚なき反対や抗議は平和に直結しない。
結局、ほとんど何も残らない。

反対や抗議など働きかける先が政府与党にしか向いていないということも、結局はスケープゴートでしかない可能性がある。
今の状況が何によって引き起こされているかを考えれば、働きかける先が自ずと自分たち(国民)になっていくはず。
本当に状況を変えたいなら、僕たち国民がお互いに切磋琢磨して賢くなることが大前提。
次の選挙で「自民党に投票しない」という消極的選択じゃ不十分で、「積極的に選択できる投票先」を急いで育て作っていかなければならない。

いずれにしても、僕たちがスケープゴートを作って責任逃れをしているうちは、結局、次の選挙でも自民党が大勝してしまうだろう。
安全地帯から一方的にネガティブキャンペーンをするより、自分が批判される立場にるとしても、ポジティブに支持出来る政治勢力を自分たちで作っていくしかない。

集団的自衛権①:あまりにも予定調和的な公明党への抗議

今回の集団的自衛権に関する憲法解釈の変更の閣議決定について、以下の前提で書きたいと思います。

公明党の対応を全面的に支持している訳ではない
憲法解釈をこんな短期間で強引に変更するのには反対

今回の閣議決定に公明党も参加したことで、自民党と同じように公明党もどっぷりと抗議の対象になっている。
「待っていました!」というばかりに…
僕にはこれがあまりにも予定調和的に感じられていつもながら違和感を感じてしまう。
あたかも、最初から自民党と一括りにて敵のカテゴリに追いやろうとして、予め用意したシナリオの通りになったというような…

今の公明党には確かに自民党の暴走を止める力はない。
一支持者として、その点は反省し、次の選挙に向けて責任を持って行動したいと考えている。
だけど、今回の閣議決定の内容には、容認したとはいえ、公明党の要望が相当程度に反映されていて、かなり抑制的な内容になっている。
これは、実は具体的に大きな成果のはずだ。
二度の選挙で自民党を圧勝させてしまった状況を考えれば、この公明党の決断は最善だった可能性もある。
現に、どんなに反対・抗議運動をしている人でも、公明党以上に成果を残せている人たちはいない。

この成果を過小評価して、自民党と同列に悪者に仕立てあげられるのってのは、ただ公明党が嫌いとかそういうのが根底にあるとしか思えない。
初めから仲間だとは思ってないし、仲間に加える予定もなかった。
公明党が今でも可能な限り憲法を護ろうと考え行動をしていようとも、ただの敵だからそんな努力は無いも同然。
十分仲間になれる人たちなのに、自ら積極的に敵に回してしまっている。

潔癖症過ぎなのか、単に好き嫌いで動くエゴ集団なのか、どちらにしてもその排他性があるうちは具体的な連帯は生まれず、運動は空振りに終わってしまうと思う。
ある意味、思い通りになったといえるけど、結果的には最終的な目標やゴールからは遠ざかってしまったともいえる。
これが予定調和の限界であり、この予定調和をぶち破る寛容さと柔軟さが僕たち国民に不可欠なのだと思う。

舛添さんは圧勝ではなかった

都知事選が終わって既に舛添新都知事が初都庁も果たして今更感があるけど、メモがてら書いておこうと思う。

選挙結果を受けて、マスコミ各社が「舛添圧勝」という記事を出していて、多くの人がそういう認識でいるかもしれない。現に、facebook などのタイムラインではとても悲観的なコメントが流れていた。

でも、今回の結果を受けて、必ずしも悲観的になる必要はあるのだろうか?僕も舛添さんは支持してなかったし、舛添さんがコケて短命に終わる可能性は大きく、短期的には損失が大きく悲観的になるのは分かる。だけど、今回の選挙結果を別の視点から見てみると、次の都知事選では限りなく希望が見えてくる。

今回の選挙結果で「舛添圧勝」と言えるのは、あくまで投票数を分母にした時の話。今回の投票率はたったの46.14%で都民の半数以上は投票していない。で、舛添さんの得票数は200万ちょっと。有権者数約1000万人のたったの2割にしか支持をされていないということ。本来、たった2割の支持で首長に選出されることはあってはならないこと。

こう見ると、舛添氏が特に強かった訳でも、組織票の影響力が欠陥モノを言った訳でもないことが分かる。今回の結果に問題があるとすれば、最も根本的な問題は、人々の行動と働きかけが足りなかっただけだ。投票率にも問題があるし、人々の間の議論や審議を通しての民意の形成への努力が目に見えて足りなかった。根本の問題はそこにある。組織票の影響力なんて、今回は恐らく全有権者数の1割にも満たない。そんな超マイナーな要素が今回の選挙の決定打になった訳ではない。一番の原因は自分たちが弱すぎたということ。

ただ、逆に考えると、次の都知事選では、有権者数の2割程度で勝機があるということ。有権者の半数以上が投票してない訳だから、伸び代は十分にある。自分たちが強くなれば状況を十分にひっくり返すことが出来る…それが今回の選挙結果で明らかにされたと言ってもいい。

こうやってこれまでの選挙結果を視点を変えてみて見ると、自民党の強さも、公明党などの組織票の影響力も、そんなに言うほど決定打になった訳ではないことが分かる。ほとんどの場合で決定打になってきたのは、ただ単に僕たちの行動不足。それ以外に理由を付けるのは、ほとんどの場合でスケープゴートでしかない。

投票数を分母にするか、全有権者数を分母にするかで、こんなにも結果に対するイメージが変わる。今回の選挙結果ごときで悲観的になって立ち止まってしまうのはもったいない!視点を変えてみれば、次の選挙で十分勝機を感じることが出来る。それも、意外とハードルは低い!

そう認識して、今日から次の選挙に向けた行動をみんなで起こしていきたい。もちろん、自分から率先して。