カテゴリー別アーカイブ: エッセー

セレンディピティ(serendipity)という概念に限りない希望を感じる理由

今まで「セレンディピティ(serendipity)」という言葉を聞いたことがなかったけど、今日になって突然複数回目にして驚いた。 【新着ブログ】「『Why?』を声に出すことの重要性――日本人に徹底的に欠けている、『質問する力』」(牧浦土雅) t.co/WaoxkH7bXY — ハフィントンポスト日本版 (@HuffPostJapan) June 9, 2014 今日の名字の言でも出てき […]

善いことをするのに、ものすごくハードルの高い日本

オレゴンにいた時は、どうしてあんなに生き生きとしてられるんだろうってずっと不思議に思ってたけど、何となくその訳が分かってきた。 日本に限らずだとは思うけど、日本って、善いことをするのに、ものすごくハードルの高い国なんだ。自分にはどうしようも出来ない空気が充満していて、僕はそういった空気にモチベーションを奪われてしまう。もちろん、そんなに弱い自分なのがまずは問題なんだけど、それを自己責任で済ませるこ […]

【衆院選2012連載】 バックナンバー

2012年12月の総選挙が決まった日の翌日から衆院選の連載を続けています。ブログは2003年から続けており、アメリカ留学中にエッセー執筆力はかなり鍛えられた(専門科目だけならGPAは3.75でした)ので、今回の連載にも自分なりに自信を持っています。執筆しながらも様々なことを勉強しました。 筆者自身、明確な支持政党があるだけに偏った見方が出てくることは否めませんが、出来る限りフェアな視点で、有権者の […]

実は驚くほど自分に近い?「仏」の姿

「一代の肝心は法華経・法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ 教主釈尊の出世の本懐は人の振る舞いにて候けるぞ」日蓮 これは今月の座談会で扱った御書の一節なんだけど、僕はこの御書が好きだ。仏法を学び始めてから最も衝撃を受けた御書。何しろ、「仏」とか、そういう人間を超越してそうな存在に対するイメージが劇的に変わった。 みなさんは、「仏」と聞いてどんなイメージを抱くだ […]

日本のママチャリ文化を活かすために必要なこと

日本のママチャリ文化っていうものを議論してみたい。日本の自転車利用者が多いのは、間違いなくママチャリのおかげだと思う。高齢者の移動手段や健康維持という意味でも、大活躍だ。だけど、そのママチャリの文化がネックとなって、サイクリストのための環境が一行に良くならないのでは?と思う。 日本では、自転車利用者数の割には、道路でのサイクリストの存在感は弱い。それは、ママチャリ文化というのが原因の一つだと思う。 […]