「熟考エッセー」カテゴリーアーカイブ

サバイバルのすゝめ

「甘ったれは軍隊にでも行って根性を叩き直せ」ってのは実はよくわかる。軍隊である必要はないけど、何らかのサバイバルな過酷な体験をするといいと思う。自分の経験からも。批判を恐れず言うと、ニートやひきこもりの人はもちろん、依存性やうつの人も含め。

家から放り出されて、頼れる人もいないまま、放浪の旅を続けるとか。そういうサバイバルな体験をしてると、自分のちっぽけな悩みなんてすぐに忘れてしまうと思う。そのかわり、人間にとってのもっと本質的な壁にぶち当たるのではないかと思う。

そういう時に必要な環境とは、さらに手厚く護られた環境では必ずしもないはず。自己責任的な表現に聴こえるかもしれないけど、それはある程度命の危険と隣り合わせのサバイバルな環境かもしれない。この場合、本人のためを想い積極的に用意する環境なので、自己責任論的な突き放しではないと思う。

なかなか自分の力ではそんな状況に自分を追い込むことは出来ないものだけど、一度でもそういったサバイバルな体験をしてみれば、人生が変わると思う。まさにブレークスルーってこと。僕にとっても、2005年にしたはじめての過酷すぎるアメリカ縦断一人旅がブレークスルーになったと思う。

自転車で、変人だと思われるくらいの距離を旅してみてもいいと思う。僕も、平塚から仙台まで往復してみて、あれは本当にサバイバルだと思った。軍隊に入ったことはないけど、多分それに近い過酷さだったと思う。物理的に命の危険と常に隣り合わせだった。平和な日本にいても、そんな体験は十分出来る。

うつでひきこもりの友達と、4年くらいスカイプで話しているけど、その経験から僕なりにそういう結論を出した。過保護なのは絶対に良くない!放り出すことは、必ずしも無関心になるということではなく、温かく見守る放り出し方もある。

常に死を意識せざるを得ない環境って、実は人間にとって自然なものなんだと思う。逆に、日本の一般の守られすぎた環境って、むしろ人間にとって不自然なんじゃないかと思う。

うつ気味のか弱い消極的な人間だったけど、自分は変われた。自分が変われたってことが、今うつでか弱く消極的な人たちも変われると信じられる理由になってる。サバイバルを経験して見事に生き残り、人生を自分の力で変えていける強さを持てるようになると信じている。保護者が、そう信じられるかどうかの問題なんだと思う。

「サバイバルのすゝめ」ってタイトルで本でも書いてみたいな。冗談ではなくて。

サバイバルをするのに、原発を再稼働させず、化石燃料の消費量も増やさない、とか、仮想水を含めた水や食糧を輸入しないとかでも出来ると思う。サバイバルするのをそんなに極端に怖がることはないと思うんだよね。

僕たちがサバイバルを避けつづけることによって、どこかにしわ寄せがいって、結果的にさらに過酷なサバイバルを強いている可能性が高い。

「人間・池田大作:私の見た素顔」

「人間 池田大作:私の見た素顔」という本を読んだ。この本は、木村恵子さんという学会員ではない人が、自身がプロデューサーとして作成したアメリカの放送局向けのドキュメンタリーTV番組「人間 池田大作」制作を通して綴った本。学会員という立場からなのかもだけど、とても面白かった。

学会員じゃない人が書いたと言っても、創価学会側からカネを積まれて書いたんじゃないか?と疑う人がいるかもしれないけど、僕はその辺は分からない。ただ、池田名誉会長の足跡上にいる結構な数の関係する国家要人の通訳を勤めた人や識者たちにインタビューをしたようだ。

木村さんは、子育てが一段落した30代後半に渡米・単身赴任し、元来の夢だったマスコミの仕事を再開したようだ。その時は創価学会のことを良く知らず、むしろネガティブな感情があったが、大家さんが持っていた池田名誉会長著「私の世界交友録」を読んで感激し、その本の内容の朗読番組をラジオで始めた。

「人間 池田大作」制作の上で、木村さんたちクルーには、「事実を曲げないこと、池田氏を必要以上に言葉でもち上げないこと、ことさら大げさに表現しないこと」というポリシーがあった。クルーの中には、学会員は数人で、むしろ、学会をよく知らない・嫌いというメンバーの方が多かったとのこと。

「私の世界交友録」に書いてあるような、池田名誉会長と世界の識者たちとの対談が、カネで買われたものだと疑う人がいるそうだけど、ラジオの朗読番組制作の上で、木村さんが対談相手の識者たちにラジオで扱うための承諾を求めると、皆快諾してくれ、庶民のアパートに彼らから手紙やFAXが沢山届いたらしい。

1972年に実現した日中国交正常化についても、一般的には当時首相だった田中角栄や竹入議員が立役者だと知られているが、創価学会側は池田名誉会長の民間外交が要だったと主張していて、事実が確かではないことから、木村さんたちは、中国やロシアに行って、直接、現地の関係者にインタビューしたとのこと。

探してみたら、学会員ではない木村恵子さんがプロデュースした、アメリカで放映されたドキュメンタリー番組「人間 池田大作」が、ここで見れるようです。 ow.ly/96kMs ニコニコ動画の映像ですが、途切れることなく流れている数々の汚いコメントの嵐を見てみてください。

創価学会に懐疑的な人は、木村恵子さんみたいに徹底的に調べて、関係する人にインタビューして、疑問点は自分の足でクリアにしていけばいいと思う。創価学会に都合の悪い事でも良い事でも、事実が多くの人に伝わることは、僕の願いでもある。

「偶有性」の余地をポジティブに捉える

茂木健一郎さん(@kenichiromogi )の言う「偶有性」について、僕の解釈では、全く予想もしていなかったようなことが自然発生的に起こる可能性のこと。その余地があるということは脅威でもあるけど、逆に言えば、思い描ける理想以上のことが起きる可能性があるということ。 

僕たちは、ものごとが思い通りに行かないとイライラするし、思い通りに言って欲しいと願うものだ。だけど、実は、思い通りにものごとが進むのがベストでは必ずしもない。思いもよらなかった全く別の可能性が出てくる場合もあるし、潜在的に欲していたものは別のことだったと後で気づく場合もある。 

「偶有性」は、ソーシャルキャピタルを高めることによって発生するものだと思う。インターネットの世界でも同じ。「社会的なつながり」という価値が、予想もしなかった可能性を生む。つながりの「質」と「量」次第で、その可能性は倍増する。 

以前、『「経済」についての雑感』(ow.ly/8UQHR )でも書いたけど、景気対策って、「思い通りに回復して欲しい」と願ってそれっぽい改善策を考えるより、ソーシャルキャピタルを高めることにより、自然発生的で予想外の効果を狙った方が近道だと思う。 

「思い通り」よりもベターな可能性があると思えるかどうか、はとても大きいと思う。「思い通り」に固執すると、当然、それ以上は望めない。 

政治家が「最優先で景気対策をします!」というと、国民にとっては聞こえがいいかもしれないけど、個人的には懐疑的。個人的には、経済も環境も社会も政治も、ソーシャルキャピタルを高めることにより、自然発生的で予想外な形で発展していくべきものだと思っている。 

「ファシリテーター」も、ソーシャルキャピタルを高める役割を持つ人たち。議長のように特別な権限を持っている訳でなく、会議への参加者それぞれのいいところを引き出し、交流を促進することによって、本人が予想もしなかったような結果を導こうとする。思い通りに進めようとは初めから思ってない。 

議員など、コミュニティを代表する人たちは、自分たちが勝手に決めて思い通りに進めようとするより、ファシリテーターのように、市民を活かし交流を促進することにより、本人が予想もしなかった全く別の可能性を引き出すことに徹するべきなのかもしれない。

「温かく見守る」ことの難しさについて

Army Photography Contest - 2007 - FMWRC - Arts and Crafts - Son in the Tub

「温かく見守る」という行為は、実は、積極的であり、また能動的な行為なんだと思う。簡単なようで一筋縄にはいかない。

「温かく見守る」って、実は難しい。無関心で放っておく訳でもなく、相手が失敗したり助けを求めてても容易には手助けをしないということ。

「温かく見守る」って、相手を見放さないけと距離を置くこと。喜んでサポートするけど、あえて何もしないこと。

特に、何でも自分の意のままにコントロールしたがる人(相手のために何でもしてあげたいと思う人など含め)には、「温かく見守る」という行為は困難になると思う。そういう人は、相手の可能性を過小評価している人とも言えるかもしれない。

「他人に自分の期待を押し付けないことこそ、真に彼を愛することなのだ。相手にやりたいようにさせてあげるやさしさを持てた時、私達は愛する者から自由になるのだ。そして、妙に思うかもしれないが、かえって、お互いの愛情は深まるのだ。」シャーリー・マクレーン

「べてるの家」のサポートの仕方が「すぐに手助けをしない」というのを聞いて、「ミニ・ミュンヘン」を思い出した。その取り組みの中で、大人たち は、子供たちが明らかにトラブルを起こしていても口出ししない。子供たちが自分たちの力で問題を解決するプロセスを温かく見守るのだ。

大人の子どもへの接し方は、無関心ではない形で暖かく見守ることだと思う。個人的には、ドイツのミニ•ミュンヘンという取り組みにとてもはっとさせられた。ブログ記事「ミニ•ミュンヘン」bokudeki.me/essay/realization/423/

精神障害を持つ人や依存症の人たちの自立を阻んでいるのは、周りの健常者たちの「余計な行動」なのかもしれない。「過剰に介入する」のもそうだ し、偏見や先入観から「関わらない」というのも余計な行動だと思う。あくまで、患者の「当事者性」を尊重し温かく見守ることが大事。

選択肢(アクセス)を出来るだけ豊富に作り出しどれでも選択可能にすることも大事。でもそれだけじゃ不十分で、人それぞれに必要な選択をしてもら うために積極的に働きかける(「温かく見守る」も含め)ことはもっと大事。僕が将来、地元平塚でやりたいことは、簡単に言えばこの二つ。

「親孝行」について

よく、親より早く子が死ぬことが最大の親不孝だということを聞く。親は子どもが生きているだけで幸せかもしれない。だけど、子どもが生き残る中で、子どもがどう親と接していくかで親孝行の度合いが変わってくる。 

親孝行とは、親の言うことに従うこと?必ずしもそうではないと思う。僕は、20代の前半まで、親の引いたレールの上をほとんど疑問も持たずに歩いてきた。親からは、言うことを良く聞くいい子と思われてたかもしれない。だけど、それで、どれだけ本当の意味での親孝行が出来ただろうか? 

親が僕に求めてたのは、社会や常識の中で、はみ出さずに迷惑をかけずに、就職して安定した会社に勤め、経済的に自立して生きること。その道は、僕にとってはあまりにも窮屈で、本来の持ち味をほとんど出せない生き方だった。 

うちの家族としては経済的な問題があった訳ではなく、僕が力を出し切れないからといって、表面的には問題は見えなかったかもしれない。だけど、それで僕がしてあげられた「親孝行の度合い」はどの程度だったのだろうか? 

親孝行とは「親が求めていることをやること」だとは思う。だけど、「親が子に、本当に求めているものを自分で知っているか?」は大問題のはず。「顕在意識」からと「潜在意識」から求めるのとでは内容が変わる。だから、親がどれだけ潜在意識を引き出せているかを見極める必要がある。 

だから、親が言うことに限らず、たとえ一時的に親の意思を踏みにじるようなことになるとしても、自分が正しいと信じたことを貫くべきだと思う。それが本当に正しければ、いつか必ず親は納得する。 

それで納得するどころか、親は「それこそが実は自分が求めていたことだった」ということに気づき、言うことを聞いてくれる以上に親孝行を感じる結果になるかもしれない。 

本物の親孝行とは「親の潜在的な要求を引き出し、それを実現してあげること」なんだと思う。その過程では、親に従わないことがあるのもやむを得ない。本当の親孝行とは、その先にしかない。信頼を失いながらも、20年、30年というスパンで、気長で地道に取り組んでいくものだと思う。

1時間に一回くらいは自然環境に触れたい!

ポートランドで行われたTimothy Beatley博士のフリーの講義を聞きに行ってた。テーマは、”Biophilic cities: What is the Nature of Your City?” ow.ly/i/q8se

久しぶりに、大学生の気分を味わえた。オーディエンスは年配のプロフェッショナルな人が多かったけど。それにしてもあんなに人が沢山来るとは思わなかった。Beatley博士の本はクラスで一冊しか読んだことないけど、素晴らしい内容だった。著者の名前まで覚えてたのは彼くらいだったかも。

最近、忘れかけてたけど、僕たち人間には、日常生活に自然環境が必要だなと思った。特に子どもにね。Beatley博士は、人間と自然との関わりを生活レベルで研究し、様々な場面での「場所」や「機会」をいうものをデザインしている。

自然環境は、人間の怒りを和らげ、体の機能を活性化させ、健康を促進する効果があるんだと思う。僕らは、日常生活の中で、どれくらいの頻度で自然環境に触れているだろうか?Beatley博士が目指しているのは、1時間に一回。自分だけじゃなくて、みんなが。

自然が人間を癒す効果についてBeatley博士が挙げていた例がいくつかあった。まず、自然環境での散歩と屋内のショッピングモールでの散歩を比べ、前者の方が体や精神の機能が促進されたこと。また、駐車場の中にガーデンスペースを用意し、草や木を植えたら犯罪が減ったということ。

ビデオゲームの「龍が如く」をプレイしていて思うのは、歌舞伎町にはほとんど自然環境がないということ。ゲームの中の世界とはいえ、歌舞伎町をかなり忠実に再現している。あんなんじゃ、とても人間らしく生きられないと思う。

ポートランドには、外から来た人がいちいち驚くほど、木が大きくて、しかも多い。ダウンタウンとは思えないくらい、自然環境が整っている。ここで何年か生活してみて、はじめて歌舞伎町の環境に違和感を感じることが出来た。香港に行った時も同様の違和感を感じた。あそこも自然環境がほとんどない。

個人的に、これまで行った都市の中で、一番シンガポールが刺激的だった。あんなに町並みが理路整然と整ってて、制限ばかりの都市(国)に感じることが多かった。人間それぞれの欲望のままに街を作れば、自然環境は破壊されていく。シンガポールは、政策によってそれをうまくコントロールしている。

僕たち人間が、自然環境から得られる身体的•精神的な効果は確かにある。だから、日常生活の中で人々が自然にそういった環境に触れられるような仕掛けを作ればいい。Beatley博士は、1時間に一回を目標としていた。だとすると、家の中にも会社の中にもその仕掛けが必要になるはず。

悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 bokudeki.me/essay/mainessay/653/

希望のあることを積極的に信じる


Creative Commons License photo credit: Pink Sherbet Photography若い頃に母親を亡くすのってどんな感覚なんだろう。昨日、20代前半の友達が、母親を亡くした。先日、浅田真央の母親の訃報のニュースがあったけど、正直、それほど思うことはなかった。だけど、近い友達ということで、いろいろ感じることがあった。 

うちの母親も、まだ寿命で亡くなる年でもない。もう1年半くらい会ってないけど、元気だということは聞いている。母親がまだいる自分には、母親を失うっていう感覚がやっぱり分からない。悲しいんだろうか?他にどんな感情があり得るのだろうか? 

人の死は悲しいものなのだろうか?僕は、仏法を学び始めてから、それだけではないと思えるようになってきた。仏法では、人の生死を、日の出と日の入りや、僕たちが寝て起きるといったごく自然な周期に例えたりする。一つ一つの生死は、広大な海の中のさざ波であり、生命は滞りなく続くということ。 

「人の死は悲しいもの」という考え方は、「もう二度と会えない」とか「死んだら何もかも終わり」という思想からくるのだと思う。これは、ある意味、とても濃い宗教的な考え方だと思う。どんなポジティブな思想を持っても、悲しみはあるはず。だけど、どれだけ早く立ち直ってまた歩き出せるかが重要。 

仏法も、もちろん宗教であり、死後の世界がどうなのか誰も分からない以上、確実だとは言えない。だけど、少なくとも、悲しみから立ち直れないというようなことはなくなる。例えば、母親の死が、人の「寝る」に例えられれば、必ずしもそこで終わりではなく、続きがあると思えるようになる。 

仏法では、「生も歓喜、死も歓喜」という表現が出て来る。一般の社会では、不謹慎な表現が含まれているかもしれない。でも、「死も歓喜」ってあってもおかしくないと思う。その後に続きがあるのであれば。そもそも、死んだ後に「続きがない」っていうのも、不確実な宗教的な考え方なんだ。 

確かなことが何一つないこの宇宙で、僕は希望のあることを積極的に信じる。「信じる」についての連続ツイート bokudeki.me/essay/realization/867/

ポートランドでの抗議運動(Occupy PDX)の報告(5)

Occupy Portlandが再び占拠活動を開始した。ウォーターフロントから出発したマーチは、街中を通って新しい占拠サイトの公園(Shemanski Park)に到着し、早速、21個もテントを張り、ディナーなども配っていた。 

今のポートランドの気温は2度。乾燥しているから体感温度はもっと低いと思う。しかも夜中はもっと冷えるだろう。この環境でキャンプをするのはものすごく過酷だ。Occupy Portlandの今回の占拠活動がどこまで存続出来るか興味がある。 

新しいOccupy Portlandの占拠サイトに武装した警官隊が到着して、占拠サイトを閉鎖しようとしています。www.livestream.com/occupyptown 

今日Occupy Portlandが占拠したサイトが、早速、武装した警官隊に閉鎖された。Occupy PDXによると、その後、すぐにプロテスターたちは市役所に向かい、市役所を占拠したらしい。機動隊が向かっているとのこと。 

このように、オキュパイ運動が活発になればなるほど、警官たちの残業代が増える。つまりは、みんなの税金が高くなるということ。おまけに、警官がオキュパイ運動の為に総動員されれば、他の部分が手薄になる。知り合いの店に3夜連続で強盗が入ったが、警官が動けない為に犯人検挙は極めて困難らしい。 

Un-Occupy Portlandというオキュパイ運動への抗議団体が現れたことからも分かる通り、オキュパイ運動は、言わば、「空気が読めない人たちによる運動」だ。日本だと「空気を読め」圧力によって、特に起こりえないような運動。でも、結局、空気を読んでいる限り、変革は起こらない。 

Occupy Portlandが、僕のFacebookのタイムラインをオキュパイ(占拠)し始めた…汗 

ポートランドの一連のRe-Occupation Fest(再占拠フェスト)の内容がここで読めます。(英語)Occupy Portland’s Street Smarts: A Tale of Re-Occupation : www.portlandoccupier.org/2011/12/05/occupy-portlands-street-smarts-a-tale-of-re-occupation/ 

オキュパイ•ウォールストリートによる、ポートランドのRe-Occupation Festの報道。UPDATES: Portland Holds New Home : occupywallst.org/article/updates-portland-holds-new-home/ ここに出てくる何人もの機動隊が非武装で無抵抗の市民を取り押さえている写真は、確かにやり過ぎだと思う。

能動と受動の間の垣根をなくす

垣根(1)「生産者と消費者」、「演奏者と聴衆」、「お店とお客」、「サービス提供者とサービス受給者」、「助ける側と助けられる側」「無償サービスと有償サービス」などの間の垣根の無い臨機応変な「場」を増やしていきたい。 

垣根(2)農業で重要なのは、国としての自給率だけじゃなくて、「地産地消率」と、「一般市民の生産活動への従事率」も大事だと思った。都市農業を推進して都市でも自給率を上げることは出来るし、生産者と消費者の垣根をなくし消費者がちょっとした生産者になることも出来る。 

垣根(3)都市部での食料やエネルギー自給率が上がれば、それだけ持続可能性が高まる。生産者と消費者の垣根を無くすことがキーだと思う。そうすると、必然的に、生産者単位の規模は小さくなる。 

垣根(4)エネルギーにしても、フェアな土壌で無数の一般市民が生産者になることが出来れば、どのくらいの発電量が得られるのかは計り知れない。日本のエネルギー問題も、生産者と消費者の間の「垣根」が大きく影響していると思う。 

垣根(5)ポートランドの街中には、ストリートパフォーマーが沢山いる。中には、「それなら自分にも出来る」と思えるような、簡単で全体のレベルを落としているパフォーマーも普通にいる。この、演技する側と見物する側の垣根の無さが最高だと感じる。むやみにハードルを上げるとつまらなくなる。 

垣根(6)ポートランドのアートへの取り組みが成功しているのは、恐らく、たいしたことないように見える作品も、人目に触れやすい場所に展示されやすいから。特別な能力や経験がなくても、「これなら自分にも出来そう!」って思わせてくれる。「表現者」と「見物客」の間の垣根が薄い。 

垣根(7)個人やグループの枠から抜け出せないような自分たちを売り込むだけの音楽活動は卒業した。むしろ、「表現者」と「聴衆」の垣根のないような、誰もがその間を自由にまたいで活動し、自信をつけていけるような場づくりをしていきたい。 

こういったように『能動の側と受動の側の「垣根」を無くすこと』は、自分の人生のテーマの一つだ。