「海外事情」カテゴリーアーカイブ

モロッコ〜スペインの陸路と海路1800kmを4日間で移動した旅行のベストピクチャー集

2017年11月に3連休の前後に1日ずつ有給休暇をとってたった5日間の連休でモロッコ〜スペイン旅行をするという恐らく前人未到の旅をしてきた

カサブランカ→ラバト→タンジェ→アルヘシラス→マラガ→マドリード→バルセロナで、車なしで陸路と海路の移動は約1800kmになった。

5日間の連休でいったいどうやってそんなに移動できるのか?という疑問には後ほど答えるとして、立ち寄った目的地で撮ったベストピクチャーを載せておく。

まずは、モロッコの首都ラバトのスーク(場外市場)での一枚。狙った訳じゃないけど、スークの賑わいとか躍動感とかイスラム文化とかがうまく収まった一枚になった。

次はスペインのアンダルシア地方にあるマラガ。ピカソの生誕の地で、なるほどと思えるほど芸術の街だった。でも、一番よく撮れた写真は、水が通ってない川の写真だった。色々調べてみたけど、何故、水が流れていないのか分からなかった…

マドリードでは丸一日とって現地在住の同僚と一緒に美術館巡り(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ソローりゃ美術館)をした。スペインに住んでる訳でもないのにマドリードの国立美術館の年パスを購入するという奇業を成し遂げた。

ここでのベストピクチャーは、プラド美術館の近くにあるサン ヘロニモ エル レアル教会の写真。事前に天気予報を見てたらほぼ雨で早朝まで雨が降ってたけど、日中はこれだけ晴れてくれて嬉しくて仕方がなくて撮った写真がこの気持ちよすぎる青空に映える教会の写真だった。

バルセロナの滞在は9時間くらいだったけど、この時間でバルセロナを効率的に観光する為に、現地の自転車ガイドツアーに参加。サグラダファミリアやその他ガウディーの建築も含めた11箇所の観光地を、ポーランド人のガイドとアメリカ人の夫婦と共に巡った。その後、念願の本場のパエリアを食べたりしながら街を散歩した。

「バルセロナの定番」は色々あると思うけど、僕がすごく気に入ったバルセロナのサブカルチャーは、現代美術館の前でスケボーをしてる若者たちだった。よく知らなかったんだけど、バルセロナは世界で最も有名なスケートシティらしい。

おまけとして、実は、バルセロナから経由地のパリへのフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず、パリで一泊することになって、結果的にパリで翌日のモーニングアドベンチャーが楽しめた。ルーブル美術館〜シャンゼリゼ通り〜凱旋門〜エッフェル塔〜セーヌ川を歩いて帰ってきた。

ベストピクチャーは、セーヌ川と紅葉とエッフェル塔のコンビネーション。まさか、おまけでこんな素晴らしい景色に出会えるとは夢にも思わなかった。

Eiffel Tower and Autumn Leaves / エッフェル塔と紅葉

A post shared by Hiroaki Kurita (@clikanist) on

そして、この日の午後に再び航空機に乗り込み、朝に成田空港到着後、そのまま午後から会社に向かい直接出社したのだった。

米フロリダで起きた銃乱射事件の報道を見て思ったこと

このフロリダで起きた無差別銃乱射事件で、100人以上が殺傷されてしまった。 犯人を責めるのは簡単だけど、こういった事件を二度と起こさないためには、やらなきゃいけないことが他にも確実にある。

このナイトクラブはLGBTの人たちの憩いの場でもあったらしいから、あえてそのクラブを狙ったのは同性愛者に対するヘイトによるテロ行為の可能性が高い。(犯人自信がゲイだったという情報もあるけど)

特定の人種や民族、宗教などに対してはもちろん、同性愛者やテロリスト、在日外国人など、一括りにして悪く言ったり憎んでいるグループがあるとしたら、僕たち一人ひとりが改めてないといけないと思う。 そこにはいろんな人がいて、嫌いな人もいるかもしれないけど、好きになれる人も必ずいる。

あくまで対「個人」で見るべきで、集団に対して先入観や偏見を持つべきではない。

逆に、マイノリティだからと言って、かわいそうだとか手厚い対応をしなきゃいけないとか、必ずしも思う必要はない。 嫌いな人は嫌いなままでいいと思うし、ひどいことをされたら怒ったり非難すればいい。

そんなことをまとめた記事を書いたことがあった。

「ゲイ」について考えてみた

 

ヨーロッパに労働許可が不要な国があったなんて!それもオランダ!!!

え?オランダで日本人が労働許可なく働けるようになったの⁉︎

働けるようになったというより、国家間で元々そういう条約を結んでいたようですね。これで、日本人がオランダで働き住み続けるハードルが大幅に低くなりました。

オランダは、ヨーロッパではスウェーデンと同じくらい行ってみたい国でした。去年9月にヨーロッパ出張に行けてたら、仕事以外で唯一行こうと思ってた国。

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

オランダは、憧れの国っていう訳でもなく、特に先進的な訳でもなく、素晴らしい国とも必ずしも言えず、単に「当然」が詰まった国なんだと思います。

ぼくが3年半住んだアメリカのオレゴン州ポートランドと共通点が沢山ありそうな気がしてるんですが、次の記事ではその共通点について書きたいと思います。

初級アメリカクエスト2005 -アメリカ西海岸縦断編-

PDFも埋め込めるようになったので、10年ちょっと前くらいに書いたこのアメリカ旅行記も記事にしておきます。

おまけとして…

以下の記事は当時書いたもので、今は亡き新風舎という出版賞のコンクールに応募して入賞一歩手前の「最終審査候補作品」に選出されたことなど書いてあります。

初級アメリカクエスト2005 -アメリカ西海岸縦断編-

 

ハフポストの英語関連記事を3つ並べてみたら…

最近ハフポストで投稿された英語関連記事を3つ並べてみたら、若干、起承転結のある新たな記事が書けました。

文科省の公式調査結果によると、高校卒業程度以上の実力を持つ高校3年生はたったの2%だそうです…確かに、日本の英語教育の成果は壊滅的だという驚愕の現状を示しています。

フィンランドでは、中卒程度の人でもわりと流暢に英語が話せるそうです。かつては日本の英語教育のように「文法中心で、間違え探しのようなテスト」に苦しめられていたそうですが、現在は見違えるほど改善されているそうです。

学校教育も素晴らしいなと思ったんですが、それだけじゃなくて、有名人がしゃべる英語を自然と聞いたり、ゲームを通して学んだりで、日常生活に英語が溶け込んでいるんですね。

ただし、今の日本にはフィンランドのように自然と英語が身につくような環境はないので、それを踏まえてどうやったら効率的に英語が学習できるかについて書いてあります。

やはりこの記事にあるゆに、王道はアメリカのTVシリーズの「FRIENDS」を観ることでしょうね。

ということで、ハフポストの英語関連記事を3つ載せて、自分のコメントを少し追加しただけなんですが、みなさんの英語学習にお役に立てたら幸いです。

6th grade parent day: english

こんなに美しく平和だったシリアがなぜ…

2008年からのアメリカ留学中にシリア人留学生と話したとき、確かに、シリアは美しく平和な国だと言っていた。

こんなに素晴らしい土地だったのか…

その国で、街は廃墟と化し、遺跡は破壊され、難民は増え続け、今日、連続爆弾テロで130人以上が死亡し、数百人の負傷者が出てしまったなんて、一体どうやったら信じられるんだろう???

 

 

An Experience of Portland… 日本にいながらポートランドが感じられるお店「PDX Taproom」に行ってきた

昨年11月に渋谷オープンした「PDXTaproom」に行ってきました!「PDXTaproom」は、近年日本でも注目を集めるオレゴン州「ポートランド」のクラフトビール専門店です。

多分、他のアメリカの都市専門のクラフトビール専門店なんて日本にはないんじゃないかと思います。それもそのはず、ポートランドの市内にはマイクロブルワリー(小規模醸造所)が60個もあり、合計で1000種類ものビールが飲めるんです。人口比で言って、ドイツよりも実は多いと聞いたことがあります。

ぼくもポートランドに3年半住み、ポートランドのクラフトビールに魅せられた一人で、日本でも飲めるお店を探していました。ポートランドからの帰国時には空港で持てるだけのビールを瓶で買って帰った記憶があります。

PDXTaproomでは常時10種類ものポートランドを中心としたクラフトビールが楽しめるとあって、ほんとこのお店が出来て嬉しいです!

初PDXTaproomでは、hopworksのIPA とRougeのshakespeare Oatmeal stoutを頂きました。RogueのSoba Aleがなくて残念。パイント1100円、ハーフは700円です。

IMG_6209

地元オレゴンでも話題になっているそうです。ポートランドではないんですが、オレゴン中央部のBendというまちのタウン誌から。

とりあえず、今回は下見程度に行ってみただけなんですが、ポートランドに帰ってきたみたいにほんとに居心地がよく、気軽にビールが飲めるんで、一人でぶらっと行くのもいいかなと思いました。

電源やWiFiもあり、カフェに行く感覚で美味しいクラフトビールを飲みながらMacbook持って会社帰りとか休日にプチ・ノマド・ワーキングするのもいいかなと思いました。

また時間見つけて行きます!

ポートランドについての参考記事:

「オレゴン州ポートランド」が日本で注目され、日本とのつながりが拡がり始めてる!

 

こんなアンダーグラウンドな音楽シーンでバンド活動してたんだなぁ

atmosfear復活⁉︎

知っている人はほとんどいないと思うけど、今夜、このバンドが大阪で復活ライブをやるらしい!

P.D.F WINTER BASH BACK TO SCHOOL 2016/1/30 (Sat) 心斎橋 @ SUNHALL

もう15年くらい前のことになるけど、大学生の頃このバンドが大好きで、昔やってたClad in Serenityというバンドで何度か対バンしたのを覚えてます。

このRedemptionというイタリアのバンドを日本に招待しての手作り全国ツアーでも何度か出てもらってた記録がありました。

REDEMPTION JAPAN TOUR 2001

この無茶な全国ツアーはぼくの発案じゃなかったし、この頃はほとんど英語が話せなかったんだけど、今となってはかなり貴重な国際交流だった。このイタリア人たちはうちにも泊まりました。

ちなみに、このツアー(1週間)での車の運転距離は、今の車の年間の運転距離に匹敵したりします。

誰かがClad in Serenityの曲をYoutubeにアップしてくれてたみたいで、そのうちの一曲をご紹介。今の自分からは想像出来ない音が流れると思います。笑

今でもメタル・ハードコアは好きで、全然消したい過去ではないんですよね。

最近、日本のGeist of Trinityっていう超メタルなバンドのCDも買ったし。ちなみに、Endzweckの最新アルバム「Tender is the Night」も買いました。

今夜のatmosfearの復活ライブも大阪まで観にくことを結構考えました。東京でもやるらしいので、そちらに参戦予定です!

これからも音楽と共に!

No Music No Life!!!

 

 

 

「オレゴン州ポートランド」が日本で注目され、日本とのつながりが拡がり始めてる!

ここ数年、「オレゴン州ポートランド」が日本でも注目されていて、最近になって日本とのつながりが大きく拡がり始めている気がします。

自分は2007年にポートランドに注目(参考ブログ記事:オレゴン州 ポートランド市)して以来、以下の年表のように、かなりポートランドに密着して生きてきました。

2007年9月:ポートランド視察
2008年9月:ポートランド州立大学(PSU)に留学開始
2010年12月:PSUを「コミュニティ開発」専攻で卒業
2011年1月:East Portland Neighborhood Office(EPNO)にてインターンシップ開始
2011年12月:EPNOでのインターンシップ終了
2012年2月:帰国
2013年9月:ポートランド旅行
2014年8月:ポートランド旅行

そんなポートランドがどの程度まで日本で注目されているのかを、ほんの一部なんですが、いくつかご紹介したいと思います。

1.NHK BS1「スペースシップアース」で「持続可能な先駆都市」として大々的に紹介

2.ニューヨークでもないようなディープな内容の日本語ガイドブック「TRUE PORTLAND the unofficial guide for creative people 創造都市ポートランドガイド 」が発売

3.ハフィントンポストにて、保坂展人さんによるポートランドに関するかなりの詳細記事が投稿

4.ポートランド市開発局のチームが日本の地方都市(和歌山県・有田川)に入ってプロジェクトを興している

5.本場のポートランドのクラフトビール専門のお店「PDXTaproom」が渋谷に出来ちゃった

これまで、個人的にポートランドに関する情報発信をしてきましたが、もうする必要がないくらい情報が出回り始めていて、いろんなことが起こり始めています。

こんなことになるとはさすがに予想はしてなかったのですが、これから起こることにもワクワクドキドキしてます。

ちなみに、このアイキャッチ画像は、ポートランドから持ち帰った素材で作った壁紙。適当に貼るだけでアートになります。笑

初めての海外出張(台湾)と今後のITチームの出張予定

今年の10月で10年間のパスポートが切れる。
当初はほとんど海外旅行初心者だったけど、それなりにいろんな国に行った。
それでも、今回の台湾が初めての会社の出張(Business Trip)だった。
結構、旅費の予算がきつかったんだけど、それでも会社でお金を出してくれるなんて不思議な感覚だった。

今回の出張は、直接上司に言われた訳ではなく、現地と直接ウェブ会議をする中で呼ばれた形だった。
台湾のオフィスが移転するというタイミングで、台湾にはIT担当がいないこともあり、サポートが必要とのことだった。
後で上司に相談してぜひ行って来て欲しいということになった。

入社半年ちょっとの人間に一人で行かせるってのもなかなかないのかもしれないけど、僕はITの専門スキルのほか、以下の3点がクリア出来る稀な人間だったのだと思う。

  • 海外一人旅慣れしている
  • 貧乏旅行でも許容できる
  • 英語が話せる

総務課の中でも英語が話せる人は結構いるんだけど、それ以外の2点をクリア出来る人はいない。
会社としては経費を抑えられて使い勝手の良い人間なのかもしれない。

正直、上司は僕がやってきたことを正確に把握してはいないと思うけど、ある一定の成果をあげたと評価してくれていて、早速、大阪のIT担当の韓国オフィス訪問が来週に決まった。
韓国へは役員や通訳が訪問するのに同行する形で行けることになったらしい。

そして、年内に今度は僕はヨーロッパに行くことになると思う。
行けるとしたら、スペインとドイツかな。
ヨーロッパの子会社は、日本本社以上にIT部門やシステムがしっかりしていて、システムを統合していく上で一度行ってみないと話にならないところがある。

管理部門では国内の移動でも結構制限されてるんだけど、これから社内のグローバル化が加速する中で、現地に直接行くことも重要になってくるっぽい。

新たに海外拠点が出来てもIT担当を置くところはないだろうから、その都度、オフィスの立ち上げの時に出張することになるかもしれない。

そういった意味でも部長からかなり期待されている。