「アフリカ」カテゴリーアーカイブ

モロッコ〜スペインの陸路と海路1800kmを4日間で移動した旅行のベストピクチャー集

2017年11月に3連休の前後に1日ずつ有給休暇をとってたった5日間の連休でモロッコ〜スペイン旅行をするという恐らく前人未到の旅をしてきた

カサブランカ→ラバト→タンジェ→アルヘシラス→マラガ→マドリード→バルセロナで、車なしで陸路と海路の移動は約1800kmになった。

5日間の連休でいったいどうやってそんなに移動できるのか?という疑問には後ほど答えるとして、立ち寄った目的地で撮ったベストピクチャーを載せておく。

まずは、モロッコの首都ラバトのスーク(場外市場)での一枚。狙った訳じゃないけど、スークの賑わいとか躍動感とかイスラム文化とかがうまく収まった一枚になった。

次はスペインのアンダルシア地方にあるマラガ。ピカソの生誕の地で、なるほどと思えるほど芸術の街だった。でも、一番よく撮れた写真は、水が通ってない川の写真だった。色々調べてみたけど、何故、水が流れていないのか分からなかった…

マドリードでは丸一日とって現地在住の同僚と一緒に美術館巡り(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ソローりゃ美術館)をした。スペインに住んでる訳でもないのにマドリードの国立美術館の年パスを購入するという奇業を成し遂げた。

ここでのベストピクチャーは、プラド美術館の近くにあるサン ヘロニモ エル レアル教会の写真。事前に天気予報を見てたらほぼ雨で早朝まで雨が降ってたけど、日中はこれだけ晴れてくれて嬉しくて仕方がなくて撮った写真がこの気持ちよすぎる青空に映える教会の写真だった。

バルセロナの滞在は9時間くらいだったけど、この時間でバルセロナを効率的に観光する為に、現地の自転車ガイドツアーに参加。サグラダファミリアやその他ガウディーの建築も含めた11箇所の観光地を、ポーランド人のガイドとアメリカ人の夫婦と共に巡った。その後、念願の本場のパエリアを食べたりしながら街を散歩した。

「バルセロナの定番」は色々あると思うけど、僕がすごく気に入ったバルセロナのサブカルチャーは、現代美術館の前でスケボーをしてる若者たちだった。よく知らなかったんだけど、バルセロナは世界で最も有名なスケートシティらしい。

おまけとして、実は、バルセロナから経由地のパリへのフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず、パリで一泊することになって、結果的にパリで翌日のモーニングアドベンチャーが楽しめた。ルーブル美術館〜シャンゼリゼ通り〜凱旋門〜エッフェル塔〜セーヌ川を歩いて帰ってきた。

ベストピクチャーは、セーヌ川と紅葉とエッフェル塔のコンビネーション。まさか、おまけでこんな素晴らしい景色に出会えるとは夢にも思わなかった。

Eiffel Tower and Autumn Leaves / エッフェル塔と紅葉

A post shared by Hiroaki Kurita (@clikanist) on

そして、この日の午後に再び航空機に乗り込み、朝に成田空港到着後、そのまま午後から会社に向かい直接出社したのだった。

こんなに美しく平和だったシリアがなぜ…

2008年からのアメリカ留学中にシリア人留学生と話したとき、確かに、シリアは美しく平和な国だと言っていた。

こんなに素晴らしい土地だったのか…

その国で、街は廃墟と化し、遺跡は破壊され、難民は増え続け、今日、連続爆弾テロで130人以上が死亡し、数百人の負傷者が出てしまったなんて、一体どうやったら信じられるんだろう???

 

 

アフリカに行くことも夢見てる

ずっとアフリカに行ってみたいと思ってて、一度、卒業に必要な単位も取れる大学の夏のインターンでウガンダに行けるチャンスがあったんだけど、別の大きなイベントとかぶって結局行けなかった。

その時、何故か、アフリカに研修に行くより、あとでもっと素晴らしい研修のチャンスが訪れる可能性を考えることが出来た。実際に、アフリカに研修に行くよりずっと自分の将来のキャリアに役立つ研修が出来た。

後悔したりふて腐れたりする時間が短かった分、自分の顕在意識に囚われることなく行動し、別の可能性を見いだすことや、自分の潜在的に欲していることに気づけることが出来たのかもしれない。

アフリカには、また別の機会に行けるだろうし。

アフリカで行ってみたい国は、ガーナ、コートジボワール、トーゴ、シエラレオネ、エジプト、エチオピア、リビヤ、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ボツワナ、南アフリカ。

アフリカのことを良く知ってるわけではないけど、アフリカに関する映画は良く観た。ポートランドでは、毎月2月から3月にかけてアフリカ映画祭が開かれる。22nd Cascade Festival of African Film www.africanfilmfestival.org/

今朝、facebookで友達がアフリカに行ったときの写真をアップしてて、ふとアフリカ熱が蘇って、動物園でアフリカの動物が観れたし、ポートランドのアフリカ映画際のことを思い出せた。

不思議だ。3年前にこのアフリカ映画祭のことを知って以来、去年もふと思い出したし、今年もふと思い出せた。

欧米列強の歪んだレンズで見ないリビア情勢

ベネズエラ大統領ウゴ•チャベスについてはこの間日記に書いたけど、これは彼ののスピーチの内容。→「その陰謀は、この国を服従させ、この国の資源を支配しようとし~ラテンアメリカとカリブ諸国、アジアとアフリカを結び世界の安定を目指す南半球連合の建設を妨害しようとします。」ow.ly/1A33qA 

今日は、この半年間にリビアで起こっていたことをいろいろ調べていた。ほとんど深くチェックせずに、何となくさわりだけ情報を押さえていたうちは、カダフィ大佐は物凄い悪どい独裁者と思ってたけど、どうやらそうでは無いらしい。 

独裁だったリビアが世界でも類を見ないほどの福祉の行き届いた国家だった?RT @Franciscus_SH: 『リビアで二度と見られなくなる16項目 – 2011年10月26日 (水) マスコミに載らない海外記事』 ow.ly/7k5bB 

リビアが、大学までの教育費や医療費、電気代が無料だったり、金利0%でローンが組めるなど、およそ独裁国家とは思えないほど充実した福祉サービスを持っていた。そんな国がNATOに7ヶ月も空爆され、カダフィ大佐の護衛が全滅したところで、無防備な大佐は民衆に嬲り殺された。何とも不自然。 

これが、物理的ではない「経済的な植民地支配」なんだと思った→「リビア情勢と石油資源争奪等の現実 – 見えない日本の姿」 / 益田哲夫 #blogos @ld_blogos ow.ly/7k88q 

欧米の先進国が、リビアの石油の利権を狙っていたことは間違いない。カダフィは、欧米列強に噛み付き、明らかに反抗していた。そこに、チュニジアやエジプトで革命が起き、リビアでも反政府体制によるデモが起こった。だけど、外国からの偏った介入がなかったとしたら、どうなっていただろうか? 

カダフィを殺害したリビアの現体制(以前の反政府体制)は、欧米の先進国(特にフランス)から支援を受けていた。カダフィ率いる旧体制では経済的な植民地支配化が困難だと悟り、中東のジャスミン革命の渦中、どさくさに紛れてカダフィを同様の悪の独裁者として打倒することを正当化したのだと思う。 

殺害されたリビアのカダフィは、自国のオイルの恩恵を、アフリカや南半球の国々の発展のために使おうとしていたんだと思う。第三世界の弱いもの同士で団結しよう、と。植民地支配して甘い汁を吸ってきた北半球の先進国にとっては、南半球の国々の人々が賢くなっても、団結されても困るはず。 

やはり、チュニジアやエジプトの革命と違い、リビアの場合は、アメリカを含む多国籍軍の介入によって反政府勢力による革命が成立したようだ。介入がなければ、カダフィ大佐は殺されることも政権を奪われることもなかった。引き続き、石油の恩恵を、自国民の為、アフリカの為、南半球の為に使っただろう。 

リビアでは、カダフィ大佐が反政府軍を制圧寸前に外国の軍事介入が始まり、形成が逆転した。NATO軍の空爆は7ヶ月近く続き、最後は、無防備なカダフィを反政府軍に殺させた。カダフィ支持派だって、強大な多国籍軍が相手じゃ逃げ出すだろうし、その脅威から逃れる為に、カダフィを売っても仕方ない状況だったと思う。 

リビアの反政府勢力は、調子に乗った革命で、カダフィ大佐からの独裁から解放される代わりに、欧米列強からの経済的植民地支配という、更なる強力な拘束を受けることになるのかもしれない。民主主義は、独裁主義よりもずっと悪になることは普通にあり得るんだ。

映画「ロード•オブ•ウォー」を観て

「Lord of War」という映画を観たんだけど、同種の映画でこれ以上は出来ないと勝手に思っていた「Blood Diamond」に匹敵する素晴らしい映画だった。映画の大部分は、クライマックスのシンプルで重大なメッセージへの「つなぎ」だった。 

Lord of War(ロード•オブ•ウォー)を2回観て、やっと全貌が把握出来た。この映画は、冷戦時代からソビエト崩壊後を生きたある武器商人の物語。この人は、とんでもないワル。ウクライナ出身だと聞いて、最初、差別的に描いた映画なのかと思ったけど、クライマックスにすべてが覆された。 

映画「ロード•オブ•ウォー」は、主人公の武器商人の『今、世界では12人に1人が武装するという割合で武器が出回っている。武器商人の関心ごとは、「どうやって残りの11人を武装させられるか?」になっている。』という台詞から始まる。 

映画「ロード•オブ•ウォー」のメッセージ:あるウクライナ出身の武器商人は、子供がいても武器を売る。どこかで知らない子供が撃たれるとしても武器を売る。ソビエト崩壊を機と見て武器をかき集め、紛争地域に売りさばく。妻や子供が出ていき、両親が勘当し弟が撃たれて死んでも武器を売る。 

続き:自分では手を汚さずに武器を売る。「アフリカの紛争地域では合法だ」と言って武器を売る。武器を売ればすぐに村人が絶滅させられると分かっていても武器を売る。酷い?でも、アメリカは、たった一日で、その武器商人が一年で売る以上の武器を売っている。

映画「第9地区」に関する一連のつぶやき

「第9地区」は、新人監督、無名俳優、完全オリジナル脚本など、低予算で製作され、ほとんど当たる要素がないにも関わらず、最終興収1億1500万ドルを超える異例の成功を収めた映画。映画でも住宅設計でも何でもそうだけど、それに関わる人たちがどれだけ魂を込め、主体的に関わるかなんだと思う。

「第9地区」を観た。二度目。一度目は映画館で何も知らずに友達に誘われて観たら、ほとんど話の内容が分からず、トラウマになるくらい気分が悪くなって帰ってきた。だけど、今回、落ち着いて観てみて、大分評価が変わった。あの気持ち悪いエイリアンに対して感情移入するようになるとは思わなかった。

エイリアンが出てくる映画は、大抵、エイリアンを未知の手に負えない存在と描くのが常だった。「第9地区」のユニークな点は、エイリアンを差別の対象とする弱い存在と見ること。そして、強烈な皮肉をこめて、差別をすることがいかに無益なことかを伝えている。

「第9地区」の暴力的な表現には、強烈な皮肉が込められていると思った。フィクションとは言え、僕たちはあれを否定しきれないと思う。南アフリカでアパルトヘイトがあった時、白人たちはきっと黒人たちをあんな風に見ていた。それを現代に置き換えると、本当にあんな絵になるのかもしれない。

あからさまな人種差別を行っていた人が、徐々に差別される側の姿に変わっていったらどうなるか?「第9地区」はそれをとてもユニークな方法で描いている。「悲劇だけでは必ずしもない」というところがポイント。差別される側にしか至れない境地は確実にある。

エイズ孤児や児童労働などの問題を知る

マイミクのルイさんの紹介で下記のYoutube映像を見ました。
エイズ孤児や児童労働などの問題を報道するニュースの映像です。
とても考えさせられました。
みなさんも是非見てみて下さい。

レンガ工場で働く子どもたち

エクアドルの子ども

エイズ孤児

スラム化




この世界で、今年、人類史上初めて、都市に住む人口が地方に住む人口を超える予定だそうです。
そして、今や、都市に住む人口の3分の1(約10億人)がスラムに住んでいるそうです。
そして、その人口は、25年以内に2倍になるだろうと国連が予測しているそうです。
2倍になるということは、20億人がスラムに住むようになるということです。

http://theplaceswelive.com/

このサイトでは、急激な都市化でスラム化がものすごい勢いで進んでいる下記の都市の様子を生々しく伝えています。

 ・カラカス(ベネズエラ)
 ・ナイロビ(ケニア)
 ・ジャカルタ(インドネシア)
 ・ムンバイ(インド)

サイトの中で、それぞれの場所での人々の暮らしが360度回転可能なビューで見れるので、是非見てみてください。

スラム化は何も発展途上の国に限ったことではなくて、日本でも進んでいると思います。(郊外化が進んでいるところでは、スラム化も同時に進む傾向があります)
リアルなスラムももちろんあるし、日本特有の現象でしょうが、この人の言うように最近はネットカフェにスラムが出来ているそうです。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/97/

スラム化は様々な原因が絡み合って形成されるもので、今後、どんな形でスラムが形成されるか予想が出来ません。

25年以内にスラムに住む人口が今の2倍になるんです。
明日はわが身という思いで、この問題に真剣に取り組んでいくべきだと思います。

「マンデラの名もなき看守」を観て

昨日、日記に紹介した「児童労働」キーワードの日記ランキング1位キャンペーンは、わずか320名が日記に掲載しただけに留まり、残念ながらランキングにも載りませんでした。。。
しかし、6月15日(土)にリベンジするそうなので、どうかご協力下さい!

さて、昨日は、下記の日記でも紹介し、念願だった「マンデラの名もなき看守」を観てきました。
狙った訳ではないんですが、月の初めの日ということで1000円で観れたので、結果的に2度おいしい感じでした。笑

マンデラの名もなき看守
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=806478518&owner_id=2247284

悔し涙から始まり、南アフリカの白人達のあまりにも無慈悲な仕打ちに胸を締め付けられ、一人の看守とその家族の変革に胸を打たれ、最後は歓喜の涙で終わるという、本当に心にグッと迫ってくるような素晴らしい映画でした。
一つ一つのセリフにとても深い意味が込められているように感じました。

僕は、人間の「蘇生」の物語が好きです。
この映画は、物理的なアクションは全く激しくありませんが、主人公である看守の心の変化はとてもスピーディだと思います。
以外に、看守の妻の心の変化はもっとすごかったかもしれません。

あまり細かいことは書きませんが、もし興味があれば、是非ともみなさんに観て欲しい一本です。

アフリカを感じた夜

先日日記で紹介したAfrica Mission 2008に行ってきました!
昨日の横浜はとてもインターナショナルな雰囲気でしたよ!

Africa Mission 2008無料特別ご招待枠
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=820905740&owner_id=2247284

素晴らしい歌声を披露してくれたX JapanのToshiさんをはじめ、アフリカやその他地域の民族に関連するアーティストの方々も、ノーギャラで出演してくれました。

また、この日だけ、土壇場で全席無料にし、元々チケットを買っていた人には当日返金するという、主催者や協賛・後援された団体の素晴らしい姿勢にもとても感銘を受けました。

そして、やはりアフリカンアメリカンの方も含むアフリカの方々の生の演奏は圧巻でした。
何故、こんなにも体を突き動かされるような音が出せるのでしょうか?

ブルースもロックもジャズもヒップホップもレゲエも、元々はアフリカからアメリカ大陸へ奴隷として強制移動させられた人々が起点となって興された音楽だそうですね。
特に、今日僕等が好んで聞くこれらのジャンルの音楽のリズムやビートは、どれもアフリカが起源なのだそうです。

昨晩、本場のアフリカの音楽のリズムに触れてみて、やはり自然と体が動いちゃうような感覚がありました。
頭で計算されたリズムではなくて、自然の法則に則った本能的なリズムというように感じました。
何しろ、みんな笑顔で体全体で表現していてすっごく楽しそうでした。

僕は、以前、オーストラリアのケアンズのクラブに行って、現地の人々と一体感を感じながらダンスしたことがあります。

ケアンズのクラブで超ゴキゲンだぜ!【オーストラリア旅行記?】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=204945578&owner_id=2247284

この時も感じたんですが、音楽を通して一体になれば、人種や肌の色、文化や宗教の違いなんて何でもないことなんだと思います。
気取る必要なんてないと思います。
リズムに身を任せて楽しんだもの勝ちだと思います。

それだけしてみたら、昨晩は、人種や肌の色、文化や宗教の違いを超えて、アフリカがすごく身近に感じられました。

昨晩出演した日本を代表するドラマーである村上”ポンタ”秀一さんは、アフリカは、「また行きたい」というより「また帰りたい」と思わせる場所だと語っていました。

そんなアフリカに是非行ってみたい!
これからも一層アフリカについて学んでいきたいです!