カテゴリー別アーカイブ: ヨーロッパ

モロッコ〜スペインの陸路と海路1800kmを4日間で移動した旅行のベストピクチャー集

2017年11月に3連休の前後に1日ずつ有給休暇をとってたった5日間の連休でモロッコ〜スペイン旅行をするという恐らく前人未到の旅をしてきた カサブランカ→ラバト→タンジェ→アルヘシラス→マラガ→マドリード→バルセロナで、車なしで陸路と海路の移動は約1800kmになった。 5日間の連休でいったいどうやってそんなに移動できるのか?という疑問には後ほど答えるとして、立ち寄った目的地で撮ったベストピクチャ […]

ヨーロッパに労働許可が不要な国があったなんて!それもオランダ!!!

え?オランダで日本人が労働許可なく働けるようになったの⁉︎ 今、日本人の海外移住先としてオランダが熱い理由 t.co/uBiTW4TQCg 2014年12月24日オランダ政府は、1912年に締結された「日蘭通商航海条約」を根拠として、日本国籍者はオランダで「労働許可なく就労できる」との判断を下した — たてぃ /ハジキ出せ (@tatea1982) May 29, 2015 働けるよう […]

ハフポストの英語関連記事を3つ並べてみたら…

最近ハフポストで投稿された英語関連記事を3つ並べてみたら、若干、起承転結のある新たな記事が書けました。 【ブログ】驚愕 日本の英語力調査からみる「英語教育」 t.co/yC6H7X677I — ハフィントンポスト日本版 (@HuffPostJapan) February 21, 2016 文科省の公式調査結果によると、高校卒業程度以上の実力を持つ高校3年生はたったの2%だそうです…確か […]

こんなアンダーグラウンドな音楽シーンでバンド活動してたんだなぁ

atmosfear復活⁉︎ 知っている人はほとんどいないと思うけど、今夜、このバンドが大阪で復活ライブをやるらしい! P.D.F WINTER BASH BACK TO SCHOOL 2016/1/30 (Sat) 心斎橋 @ SUNHALL もう15年くらい前のことになるけど、大学生の頃このバンドが大好きで、昔やってたClad in Serenityというバンドで何度か対バンしたのを覚えてます。 […]

「ミニ・ミュンヘン」や「プチ平塚」のような取り組み

平塚の青年会議所主催のプチ平塚の準備のためのワークショップみたいなのにオブザーバーとして参加してきた。今年のプチ平塚は、8/5(日)に平塚商業高校で行われるらしい。プチ平塚は、ドイツのミニ・ミュンヘンの平塚版のようなイメージで、子供達が仮設都市の中で、自由に社会を形成する試み。 ミニ・ミュンヘンの取り組みを知った時、衝撃を受けた。子どもたちが、自分たちの力で一から社会を作り上げてしまう可能性を示し […]

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

「働きにくい日本」を形成しているのが、実は、消費者という立場の僕達日本国民であるとしたら?  労働時間が世界最短国の一つだであるオランダの従業員は、休憩時間になったり、就業時間が終われば、さっさと仕事を終わらせると聞いた事がある。例えば、空港や郵便局の窓口に人が並んでいても、自分の勤務時間が過ぎれば窓口を閉めることがあるという・・・  オランダでは、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先 […]

世界恐慌による帝国主義化の下でのTPPの議論

なるほど、日本がTPPに参加しないなら、相当の覚悟が必要になるのかもしれないな。1929年に始まった世界恐慌のように、グローバル経済の様相が変わって帝国主義化•ブロック経済化すると、今の日本では孤立したままではとても生き残れない。 TPPのようなメジャーな経済ブロックに所属しないということは、ソ連崩壊後のキューバのような状況になるのかもしれない。キューバは、アメリカからは経済制裁されて、ソ連崩壊後 […]

世界は「ロンドン帝国の庭」に過ぎなかった

19世紀のロンドン(帝国)は、世界を自分たちの庭のように考えていた。これは、在学中に使った「Cities People Planet」というテキストの荒い翻訳だけど、彼らは「北アメリカとロシアの平原をトウモロコシ畑として、シカゴとオデッサを穀倉地帯として、(続く)  (続き)カナダとバルト諸国を用材林として、オーストラリアを牧羊地として、アルゼンチンと北アメリカの西平原を牛の群れの為として、ペルー […]

わがままで独り占めしない

昔、ヨーロッパのどこかの国で、便器のシートを持ち歩いて、公共のトイレで取り替えて使うというニュースを見た。今でもそうなのか分からないけど、さすがにそれはやりすぎだろと思ったのを覚えている。  他人が使ったものを使用するのは確かに衛生上の問題が発生する場合がある。その程度を3段階に分けてみた。実質的には汚くないのに、他人が使ったというイメージで汚いと思ってしまう程度のもの。次は、汚いは汚ないけど、気 […]

スイスの世界最長鉄道トンネルに見る物流の新潮流

■「青函」抜かれた…世界最長の鉄道トンネル貫通(読売新聞 – 10月15日 21:56)http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1375190&media_id=20 スイスでは、アルプスを貫くゴッタルド基幹トンネルという世界最長のトンネルが完成したそうですね。このトンネルのことについては、以前日記に書いたことがあり、以下は転載です。 ???? […]