「北アメリカ」カテゴリーアーカイブ

マイケル・ムーアはアメリカに必要な厄介者

CIMG3083.JPG

「マイケル・ムーア in アホでマヌケなアメリカ大統領選」という放題の映画を見た。マイケル・ムーアの監督した映画だと思ったら違った。保守層が圧倒的なユタ州でマイケル・ムーアが講演を行った時のことを追った自主制作気味なドキュメンタリー映画だった。チープな映像だけどとても面白かった。

個人的には、マイケル・ムーアは好きで彼の映画は良く観る。もちろん、物事をフェアに描いているとは必ずしも思わないけど、あれだけコミュニティを二分するような議論を醸し出す影響力を持てるのはすごい。

マイケル・ムーアは、厄介者に見えて、人々の内にある争いの種を、小さいうちに現し、積む事にもつながっていると思う。ユタで、圧倒的な保守勢力の中で押さえつけられていた声を引き出し、手遅れにならないうちに衝突させたのだと思う。

実は、マイケル・ムーアを間近に見たことがある。僕がオレゴンにいた時、彼は、ポートランドのオキュパイ運動の応援に駆けつけたことがあった。だから好きになったって訳じゃないけど、彼のような活動にも興味があるんだよね。あの手この手で、いろんな場所で議論を醸し出させるってこと。

「アホでマヌケなアメリカ大統領選」で、マイケル・ムーアの前に保守系支持の有名人が講演を行ったのだけど、会場は保守系の牙城で、リベラル支持の人たちが意見を言える雰囲気じゃなかった。激しいブーイングの中で声を上げようとした大学の教授たちは、本当に勇気があると思った。

なんか、リベラルが正義みたいな書き方だけど、そういう視点じゃなくて、四面楚歌で、明らかに正常な精神状態でスピーチを行うことを妨害しようとされている中で、言葉にならなくても、声を上げようとするだけでも、もの凄く勇敢なことなんだといいたい。

僕だったら、小便ちびってしまいそうな程、恐ろしい場だった。でも、恐らく、他人事ではなく、今いる場所でも、同じように、言葉にならなくても、勇気を振り絞って声を上げようとしなくてはならない場面があるはずなんだよね…そう思うと、マイケル・ムーアってすごいと思うんだよね。憧れやしないけど、すごい部分はありのまま認めないといけないと思う。

これが、マイケル・ムーアがポートランドに来た時の模様。そう、あれはちょうどハロウィーンの日だったな。「マイケル・ムーアが来た!」bokudeki.me/autonomy/volun …

マイケル・ムーアは、このブログで書いたような「社会に必要な厄介者」なんだと思う。 「彼女は争いを呼ぶだけの厄介者なのか?」 | Best I Can -僕に出来ること- bit.ly/Mf2aIa 

「人間・池田大作:私の見た素顔」

「人間 池田大作:私の見た素顔」という本を読んだ。この本は、木村恵子さんという学会員ではない人が、自身がプロデューサーとして作成したアメリカの放送局向けのドキュメンタリーTV番組「人間 池田大作」制作を通して綴った本。学会員という立場からなのかもだけど、とても面白かった。

学会員じゃない人が書いたと言っても、創価学会側からカネを積まれて書いたんじゃないか?と疑う人がいるかもしれないけど、僕はその辺は分からない。ただ、池田名誉会長の足跡上にいる結構な数の関係する国家要人の通訳を勤めた人や識者たちにインタビューをしたようだ。

木村さんは、子育てが一段落した30代後半に渡米・単身赴任し、元来の夢だったマスコミの仕事を再開したようだ。その時は創価学会のことを良く知らず、むしろネガティブな感情があったが、大家さんが持っていた池田名誉会長著「私の世界交友録」を読んで感激し、その本の内容の朗読番組をラジオで始めた。

「人間 池田大作」制作の上で、木村さんたちクルーには、「事実を曲げないこと、池田氏を必要以上に言葉でもち上げないこと、ことさら大げさに表現しないこと」というポリシーがあった。クルーの中には、学会員は数人で、むしろ、学会をよく知らない・嫌いというメンバーの方が多かったとのこと。

「私の世界交友録」に書いてあるような、池田名誉会長と世界の識者たちとの対談が、カネで買われたものだと疑う人がいるそうだけど、ラジオの朗読番組制作の上で、木村さんが対談相手の識者たちにラジオで扱うための承諾を求めると、皆快諾してくれ、庶民のアパートに彼らから手紙やFAXが沢山届いたらしい。

1972年に実現した日中国交正常化についても、一般的には当時首相だった田中角栄や竹入議員が立役者だと知られているが、創価学会側は池田名誉会長の民間外交が要だったと主張していて、事実が確かではないことから、木村さんたちは、中国やロシアに行って、直接、現地の関係者にインタビューしたとのこと。

探してみたら、学会員ではない木村恵子さんがプロデュースした、アメリカで放映されたドキュメンタリー番組「人間 池田大作」が、ここで見れるようです。 ow.ly/96kMs ニコニコ動画の映像ですが、途切れることなく流れている数々の汚いコメントの嵐を見てみてください。

創価学会に懐疑的な人は、木村恵子さんみたいに徹底的に調べて、関係する人にインタビューして、疑問点は自分の足でクリアにしていけばいいと思う。創価学会に都合の悪い事でも良い事でも、事実が多くの人に伝わることは、僕の願いでもある。

ポートランドの市長候補たちのディベート

ポートランドの市長候補たちのディベートを見に行ってきた。さすがに面白そうな人が出てきてるなと思った。このディベートも、高校生が主になって主催し、特に将来の有権者に来て欲しいと願って開催されたものだったようだ。 ow.ly/i/r9fd 

政治の分野で、子ども達が「蚊帳の外ではない」と思わせる雰囲気作りは必要だと思う。投票権を持ってなくても、子ども達が政治に影響を与える手段なんて沢山あるんだし。 

ポートランドの次期市長候補は、若い男性と年配の男性と女性の3人だった。これだけの情報で判断するなら若い人がいいかもしれないけど、ディベートを聞いた感じ、年配の男性と女性の輝かしい実績から、先見性は証明されているようなもので、年配の候補たちに歩がありそうな気がした。 

男性の方はCharlie Halesさんで、長年の議員としてのキャリアを通し、ポートランドの公園やライトレールの発展に大きく貢献した。女性の方はEileen Bradyさんで、2000人の雇用を生んだローカルのスーパーマーケット•チェーン「New Seasons」の創業者の一人。 

どちらが市長になってもポートランドは引き続き良くなりそうなもんだけど、個人的にはEileenさんの方がいいな。経営者としての能力とローカリゼーションの哲学を兼ね備えた人はとても貴重だと思う。

ガーディアン紙でポートランドが高く評価されました!

イギリスのガーディアン紙で、「ポートランド」が世界で一番住むのに適した都市のトップ5に選ばれました!The five best places to live in the world, and why gu.com/p/34yz8/tw via @guardian 

アメリカの新聞でなら普通にあり得るけど、イギリスの新聞で選ばれたってのがでかい。よく見てると思った。 

アメリカで最もリベラルでヒップスターの拠点で、サイクリストの文化が色濃く、効果的な都市計画をしていて、マイクロ•ブリュワリーやフードカートなどの独特の零細起業家の文化などを紹介していた。 

こんないいところを離れるのはもったいないのかもしれないけど、個人的には、自分の地元をポートランドみたいないいとこにしようと決めている。

Place-Making, Community Building and Sustainability are…

Beatley states in the concluding chapter of the book Native to Nowhere, “…that place-making, community building and sustainability are strongly reinforcing endeavors.” (p. 353). They are all effective and essential weapons to enable people to bravely stand up and take action against both the scale and the numbers of problems facing humanity. First, place-making enables people to commit the own places and to strengthen them. Second, community building empowers individuals and encourages them to unlock their highest potential as a community. Finally, sustainability motivates and vitalizes people, being a collective standard that should be achieved.

In 2008, the global financial crisis occurred which has its roots in the subprime mortgage crisis and bankruptcy of Lehman Brothers. Eventually, financial capitalism failed as a consequence of excessive globalization. In addition to that, an endless variety of complicated issues, such as climate change and global poverty, are facing humanity.  Many more people are overwhelmed and have become paralyzed by both the scale and the number of problems and still remain unable to take any actions, just being depressed about it.

These disastrous results are all derived from lack of place-making, community building and sustainability. Now, intensions made by a few people become the tremendous and out-of-control impacts on this globe. These pressures level down everything as if the numbers of mounds are bulldozed. As a result, the current world’s picture is like monochrome, borderless, and march of sameness in the entire campus. Since people hardly discover uniqueness of their places, they cannot commit their own places. Also, by valuing more individual freedom and privacy, people separate each other at an accelerating pace. Moreover, as I demonstrated in the second paragraph, the current world is unsustainable in the aspects of economy, environment, and social.

By contrast, what is the world based on place-making, community building and sustainability like? Many more people would be included to prevent decisions, which generate unintended results, to be made and to unlock the highest potential as a community at each local place. Then, the world’s art consists of limitless numbers of original small arts that can decorate the entire campus. Since each place is unique, people become to love their own places. Then, people commit their place so they unite to strengthen there, taking advantage of power of a community. As a result, each community can keep its economical, environmental, and social impacts within each realm.

Switching gears to a micro point of view from a macro one, we can realize that many and various actual cases that realize such situations are dotted near ourselves. For example, Columbia Ecovillage is one of the noblest cases. Residents live in the village as a community. They become aware of a growing concern for environment so they try to focus on the place and live there with the minimum ecological footprints. Since the residents use their own knowledge, skills, and fund collectively, the village can aim at becoming a self-sufficient, zero-waste, and non-carbon emission community that is the absolute key to be sustainable, through community building.

Also, we can generate a place that teaches all corners of the globe in new and creative ways. Soka Gakkai Internationa (SGI), the world’s largest and most divers lay Buddhist association, offers a unique opportunity called “small discussion meeting” for every neighbor in the world. The monthly meetings are held in private houses of SGI members. Since SGI has 12 million members in 192 countries and territories, the extensive numbers of the meeting can be held in the world. Diverse people in gender, race, income generation, and occupation in each district come together and tell and share their passions, hopes, and troubles in the place where people trust and care about each other. The meeting would be wonderful opportunity for every neighbor, especially, a new resident to touch the neighbors and the neighborhood, which is the first step for the place commitment.

Now, with the comprehensive exercises at the Community and the Built Environment class, I can design some scenarios of the future for Hiratsuka, my hometown in Japan, based on place-making, community building and sustainability. The city already has many and variable assets for them in it. For example, Komayama-Park, a huge park placed in a nature-abundant hill zone near the Pacific Ocean can be a significant key to attract people in the community. Also, Tanabata festival, an annual big festival in Hiratsuka, offers people to participate and to become the part of the art. Moreover, supporting Shonan Bellmare, a local soccer club team in my hometown, encourages people to unite together and to view them as a community.

Indeed, every person can realize that they have already had treasured assets in each place as demonstrated the above, through my own experiences. Rediscovering these assets would be a starting point for people to develop their place, build their community, and become sustainable economically, environmentally, and socially.

 

Planning Commission Observation

Agenda of the planning commission in Portland on October 28, 2008

  1. Request for Street Vacation : R/W #7001, Alley in Block 5, Albina Homestead Addition; Only Qs and As was held on this agenda without a presentation
  2. River Plan / North Reach Proposed Plan; This is a comprehensive multi-objective plan for the land along the Willamette River, which is facing great challenges such as being piled up contaminations, growing demands and needs for riverfront parks and recreational facilities and for access to the river from neighborhood more easily. Realizing this plan would make the river the city’s most valuable economic, environmental, and social asset for Portlanders.
  3. Schools Zoning Issue Update, Short-Term Work Plan; I’ll elaborate the issue later.
  4. Regulatory Improvement Code Amendment Project 4 (RICAP 4); This project is to replace or delete parts of the languages from the zoning code regarding Division Street Main Street Retail Size Limitation, Comprehensive Plan Map Amendments for Industrial and Employment Designations, and Title 17 Public Improvement Code.

The most important issue of the meeting to me

I adopted the Schools Zoning Issue as the most important issue of the meeting. Portland is recognized as one of the most livable cities, and many people come to live in the city every year. Because of that, the city conditions, trends, economics, and demographics have constantly shifted, so the city must adapt to these changes flexibly and immediately.

However, the current zoning code that affects schools and parks has very complex thresholds that possibly trigger unexpected conditional use reviews. Because of such unclear and inflexible thresholds, in many cases, current policies and regulations have not kept up with the changing needs of the city. As a result, not only a number of zoning violation complaints have raised but also it can be harmful to health for people in Portland, especially to healthy development of children. Therefore, this agenda should be addressed urgently.

The outcome from the meeting

There were larger-than-expected renounces of the agenda on the commission. After Eric Engstrom, Principal Planner, Policy and Code Division proposed his work program that are planning to be completed in short term and emphasized that the zoning code needs to be changed to address immediate code enforcement issues related to schools and associated open spaces. After that, nearly 10 testimonies testified issues that they are facing related to this agenda.

Various opinions were exchanged and many concerns related to this issue were raised. Representatives from related organizations which promote to create more open spaces such as Portland Parks and Recreation tended to support what the planner said because changing the code would make their objects easier to achieve. In contrast, people living near a park or a school tended to disagree to the planner’s proposal because realizing the plan would be harmful impact to them in the aspect of concerns from noise, safety, and so on. From a side of commissioners, there were some feedbacks. They recognized the importance of policy flexibility, but they also advised the planner to consider the plan as a long-term-project because code changes would be a big project.

Even though it seems to be about ready to cry uncle, I think this outcome can be very big forward movement. Of course, it would be very hard to overcome this kind of conflicts among people, but a broad range of concerns of this issue was raised and shared by both public and the government only in this occasion. This is an essential part of democratic politics. Therefore, it can be said that this meeting worked effectively.

Regarding the Proceedings

Usually, the Planning Commission hearing consists of the following parts. First, after the presiding officer calls an agenda of the day, the Planning Bureau Project Team has a presentation of a summary of a plan to nine commissioners appointed by mayor and confirmed by City Council. Next, being called from the presiding officer, public testifiers who submitted a testimony card speak their issues into the microphone. Then, the commissioners may question testifiers after testimony. Finally, the Planning Commission discusses the issue to reach a decision or recommendation as far as time permits.

There are some points that I considered as ‘remarkable’ on the proceedings. First of all, planners who belong to the Planning Bureau Project Team have to appeal to Public at a planning commission to realize their plan. They speak to nine commissioners at the same side as public testifiers. This style of approach would be able to lead to form a partnership between planners and public.

Also, citizens can participate in Politics that affect directly them and attempt to overcome conflicts among them by themselves. Commission members are elected from citizens so that they can be also considered as public. During the meeting, one testifier strongly complained about lack of the time to give her testimony. Actually, there was not enough time to give time so that the commissioners attempted to lay her speech over the next time. Because she had had an appointment with the planner to give her 30-minutes-speech, she continued to protest against the attempt. As a result, the commission was thrown into confusion partly. However, some in the side of public tried to overcome the confusion by themselves. That is also the responsibility that the public should take as a role of citizen participation. This happening made me remind the fact.

Absolutely, final decision is made by the city council. However, the proceedings of this commission would be remarkable as a vital part of citizen participation.

Their impact on planning in the city

People can easily know about contents of a planning commission. The contents are usually broadcast not only on TV but also on the web repeatedly without change. All people in Portland possibly know and share issues that were discussed on the commission as their collective concerns. Citizen participation is an essential part of Politics so that it must require inclusion of citizens and sharing information among them. Therefore, this commission can be a crucial impact on planning in the city.

A political system of my hometown, Hiratsuka, Kanagawa, Japan, doesn’t offer an opportunity to participate Politics to citizens very much. Disclose record of a commission is limited and even a significant policy that directly affects citizens often goes into effect before they can get a chance to know about the policy. Therefore, the commission in Portland plays a vital role to democratic politics and that role can generate a positive impact on planning in the city.

Zoning Assignment

Zoning_Assignment081106Final

Basic Information

Property Address

1912 SW 6th Ave

Property ID

R246258

Year dwelling was built

1967

Zoning designation (abbreviated and full title)

CXd

Nearby zoning (within one or two blocks)

RXd and CXd

Description of existing neighboring land uses (within one or two blocks)

Residential, commercial and institutional uses are mixed together in a university district with transit streets.

What Zoning Code Says

What Exists on Site

Uses

Permitted

Household Living, All Commercial Categories except Commercial Parking, Manufacturing And Production, Wholesale Sales,, All Institutional Categories except Basic Utilities and Community Service

n/a

Conditional Use

Group Living, Commercial Parking, Industrial Service, Basic Utilities, Community Service, All Other Categories except Mining

n/a

Specifically excluded

Warehouse And Freight Movement, Railroad Yards, Waste-Related, Mining

n/a

Bulk

Lot size

Min requir

ed: None

Actual: 32,750 Square Feet

Height

Max allowed: the tallest buildings, consistent with its desired character, are allowed

Actual: about 150 Feet

Setbacks (front, sides, rear, garage entrance)

Required: front, side, rear: None

Garage entrance: 5/18 feet

Actual: front, side, rear: 0 feet

garage entrance: about 60 feet

Other Requirements, if applicable

Parking

Required/Limited: None

Actual: 60 spaces

Design

Standards (If Any): d

Actual: Modern design University Dorm with shared spaces and class rooms for students

Outdoor areas, landscaping

Required: None

Actual: 7 Large trees and 3 small trees on surrounding side walks

Map of Surrounding Area

Arial Photo (Broad Area) Aerial Photo (Only the Block)

Picture of front side of the Building Picture of rear side of the Building

ポートランドでの抗議運動(Occupy PDX)の報告(5)

Occupy Portlandが再び占拠活動を開始した。ウォーターフロントから出発したマーチは、街中を通って新しい占拠サイトの公園(Shemanski Park)に到着し、早速、21個もテントを張り、ディナーなども配っていた。 

今のポートランドの気温は2度。乾燥しているから体感温度はもっと低いと思う。しかも夜中はもっと冷えるだろう。この環境でキャンプをするのはものすごく過酷だ。Occupy Portlandの今回の占拠活動がどこまで存続出来るか興味がある。 

新しいOccupy Portlandの占拠サイトに武装した警官隊が到着して、占拠サイトを閉鎖しようとしています。www.livestream.com/occupyptown 

今日Occupy Portlandが占拠したサイトが、早速、武装した警官隊に閉鎖された。Occupy PDXによると、その後、すぐにプロテスターたちは市役所に向かい、市役所を占拠したらしい。機動隊が向かっているとのこと。 

このように、オキュパイ運動が活発になればなるほど、警官たちの残業代が増える。つまりは、みんなの税金が高くなるということ。おまけに、警官がオキュパイ運動の為に総動員されれば、他の部分が手薄になる。知り合いの店に3夜連続で強盗が入ったが、警官が動けない為に犯人検挙は極めて困難らしい。 

Un-Occupy Portlandというオキュパイ運動への抗議団体が現れたことからも分かる通り、オキュパイ運動は、言わば、「空気が読めない人たちによる運動」だ。日本だと「空気を読め」圧力によって、特に起こりえないような運動。でも、結局、空気を読んでいる限り、変革は起こらない。 

Occupy Portlandが、僕のFacebookのタイムラインをオキュパイ(占拠)し始めた…汗 

ポートランドの一連のRe-Occupation Fest(再占拠フェスト)の内容がここで読めます。(英語)Occupy Portland’s Street Smarts: A Tale of Re-Occupation : www.portlandoccupier.org/2011/12/05/occupy-portlands-street-smarts-a-tale-of-re-occupation/ 

オキュパイ•ウォールストリートによる、ポートランドのRe-Occupation Festの報道。UPDATES: Portland Holds New Home : occupywallst.org/article/updates-portland-holds-new-home/ ここに出てくる何人もの機動隊が非武装で無抵抗の市民を取り押さえている写真は、確かにやり過ぎだと思う。

「自分が出すゴミとどう向き合うか」が紳士度を決める?

歴代のアメリカ人のルームメイトの多くが、ゴミを出しまくっているくせに、ゴミを捨てにいかない。もう12月になるのに、ゴミ箱の近くにはまだ虫がいて、すぐに捨てにいけばいいのに、殺虫剤みたいので退治しようとする…こういう思考が環境問題の原因なんだろうな。(「話し合いによって何とかしろ」という最もな意見はまず置いといて…)

「自分が出すゴミとどう向き合うか」で、その人の野蛮度が判断出来る気がする。

本当に紳士な人は、まずゴミを出さないように生活を工夫するはず。基本はリデュース•リユース•リサイクル。食材も包装のゴミが出ないものを選び、食べ残しを無くし、食材は使い切る。食材の残りカスはコンポストにして肥料として使う。まだ出来ることはあるかな?

実は、「ゴミ問題」の最前線で頑張っているのが、自治会の役員さんたちなんだと思う。そういった意味でも、自治会の事業ってとてもとても重要だと感じる。

これは参考になった。→「NY市のごみはどのように処理されているのか??」nyiyamee.exblog.jp/8332145/

ゴミ問題の裏で起こっていること…『フレッシュキル埋立地の閉鎖の責任者であったロタ副市長は毎日繰り返されるこの光景を見て、市のゴミ処理業務は今や「日常的な軍事作戦のよう」だと述べた。』「ニューヨークは世界のゴミの首都?」www.worldwatch-japan.org/NEWS/ecoeconomyupdate2002-6.html

ニューヨークのフレッシュキル埋立地については大学のクラスで触れたけど、ひどい有様だった。だけど、それも紛れも無いニューヨークの姿。(ここに写真あり:nymag.com/news/features/52452/)美しい公園になるからと言って、そこに住む人たちの野蛮さや不潔さは消えない。

ニューヨーク市は、満杯になった広大なフレッシュキル埋立処分場を閉鎖し、ゴミ処理を市外の処理業者へ委託する決定をしたそうだ。他人に任せれば楽だけど当然お金がかかる。つまり税金。フレッシュキルを美しい公園にするのも、途方もなく税金がかかること。

このように、ゴミ処理を他人へ丸投げすることも、ゴミ溜めの汚さをカモフラージュすることも、ものすごく負担がかかりお金がかかることなんだ。そう考えれば、自治によるゴミ処理をすること、何よりもゴミの量を減らすこと、を生活の中に習慣として取り入れるモチベーションになるかもしれない。

ポートランドでの抗議運動(Occupy PDX)の報告(4)

2011年11月16日、オキュパイ•ポートランドは、昨晩の警察による掃討作戦により、現在閉鎖されている。警察は昨晩の深夜12時までの立ち退きを要求していた。これに対して、数千人の抗議者が集まり抗議活動を実施。結果的に、50人以上が逮捕され、平和的な抗議活動だったにも関わらず、深刻な怪我人が出た。これに対し、抗議者側は警察への抗議をしている。 

ほとんどの警官隊が去った後、すぐに抗議者たちも去ってしまい、警官隊が朝9時30分ころに掃討作戦の続きを実施した時にはキャンプサイトは既に手薄で、尚もそこに居座ろうとする抗議者は逮捕され、キャンプサイトは一掃されてしまった。現在は、警察の監視下の下、完全に封鎖されている。 

これが写真集。RT @Oregonian: Photo Essay: #OccupyPortland deadline comes and goes as thousands gather in downtown #pdx: ORne.ws/soGM4r 

あのオキュパイ•ポートランドのキャンプサイトがもう見れなくなると思うとすごく悲しい。あれは一種の芸術だと思っていた。どれだけの想いが込められていた場所だったのだろう?他に、そんなに想いが込められた場所があるだろうか? 

この映像は大迫力!昨晩深夜過ぎに起こった、数千人のプロテスターと、ポートランド都市圏から結集した警察の衝突。ow.ly/7tGzt 

ポートランドで、Un-Occupy Portlandというグループが現れた。このブループは、ポートランドでのオキュパイ運動の趣旨には賛同するけど、やり方に反対する団体。オキュパイ運動の抵抗活動により、一般市民が多大な迷惑を被っていると。 

ここからは、個人的な日記。 

確かに、キャンプサイトの一掃やその後の警察との衝突で警官たちの残業がかさみ、結果的に市民は税金で損することになる。それに、橋の上での座り込みやダウンタウンの中心部でのデモ活動などで、交通機関が乱れたりもして、実際にイライラしている市民は沢山いると思う。 

なかなか難しいところだ。確かに、他人の迷惑を最小限に抑えて空気を読みながら活動すべきだ。だけど、他の市民の迷惑を考えながら抗議活動をするとしたら、それほど影響力のある運動にはなりにくい。どちらの要求も満たすような代替案を思いつき実践しない限り、双方の溝は埋まらないだろう。 

実際、僕のルームメイトもUn-Occupy Portlandの人たちと同じ意見だ。ただ、問題意識はあるけど、「迷惑だ」というだけで代替案が無い。個人的には、抗議者たちが、他の市民に迷惑をかけても、連日、メディアを賑わせるだけでそれなりに効果があると思っている。 

社会変革には、妥当な代替案が無い限り、それ相応の痛みが伴うものだと思う。恐らく、これは誰もが理解し、覚悟をするべきことのはず。迷惑や不便を被りたくないなら、代替案を見つけるよう努力する。代替案が無いなら、迷惑や不便に耐えるしかない場面は出てくる。文句だけ言うのが一番無責任。 

正直言うと、僕が理想とする社会変革運動からすると、オキュパイ運動は大分外れる。でも、全否定はしない。個人的には、自分に都合が悪かったり、部分的に欠陥があるだけで、圧力をかけて押しつぶそうとはしない。 

彼らは彼らで、リスクを冒して行動し、社会に一定の影響を与えている。今の時点で社会にほとんど影響力の無い僕たちよりは、目的を遂行出来る可能性が高いということ。彼らの行動を止めたいなら、文句による圧力でではなく、代替案とリスクを冒す覚悟で示してほしい。