「南アメリカ」カテゴリーアーカイブ

僕たちはアメリカの歪んだレンズでしかものを見れない

ベネズエラで2002年に起きたクーデターで、アメリカ大統領報道官アリ・フライシャーは、「今回の混乱の責任はチャベス政権にあると考える。非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出てしまった。それが引き金となって国民による暫定政権が発足した」と報道したが、これは全くのデマだった。 

アイルランドの番組制作チームが作成したベネズエラの革命に関するドキュメンタリー映画「The Revolution Will Not Be Televised」の内容がこのページで日本語でまとめられてます。「チャベス政権 クーデターの裏側」ow.ly/1A528y 

1998年に大統領として選出され、弱い立場にある人々に爆発的な人気のあるウゴ・チャベス大統領。マイノリティの声を丁寧に聞き、富裕層から富の還元をさせ、何も変わらないと半ば諦めていたマイノリティの人々の政治参加を活気づけた。 

チャベス大統領が、国有の石油会社をコントロールし、貧しい人々へ石油の恩恵を還元しようとした時に、国民が真っ二つに割れ、対立が起きた。貧しく弱い立場にある大統領の支持派と、石油関連で甘い汁を吸ってきた立場にある石油会社に近い経済界のトップの支持派。連日、双方で大規模なデモが起こり、銃撃戦も起きた。 

経済界のトップ率いる反政府派は、メディアで情報操作をし始め、アメリカのチャベス批判も追い風にして、あたかも大統領を悪者に仕立て上げた。両者の対立は深刻さを極め、やがて反政府派が「大統領が辞任しなければ、官邸を爆破する」と脅し始めた。大統領は、市民の犠牲を考え、爆破予告の5分前に現われ、拘束された。 

官邸は反政府勢力に乗っ取られた。唯一、チャベス大統領側だった国営放送も遮断され、反政府勢力に有利な民放が都合の良いように報道した。 

しかし、大統領は辞任しておらず、ただ拘束されていることを知ったチャベス支持派の平和的抗議は勢いを増し、官邸にて新たな政府の擁立を進める会議中も、数えきれないほどの人が官邸を囲み、チャベス大統領の復帰を叫ぶ声は会議の進行を不可能にした。その民衆の行動は歴史を変えた。 

反政府勢力が、あまりにも強大な民衆の声に恐れをなして逃げ出し、新政府の成立を断念したのだ。反政府勢力につき始めていた軍も、失われた国民の信頼を、チャベス大統領の元でもう一度構築し直す決意を語った。チャベス大統領を取り巻いていた議員も官邸に戻ってこれ、安全が確認されたところで、大統領も復帰した。 

例のドキュメンタリーでも証拠を示していたけど、確かに、チャベス支持派と反政府派で銃撃戦は起こったが、アメリカの報道官が言った「非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出た」というのは、反政府派が情報を操作して報道した内容だ。アメリカが、いかに反政府派に肩入れして、邪魔なチャベス大統領をどさくさに紛れて倒そうとしていたのかがわかる。 

「The Revolution Will Not Be Televised」は、「革命はテレビでは報道されない」というような意味。ベネズエラで起こったような本当の革命はテレビでは放送されない。逆に、何度も繰りかえし放送されるのは、無残に民衆に嬲り殺されるリビアのカダフィ大佐の映像のような、先進国にとって都合の良いように仕組まれた偽りの革命。 

僕たち日本人は、きっと、遠い外国で起こっていることを、アメリカの歪んだレンズで見ている。

エイズ孤児や児童労働などの問題を知る

マイミクのルイさんの紹介で下記のYoutube映像を見ました。
エイズ孤児や児童労働などの問題を報道するニュースの映像です。
とても考えさせられました。
みなさんも是非見てみて下さい。

レンガ工場で働く子どもたち

エクアドルの子ども

エイズ孤児

スラム化




この世界で、今年、人類史上初めて、都市に住む人口が地方に住む人口を超える予定だそうです。
そして、今や、都市に住む人口の3分の1(約10億人)がスラムに住んでいるそうです。
そして、その人口は、25年以内に2倍になるだろうと国連が予測しているそうです。
2倍になるということは、20億人がスラムに住むようになるということです。

http://theplaceswelive.com/

このサイトでは、急激な都市化でスラム化がものすごい勢いで進んでいる下記の都市の様子を生々しく伝えています。

 ・カラカス(ベネズエラ)
 ・ナイロビ(ケニア)
 ・ジャカルタ(インドネシア)
 ・ムンバイ(インド)

サイトの中で、それぞれの場所での人々の暮らしが360度回転可能なビューで見れるので、是非見てみてください。

スラム化は何も発展途上の国に限ったことではなくて、日本でも進んでいると思います。(郊外化が進んでいるところでは、スラム化も同時に進む傾向があります)
リアルなスラムももちろんあるし、日本特有の現象でしょうが、この人の言うように最近はネットカフェにスラムが出来ているそうです。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/97/

スラム化は様々な原因が絡み合って形成されるもので、今後、どんな形でスラムが形成されるか予想が出来ません。

25年以内にスラムに住む人口が今の2倍になるんです。
明日はわが身という思いで、この問題に真剣に取り組んでいくべきだと思います。

ハンガーマップ

下記のリンクは、Kontonさんのブログで紹介されていた、WFP(国連世界食糧計画)の「ハンガーマップ」です。

http://www.wfp.or.jp/hungermap/index.html

これを見て、皆さんはどう感じますか?

このマップを見て僕が率直に思ったことは、

緑は、僕が良く知っている国(≒豊かで憧れる国)
赤は、僕が良く知らない国(≒今まで気にも留めなかった国)

ですね・・・

日本にいると、食料危機に瀕している国の情報は、興味を持って取りにいかないと、知ることは出来ないんだなと思いました。

「知れない」「気付けない」ということを、マスコミや国のせいにしてはいけないと思いました。。。

知らなくて手を打とうとしない時点で、僕らは彼らを見捨てていることになりますもんね・・・

いろいろと考えさせられるマップです・・・

『心の闇』 奇跡体験アンビリバボー特集No.2

奇跡体験アンビリバボー特集No.2ということで、過去の放送分を紹介しながら、世界中に蔓延る「心の闇」が引き起こす暴力の連鎖と、それらに対して僕らがどう向き合っていくべきなのかについて書こうと思います。

2006年7月6日放送
犯人たちの誤算?史上最悪の銀行強盗事件
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p336_1.html

2005年8月8日にブラジルで起きた史上最悪の銀行強盗事件についてです。

この事件で、厳重な金庫から1億5600万レアル(約80億円)もの大金が盗まれました。
銀行の警備員を含む、多くの人々が関与した結果、これだけ大規模な強盗事件が、誰も傷つく事無く、特に混乱も無く行われたとのことです。。。

犯人の一部は逮捕されたそうですが、警察に没収された金額が少なすぎる(他にも隠し持っているはずだ)ということで、そのうちの犯人の息子が、何者かに誘拐される事件が起こったそうです。
母親は、隠し持っていたお金を犯人達に渡し、誘拐された息子は開放されたそうですが、浮上してきた犯人の中には、その親族の人間もいたそうです・・・

その他、主犯格として浮上した男性は、話を聞くだけという名目で、警官達に連行されました。
そして、何故か、その男性は誘拐され、恋人が身代金2億円を持って行ったにも関わらず、男性は、無残にも9発の弾丸を打ち込まれて死んでいたそうです・・・
信じられないことに、警察の上層部では、その男性をマークはしていたが、連行したという記録はなかったそうです・・・
そう、金に目が眩んだ一部の警官も関与した凶悪な誘拐事件だったのです・・・

その後も、こういった凶悪な誘拐事件と暴力の連鎖は続き、現在に至るのだそうです・・・

金を握った人間は新たな犯人に狙われ、新たに金を握った人間は新たな犯人に狙われる・・・
盗んだ金を犯人から奪い取る悪の連鎖は止まるところを知りません・・・

この銀行強盗事件は、この現状を作り出した原因ではなくて、きっかけに過ぎないと僕は思います。
人間が人間のことを信頼出来ない社会において、何かがトリガーになれば、このように社会が大混乱に陥るパターンはいくらでも想像出来ます。。。

こういったトリガーを起こさせない努力ももちろん必要ですが、本当の意味で、安定した平和な社会を創るなら、僕達一人一人が変わらなければならないと思います。

2006年5月18日放送
実録・恐怖の監獄
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p330_1.html

米スタンフォード大学の心理学教授の試みた、実際の人間を使った模擬監獄実験の模様です。
実験の目的は、人が「囚人」や「看守」になった時、行動と心理にどのような変化が現れるかを探ること・・・

参加者は最初は遊びのつもりで与えられたロールをこなしていたそうですが、次第に状況が変わっていき、当の心理学教授までもこの実験のリアルさにのめり込んでしまい、たったの1週間で危険すぎる状況陥り、中止になった実験です・・・

たかが実験、されど実験です・・・
望んでもいないのに、自分に無理やり与えられた環境や立場次第で、人間の悪い心がいくらでも増幅し得るんだという事が実証されました・・・

マイミクのKumaNekoさんにご紹介頂いた映画「ホテル・ルワンダ」の公式ページのHistoryを読んでみて、この紛争も、この模擬監獄実験が国家規模に拡張された結果なのかなと思いました・・・
http://www.hotelrwanda.jp/history/index.html

ルワンダ紛争の背景としては、第一次世界大戦の戦利品としてルワンダという国を得たベルギーが、ルワンダの人々を、無理矢理人種分けして、ロールを与えて、無理矢理そう演じさせたそうです・・・
元々、助け合って仲良くやっていけていた人々も、やがて、立場が上の人種が、立場が下の人種を迫害し始める・・・

政治は荒れに荒れ、暴力の連鎖はいっそう激しさを増し、国連も平和維持軍を2500人から270人に減らしてしまい、3ヶ月もの間、阻むものがいない虐殺行為はルワンダ全土に恐ろしい勢いで広がっていきました・・・

結果的に国民の10人に1人、およそ80万人が犠牲となったそうです・・・

スタンフォード大学の模擬実験と、このルワンダ紛争の違いは、実験か実験ではないかの違いに過ぎなかったのではないかと思います。

僕は、この2つの話に、世界で今も尚起こっている戦争や紛争の縮図を垣間見ました・・・

この暗い影は、僕達の住んでいるこの日本でも、水面下で着実に広がっているように感じます。
この暗い影は、形や重さを持った物理的なものではなくて、多かれ少なかれ誰しも持っている「心の闇」のことなのだと思います。
目に見え難いだけに物凄く不気味です・・・

また、この話は、居場所を失い、社会から切り離された人間が起こしたテロ行為です。

2006年7月20日放送
悪夢の23日間?姿なき殺人者
恐怖に包まれた街
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p338_1.html
姿なき殺人者
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p338_2.html

銃の所持が合法になっている国では、誰でも起こせるテロ行為だと思います。

余談ですが、平和で安全なイメージの強いスイスが、所持率でアメリカを抜く程の銃社会だということを、皆さんは知っていましたか?
僕は、スイスで銃所持が合法だということも知りませんでした・・・
それも、スイスでは、銃を使った自殺や殺人事件も高率になっているそうです・・・

その他、先進国では常識だと言わんばかりに、銃の所持が合法化されている国が多いんですね・・・
知りませんでした・・・汗

僕達が知るべきこと、学ぶべきこと、もっと成長すべきこと、もっと意識を持たなければならないこと、行動に移すべきことは本当に沢山あります。

世界の悲しい現実を知れば知るほど、僕は、それが他人事では済まされない事に気付かされていきます・・・

「今は何不自由なく暮らせているからいいや」なんて思っていても、そのツケは、将来の自分に確実に降りかかってきます。

「因果応報」という言
葉がある通り、すべての物事は因果関係で繋がっていて、偶然に起こる事なんてないんです。

ナチスの起こしたホロコーストも、奇跡と呼ばれる出来事も、人・物などの様々な因果が重なり、必然的に起こった出来事です。

それが分からずに、人々が、起こってしまった悪い出来事を他人のせいにし続けているところに、社会の歪、世界の断裂が発生しているのだと感じます。

「プラス思考」という日記にも書きましたが、自分の周りで起きていることから世界中で起きていることまで、実は、すべてが、自分の思い描いた通りに進行しているんです。

今の世界の在り方に、愚痴や文句を言いながらも、僕達は、完全に同意してしまっています。

本当に世界を変えたいのなら、誰かに頼るのではなくて、自分から発信し、自分が主体となって行動に移していく他ないと思います。

書いているうちにかなり熱くなってしまいましたが、一介のサラリーマンが抱いている危機感をそのまま綴ってみました。