「次世代への教育」カテゴリーアーカイブ

心の豊かさについて

「心の豊かさ」って何だろう?

まず、「心の動き」について考えてみた。

僕は、昨年末にmixiを始めて、いろんな人の日記を見てみて、今になって、本当にいろんな人がいるんだなぁととってもびっくりしている。

日記を見ているだけで、その人の人柄や、性格が何となく見えてくるのも面白い。
よく人間観察が趣味だという人がいるけど、外見で判断するより、日記を見て判断した方が、断然その人の事が分かるような気がする。

ほんといろんな形の日記があるけど、僕は、その中でも、自分の「心」を表現している人の日記が好きだ。

そういう人の日記は、海外旅行など「物理的な動き」のある体験より、物理的な動きはそれほどないけど、その人の心の中の葛藤や、感情、温もり、感謝など、精神的な動きが強調される傾向がある。

精神的な「心」の動きは、物理的な動きの激しさより、断然激しく、ダイナミックなものに僕は感じる。

僕が、初めてそう思ったのは、「自閉症だったわたしへ」という本に出会った時だ。

この本には、自閉症だった著者のドナ・ウィリアムズさんの心の世界がそのまま綴られている。
僕がこの本で一番印象付けられたのは、物理的な動きっていうものがほとんどないのに、何でこんなにも激しく、ダイナミックに感じるんだろう?って思った事だった。

彼女は、自分の趣味やほとんどの行動・仕草を、子供の頃から無意識のうちに他人からコピーして真似ていた。
好きな食べ物も、住みたい家も、言動や口調も、やりたい事も、ほとんど全部。

自分の意思とは無関係に・・・
それも、周りからは全く気づかれないほどに巧妙に・・・

だから、彼女が、勇気を振り絞って自閉症に向き合い、自分の意思で行動しようして、ここからあそこ(50mくらい?)へ歩いて行こうとした時、それだけの事を、自分なりにどうやってやったら良いか分からない事に気づいた・・・

僕等が50メートル先に行くのなんて特に何も考えずに出来てしまうけど、この何でもない行動の中に、僕は、彼女の心の中の葛藤や迷いなど、そのダイナミズムを垣間見る事が出来た。

何でもない行動の中にも、心の動きってきっとあるんだなと思った。

次に、「心の貧しさ」について考えてみた。

例えば、僕は、「東京」についてすごく思う事がある。
東京って、すべてがあるようで、無いものって沢山あると思う。

遊ぶ場所、買い物する場所、ライブする場所・・・
とにかく、モノで溢れていて、物質的な観点では考えられない程豊かだ。
人間が考え得る超高度なサービスも充実している。

それらのほとんどすべては、人によって、人の使いやすい(頭を使わなくても使える)ように作りあげられている。
僕達ユーザーは、その豊富な選択肢から、モノやサービスを選択して、お金を払ってそれを買っている。

僕等は、一見華やかで豊かに見えるこの大都会「東京」に憧れる傾向があるけど、僕は、ここに巨大な落とし穴がある気がしている・・・

これは、Kontonさんのブログの「幸せ。ひとはなにを求めて生きるのか。[2]」という記事が物語っていると思う。
http://blog.livedoor.jp/konton_1937/archives/50540218.html

東京って、特に、頭を使わなくても楽しめてしまう装置で溢れている。
あるから使ってしまい、それに依存するようになってしまう。

だけど、そこで用意されている選択肢って、豊富なようで、実は限られている。
何でもあるようで、実は、無いものって沢山ある。
一見、自由なようで、自由になりきれないと思う。
クリエイティブな雰囲気なようで、なかなか殻を敗れない世界だと思う。

『赤毛のアン』風に言うと、東京には、想像の余地がほとんど残されていないから。。。

こんな環境では、心は育たないと思う。
自分の心の貧しさにさえ気付けなくなってしまうかもしれない・・・

そうして悪循環スパイラルから抜け出せなくなってしまう可能性も高いのだ・・・

では、「心の豊かさ」って何だろう?

それって、例えば、友達のちっちゃな「変化」や「成長」、家族の何気ない「気持ち」や「愛情」、他人のささやかな「心遣い」や「親切」に気づいてあげられるような『心の余裕』なんだと思う。

心が開いていないと、気づいてあげられない。
心が閉じたままだと、どんどん取りこぼしていってしまう。

だけど、もし、心を開いて、その一つ一つをキャッチ出来るようになれれば、不思議と「感謝」の気持ちがおきてくるんだ。

この「感謝」の数が多ければ多いほど、心は豊かになっていくものだと思う。

すると、「心が豊かな人」ってどんな人だろう?

きっと、他人の為にしてあげた行為に対して、直接的な見返りを求めない人だと思う。

心の豊かな人は、仮に、その行為を相手に気づいてもらえなかったとしても、気にせずにそれをし続けられる。
何故かと言うと、その恩恵が、いつか何らかの形で自分に返って来るという事を知っているから。

とんでもないところから返ってきても、豊かな心を持った人なら、それを確実にキャッチする事が出来る。

すると、また一つ「感謝」が生まれる。

嬉しくなって、「思いやり」という名の「感謝への布石」を、誰かに投げ返してあげる。

その思いやりを受け取った人にも、一つ「感謝」が生まれる。

その人も、その感謝を自分なりの「思いやり」の形にして、誰かに投げ返してあげる。

・・・

そうやって、不特定多数の人の間で、「感謝」と「思いやり」のキャッチボールをしながら、人は、人の心を刺激し合い、育んでいくものだと思う。

僕は、こうやって、それぞれが自分の心に豊かさを見出す事が出来れば、たとえ自分の欲求を満たしてくれる装置がなかったとしても、助け合いながら、支え合いながら、豊かに暮らしていけると思うんだ。

読書について

もろQの今日の日記は、村上春樹の「ノルウェイの森」についてだった。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=120620811&owner_id=133735

みんなすごくいろんな見解を持っているんだなぁと思った。
僕は、はっきり言って、この本に対して、具体的な見解ってのは全然持っていない事に今更になって気が付いた・・・

僕は、大学生の時にこの小説を読んで、当時は良く分からなかったけど、今になってすごく影響を受けてるんだなぁと感じている。

「好きな本・マンガ」のところでも上げているけど、実際、何が好きだったのか?って考えても良く分からない・・・汗

影響を受けたとはいっても、それを言葉に出来るほど具体的なものではないみたいだ・・・

実際、この本が特に優れた本なのかも良く分からない・・・

僕は、もともと、本って全然読まない人なんだ。
今までに読んだ本って、ほんと数えられるくらいしかないような気がする・・・
だから、もしかしたら、「好きな本」≒「今までに読んだ本」くらいになるかもしれない・・・

もろQは、この本を読み始めたきっかけの一つに、僕の「好きな本・マンガ」に入っていたからというのがあったようだけど、実際、この本が人に確信を持って薦められる本であったのかすごく疑問なので、何か申し訳ない気もした。

今でこそ、いろんな本を読んでみたい、というか、もっと広い知識を得るために読まなきゃいけない、と思うようになったけど、でも、やっぱり、僕は、人の本から何かを学ぶというより、自分で何かを導き出したいっていう気持ちが今でも強い。

その過程では、他人の考えってすごく邪魔になってしまうような気がしてしまう。。。

僕の場合はすごく極端な例だと思うんだけど、逆の極端な例は、本を受身でしか読まないという事なんじゃないかと思う。

結局、どちらのアプローチも悪い例なんだろうなぁと思う。

僕のような、あまり本を読まないで自分で何かを導き出そうとする人間の欠点は、自分で行き着いた答えというのは相当深いものになるけど、時間との兼ね合いで、広い範囲の分野に手が出せず、結局は、狭い知識しか得られないというところにあると思う。

このアプローチの最も危険な点は、孤立しながら悪い方向へ暴走してしまうと誰も止められない恐れがあるところだ・・・

逆に、本に依存して本を受身でしか読まない人の欠点は、結論は知っていても、そこまで行き着く過程が貧弱な為、なかなか深い知識が得られないまま、理解した気になってしまうところにあると思う。

このアプローチで危険なのは、著者が悪意を持って悪い知識を植えつけさせようとしていたとしても、それになかなか気付けないところだ・・・
また、相反する複数の情報が存在すると、その人の中で不調和を起こしてしまう場合もあるだろう。

結構前に、amiさん日記で、「本を友とする人々の件について。」というものを読んだ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=106536070&owner_id=493431

「本を友とする」という事は、付箋を貼ったり、マーカーで線を引いたり、コメントを書いたりしながら、あたかも 本と対話をしながら読み進めるという事だったと思う。

これって、さっき説明したような2つのアプローチの良いところをうまく汲み取った絶妙な本の読み方なんじゃないかとふと思った。

ただ受身の姿勢で、その著者の言う事を、そのままそういうもんだと真に受けてしまう訳ではなくて、その時々で自分の思った事、感じた事をぶつけていく。
場合によっては、著者に喧嘩を売る場面もあるかもしれない。笑

その本の著者が書いて、既に過去のものとなってしまったものが、読者の問いかけによって息を吹き返し、文章が現在進行形で尚も生き続けるみたいなイメージなのかなぁ・・・

本の続きは読者が補完していくみたいな・・・

僕はamiさんの日記を読んだとき、このアプローチ方法って素敵だなと思った。
言うのは簡単だけど実際にこのアプローチ通りに本を読み進めるのは極めて難しい事だと思うのだけど・・・

でも、そう思ってから、誰かの本を読んでる時に、すっごく些細な事でも、何かしらの不快感や不自然さを感じるようになって、その都度立ち止まって、自分で考えてみるという流れが出来始めたように思う。

だから、今は本を読むのがすごく楽しい。

今まで本を読んで来なかった反動で、今では読んでみたい本だらけになってしまった・・・

もしかしたら、一生、その待ち行列ってなくならないくらいかもしれないな。

とにかく、これは、僕が読書に目覚めた一つのきっかけだったんだと、今になって気付く事が出来た。

スティーブ・ジョブス氏の卒業祝賀スピーチ

アップルコンピュータの創始者、スティーブ・ジョブス氏による、スタンフォード大学卒業式での祝賀スピーチです。 (2005年6月12日)

マイミクのsingoさんにご紹介頂いたお話です。
わざわざメッセージ頂き本当に感謝しております!!
僕なりに心に突き刺さった部分を抜粋します。
もし全文読みたい場合は、singoさんの日記をご覧下さい。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=106258736&owner_id=2122014

------------------------------—

 PART 1 BIRTH より抜粋
 ありがとう。世界有数の最高学府を卒業される皆さんと、本日こうして晴れの門出に同席でき大変光栄です。実を言うと私は大学を出たことがないので、これが今までで最も大学卒業に近い経験ということになります。

 PART 2 COLLEGE DROP-OUT より抜粋

 自分が人生で何がやりたいのか私には全く分からなかったし、それを見つける手助けをどう大学がしてくれるのかも全く分からない。なのに自分はここにいて、親が生涯かけて貯めた金を残らず使い果たしている。だから退学を決めた。全てのことはうまく行くと信じてね。

 PART 3 CONNECTING DOTS より抜粋

 こういったことは、どれも生きていく上で何ら実践の役に立ちそうのないものばかりです。だけど、それから10年経って最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計する段になって、この時の経験が丸ごと私の中に蘇ってきたんですね。

 もし私がドロップアウト(退学)していなかったら、
 あのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかった。
 そして、パソコンには今あるような素晴らしいフォントが搭載されていなかった。

 点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。

 PART 4 FIRED FROM APPLE より抜粋

 私は幸運でした。自分が何をしたいのか、人生の早い段階で見つけることができた。実家のガレージでウォズとアップルを始めたのは、私が二十歳の時でした。

 そうして自分たちが出しうる最高の作品、マッキントッシュを発表してたった1年後、30回目の誕生日を迎えたその矢先に私は会社を、クビになったんです。

 自分が社会人生命の全てをかけて打ち込んできたものが消えたんですから、私はもうズタズタでした。

 私はまだ自分のやった仕事が好きでした。アップルでのイザコザはその気持ちをいささかも変えなかった。振られても、まだ好きなんですね。だからもう一度、一から出直してみることに決めたんです。

 その時は分からなかったのですが、やがてアップルをクビになったことは自分の人生最良の出来事だったのだ、ということが分かってきました。

 それに続く5年のうちに私はNeXTという会社を始め、ピクサーという会社を作り、素晴らしい女性と恋に落ち、彼女は私の妻になりました。

 思いがけない方向に物事が運び、NeXTはアップルが買収し、私はアップルに復帰。

 人生には時としてレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起こるものなのです。だけど、信念を放り投げちゃいけない。私が挫けずにやってこれたのはただ一つ、自分のやっている仕事が好きだという、その気持ちがあったからです。

 一つ、好きなことを仕事にすることなんですね。まだ見つかってないなら探し続ければいい。落ち着いてしまってはいけない。

 PART 5 ABOUT DEATH より抜粋

 「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

 自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。

 君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

  PART 6 DIAGNOSED WITH CANCER より抜粋

 以前の私にとって死は、意識すると役に立つことは立つんだけど純粋に頭の中の概念に過ぎませんでした。

 誰も死にたい人なんていないんだよね。にも関わらず死は我々みんなが共有する終着点なんだ。

 死はおそらく生が生んだ唯一無比の、最高の発明品だからです。

 それは生のチェンジエージェント、要するに古きものを一掃して新しきものに道筋を作っていく働きのあるものなんです。今この瞬間、新しきものと言ったらそれは他ならぬ君たちのことだ。

 君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。

 自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

 PART 7 STAY HUNGRY, STAY FOOLISH より抜粋

 「Stay hungry, stay foolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」。

 それからというもの私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた。そして今、卒業して新たな人生に踏み出す君たちに、それを願って止みません。

赤毛のアン

実は、新風舎出版賞に応募したアメリカ旅行記を書いていて行き詰った時に、赤毛のアンを読み直して参考にしてました。
多少なりとも長いストーリーを書くようになって、この小説の真の凄さを垣間見たように思います。

まぁ読み直したと言っても、アンがグリーンゲーブルズに置いてもらえるようになるところまでだったのですが、そこまでで確実に言える事は、アン、マシュー、マリラの人物像が完璧に描かれていて、それぞれの性格や癖などが手に取るように分かってしまうという事です。

その証拠に、アンによって、マシュー、そしてマリラの心が動かされる瞬間に、僕は驚きの余り目を見開いて、

「えぇぇぇ!!!!マジで????????????!!??」

と、思わず声を出してしまいました。。。
大筋のストーリーを知っていたにも拘わらず・・・

フィクションの物語りとは言え、こんなにもダイナミックに人の心が動いてしまうのかと空いた口が暫く塞がらなかったのです・・・
マシューとマリラという人物像を完璧にイメージ出来ていないと、こんなにも驚く事は出来ないと思いました。

そんなに驚くべき事ではないと思う方もいるかもしれませんが、逆に、そんな些細な事でも、こんなにも驚く事が出来る感受性を持ち合わせている自分が僕は大好きです。

アンが誰からも愛される理由は、彼女がどこまでもオープンマインドだからだと思います。
クローズドマインドの人の心を動かすという事は、オープンマインドの人にしか出来ない事だと思います。
アンのような究極のオープンマインドを持ってすれば、誰の心でもオープンしてしまうのです!

だからと言って、言いつけを守らなかったり、赤毛である事をかなりコンプレックスにしていたり、決して恵まれた環境で育った訳ではなかったり、アンは完璧な人間とは言いがたいというところもポイントです。

フィクションとは言え、究極の人間の自然体像がこの小説にどこまでもリアルに表現されているのだと僕は思います。

僕は、アンという人物像にめっちゃくちゃ共感できます。

あまり関係ないですが、僕の新動物占いの「芸術家であるペガサス」のコメントには、以下のような記述があります。
「あなたは空想好きの夢見がちな「赤毛のアン」のような性格の持ち主です。」
関係あるのか分かりませんが、僕はこの結果が分かるような気がします。

mixiの赤毛のアンのコミュニティーでは、95%以上は女性の方の登録のようですが、僕みたいな男がアンに共感しても全く恥ずべき事ではないし、全然不自然ではないと思います。

で、同時に、僕は著者のモンゴメリさんにもすごく共感できるんです。

モンゴメリさんは、作品を提供していた出版社に欺かれそうになって、挙句の果てに一方的に脅されて、不当な利益をその出版社に持っていかれそうになったそうです。

出版社側は、裁判には多大な費用がかかるし、彼女のような女性には裁判は起こせないだろうといかにも彼女を見下した考えをしていたそうですが、モンゴメリさんは、そんな極めて悪質な不正に決然と立ち上がったそうです。

彼女はこう言ったそうです。
「わたしは闘争心を盛り上げて、彼等のおどしなどには目もくれず、とことんまで戦う決意をしたのです。」
「降参するつもりなど全くありませんでした。」
「わたしは真実を話しましたし、恐れずに話しましたので、彼はわたしに打ち勝つことは出来なかったのです。」

モンゴメリさんは、10年間もの壮絶な法廷闘争を繰り広げて、見事、勝利を勝ち取ったそうです。

彼女が「正義」である事は間違いありません。
ですが、そんな事よりも、自分が納得できないという事に対して勇気を振り絞って立ち上がり、最後まで戦い抜いて自分なりに答えを出したという彼女の姿に、僕はひどく感銘を受けました。

そんな自分にどこまでも正直に生きたモンゴメリさんがいたからこそ、この不朽の名作は生まれ、今も尚、人々の心を掴んで離さないのだと思います。

まだこの「赤毛のアン」を読んだ事のない方は是非読んでみてください!
一度読んだ事のある人でも、もう一度読んでみてください!
何回も読んだって人でも、こういった背景を踏まえた上でもう一度読んでみてください!

人生心得帖 松下幸之助

この本を少し前に友達から借りてて、ちょっと触りだけ読んでみようかなと思って読み始めたら、思いのほか面白くて、そのまま読み終えてしまった。

そりゃそうか、、、誰よりも成功した人間が、90歳になって書く人生の心得なんだから面白くないはずがない!

松下さんが成功した一番の要因は、常に、「謙虚である事」と「素直」であった事だと僕なりにこの本を読んで感じた。

何度も言うけど、日本で最も成功した90歳の人間が、この本の中で、読者にアドバイスする時でも、必ず、「お互いにXXXXする事が大事だと思います」と、自分も決して例外ではないんだよ、という風に表現している。

それに、この本で語られているように、松下さんが、ただ生まれつきの才能でこの大偉業を成し遂げた訳ではなくて、それは、まず、自分を良く知って、自然の理に逆らわず、辛抱強く、天分を最大限に活かしきった結果なんだなと素直に思えた。

これをするだけなら、誰でも出来ない事はないよね?
松下さんは、それさえすれば、世の中が勝手に考えてる成功が得られなくても、それぞれの人にとって最高の結果が得られるという事を知っているんだと思う。
この本は、松下さんが、これからを生きる僕等の為に命を振り絞って書いた遺言なのかもしれない。

何しろ、僕がずっと漠然と思っていた事が、いくつもこの本には具体的に書いてあって、やはり20代の哲学なんてちっぽけなものだと思うと同時に、先人達の教えに積極的に耳を傾けて行く事で、自分の成長の加速度をより早められるって事も知った。