「パーソナル」カテゴリーアーカイブ

Endless Journey(自作曲)のプロモーションビデオを作って見た

10年以上前に作ったオリジナル曲の弾き語りをプロモーションビデオ化してみた。特に深い意味はないけど、なかなか面白い結果になったので、映像にコミックブックのアニメーション風のエフェクトをかけてみた。

撮影はiPhone Xで行い、OvationのエレアコとVocalのマイクのミックスは、ROLANDのGO:Mixerで行った。

そうそう、せっかくだからこんな感じでビデオを作ってみたかった。

この曲、自分で言うなって感じだけど、結構いい曲だと思う。もうちょっと弾き語りが上手ければ良かったけど、バンドで撮り直したらもっと良くなるかも。

当時の英語の塾の先生の助けを借りながら初めて英語の歌詞を書いてみて、修正したいところはあるけど、歌詞も結構良く出来たと思う。

と言うか、この頃の自分はほんとピュアだったんだなって自分で思う。歌詞を日本語訳しててピュア過ぎて泣けそうだった。

そんな歌詞を英語と日本語訳の両方で載せておきます。

Endless Journey

All of us are incomplete, with no exception.
Then everyone is missing something, and we all live a life full of troubles and sufferings
Furthermore,  there are a lot of hurdles that we have to get over.
And there are also a lot of experiences that we hadn’t been able to do it. It ain’t just you.

We sure can do anything , if only there is a will.
There’s nothing that is too late. It’s the first step toward our future.
Why not wake up and get your ass up. But you haven’t been able to do it yet.

However, we are going in the same direction, although in many ways, everyone is different from each other.
We should always keep that in our mind
Look up in the sky. There are a lot of stars
All of them are all twinkling surely similarly, even though each star is different from one another.

We sure can do anything , if only there is a will.
There’s nothing that is too late. It’s the first step toward out future.
Why not wake up and get your ass up. Let’s look up and take your step forward.

The time that’s gone will never return no matter what
So lets give it a try (as much as we can), because we only live once.
Whatever, Whenever, Wherever you want is all right.
Singing a song, Making a poem. Let’s get up and start your journey, with love.

We sure can do anything , if only there is a will.
There’s nothing that is too late. It’s the first step toward our future.
Why not wake up and get your ass up. Let’s look up and take your step forward.

The time that’s gone will never return no matter what
So lets give it a try (as much as we can), because we only live once.
Whatever, However, Never is your effort not rewarded.
So never give it up, try again and again
Your journey filled with hope is endless, it never ends…

歌詞の日本語訳

ぼくらはみんな例外なく不完全で、
みんな何かしら欠けていて、苦難は尽きることはない。
しかも、乗り越えられなかった壁もあるし、苦い経験や消したい過去もある。
それは君だけじゃない。

強い意思さえあれば、ぼくらは何でもできる。
手遅れなんてことはない。そう信じることが未来に向かって踏み出す最初のステップ。
さぁ、目を覚ませ。立ち上がろう!
でもまだ君は踏み出せずにいる。

それでも、ぼくらは同じ方向目指して進んでいるのは間違いない。多くの場合、人それぞれ違いはあるけど。
それを忘れちゃいけない。
見上げてごらん?星が無数に輝いているでしょ。確実に、同じように。
もちろん、一つとして同じ星は無いけど。

強い意思さえあれば、ぼくらは何でもできる。
手遅れなんてことはない。そう信じることが未来に向かって踏み出す最初のステップ。
さぁ、目を覚ませ。立ち上がろう!
上を向いて歩みを進めようよ!

過ぎ去った時間は決して戻らない。どんなことをしたとしても。
だからやってみようよ!人生一度きりなんだし。
どんなことでも、いつでも、どこからでも、
きみの望むやり方でいい。歌を歌うんでも、詩を詠むのでも。
さぁ、立ち上がろう。きみだけの旅を始めよう!愛を胸に。

過ぎ去った時間は決して戻らない。どんなことをしたとしても。
だからやってみようよ!人生一度きりなんだし。
どんなことでも、いつでも…
きみの努力が報われないことなんて決してない。
だから決して諦めないで、何度でも挑戦して。
希望に溢れたきみの旅には終わりがない。
それは永遠に続く…

ポートフォリオサイトのコンテンツ(スキルや作品など)

自己紹介文は考え中
■Skills
  • IT(Information Technology):情報科卒業、IT経験10年以上、mac環境、LinuxやCCNA、TechAcademyでプログラミングを勉強中
  • CD(Community Development):米ポートランドにてコミュニティ開発を勉強し、地元や生活範囲にて様々なコミュニティ活動を行なっています。
  • English:アメリカで3年半暮らし、大学の学位も取得したので英語は得意です。TOEIC L/R:860点 、S/W:290点
■Works
1 : CDxIT Project s
1-1. 湘南METRO
1-2. 税金はどこへいった?(Where Does My Money Go?)平塚版
1-3. InstaMapping(作成中)
2. Writings :
2-1. 初級アメリカクエスト2005

2-2. 事業計画書「誰もが記者!地元市民メディア䛾世界展開」

 

2-3. 考え中

3. English Essays

3-1. Making the Case for Community Development

3-2. Citizen Participation

3-3. How Sharing and Openness Can Reduce Environmental Impacts

4. Original Songs

4-1. Endless Journey

4-2. Start from Just Now(再レコーディング予定)

4-3. 考え中

■ブログ

見出し記事を3つ

 

これらをどう並べて表現するか…

日本のイノベーターたちのビジョンと重なる部分 Vol.2

この記事では、「余計なプライドを捨てること」と「予定調和よりカオス」というのがテーマだと思う。

この記事でいうプライドは、僕の場合は10年以上前に捨てていた。それは合理的ではないし、自分にとってはプラスにならないから。だから、僕は、今、乗りかけ始めてる「エリート街道」からも簡単に降りれる。

また、予定調和なんて全く魅力を感じないし、かなり昔から、他人や状況を可能な限り「コントロールしない」という変わったポリシーを持っていた。思い通りにことが進むより、良くも悪くも予想外のことが起きないと面白くないと思ってしまう。

僕は2012年の時点でこんなことをつぶやいていた。

それは、僕が構想するプロジェクトでも根幹となってる。例えば、結局うまく行かなかったけど、平塚市民プレスは以下のようにカオスになって衝突やトラブルが生まれることを必ずしもネガティブに考えない設計だった。それは、ある意味、民主主義の訓練の場としての機能としての狙いもあった。

今思えば、ある意味、これはドイツの「ミニ・ミュンヘン」をオンライン上に再現するような取り組みだった。

ミニ・ミュンヘン

 

日本のイノベーターたちのビジョンと重なる部分 Vol.1

これも全く証明されてないことだけど、家入さんとかホリエモンさんとか、今の日本で最もイノベーションを牽引している(と個人的に思っている)人たちが言っていることが、自分の言葉のように感じることがある。

彼らの記事を読んで影響されている面ももちろんあるけど、そういう面の他に、長い間かけて独自に組みあげてきた構想と、彼らの目指しているビジョンが重なるものがあったり、すでに実践していると感じることが結構ある。勘違いかもれないけど。

まずはこの記事。

この記事では、彼らの社会包摂の理想と自分のものとがすごく共鳴するものを感じた。彼らの影響力や行動力と比べたら僕は鼻くそみたいなものだけど、ほんと同年代の人が最前線で頑張っているということにすごく励まされる。

僕がこの社会包摂の理想を実現する手段はすでにいくつかアイデアがあるんだけど、2014年に構想してテストサイトも作った「湘南METRO」ってプロジェクトがある。

shonanmetro.jp/

このプロジェクトのコンセプトは、当時、以下のように表現した。

都市計画の是非は、人々の日常的な移動距離で評価することができる。歩ける範囲で日常が完結するのがベストなのだけれど、首都圏に住む 僕たちはその果てしなく巨大な都市圏を股にかけて日常的に移動している。僕たちはこれを「湘南」という規模に縮小させようとしている。それは、首都圏からの独立を意味する。

「湘南METRO」は、”湘南で働き、湘南で遊び、湘南で暮らす…湘 南を生活圏に!”をキャッチフレーズに2014年2月に発足しました。「メトロ(METRO)」と聞くと、地下鉄などの鉄道システムを連想するかもしれま せんが、湘南METROはそれだけに留まりません。アメリカのオレゴン州ポートランドには、「METRO」と呼ばれる地域政府があります。「交通」や「土 地利用」など、自治体の枠を超えた「地域」という単位で計画をすべき分野は沢山あり、METROは「政府」としてそういった課題に対してすごいスピードで 対応しています。私たちは、公的な政府が持てないまでも、住民たちの手による「勝手政府」として様々なことを企画・計画していき、湘南をより住みやすい地域にしていきます。

ある意味、都市圏単位で直接民主主義による仮想政府を作るという試み。

壮大すぎてとても現実とは思えないかもしれないけど、僕なりに社会包摂の理想を実現する為に、辿り着いた一つのアイデア。個人的には、社会包摂を目指すのに、首都圏という果てしなく巨大な生活圏では不可能だと思ってる。インターネットの力を駆使したとしても。

クラウドファンディングなどで資金集めができることも当然やるけど、このプロジェクトで試してみたかったのは、日常的に移動できる範囲で、地域の課題にチャレンジする人とそれを応援する人をマッチングさせること。

昔のメモに、応援のパターンを以下のように定義していた。
・フォローする
・寄付する
・ボランティアする
・コラボする

これらのマッチングを日常的に移動可能な範囲で推進することによって、リアルでの拡がりを持たせることによる相乗効果も狙っている。

もちろん、世界中のどの地域でも同じ仕組みが適用できる訳じゃないけど、少なくとも、日本の首都圏は現実的な範囲の都市圏に分割されないと十分な社会包摂は実現できないと考えてる。

僕が目指してること:”Local x Global” “IT x CD” “Online x Offline”

今月から25万円くらいかけてプログラミングのブートキャンプを受講しはじめてるけど、かといって、ただのプログラマーになりたい訳ではない。

僕の主要な武器は以下の3つで、プログラミングは「IT」の部分の強化のため。

  • IT
  • コミュニティ開発
  • 英語

これらの武器を駆使して目指していることが以下の3つのコンセプト。

  1. Local x Global
  2. IT x CD
  3. Online x Offline

これだけじゃ何のこっちゃ分からないと思うけど…

  1. 「Local x Global」ってのは、僕の中では、例えば東京は一ローカルに過ぎず、地球上のすべてのローカルが平等に大事だという意味。全ての独自のローカルがボトムアップでグローバルを形成するというイメージ。だから、僕にとっては地元平塚から直でグローバルにつながる形で、本来は東京を経由する必要がない。全てのローカルに平等にチャンスのあるプラットフォームになる。
  2. 「ITxCD」っていうのは、「Information Technology(情報技術)xCommunity Development(コミュニティ開発)」のことで、あらゆる単位のコミュニティの課題を、ITの力で改善していくということ。ITはツールで、あくまでCDが本体。
  3. 「Online x Offline」ってのは、インターネットの特性を若干無視して、オンライン上に地理的なローカル単位の仮想空間を作り出し、オンラインとオフラインのハイブリッドな交流を促進すること。匿名性の高いオンライン空間でいかに信頼性の高い地理的な単位の仮想空間を作り出すかがポイントになるけど、ここでAIやブロックチェーンの技術が使えないかと考えてる。

ここまで説明しても具体的にどんなことをやるのか想像できないと思うけど、とりあえずコンセプトだけ書き残しておく。

リベラル過ぎる僕の恋愛観について

僕という人間を知ってもらう為にすごく良いブログ記事はこれだと思う。

「ゲイ」について考えてみた

この記事を読めば分かると思うけど、僕はものすごくリベラルな人間で、これからもリベラルであり続けると思う。

クリスマスだからって訳じゃないけど、恐らく多くの人に理解してもらえないと思われる自分の恋愛観を書こうと思う。どうせ誰も読んでないだろうし、将来、AIが自分という人間を読み取ってくれる時の為に。

まず断っておかないといけないのは、僕はこれまで2人の女性としか付き合った経験がなく、一人は恐ろしく嫉妬深くてトラウマになるくらい束縛癖のある人だった。なので、僕はあまりまともな恋愛をしたことがなく、恋愛について語る資格はないかもしれない。その前提で書こうと思う。

僕の乏しい恋愛経験から、交際する際のお互いの距離感とか自由度ってすごく重要だと思った。恐らく、僕レベルで恋愛に対してリベラルな人は少ないと思うし、僕にはそれを相手に押し付けることも出来ないだろうな。。

まず、付き合ってるのに恋人が異性と話してると嫉妬するのは自然かな?もちろん嫉妬するのは自然だと思う。だけど、どのくらいの度合いかってのが重要。快く見守るのか、嫉妬しながらも見逃すのか、それとも話を遮って引き離すか。個人的には、恋人が自分以外の異性と話してても、それはソーシャルキャピタルのうちだとポジティブに考える。そうであるならどんどんやって欲しい。

それと同じように、相手の携帯のメッセージや発着信履歴が気になる人も多いと思う。僕は疾しいことはしてないのに、疑いだけで携帯を壊されたことがあるんだけど、そのレベルはさすがにあっちゃいけないと思う。個人的には、例え疾しいことをしていたとしても、それは個人のプライバシーとして守られるべきだと思う。

付き合ってるのに恋人が異性と食事はNG?これも分かる気がするけど、バッサリ切ってしまうのはどうかと思う。これもソーシャルキャピタルのうちだし、何かしらの価値ある機会を奪ってしまうのは、自分のためにも相手の為にもその他の人たちの為にもならない。

付き合ってるのに他の人のことが好きになるのは以ての外かな?これもごく自然なことだと思う。正直に打ち明けて冷静に話し合ってどうすれば良いかを決めればいいと思う。

では、浮気は絶対NG?浮気はもちろん良くないことだとは思うけど、それが許せるケースはある。それは、その浮気によってかけがえのない価値が生まれる場合。二人の間の絆が更に深まるとか、その教訓を生かして社会に大きな価値を生めるとか。恋人を寝取られたとしても、僕は同じように考える。

もちろん、この恋愛観を相手に押し付けるつもりはないし、可能な限り合わせる。でもやっぱり自分にも許容範囲がある。極度の嫉妬と束縛のトラウマと、自分のこの「リベラル過ぎる恋愛観」が恋愛を難しくしてると思うんだけど、自分を知ってもらう上ですごく分かりやすい例かなと思ってずっと書きたかったテーマだった。

モロッコ〜スペインの陸路と海路1800kmを4日間で移動した旅行のベストピクチャー集

2017年11月に3連休の前後に1日ずつ有給休暇をとってたった5日間の連休でモロッコ〜スペイン旅行をするという恐らく前人未到の旅をしてきた

カサブランカ→ラバト→タンジェ→アルヘシラス→マラガ→マドリード→バルセロナで、車なしで陸路と海路の移動は約1800kmになった。

5日間の連休でいったいどうやってそんなに移動できるのか?という疑問には後ほど答えるとして、立ち寄った目的地で撮ったベストピクチャーを載せておく。

まずは、モロッコの首都ラバトのスーク(場外市場)での一枚。狙った訳じゃないけど、スークの賑わいとか躍動感とかイスラム文化とかがうまく収まった一枚になった。

次はスペインのアンダルシア地方にあるマラガ。ピカソの生誕の地で、なるほどと思えるほど芸術の街だった。でも、一番よく撮れた写真は、水が通ってない川の写真だった。色々調べてみたけど、何故、水が流れていないのか分からなかった…

マドリードでは丸一日とって現地在住の同僚と一緒に美術館巡り(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ソローりゃ美術館)をした。スペインに住んでる訳でもないのにマドリードの国立美術館の年パスを購入するという奇業を成し遂げた。

ここでのベストピクチャーは、プラド美術館の近くにあるサン ヘロニモ エル レアル教会の写真。事前に天気予報を見てたらほぼ雨で早朝まで雨が降ってたけど、日中はこれだけ晴れてくれて嬉しくて仕方がなくて撮った写真がこの気持ちよすぎる青空に映える教会の写真だった。

バルセロナの滞在は9時間くらいだったけど、この時間でバルセロナを効率的に観光する為に、現地の自転車ガイドツアーに参加。サグラダファミリアやその他ガウディーの建築も含めた11箇所の観光地を、ポーランド人のガイドとアメリカ人の夫婦と共に巡った。その後、念願の本場のパエリアを食べたりしながら街を散歩した。

「バルセロナの定番」は色々あると思うけど、僕がすごく気に入ったバルセロナのサブカルチャーは、現代美術館の前でスケボーをしてる若者たちだった。よく知らなかったんだけど、バルセロナは世界で最も有名なスケートシティらしい。

おまけとして、実は、バルセロナから経由地のパリへのフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず、パリで一泊することになって、結果的にパリで翌日のモーニングアドベンチャーが楽しめた。ルーブル美術館〜シャンゼリゼ通り〜凱旋門〜エッフェル塔〜セーヌ川を歩いて帰ってきた。

ベストピクチャーは、セーヌ川と紅葉とエッフェル塔のコンビネーション。まさか、おまけでこんな素晴らしい景色に出会えるとは夢にも思わなかった。

Eiffel Tower and Autumn Leaves / エッフェル塔と紅葉

A post shared by Hiroaki Kurita (@clikanist) on

そして、この日の午後に再び航空機に乗り込み、朝に成田空港到着後、そのまま午後から会社に向かい直接出社したのだった。

【5日目】九州目指してサイクリングツアー:下関より徒歩で九州入り、ガラガラの別府温泉を楽しむ

2ヶ月以上経ってしまいましたが、新たな旅が始まる前に書き残しておきます。

時間が空いてしまったので、まずは前日のことを振り返っておきます。

【4日目】九州目指してサイクリングツアー:同月にオバマ大統領が広島・岩国を訪れるとは夢にも思わず…

ということで、最終日は下関スタート。

ホテルをチェックアウトすると外は結構まとまった雨が。。

自転車を雨仕様(フレームにくくりつけてあるバッグをビニール袋で包むなど)にし、濡れながら関門人道の入り口を目指した。

途中、唐戸市場を観光しつつ、朝飯をと探していたら、市場内にある定食屋でふぐ刺し定食をたった1200円で食す。

そして、下関−福岡を歩いて渡れる関門人道(歩行者、自転車用海底トンネル)を使って九州入り!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

博多駅より特急電車で別府を目指す。(もちろん自転車も持ち込んで輪行)

別府駅到着後、地獄めぐりのエリアまで自転車で着いてみると、こんな感じでガランとしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別府は初めてだから比較はできないけど、普段のゴールデンウィークならありえない光景なんだと思った。

それもそのはず、熊本地震の影響でホテルや旅館の予約の90%以上がキャンセルになったらしく、大分県の地元紙「大分合同新聞」に熊本地震で被害を受けた県内の温泉地・別府への観光を呼びかける全面広告が掲載された。

そんなこともあり、あえて別府入りし、どこの温泉もガラガラだけど、お金を落としてくる意味でも、貸切風呂に入ってみた。

その後は地獄めぐり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飯もお店で一番高いのを頼んでみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温泉入ってからまた汗かくのが嫌だったので、タクシーで駅まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後、ここまで何日もかけて来たのに、特急ー新幹線を乗り継いで一気に平塚まで帰還し、九州目指してサイクリングツアーは幕を閉じた。

実はこの記事を小田原ー大阪の新幹線の中で書いていて、自転車で1日かけて行った豊橋まで1時間足らずで着いてしまったことに複雑な気分になったのだった。

オレゴンから来日する友達には良い思い出を作って帰って欲しい

先日、オレゴンから日本に遊びきてるアメリカ人の女子大学生と飯食いに行ってきた。楽しかった〜。 若い女の子と飯食ったのが楽しかったというよりは、オレゴンの人と過ごす時間が楽しかった。

オレゴンは僕にとってはやっぱり第二の故郷で、SGIのメンバーには大変お世話になったし、オレゴンから来日するSGIの友達には特に良い思い出を作って帰っていって欲しいんだよね。

そんなんで連れて行ったお店は、仕事帰りのサラリーマンが集うような焼き鳥専門の居酒屋。(笑) いや、焼き鳥やつくねが食べてみたいって言うから。。

30年続く焼き鳥屋だったけど、若くてかわいいアメリカ人(母親は日本人)が来てみんなテンションが上がってた。そんなちょっとした老舗でも、鳥とかの「もも」の英語の発音(thigh)が分からなくて、ちょっとした発音教室になってたりした。

やっぱり彼女も日本社会の閉塞感を敏感に感じてたみたいだった。特に電車の中。異様な程静かで、普通に話してても視線を感じるって言ってた。極め付けは、赤ちゃんの鳴き声に異様に不快感を示す人たち…

外国人でも爆笑させられるのは、必ずしも言語力が決め手ではなくて、ユーモア力が大きいと思う。 同じように、外国語が上達する人って、テクニックを沢山持っている人というよりは、伝えたいことが沢山ある人なんだと思う。

ほんとに楽しかったな〜。何度も言うけど、若い女の子と一緒だったからというより、自分らしくいられる時間だったから。 日本では普段は相手の顔色を伺ったり気を遣ってばっかりだけど、オレゴンの人に対してはそんな必要はないんだよね。

帰りは駅前の不二家でケーキを買って、宿泊中のいとこの家の家族にお土産として持たせてあげた。

この日は、オレゴンで過ごした3年半がほんとに貴重な時間だったということを痛感した。

個人情報が悪用出来ないくらい、みんなで寄ってたかって売名すればいい

何でも売名行為だと疑われ、逆に非難されたり、逆に名前を隠す文化っていうのも世の中が生きにくくなっている原因の一つだと思う。

個人的な理想は、むしろみんなが名を上げようとして、それぞれで善いと思えることをする文化。それを実現する為には周りの人が妥当な評価が出来ることが条件。

堂々と善いことをして名前を売ればいいと思う。 個人情報が悪用出来ないくらい、みんながみんな名前を売ろうとすればいい。 名前を隠そうとする人が多いから悪用される。

そこまでいけば、何でも「偽善だ」「売名だ」と騒ぐ人はいなくなる。その為には、正当に名前を売る人を快く受け入れ、適切に評価し、育て増やさないといけない。