「旅行・留学」カテゴリーアーカイブ

モロッコ〜スペインの陸路と海路1800kmを4日間で移動した旅行のベストピクチャー集

2017年11月に3連休の前後に1日ずつ有給休暇をとってたった5日間の連休でモロッコ〜スペイン旅行をするという恐らく前人未到の旅をしてきた

カサブランカ→ラバト→タンジェ→アルヘシラス→マラガ→マドリード→バルセロナで、車なしで陸路と海路の移動は約1800kmになった。

5日間の連休でいったいどうやってそんなに移動できるのか?という疑問には後ほど答えるとして、立ち寄った目的地で撮ったベストピクチャーを載せておく。

まずは、モロッコの首都ラバトのスーク(場外市場)での一枚。狙った訳じゃないけど、スークの賑わいとか躍動感とかイスラム文化とかがうまく収まった一枚になった。

次はスペインのアンダルシア地方にあるマラガ。ピカソの生誕の地で、なるほどと思えるほど芸術の街だった。でも、一番よく撮れた写真は、水が通ってない川の写真だった。色々調べてみたけど、何故、水が流れていないのか分からなかった…

マドリードでは丸一日とって現地在住の同僚と一緒に美術館巡り(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ソローりゃ美術館)をした。スペインに住んでる訳でもないのにマドリードの国立美術館の年パスを購入するという奇業を成し遂げた。

ここでのベストピクチャーは、プラド美術館の近くにあるサン ヘロニモ エル レアル教会の写真。事前に天気予報を見てたらほぼ雨で早朝まで雨が降ってたけど、日中はこれだけ晴れてくれて嬉しくて仕方がなくて撮った写真がこの気持ちよすぎる青空に映える教会の写真だった。

バルセロナの滞在は9時間くらいだったけど、この時間でバルセロナを効率的に観光する為に、現地の自転車ガイドツアーに参加。サグラダファミリアやその他ガウディーの建築も含めた11箇所の観光地を、ポーランド人のガイドとアメリカ人の夫婦と共に巡った。その後、念願の本場のパエリアを食べたりしながら街を散歩した。

「バルセロナの定番」は色々あると思うけど、僕がすごく気に入ったバルセロナのサブカルチャーは、現代美術館の前でスケボーをしてる若者たちだった。よく知らなかったんだけど、バルセロナは世界で最も有名なスケートシティらしい。

おまけとして、実は、バルセロナから経由地のパリへのフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず、パリで一泊することになって、結果的にパリで翌日のモーニングアドベンチャーが楽しめた。ルーブル美術館〜シャンゼリゼ通り〜凱旋門〜エッフェル塔〜セーヌ川を歩いて帰ってきた。

ベストピクチャーは、セーヌ川と紅葉とエッフェル塔のコンビネーション。まさか、おまけでこんな素晴らしい景色に出会えるとは夢にも思わなかった。

Eiffel Tower and Autumn Leaves / エッフェル塔と紅葉

A post shared by Hiroaki Kurita (@clikanist) on

そして、この日の午後に再び航空機に乗り込み、朝に成田空港到着後、そのまま午後から会社に向かい直接出社したのだった。

【5日目】九州目指してサイクリングツアー:下関より徒歩で九州入り、ガラガラの別府温泉を楽しむ

2ヶ月以上経ってしまいましたが、新たな旅が始まる前に書き残しておきます。

時間が空いてしまったので、まずは前日のことを振り返っておきます。

【4日目】九州目指してサイクリングツアー:同月にオバマ大統領が広島・岩国を訪れるとは夢にも思わず…

ということで、最終日は下関スタート。

ホテルをチェックアウトすると外は結構まとまった雨が。。

自転車を雨仕様(フレームにくくりつけてあるバッグをビニール袋で包むなど)にし、濡れながら関門人道の入り口を目指した。

途中、唐戸市場を観光しつつ、朝飯をと探していたら、市場内にある定食屋でふぐ刺し定食をたった1200円で食す。

そして、下関−福岡を歩いて渡れる関門人道(歩行者、自転車用海底トンネル)を使って九州入り!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

博多駅より特急電車で別府を目指す。(もちろん自転車も持ち込んで輪行)

別府駅到着後、地獄めぐりのエリアまで自転車で着いてみると、こんな感じでガランとしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別府は初めてだから比較はできないけど、普段のゴールデンウィークならありえない光景なんだと思った。

それもそのはず、熊本地震の影響でホテルや旅館の予約の90%以上がキャンセルになったらしく、大分県の地元紙「大分合同新聞」に熊本地震で被害を受けた県内の温泉地・別府への観光を呼びかける全面広告が掲載された。

そんなこともあり、あえて別府入りし、どこの温泉もガラガラだけど、お金を落としてくる意味でも、貸切風呂に入ってみた。

その後は地獄めぐり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飯もお店で一番高いのを頼んでみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温泉入ってからまた汗かくのが嫌だったので、タクシーで駅まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後、ここまで何日もかけて来たのに、特急ー新幹線を乗り継いで一気に平塚まで帰還し、九州目指してサイクリングツアーは幕を閉じた。

実はこの記事を小田原ー大阪の新幹線の中で書いていて、自転車で1日かけて行った豊橋まで1時間足らずで着いてしまったことに複雑な気分になったのだった。

【4日目】九州目指してサイクリングツアー:同月にオバマ大統領が広島・岩国を訪れるとは夢にも思わず…

前日の強風・向かい風により電車移動+観光の味を占めてしまった僕は、この日も早朝から観光モードで福山ー広島を輪行し、広島にて早速、観光サイクリングを開始した。

広島城ー原爆死没者慰霊碑 ー原爆ドームを回り、決して遠くない過去の悲劇に思いを馳せた。

そして、この時は全く予想だにもしなかったことに、同じ月にアメリカのオバマ大統領が、アメリカの現職の大統領として初めて、この広島を訪れることになる。

広島からはとりあえず、青春18きっぷでよく電車を乗り換えていた岩国まで自転車で行くことに。途中、宮島へのフェリー乗り場付近で昼食をとり、そのまま岩国までサイクリング。

岩国駅から輪行しようと駅の改札近くまで行くと、何やら改札からバス乗り場へ向かうかなりの人の流れを確認。何が起きているのかしばらく分からなかったけど、どうやら岩国基地が1日解放する日(フレンドシップデー)だったらしく、基地で航空ショーなどを見に行く人の流れだったようだ。

とりあえず、こんな機会はなかなかないので、予定を変更して基地に向かった。(自転車で)

 

 

正直、基地とか武器とか戦闘機とか戦車とか好きではないんだけど、広大な土地に信じられないほど多くの人がいて、フレンドシップデーというだけあって、日本人とアメリカ軍の友好を深める大事な日だった。

そして、驚いたことに、同じ月に、オバマ大統領がこの岩国基地も訪れることになるのだ。

それだけに、オバマ大統領の岩国ー広島訪問は僕にとってとても感慨深いものになった。

岩国基地を後にして、岩国周辺からは輪行は無理(フレンドシップデーの為に電車は相当の混雑が予想されるため)だと考え、もう少し自転車を走らせることにした。

結局、広島から山口県の柳井港駅まで約70kmをサイクリング。海岸沿いの気持ち良いサイクリングだった。

柳井港駅から輪行。この時点でもフレンドシップデーのため山陽本線の車内は若干混雑していた。

終点の下関で下車。駅前のホテルにチェックインし、4日目を終えた。

【3日目】九州目指してサイクリングツアー:強風で心が折れ、ほとんど電車移動日

3日目はまさかの電車移動で出発!
京都ー姫路を輪行しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日のサバイバル過ぎるサイクリング習慣にさすがに命の危険を感じたのと、時間的な制約で九州まで行くにはどうやっても電車を併用する必要があるとの理由から。

姫路駅のホームで姫路名物「えきそば」で朝食を取り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

姫路駅で自転車を組み立て、岡山・倉敷目指してペダルを漕ぎだすと、線路沿いを通ると、なかなか気持ちのよい農道っぽい道路に出た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この時、実はものすごい強風に苦しめられていた。それもド向かい風。。。

さすがに耐えきれずに、セブンイレブンに退避。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風が弱まったり、風向きが変わったりしないかな?という淡い希望は当然叶わず、ペダルをこがなければ押し戻されそうな強風の中、何とか相生駅までたどり着いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は、この時、タイヤの空気をしっかり入れたいのと、ボロ雑巾のようになっている前輪のタイヤを交換したくて探し回ってたけどなかなか見つからず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相生の道の駅隣接のイオンタウンでも売ってないし!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、あまりの強風のため、この辺の道路でついに心が折れた。播州赤穂駅の手前くらいの地点だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのくらいすごい強風だったかというと、前日にこんな動画が投稿されてしまうくらいの。。。

すっかり戦意を喪失し、とりあえず播州赤穂駅の近くのイオンタウンで自転車の整備をすることに。

よく見ると、タイヤがこんなになっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイヤ交換時にいろいろトラブってる間に、iPhoneをソーラー充電。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無事にタイヤを履き替えて空気圧おばっちりになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

播州赤穂駅前のたこ焼き屋とたい焼き屋で腹ごしらえをし、岡山まで輪行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山城近くの公園。この景色、見たことあるなと思ったら、何年か前に来たことあったことに気づいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山から倉敷まではサイクリング。倉敷アドベンチャーはこのアーケードから始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードでたまたま前を歩いていたおじさんが、同じメーカー(RITEWAY)のクロスバイクをおして歩いてて嬉しくなったのをよく覚えてる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードを抜けるとタイムスリップしたような街並みが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何かのグルメコンテストで賞を取ったというコロッケを頂き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倉敷観光を楽しみ…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日没と同時に「藤娘川舟流し」が始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、倉敷駅から福山駅まで輪行し、3日目を終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日目】九州目指してサイクリングツアー:サバイバル過ぎる200km走行で京都へ

初日で静岡県越えを果たし、二日目の目標は当初は「奈良」でした。

【1日目】九州目指してサイクリングツアー

軽く自転車のメンテナンスをし、朝6時前には豊橋駅前のホテルを出発。

バックパックを背負って長距離サイクリングするのはやはり体にかなりの負荷がかかるので、この時点で、軽量化のために泣く泣くホテルで捨てていったものも。

そして、バックパックにくくりつけていたウェストポーチを自転車のフレームに吊るし、輪行バッグもフレームにうまくくくりつける技をこの辺りで編み出した。限られたリソースやエネルギーの中で不可能と思えることに挑戦するからこそ、いろんな工夫や知恵が生まれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、名古屋手前の自転車でギヤとブレーキの調整をしてもらった。(命が懸かっているので)

で、10:50頃には名古屋駅到着。

12:30頃にはとんかつのすずきで昼食。

13:15頃には三重県入り。このあたりで風向きが変わり、向かい風に。。。三重には歓迎されていないのか。。

この辺りで行き先を「奈良」から「京都」へ変更。理由は、「道が簡単」ということと「山登りが少ない見込み」ということ。

そして、想定したくなかった雨が。。完全防雨装備は用意してなかったが、元々、ユニクロのドライウェアを着ていて、ドライのウィンドブレーカーを着て走行していたら、結構平気だった。ただし、自転車に泥除けがなく結構泥をかぶった。

滋賀県湖南市の山龍で夕食。19時頃店を出た時にはもう真っ暗で、また結構雨が降っていた。しかも寒気がするほど寒かった。。。

iphoneのバッテリーはかなり回復していたが、雨のためハンドルに設置できず。。。行き先を京都に変更したことで、「国道1号線」という道しるべが出来てほんと助かった。

追い風にも助けられたけど、暗闇の中、雨で視界も悪く、事故の危険性が非常に高かった。この時点で中断するべきだったかもしれない。

しかも、京都にたどり着いたとして、宿泊場所が見つかってなかった。全部は問い合わせてないけど、GWなのでカプセルホテルも満室だったみたい。京都駅前に一晩仮眠も取れるサウナがあるらしいというネットの情報を頼りに前に進むしかなかった。

そして、琵琶湖手前くらいで自転車の前輪のタイヤがパンク。「まさかここで⁇」っていうタイミング。さすがに心が折れそうだったけど、幸い雨は上がっていたので、歩道上で車輪を外してチューブを交換。タイヤもすぐに交換が必要なほど痛んでいた。

再び自転車をこぎ出し、琵琶湖に差し掛かった時には21時を回っていた。。。

狙った訳じゃないけど、1日目は浜名湖、二日目は琵琶湖を夜に通ることになった。暗くてほとんど見えなかった。

琵琶湖を越えて大津市に入ってからも京都までは結構あった。自転車だと。。

自転車のナビではそれほど勾配はないように思えたけど、極限状態の中ではかなりきつくて、しかも自転車の走りにく道ばかりで、正直、この道中も事故の危険性が高かった。

結果的には無事に京都駅まで辿り着けて、駅前のサウナで一晩仮眠を取ることができた。

だけど、さすがにここまでの無茶修行はもう卒業します。皆さんも、自転車に限らず長距離ツーリングをする場合は、万全の準備と無理ない計画でお出かけください。

【2日目】
区間:豊橋駅(愛知県)ー京都駅(京都府)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:京都市(京都府)
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

【1日目】九州目指してサイクリングツアー:自転車で1日で静岡県を横断!

サイクリングツアー初日は湯河原スタート。

初日で静岡越えが目標なのと、小田原-湯河原の海岸線サイクリングは極めて危険(強風や車にあおられて海岸側に落ちて死ぬ確率が20%くらい)なため、前日に電車移動。

当日は朝5時にチェックアウトし5:30頃出発。6時過ぎには熱海の坂に差し掛かった。

この旅最大の山越えを果たして8:00頃には柿田川湧水群の公園に到着。

9:00過ぎには富士駅を通過。

スマホのナビ通りに進むも、由比駅の先でどうしても自転車通行不可の1号線に入ってしまい、由比駅の前まで戻って抜け道を探したりして迷いながらも何とか前進し、清水のあたりでお昼休憩。

自転車に乗りながらだとあまりソーラー発電出来ないようなので、清水港の眼の前でじっくりとソーラーチャージ。

15:00頃に藤枝駅を通過、16:00頃に掛川市入り。

この頃、すでにiPhoneのバッテリーは20%を切っていた。。。夕食がてら入って見た飲食店はチェーン店だったからか電源を貸してくれず。。

18:00には天竜川を通過。浜松市入りを果たす。

浜松駅前では翌日に控えた浜松まつりの前夜祭など見つつ、ビックカメラで高速充電器を借りようと思いきや、iPhoneケースの形状の影響でライトニングケーブルが挿せず、auショップに寄って充電していくことに。

auショップを出た時既に20:30を回っており、豊橋駅前のホテルに伝えたチェックイン時刻の21:30を切っていた。

暗くて何も見えない浜名湖を通り、まさかまだ山登りが控えているとは思わずカウンターパンチを食らうも、最後の力を振り絞って何とか21:30過ぎにはホテルにチェックイン。

ホテルにチェックイン後、疲れているにも関わらず、豊橋駅周辺を散策。風俗のキャッチエリアの広さと強引さに驚きつつも、コンビニでビールとつまみを買って初日は終了。

【1日目】
区間:湯河原(神奈川県)ー豊橋駅(愛知県)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:豊橋市(愛知県)
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

 

熊本地震の被災地を給与1カ月分で支援プロジェクト

熊本地震発生から一カ月が経過していますが、自分なりに無理ない範囲で支援をしていこうと、何かと理由をつけながら長期で柔軟に「給与の一カ月分」で支援していくプロジェクトを遂行中です。

地震から1カ月で、現在までに15万円弱の支援をしました。
  • 緊急ということで 12000
  • 緊急ということで 50000円
  • 母の支援を引き出した 10000円
  • 売電収入で儲けが出ると見越して 10000円
  • 会社の飲み会を見送り 10000円
  • 自動車購入初年度のガソリン代で浮いた分 10000円
  • 自転車旅行で新幹線代が浮いた分 20930円
  • 小田原城入場券 500円
  • 大分県の別府温泉が危機を迎えているということで現地でお金を落としてきた 21650円
今のところ合計:144080円
〜〜〜関連ツイート〜〜〜

九州目指してどこまで行けるかサイクリングツアー 全ルートまとめ

ルートは結構アバウトです。

【1日目】
区間:湯河原(神奈川県)ー豊橋駅(愛知県)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:豊橋市(愛知県)

【2日目】
区間:豊橋駅(愛知県)ー京都駅(京都府)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:京都市(京都府)

【3日目】
区間1:姫路駅(兵庫県)ー播州赤穂駅(兵庫県)
区間2:岡山駅(岡山県)ー倉敷駅(岡山県)
距離:50km
新幹線代に換算:2340円
宿泊地:福山市(広島県)

【4日目】
区間:広島駅(広島県)ー柳井港(山口県)
距離:70km
新幹線代に換算:3390円
宿泊地:下関市(山口県)

【5日目】
区間1:下関駅(山口県)ー小倉駅(福岡県)
区間2:別府駅(大分県)ー鉄輪温泉(大分県)
距離:22km
新幹線代に換算:1180円
宿泊地:平塚市(神奈川県)

【まとめ】
自転車走行距離:542km
新幹線代に換算:20930円
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

洗練されてきた今回の自転車ツーリングの装備

九州目指して自転車ツーリングに出発!果たしてどこまで行けるか?

4年前のGWの仙台往復自転車ツーリングから始まり、今回の九州に向けてどこまで行けるか自転車ツーリングで無茶な自転車一人旅は卒業予定なんですが、一貫したテーマが実はありました。

  • 制限をあまり気にせず使えるWiFiアクセス
  • バッテリー残量をあまり気にせずスマホが使える
  • 再生可能エネルギーで発電・蓄電

これらの課題を解決するために、今回は色々とニューアイテムを用意。

今回はGOAL ZEROのソーラーパネルから乗り換えで、SUGOI SOLAR スゴイソーラーを使います。これの同梱品のUSBケーブルは優れもので、iPhoneのライトニングケーブルやmini USBやmicro USBなどへの変換が出来て、しかもきしめんタイプで、旅にはもってこいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな風にバックパックに取り付けます。このソーラーパネルの難点は、一つしか引っ掛けるところがなくて、そこに引っ掛けて吊るすだけじゃ走行中にグラグラしてしまうのを、ウェストポーチのショルダーストラップを巻いて固定。

IMG_6650

ウェストポーチの中には、蓄電池とWiFiルーターを入れ、直流で充電。同時に充電出来るかは不明。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、この世界一シンプルな自転車用スマートフォンホルダー finn フィンをハンドルにくくりつけて…

IMG_6659

IMG_6660

IMG_6661

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウェストポーチの蓄電池からライトニングケーブルをハンドルのiPhoneに接続すれば出来上がり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これなら、太陽がそれなりに出てればですが、原理的には課題をクリア出来るはずなんです。

ただ、今回は雨天の場合の装備があまりないので、そちらが心配です…

九州目指して自転車ツーリングに出発!果たしてどこまで行けるか?

今年のGWは10連休ということで、特に予定もなかったので、また自転車ツーリングに出かけることにしました。

行き先は、というより、目指すは「九州」です!どこまで行けるか全く分かりません。

4年前のGWは仙台まで往復自転車ツーリングを決行。片道3日間で往復の走行距離が900km以上に及びました。

仙台まで自転車ツーリングしてみた雑感

帰りは新幹線で輪行して帰るとすれば、片道5〜6日間で九州上陸(北九州市)も不可能ではないと思ってます。こう思える時点で、感覚が異常かもしれませんね。笑

明日5/1に、今ちょっと話題の湯河原入りして、翌日は1日で静岡横断に挑戦します。湯河原までは電車で行きます。(海岸沿いの道路が自転車だと危険過ぎるので)

ちなみに、今回の自転車ツーリングで行けたところまで、新幹線代が浮いたと見なして、そのお金を熊本地震の支援のために寄付する予定です。