「交通•土地利用」カテゴリーアーカイブ

うちのソーラー発電システムの4年目半年間の発電量と売電収入

うちのソーラー発電システム(30kW超)も導入から4年目に突入していて、知らない間に半年経過してました。

発電量と売電収入を計算してみたところ、半年でそれぞれ2万kWh以上、80万円以上になってました。このまま行けば年間で150万円以上はいきそうなので、パネルやその他システムの劣化はまだ見られてません。

6月分 5/23-6/19(28日間)
4368kW
169,827円

7月分 6/20-7/20(31日間)
4344kWh
168,894円

8月分 7/21-8/21(32日間)
3400kWh
132,192円

9月分 8/22-9/20(30日間)
3424kWh
133,125円

10月分 9/21-10/19(29日間)
2679kWh
104,159円

11月分 10/20-11/20(32日間)
2858kWh
111,119円

2017年6月〜11月(半年分)
21,073kWh
819,316円

ちなみに、1年目から3年目までの年間の発電量と売電収入です

1年目:(2014年6月〜2015年5月)
41,152kWh
1,505,125円

2年目(2015年6月〜2016年5月)
40,375kWh
1,569,776円

3年目(2016年6月〜2017年5月)
40671kWh
1,582,643円

運用開始後3年半ちょっとで既に500万円弱の売電収入があるので、このまま行けば初期費用を8年目には取り返せそうです。
その後、12年間は同じ条件で売電出来て、その後もシステムが使えれば通常のレートで売電することが出来ます。

今は初期費用で親に借りた分の返済にほとんど回してますが、初期費用が回収出来たあとはこの収入に結構助けられそうです。

【5日目】九州目指してサイクリングツアー:下関より徒歩で九州入り、ガラガラの別府温泉を楽しむ

2ヶ月以上経ってしまいましたが、新たな旅が始まる前に書き残しておきます。

時間が空いてしまったので、まずは前日のことを振り返っておきます。

【4日目】九州目指してサイクリングツアー:同月にオバマ大統領が広島・岩国を訪れるとは夢にも思わず…

ということで、最終日は下関スタート。

ホテルをチェックアウトすると外は結構まとまった雨が。。

自転車を雨仕様(フレームにくくりつけてあるバッグをビニール袋で包むなど)にし、濡れながら関門人道の入り口を目指した。

途中、唐戸市場を観光しつつ、朝飯をと探していたら、市場内にある定食屋でふぐ刺し定食をたった1200円で食す。

そして、下関−福岡を歩いて渡れる関門人道(歩行者、自転車用海底トンネル)を使って九州入り!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

博多駅より特急電車で別府を目指す。(もちろん自転車も持ち込んで輪行)

別府駅到着後、地獄めぐりのエリアまで自転車で着いてみると、こんな感じでガランとしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別府は初めてだから比較はできないけど、普段のゴールデンウィークならありえない光景なんだと思った。

それもそのはず、熊本地震の影響でホテルや旅館の予約の90%以上がキャンセルになったらしく、大分県の地元紙「大分合同新聞」に熊本地震で被害を受けた県内の温泉地・別府への観光を呼びかける全面広告が掲載された。

そんなこともあり、あえて別府入りし、どこの温泉もガラガラだけど、お金を落としてくる意味でも、貸切風呂に入ってみた。

その後は地獄めぐり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飯もお店で一番高いのを頼んでみた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温泉入ってからまた汗かくのが嫌だったので、タクシーで駅まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後、ここまで何日もかけて来たのに、特急ー新幹線を乗り継いで一気に平塚まで帰還し、九州目指してサイクリングツアーは幕を閉じた。

実はこの記事を小田原ー大阪の新幹線の中で書いていて、自転車で1日かけて行った豊橋まで1時間足らずで着いてしまったことに複雑な気分になったのだった。

【3日目】九州目指してサイクリングツアー:強風で心が折れ、ほとんど電車移動日

3日目はまさかの電車移動で出発!
京都ー姫路を輪行しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日のサバイバル過ぎるサイクリング習慣にさすがに命の危険を感じたのと、時間的な制約で九州まで行くにはどうやっても電車を併用する必要があるとの理由から。

姫路駅のホームで姫路名物「えきそば」で朝食を取り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

姫路駅で自転車を組み立て、岡山・倉敷目指してペダルを漕ぎだすと、線路沿いを通ると、なかなか気持ちのよい農道っぽい道路に出た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この時、実はものすごい強風に苦しめられていた。それもド向かい風。。。

さすがに耐えきれずに、セブンイレブンに退避。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風が弱まったり、風向きが変わったりしないかな?という淡い希望は当然叶わず、ペダルをこがなければ押し戻されそうな強風の中、何とか相生駅までたどり着いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は、この時、タイヤの空気をしっかり入れたいのと、ボロ雑巾のようになっている前輪のタイヤを交換したくて探し回ってたけどなかなか見つからず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相生の道の駅隣接のイオンタウンでも売ってないし!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、あまりの強風のため、この辺の道路でついに心が折れた。播州赤穂駅の手前くらいの地点だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのくらいすごい強風だったかというと、前日にこんな動画が投稿されてしまうくらいの。。。

すっかり戦意を喪失し、とりあえず播州赤穂駅の近くのイオンタウンで自転車の整備をすることに。

よく見ると、タイヤがこんなになっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイヤ交換時にいろいろトラブってる間に、iPhoneをソーラー充電。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無事にタイヤを履き替えて空気圧おばっちりになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

播州赤穂駅前のたこ焼き屋とたい焼き屋で腹ごしらえをし、岡山まで輪行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山城近くの公園。この景色、見たことあるなと思ったら、何年か前に来たことあったことに気づいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山から倉敷まではサイクリング。倉敷アドベンチャーはこのアーケードから始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードでたまたま前を歩いていたおじさんが、同じメーカー(RITEWAY)のクロスバイクをおして歩いてて嬉しくなったのをよく覚えてる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードを抜けるとタイムスリップしたような街並みが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何かのグルメコンテストで賞を取ったというコロッケを頂き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倉敷観光を楽しみ…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日没と同時に「藤娘川舟流し」が始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、倉敷駅から福山駅まで輪行し、3日目を終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2日目】九州目指してサイクリングツアー:サバイバル過ぎる200km走行で京都へ

初日で静岡県越えを果たし、二日目の目標は当初は「奈良」でした。

【1日目】九州目指してサイクリングツアー

軽く自転車のメンテナンスをし、朝6時前には豊橋駅前のホテルを出発。

バックパックを背負って長距離サイクリングするのはやはり体にかなりの負荷がかかるので、この時点で、軽量化のために泣く泣くホテルで捨てていったものも。

そして、バックパックにくくりつけていたウェストポーチを自転車のフレームに吊るし、輪行バッグもフレームにうまくくくりつける技をこの辺りで編み出した。限られたリソースやエネルギーの中で不可能と思えることに挑戦するからこそ、いろんな工夫や知恵が生まれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、名古屋手前の自転車でギヤとブレーキの調整をしてもらった。(命が懸かっているので)

で、10:50頃には名古屋駅到着。

12:30頃にはとんかつのすずきで昼食。

13:15頃には三重県入り。このあたりで風向きが変わり、向かい風に。。。三重には歓迎されていないのか。。

この辺りで行き先を「奈良」から「京都」へ変更。理由は、「道が簡単」ということと「山登りが少ない見込み」ということ。

そして、想定したくなかった雨が。。完全防雨装備は用意してなかったが、元々、ユニクロのドライウェアを着ていて、ドライのウィンドブレーカーを着て走行していたら、結構平気だった。ただし、自転車に泥除けがなく結構泥をかぶった。

滋賀県湖南市の山龍で夕食。19時頃店を出た時にはもう真っ暗で、また結構雨が降っていた。しかも寒気がするほど寒かった。。。

iphoneのバッテリーはかなり回復していたが、雨のためハンドルに設置できず。。。行き先を京都に変更したことで、「国道1号線」という道しるべが出来てほんと助かった。

追い風にも助けられたけど、暗闇の中、雨で視界も悪く、事故の危険性が非常に高かった。この時点で中断するべきだったかもしれない。

しかも、京都にたどり着いたとして、宿泊場所が見つかってなかった。全部は問い合わせてないけど、GWなのでカプセルホテルも満室だったみたい。京都駅前に一晩仮眠も取れるサウナがあるらしいというネットの情報を頼りに前に進むしかなかった。

そして、琵琶湖手前くらいで自転車の前輪のタイヤがパンク。「まさかここで⁇」っていうタイミング。さすがに心が折れそうだったけど、幸い雨は上がっていたので、歩道上で車輪を外してチューブを交換。タイヤもすぐに交換が必要なほど痛んでいた。

再び自転車をこぎ出し、琵琶湖に差し掛かった時には21時を回っていた。。。

狙った訳じゃないけど、1日目は浜名湖、二日目は琵琶湖を夜に通ることになった。暗くてほとんど見えなかった。

琵琶湖を越えて大津市に入ってからも京都までは結構あった。自転車だと。。

自転車のナビではそれほど勾配はないように思えたけど、極限状態の中ではかなりきつくて、しかも自転車の走りにく道ばかりで、正直、この道中も事故の危険性が高かった。

結果的には無事に京都駅まで辿り着けて、駅前のサウナで一晩仮眠を取ることができた。

だけど、さすがにここまでの無茶修行はもう卒業します。皆さんも、自転車に限らず長距離ツーリングをする場合は、万全の準備と無理ない計画でお出かけください。

【2日目】
区間:豊橋駅(愛知県)ー京都駅(京都府)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:京都市(京都府)
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

【1日目】九州目指してサイクリングツアー:自転車で1日で静岡県を横断!

サイクリングツアー初日は湯河原スタート。

初日で静岡越えが目標なのと、小田原-湯河原の海岸線サイクリングは極めて危険(強風や車にあおられて海岸側に落ちて死ぬ確率が20%くらい)なため、前日に電車移動。

当日は朝5時にチェックアウトし5:30頃出発。6時過ぎには熱海の坂に差し掛かった。

この旅最大の山越えを果たして8:00頃には柿田川湧水群の公園に到着。

9:00過ぎには富士駅を通過。

スマホのナビ通りに進むも、由比駅の先でどうしても自転車通行不可の1号線に入ってしまい、由比駅の前まで戻って抜け道を探したりして迷いながらも何とか前進し、清水のあたりでお昼休憩。

自転車に乗りながらだとあまりソーラー発電出来ないようなので、清水港の眼の前でじっくりとソーラーチャージ。

15:00頃に藤枝駅を通過、16:00頃に掛川市入り。

この頃、すでにiPhoneのバッテリーは20%を切っていた。。。夕食がてら入って見た飲食店はチェーン店だったからか電源を貸してくれず。。

18:00には天竜川を通過。浜松市入りを果たす。

浜松駅前では翌日に控えた浜松まつりの前夜祭など見つつ、ビックカメラで高速充電器を借りようと思いきや、iPhoneケースの形状の影響でライトニングケーブルが挿せず、auショップに寄って充電していくことに。

auショップを出た時既に20:30を回っており、豊橋駅前のホテルに伝えたチェックイン時刻の21:30を切っていた。

暗くて何も見えない浜名湖を通り、まさかまだ山登りが控えているとは思わずカウンターパンチを食らうも、最後の力を振り絞って何とか21:30過ぎにはホテルにチェックイン。

ホテルにチェックイン後、疲れているにも関わらず、豊橋駅周辺を散策。風俗のキャッチエリアの広さと強引さに驚きつつも、コンビニでビールとつまみを買って初日は終了。

【1日目】
区間:湯河原(神奈川県)ー豊橋駅(愛知県)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:豊橋市(愛知県)
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

 

究極のストリートライブ / オープンマイクの仕組みを発明したっぽい!

特に用事があった訳ではないんだけど、今日は有給休暇を取って久しぶりにハードオフツアーしてきました。

この写真の機材は、マイク関係やケーブル以外は今回のツアーで中古で買っちゃいました。

1910337_10208290554530543_5342799697276477064_n

エレアコ:Ovation Celebrity CC44 : 43,200円
アンプ:YAMAHA THR5A:15,120円
ミキサー:PHONIC AM55:5,400円

これで電源が確保出来れば、自分で弾き語りライブもできるし、もっと言ってしまえば誰でも参加可能のオープンマイクイベントが開催できます。

ずっと憧れてたOvationのエレアコをついに買っちゃいました。で、このヤマハのアンプはエレアコに特化しているということで、かなり音がいいです。ミキサーも弾き語り用途では最適なサイズですね。

今回、エレアコも買ったのは、既存のジャンクのエレアコだと、アースの処理が適切にされてないらしく、ノイズが大きすぎてやはり限界があるなということで。

まぁ、どれも高いっちゃあ高いけど、新品で買うよりはずっと安い!

12540761_10208290556850601_5778987510147005771_n

そして、既存のこのソーラー発電セットを使えば、晴れてればどこでもストリートライブ / オープンマイクイベントが開催出来るようになります。

IMG_5770

さらに!!!

これまで紹介してきたストリートライブ / オープンマイクセットとソーラー発電セットを、うまくやればこの自転車で運べちゃいます!

自分で思うんですが、「音楽」+「エコ」+「自転車」という発想がポートランダーそのものですね。笑

どなたか、これらのセットを使ってどこかでストリートライブ / オープンマイクイベントをやりませんか?

 

4台の所有自転車の紹介をしつつ、新しいサイクリストのスタイルを提案してみる

よく、「自転車を一人で4台持ってる」というと驚かれるんだけど、個人的にはこの4台は必要最低限だと思ってます。自転車が好きと言っても、そんなにバカ高い自転車は持ってないし、サイクリストっぽい格好をしている訳でもありません。

4台で間に合ってるとはいえ、実はもう何台か欲しかったりするんですが、十分に役割が見いだせない限り増やさないことにしてます。もしもう一台買うとしたら竹製フレームの自転車かな…(参考サイト:「ZAMBIKES BAMBOO BIKE」 素材の風合いをそのまま生かしたザンビアの竹製フレーム

ということで、今所有している4台の自転車の紹介をしておきます。

1. メイン(日常生活用)/ Primary Bike for daily life

モデル名:BRUNO / Minivelo Road Drop (年式不明)
購入価格:5万円ちょっと(中古)
特徴:泥除けとカッパが常備されていて急な雨にも対応可。また、後輪側の大きめの荷台に荷物が入れられる。この荷台はともかく、この自転車はオシャレ過ぎて若干乗っているのが恥ずかしい。

参考:ミニベロに荷台やチャイルドシートをつけるメリット

ミニベロに荷台やチャイルドシートをつけるメリット

——————————————–

2.ツーリング+輪行用 / Secondary Bike for Touring

 

モデル名:RITEWAY / Shepherd Iron B (2012年モデル)
購入価格:5万5千円くらい(新車)
特徴:性能、耐久性的にコスパは抜群。湘南バイシクルフェスで試乗してみて、電動アシストがついてると思わせるくらい軽くて迷わず購入。ギヤの切り替えがフレーム部分についているので、ハンドル周りがスッキリしている。縦にも握れるのにハンドル周りをシンプルに保ってくれるブルホーンバーはお気に入り。

参考:仙台まで自転車ツーリングしてみた雑感

仙台まで自転車ツーリングしてみた雑感

400KMに及ぶ神奈川県全域サイクリングツアーの大まかなルート

400kmに及ぶ神奈川県全域サイクリングツアーの大まかなルート

——————————————–

3.電車+自転車(折りたたみ輪行)用 / Folding Bike for “Bicycle + Public Transportation”

モデル名:5LINKS / 5links
購入価格:8万5千円くらい
特徴:何と言っても15秒くらいで折りたたみ・展開が出来る革新的な折りたたみ機構です。折りたたむと直立する形なので、電車の中でもそこまで場所を取りません。それでいて、14インチギヤなしでも、ママチャリと同じくらい快適に走ります。荷台をつければ、折りたたんだ状態でスーツケースなどの荷物のキャリアーとしても使えます。個人的には、青春18きっぷとの親和性が高いと感じてます。

参考サイト:

5linksでの輪行旅の目的:本人は「遊んでいる」というより「働いている」という意識あり

亘理~相馬、30kmに渡る折り畳み自転車サイクリングで見たもの

四国輪行ツアー: Insta系のアプリで流していた写真を一挙公開!

——————————————–

4.会社の昼休みちょい乗り用 / Spare Bike for Lunch Break Adventure

モデル名:不明
購入価格:1万円ほど(中古)
特徴:ミニベロというだけで他には特に特徴なし。メイン車の予備として購入したが、別の予備を購入したので、玉突きで会社周辺用に転用。

参考サイト:

Lunch break Adventure: 皇居一周花見サイクリング

「通勤」を「旅行」とか「観光」にもしちゃえばいいんじゃね?

——————————————–

ご覧の通り、値段的にも台数的にもそんなに目を惹くようなセレクションではないんですが、この記事で示したかったのは「バランスよく自転車に乗る」という記事で書いた「新しいサイクリストのスタイルの提案」なんですよね。

見た目やブランドなど重視で、実際に乗るより眺めている時間が長いんじゃ勿体無い。「使い捨て」という意識で愛着もなく通勤の足だけで自転車に乗るのも不十分。本格的な装備でスポーツ・レジャー用途でしか自転車に乗らない「週末サイクリスト」も、自転車の可能性を引き出し切れてない。

やはり、これからの時代は「スポーツ」x「カジュアル」x「ソーシャル」の3つの要素をバランスさせられるサイクリストが求められるのではないかと思っています。自転車の可能性を引き出すことが、そのまま地球の持続可能性を高められると本気で信じてます。

ちなみに、昨年、初めて自分用の自動車を買ってもうすぐ1年になるのですが、走行距離はまだ1500kmほど。自転車の走行距離の方が圧倒的に長いです。この記事で書いたサイクリストの新スタイルを身につけてしまえば、自動車の快適さが加わったところでライフスタイルはほとんど変わらないはずです。

「オレゴン州ポートランド」が日本で注目され、日本とのつながりが拡がり始めてる!

ここ数年、「オレゴン州ポートランド」が日本でも注目されていて、最近になって日本とのつながりが大きく拡がり始めている気がします。

自分は2007年にポートランドに注目(参考ブログ記事:オレゴン州 ポートランド市)して以来、以下の年表のように、かなりポートランドに密着して生きてきました。

2007年9月:ポートランド視察
2008年9月:ポートランド州立大学(PSU)に留学開始
2010年12月:PSUを「コミュニティ開発」専攻で卒業
2011年1月:East Portland Neighborhood Office(EPNO)にてインターンシップ開始
2011年12月:EPNOでのインターンシップ終了
2012年2月:帰国
2013年9月:ポートランド旅行
2014年8月:ポートランド旅行

そんなポートランドがどの程度まで日本で注目されているのかを、ほんの一部なんですが、いくつかご紹介したいと思います。

1.NHK BS1「スペースシップアース」で「持続可能な先駆都市」として大々的に紹介

2.ニューヨークでもないようなディープな内容の日本語ガイドブック「TRUE PORTLAND the unofficial guide for creative people 創造都市ポートランドガイド 」が発売

3.ハフィントンポストにて、保坂展人さんによるポートランドに関するかなりの詳細記事が投稿

4.ポートランド市開発局のチームが日本の地方都市(和歌山県・有田川)に入ってプロジェクトを興している

5.本場のポートランドのクラフトビール専門のお店「PDXTaproom」が渋谷に出来ちゃった

これまで、個人的にポートランドに関する情報発信をしてきましたが、もうする必要がないくらい情報が出回り始めていて、いろんなことが起こり始めています。

こんなことになるとはさすがに予想はしてなかったのですが、これから起こることにもワクワクドキドキしてます。

ちなみに、このアイキャッチ画像は、ポートランドから持ち帰った素材で作った壁紙。適当に貼るだけでアートになります。笑

昨日の三浦・城ヶ島サイクリングで神奈川全域サイクリングが完結!

4連休の二日目の昨日、天気もよかったのでぶらっと三浦・城ヶ島サイクリングに出かけてきました。

忙しそうに見えて意外と連休中は暇だったりするんで、思いつくとやりたくなってきちゃうんですよね。笑

主要な写真はfacebookに投稿してあります。

逗子のあたりで三浦まで28kmと出てた時は、「こんなに遠かったっけ?」とさすがに引き返そうと思ったほど見切り発車癖が露呈されていたんですが、無事に往復約120km(74.5mile)のサイクリングツアーから帰ってこれました。

三浦市にサイクリングしたかったのは理由があって、2013年のゴールデンウィークに、これも見切り発車的に3日間で神奈川県全域(全市町村)を通るサイクリングツアーを決行しました。
そのルートはこんな感じ

2013-05-08 17-21-30_神奈川県内の市町村地図 - 神奈川県ホームページ

参考:400KMに及ぶ神奈川県全域サイクリングツアーの大まかなルート

この時、最終日に横浜から三浦市まで南下する計画だったんですが、この時恐ろしい向かい風にあってしまい、止む無く横須賀で葉山・逗子方面に向かって平塚に引き返すことになってしまいました。

つまり、この時は目標が完全に達成されなかったということです。その時のリベンジとしての三浦・城ヶ島サイクリングの機会をしばらく狙っていて、昨日ようやく果たすことができました。

ということで、神奈川県全域サイクリングツアーのプロジェクトはこれで完結です!

【読書7】衰退を克服したアメリカ中小都市のまちづくり(服部佳郎著)を読んで

この本は、大半のアメリカの都市が成長計画に反して縮小・衰退していく中、ユニークで行政と市民が一丸となった好ましい形でマイペースに成長するアメリカの5つの中小都市を紹介し、苦境に立たされている日本の同規模の都市への応用を提案する本。

その5つの都市とは以下の通り。

デービス(カリフォルニア州)Wikipedia
「スロー風土」という言葉に象徴される通り、ゆっくりを志向するまち。カリフォルニア大学デイビス校を要する学園都市として有名だが、ファーマーズマーケットやビレッジホームズなど、当時はとても先駆的な取り組みが行われていたパイオニア的なまち。

チャールストン(サウスカロライナ州)Wikipedia
伝統的な街並み保存を行政・市民が一丸となって徹底的にやったまち。ジョセフ・ライリー市長のリーダーシップが大きく、「歴史ある建物を保全する会」「チャールストン歴史財団」などの民間非営利団体が影響力を持つ。

バーリントン(バーモント州)Wikipedia
とにかくチャーチ・ストリート・モールが特徴。カナダのモントリオールから推計年間100万人が訪れるという。ショッピング目的だけでなく、「市民の広場」としての機能が成功の鍵だった。

ボルダー(コロラド州)Wikipedia
車を排除したコンパクトなまち空間。外側はグリーベルト。ビッグボックスリテールとの競合を受けて立つ地元の零細商店。対照的に住みにくくなってしまったコロラドスプリングスとの対比が印象的。

チャタヌーガ(テネシー州)Wikipedia
最悪の環境汚染からの見事な再生を果たしたまち。テネシー側沿いのウォーターフロントの整備や水族館などは市民の出資によるところが大きいというのが驚き。「チャタヌーガ・ベンチャー」という将来のビジョンをみんなで考える組織により、市民参加が活発になった。

————————————–
この本は、アメリカ留学期間中にもろに勉強したような内容だった。著者の方の興味や勉強内容、まちを見る観点などのベクトルが自分ととても近く、自分も独自に興味を持った都市を研究し、こういう本を書けそうだなと感じた。

しかし、現時点で、この本で例示されている都市でよく知っていたのはボルダーぐらいだった。留学期間中に実施したアメリカ一周の鉄道の旅で、やはりオレゴン州のポートランドが一番住みやすいと結論付けたが、アメリカにはまだまだ未開拓で面白そうな都市がありそうだなと感じた。