「経済」カテゴリーアーカイブ

うちのソーラー発電システムの4年目半年間の発電量と売電収入

うちのソーラー発電システム(30kW超)も導入から4年目に突入していて、知らない間に半年経過してました。

発電量と売電収入を計算してみたところ、半年でそれぞれ2万kWh以上、80万円以上になってました。このまま行けば年間で150万円以上はいきそうなので、パネルやその他システムの劣化はまだ見られてません。

6月分 5/23-6/19(28日間)
4368kW
169,827円

7月分 6/20-7/20(31日間)
4344kWh
168,894円

8月分 7/21-8/21(32日間)
3400kWh
132,192円

9月分 8/22-9/20(30日間)
3424kWh
133,125円

10月分 9/21-10/19(29日間)
2679kWh
104,159円

11月分 10/20-11/20(32日間)
2858kWh
111,119円

2017年6月〜11月(半年分)
21,073kWh
819,316円

ちなみに、1年目から3年目までの年間の発電量と売電収入です

1年目:(2014年6月〜2015年5月)
41,152kWh
1,505,125円

2年目(2015年6月〜2016年5月)
40,375kWh
1,569,776円

3年目(2016年6月〜2017年5月)
40671kWh
1,582,643円

運用開始後3年半ちょっとで既に500万円弱の売電収入があるので、このまま行けば初期費用を8年目には取り返せそうです。
その後、12年間は同じ条件で売電出来て、その後もシステムが使えれば通常のレートで売電することが出来ます。

今は初期費用で親に借りた分の返済にほとんど回してますが、初期費用が回収出来たあとはこの収入に結構助けられそうです。

AIがSNSを見て「どんな人か」を評価する時代に…

実は、こんな時代になることをずっと夢みてた気がする。

今までブログに書いてきたことやつぶやいてきたことは、僕にとって財産だと思っている。現状では誰もその価値に気づいてはいないけど、きっと将来、日の目を見ることになると信じて続けてきた。

ブログやツイッターの投稿にあまりいいねがつかなかったりアクセスさえされないのには色々と理由があると思う。単に読むに値しないのであればそれは自分の問題でしかないけど、恐らくそれだけではないと思う。読む価値があるのに注目されていないブログも沢山あるだろう。

1番の問題は、「人間が読むから」だと思う。まず、普通の人にはブログやつぶやきを全部読んでる時間はないし、好き嫌いや偏見などで判断してしまってフェアな評価が出来ないケースも考えられる。その投稿をした時の時代背景とか、長い期間の投稿内容を見比べた時の言動や行動の一貫性など、膨大な情報を考慮してのその人を評価するのは、忙しい現代人には無理な話だ。

それを、AI(人工知能)が肩代わりしてくれるとしたらどうだろう?僕は、このちきりんさんの記事を見たとき、久しぶりにゾクゾクする感覚を覚えた。もちろん、AIをどう使うかとかの倫理的なものも重要だし、企業の人事がこれを悪用して更に従業員を搾取するような結果もあり得るけど、僕は必ずしもそうはならないと予想している。

AIの使い方次第で企業の発展もあるべき姿になる可能性も十分あり得る。企業も本当の意味で優秀な人材を取りたいはずで、SNSやブログから読み取れる情報を最大限に活用してより優秀な人材を採用する企業は伸びるし、思考力がなくても都合の良いように使える人を取るような企業は発展せずに今まで以上に淘汰されていくのではないか。

重要なのは、AIが読み取る情報が全てでないまでも、その人がどんな人なのかを知るためのかなり強力な判断基準が持てることになる。その人がどれくらいユニークで先見性があり一貫性のある意見を持っているかとか。どんな企業も出来るだけ優秀な人材を採用したいはず。

だけど、現在の企業の採用は、ちきりんさんの記事に書いてある通り「履歴書」が大きな判断基準になっている。この時点で、どんなに実力のある人でも、学歴や職務経歴などが伴わずに落とされる場合は多々ある。

それに、面接に進んだとしても、面接だけでその人を十分に評価することは出来ないと思う。その面接の時間だけの為にパフォーマンスを発揮する人もいるだろうし、平然と作り話をして自分を必要以上に大きく見せようとする人もいる。面接受験者にとっても、会社(面接官)にとっても、こういった状況は健全ではないし、社会にとってもロスが大きいと思う。

だからと言って下手に自分の意見をSNSで発信してネガティブな評価を受けるケースもあって、何も発信しない方がいい場合もあるかもしれない。重要なのは、「声が大きくパフォーマンスばかりの人たちに埋もれてしまっていた人材が発掘されること」なんだ。もし、AIが個人のSNSを評価するようになれば、インターンシップなどの経験などの延長で、戦略的にSNSを使うことも出来る。僕はそんな時代を見てみたい。

こうやって考えると、2003年にこのブログを始めて(最初はmixiだったけど)2000を超える記事を書いてきたことは今後すごく大きな意味を持って来るはずだし、その中にどれだけの価値を見出されるかによるけど、今後の自分に訪れるチャンスも大きくなる。

ブログやつぶやきで投稿してしている僕の考えや行動は、断片的に見ると思いつきや自己満足でやっているように見えるかもしれないけど、緻密に計算されて一貫性があり、しかもリスクを侵したり身体を張った社会貢献だということもある。現代の忙しい人間にはそこまで読み取ることは出来ないかもしれないけど、膨大な記憶力と処理性能を持ったAIであればきっと分かってくれる。

長らくブログ更新をしてなかったけど、こう言った見通しがつけばブログ更新のモチベーションになるから、継続して続けて行くことにした。

「仮面社畜」についての個人的な考察

そう、ここに書いてあることは、僕が勝手に提唱している「サラリーマン2.0」の姿に通ずる。

サラリーマン2.0:①会社と対等な関係(会社がクビ切るのと同じように会社を切れる)

仮面社畜は、会社を利用する立場だけど、結果的に会社に大きな価値を生む存在でもある。 個人的な解釈では。

声を上げたり意見をしたら不当なペナルティが待っているような企業の中で、疑問を持たずだったり、声を上げずに従来の仕組みの中で仕方なく活動を続けられる人は、社畜以外の何物でもない。

「社畜にだけはならない」と言って、モチベーションが低く、会社に実質的にはあまり貢献してない人も「社畜」に分類される。

つまり、会社にただ従順という訳じゃないとしても、会社に反抗して意味もなく不真面目になったり、会社のために頑張るのがダサいと思ってベストを尽くさず、自分を高められない人も社畜のうちということになる。

ただし、仮面社畜の場合、結果的に会社に大きく貢献する結果になったとしても、その「過程」がネックになって、実際の貢献度に見合った評価は得られない。上司の意向や会社の従来のやり方を簡単に無視するから。

「仮面社畜」を生かすか殺すかは、会社の発展にとってかなり重大なことだと思う。

30kWソーラーフロンティア製システムで2年目の売電収入も150万円突破!

うちのソーラー発電システムが二年目も総発電量40,375kWhで売電収入が150万円超えを達成!

The solar power generating system installed on the roof of my family’s apartment earned about $13,600 this year. The power generation amount was 40,375kWh.

6月分 5/21-6/18(29日間)
3816kWh
148,366円

7月分 6/19-7/20(32日間)
3751kWh
145,838円

8月分 7/21-8/19(30日間)
4565kWh
177,487円

9月分 8/20-9/17(29日間)
2783kWh
108,203円

10月分 9/18-10/20(33日間)
3913kWh
152,137円

11月分 10/21-11/18(29日間)
2516kWh
97,822円

12月分 11/19-12/17(29日間)
1829kWh
71,111円

1月分 12/18-1/19(33日間)
2489mWh
96,772円

2月分 1/20-2/18(30日間)
3130kWh
121,694円

3月分 2/19-3/21(32日間)
3471kWh
134,952円

4月分 3/22-4/19(29日間)
3283kWh
127,643円

5月分 4/20-5/22(33日間)
4829kWh
187,751円

二年目総計
40,375kWh
1,569,776円

年間の発電量40,375kWhということは…

10,000kWhでおよそ四人家族の家庭2世帯分を賄えるらしいので、うちのソーラー発電システムは四人家族の家庭8世帯分の電力に相当することになります。

たかが8世帯、されど8世帯。
収入がどうのとかより、化石燃料にも原発にも依存しない社会に向けて具体的な結果が残せたことが嬉しいです。

ソーラー発電システムの概要について
  • 発電出力 30.6kW
  • 売電開始:2014/5/9
  • パネルメーカー:ソーラーフロンティア
  • 設置場所:神奈川県平塚市

参考に、一年目の結果について…

導入から8ヶ月足らずで売電収入が100万円超え!!!

8月分は17万5千円超え!ここ3ヶ月の売電収入について

 

平塚の129沿い四之宮付近は中古屋(リサイクルショップ)の宝庫

個人的に、中古屋巡りが大好きで、アメリカ時代も都市圏を跨いで中古屋巡りをしていました。
平塚の129号線沿いは中古屋さんの宝庫 で、洋服や本、ハードウェアや厨房用品、釣具や家具など、かなりのバラエティの中古用品が手に入ります。

■オフハウス(Off House)

7E17BCF8-9E6D-4CF3-9787-1D7E15201F57
「オ~フハウスに売りにゆこう~♪オ~フハウスに売りにゆこう~♪…」という洗脳ソングでお馴染みの(お馴染みなのは僕だけですね…汗)、総合リサイクル ショップのオフハウスです。ブックオフの系列ですね。ここは、ブランド品&アクセサリー・家具・ギフト・家電・インテリア・レディース&メンズ&子供服な ど幅広く取り扱っています。厚木に向かって左側。

■フジシロリサイクル

4998512D-223C-4EE1-B079-EBC6A18BF184

神奈川県内でチェーン展開している総合リサイクルショップ「フジシロリサイクル」の平塚店です。ここも幅広くいろいろ売ってます。全国チェーンのオフハウスに押され気味ですが、意外と掘り出し物があります。厚木に向かって右側なので帰りに寄るといいかも。

■BOOK-OFF(ブックオフ)平塚四之宮店

5F852659-9483-4965-981E-1010BCFA2E13
誰でも知っている古本の全国チェーン「ブックオフ」です。もう説明は不要でしょう。129の分岐点付近にあります。厚木に向かって右にあるので、帰りに寄るといいかもしれません。

■JUMBLE STORE

E45A6CF8-A291-4B23-963A-54E8C26CE145
全国に展開している古着のJUMBLE STORE平塚店です。オシャレな古着から激安なものまであります。四之宮交番付近にあり、GEOと一緒に入っています。厚木に向かって左側。

■HARD-OFF(ハードオフ)平塚四之宮店

C42240C9-BBD8-47C9-BE3E-B822488E81DF
これもブックオフの系列でハードウェア専門のHARD-OFF(ハードオフ)です。

■テンポス湘南店

14682AC4-0682-47F8-ADB4-B775C2F540B1
実はまだ入ったことはないんですが、テンポスという系列の業務用の中古厨房店もあります。飲食業を安く始めたいなら、このお店にまずは足を運んでみるといいかもしれません。厚木に向かって右側にあるので、帰りに寄るといいと思います。

■タックルベリー平塚八幡店

49B66419-AE0D-4CB8-B677-72B58F485B3E

個人的には常連客となっている中古釣り具の全国チェーンのタックルベリー。商品の入れ替わりも早いので、毎週のように通っています。僕のような常連客が少なからずいて、掘り出し物はすぐに売り切れてしまいます。(すみません!)釣りに興味ある方は、中古釣り具なら安く始められるので、是非行ってみて下さい。

その他、周辺に中古ゴルフ用品のお店や、僕の知らないリサイクルショップがまだあるかもしれません。ご存知の方はぜひ教えて下さい!

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

横浜ビジネスグランプリ2016に参加してみて感じた雑感

自分の事業計画書は落選してしまったんですが、今年も「横浜ビジネスグランプリ」に観客として参加してきました。

最優秀賞を受賞した長谷川さんも、他のファイナリストたちも、素晴らしい使命感で事業計画書を作成してプレゼンに臨んだんだと思います。内容はよく分からないだろうけど、その熱意と使命感を子どもたちに触れさせてあげたらすごく意義があるんじゃないかと思いました。

 

学生部門で優秀賞を受賞した、プランタイトル:「次世代型住宅セキュリティシステム『B-PEASE』」( 大阪経済大学 小林和也氏)もとても良かったです。オーディエンス賞の2票のうち1票はこれに投票しました。

個人的には、プランタイトル:「音楽起業家のためのWebサービス「『Gakuya』」(株式会社ライズサーチ 内田奈津子氏)のプランが一番良かったです。音大卒の人がビジネススキルを身につけたり、マーケティングのツールが使えるプラットフォームを持てば、日本でももっと音楽分野のレベルが上がるはず。

これは、ぼくが「市民プレス」のビジネスプラン(落選しちゃったけど)に込めた方向性と近くて、音楽とジャーナリズムの違いだけだと思います。音楽やジャーナリズムを、身近で一般人の手で扱えるものにするために、ビジネスやマーケティングのツールやプラットフォームを提供する人が増えることをぼくも望んでます。

IMG_6234

そして、これ。

手島さんは、2年前の横浜ビジネスグランプリで最優秀賞を受賞した方。

10年以上前に書いたブログ記事で、ぼくも同じことを書いた覚えが。。。

#047. 「やる」か「やらない」か、それだけの違い!?

 

「誰でも起業家になれるし、望めばミュージシャンやアーティストにもなれる」というのがぼくの信念です。プロの想像力が及ばないことを、普通にぼくたち一般人にも形にする能力や可能性があるということ。

そういった意味で、このビジネスコンテストもすごく意義があるし、去年も感じた「前向きで情熱的な雰囲気や一体感」を今年も感じることができました。

来年は事業計画書の応募をするかは分かりませんが、参加者としてはまた参加したいと思います!

2015年フランス、テロ事件多発の裏で希望ある法案可決も多発してたみたい

2015年のフランス。1月に起きたシャルリー・エブド襲撃事件に続き、同年11月には同時多発テロも起きてしまい、フランスでは2015年だけでも少なくとも6件のテロ事件が起きたそうです。

しかし、そんな悲しい出来事の裏で、希望ある法案の可決も多発していたようです。「国単位でここまでやれるのか!」と思わせる法案を2つほどご紹介します。

新築の全建物の屋上にはソーラーパネルか、植物を強制化

屋上緑化は、ポートランドではエコ・ルーフ(eco roof)と呼ばれていましたが、断熱効果による省エネと、雨水の保水による洪水や温暖化などの自然災害の軽減などの効果があります。

新築の建物からの義務付けとはいえ、ビルの屋上のスペースがこうやって有効利用されるようになるのってワクワクしてきますね。日本でもぜひやってほしい!

スーパーで賞味期限切れ食品の廃棄を禁止に

スーパーマーケットでプラスチックの袋の禁止をする都市はちらほらありますが、国の単位でここまでやるケースは聞いたことがないし、ほんとビックリです。

一方、日本ではどうかというと…「ひとつの商品に異物が混じっていたら、同じ種類の数万食をすべて捨てる。1日でも賞味期限を過ぎていたら、すぐゴミ箱行き……。」ということで、年間800万トン(東京ドーム6杯半分)の食品が廃棄されているそうです。(現代ビジネス記事より)

同じ閉鎖系の地球に存在する国なのに、フランスと日本で、どうしてこんなにも真逆な方向に向かってしまっているのか、理解しがたいですね…汗

経済政策に失敗し、日本よりも長い「失われた40年」を歩んでいると言われ、人種間の格差などで社会の中で歪みが顕著になりつつあるフランス。

「環境や人に良いこと」をやろうとしているというより、生き残りに必死なんでしょうね。スペースや資源を無駄にせず有効利用しつつ、自分たちで使うエネルギーは自分たちで生み出す。それを、特にビジネスをする人たちに義務付けすることはこれからの時代の常識になるのかもしれません。

 

サラリーマン2.0:①会社と対等な関係(会社がクビ切るのと同じように会社を切れる)

「サラリーマン2.0」へのアップデートの必要性と題して何記事か連載を予定しています。この記事はその第一弾です。今年は「尖り過ぎ注意」を目標に掲げてはいるんですが、この連載だけは結構尖ってしまうと思われます。。

「会社と対等な関係でいる」ってことは日本では特に難しいことかもしれません。会社に尽くすアメリカ人、会社に居座る日本人という記事にもある通り、日本のサラリーマンは会社に長くいようとするため、献身的で従順になる傾向があるようです。この従属関係に耐えて、会社の言う通り波風立てないように仕事を続け、結局はモチベーションも生産性も悪いのが日本のサラリーマン像なのではないでしょうか。

明らかにこれはサラリーマンとして、人間として好ましい形ではないですよね。日本の会社は従順な従業員を求めるかもしれませんが、それで生産性が悪くなり、業績が不振になることは望んでないはずです。会社が変わらないなら、サラリーマンであるぼくたちが変わるしかありません。いつでもクビになるかもしれないのと同様に、自分からもいつでも会社を切ってやれるくらいの準備をしておけばいい。

会社と対等であろうとするなら、会社に何も言わせないくらいの成果を出せばいい。会社が言うことや会社の空気が許容する範囲のことに忠実になる必要はない。会社は自分たちが本当に望むことに必ずしも気づいていないので、それを先回りしてやってしまう。ぼくはそれをずっとやってきて、既に「いないと会社が回らない」という存在になりました。

そんなぼくは上司にも言いたいことははっきり言います。ただでさえただ働きをかなりしてるのにさらに負担をかけようとすれば「今の給料ではそこまでやるつもりはない」とはっきり言うし、「会社の方針には従うけど、自分の許容範囲を本当に超えたら会社を辞める」とも言ってます。

また、今のITチームの無茶な体制(参考:東証一部上場企業のIT業務を一人で担ってみた)で会社の信頼の根幹に関わるような大きなITの不祥事が起きたとしても、ぼくは会社のリスク管理の問題で必ずしも自分の問題ではないと開き直ります。再三訴え続けてきましたが会社が現状のままでいくという判断なので。

中には、そんなぼくが無責任で会社員失格だと言う人もいるかもしれません。自分でも日本の会社のサラリーマンには向いてないと思ってます。でも、「会社に言われたことは自分の仕事なんだから文句を言わずにやれ」とか、消耗しきってる自分を見て「週末ゆっくり休めますよね」みたいなことをいう人もいるけど、「何でそんなに会社中心に考えられるの?」と不思議で仕方ないです。これが典型的な日本の「サラリーマン1.0」の姿ではないでしょうか。

父親には「お前は会社を舐めている」というようなことを言われますが、ぼくは逆に「あんたは人間を舐めている」と返したい。

まず、一度、固定観念や先入観をリセットして、この「サラリーマン1.0」の姿と、ぼくが勝手に提唱する「サラリーマン2.0」を比較し、どちらがサラリーマンとしてのあるべき姿なのかを考えてみるといいかもしれません。

「オレゴン州ポートランド」が日本で注目され、日本とのつながりが拡がり始めてる!

ここ数年、「オレゴン州ポートランド」が日本でも注目されていて、最近になって日本とのつながりが大きく拡がり始めている気がします。

自分は2007年にポートランドに注目(参考ブログ記事:オレゴン州 ポートランド市)して以来、以下の年表のように、かなりポートランドに密着して生きてきました。

2007年9月:ポートランド視察
2008年9月:ポートランド州立大学(PSU)に留学開始
2010年12月:PSUを「コミュニティ開発」専攻で卒業
2011年1月:East Portland Neighborhood Office(EPNO)にてインターンシップ開始
2011年12月:EPNOでのインターンシップ終了
2012年2月:帰国
2013年9月:ポートランド旅行
2014年8月:ポートランド旅行

そんなポートランドがどの程度まで日本で注目されているのかを、ほんの一部なんですが、いくつかご紹介したいと思います。

1.NHK BS1「スペースシップアース」で「持続可能な先駆都市」として大々的に紹介

2.ニューヨークでもないようなディープな内容の日本語ガイドブック「TRUE PORTLAND the unofficial guide for creative people 創造都市ポートランドガイド 」が発売

3.ハフィントンポストにて、保坂展人さんによるポートランドに関するかなりの詳細記事が投稿

4.ポートランド市開発局のチームが日本の地方都市(和歌山県・有田川)に入ってプロジェクトを興している

5.本場のポートランドのクラフトビール専門のお店「PDXTaproom」が渋谷に出来ちゃった

これまで、個人的にポートランドに関する情報発信をしてきましたが、もうする必要がないくらい情報が出回り始めていて、いろんなことが起こり始めています。

こんなことになるとはさすがに予想はしてなかったのですが、これから起こることにもワクワクドキドキしてます。

ちなみに、このアイキャッチ画像は、ポートランドから持ち帰った素材で作った壁紙。適当に貼るだけでアートになります。笑

「サラリーマン2.0」へのアップデートの必要性

自分はサラリーマンには向いてないと思うんだけど、脱サラにも踏み切れずに来年もサラリーマンを継続する予定なんですが、自分なりに日本のサラリーマンのあり方に身を持って問題提起をしています。

サラリーマン2.0の勝手なイメージは…
1. 会社と対等な関係(会社がクビ切るのと同じように会社を切れる)
2. 定時で帰りにくいとか有給が取りづらいとかあり得ない
3. アフター5には飲み会参加より、集まって社会貢献活動
4. 自分がお客の立場で相手の労働者の権利を尊重出来る
5. ビジネスマナーよりもっと生産的な人間関係を重視

このイメージは欧州(特に北欧)のサラリーマンをベースに発展させたものです。欧州のサラリーマンが必ずしもモデルだとは思ってません。ただ、日本のサラリーマンよりはベターかなとも思ってます。

この5つについてそれぞれ書こうと思ったらそれぞれ結構長くなりそうなので、シリーズ化して書くことにします。
来年は謙虚で無難にサラリーマンをやろうかなと思い、今年中に書き終えようと思ったんですが、来年もしばらく続きそうです…