「環境」カテゴリーアーカイブ

原発にも化石燃料にも依存しないライフスタイルへ

青春18きっぷ+5Linksの九州旅行で、再稼働を準備中?の川内市内にも立ち寄った。たまたま通っただけだけど、いろいろ考えることがあって、とても複雑な気持ちになった。

「安全保障、コスト、温暖化対策より絶対的な安全性が大切と考えるか、事故のリスクはあるが、原子力を利用するメリットが大きいと考えるか」

この記事のすべてに同意する訳ではないけど、原発の再稼働に反対する上でも目を逸らさずに対処しなければならない問題や、実際に自分たちの考え方や行動を変えなきゃいけないことが分かる。この問題は白黒付けられるものではなくて、やっぱりグレーゾーンで議論して現実的な突破口を見つけていくべきだ。

もちろん、僕は原発推進には反対だけど、原発の代わりに化石燃料が燃やされて地球が温暖化することにも反対。どちらも未来の世代を危機に晒すことに変わりはない。

川内原発の再稼働に関して、英国の駐日大使が英国の公式サイトの中の原子力発電所の再稼働に関して:駐日英国大使からのメッセージの冒頭で、下記のように見解を表明している。

英国政府は、この度、九州電力株式会社が原子力規制委員会と鹿児島県の承認を得て、川内原子力発電所1号機の再稼働を決断されたことを歓迎いたします。

必ずしも、英国が正しい考えを持っているとは言わないが、日本ではすっかり忘れ去られている感があるけど、温室効果ガスによる地球温暖化などの気候変動の対策で、日本は完全に後退している。今、気候変動の対策で、日本がどのような期限と目標を掲げているかを意識している人も少ないだろう。

このことだけ考えても、原発を止めれば解決なんてことはあり得ない。原発も温暖化もやめるには、僕たち自身がライフスタイルに革命を起こし、人々の行動に影響を与えていかなきゃいけない。

問題の根源は、エネルギーを爆発的に消費してる人たちが、エネルギーを浪費するばかりで、十分な価値を生めていないことだと。浪費してるのが誰かというと、紛れもない僕たち。僕たちがライフスタイルを劇的に変えないと話にならない。

実は、個人的に、2012年の段階で、「脱原発後の持続可能な暮らし」の現実的なイメージを記事にしてあった。

そこでは以下の4つの条件を示した。

  1. 生活圏の分割・縮小
  2. 住宅を含めたスペースやモノの他人との共有
  3. エネルギーや資源の価値的利用(浪費や贅沢には課税)
  4. 情報や芸術などモノより「価値」を交換する経済

このアイデアが必ずしも正しいとは限らないけど、反原発の人の声の大きさやデモの大きさの割には、こういった原発のない現実的なライフスタイルのイメージや、反対活動とは別の自発的なライフスタイル変革の行動が見えてこないのが残念だ。「脱原発」だけが目的や目標になってしまうのも不十分だし、当事者意識がなく実際の行動が伴わない反対活動も社会に混乱を招くだけだ。

個人的には、元々、電気やガソリンなどのエネルギーを浪費する社会は変えないといけないと10年位前から意識して行動してるから、「エネルギーの効率的・価値的利用による減電」という目標はブレない。その目標から言えば、原発への依存も当然なくしていく必要が出てくる。

枝葉の問題とは言わないけど、原発の問題も数ある問題の一つ。これをシングルイシューとして議論を進めるのではなく、反対活動をするにも、できる限り多くの関連する問題を包摂し、目的や目標をさらに高いステージに押し上げて、現実的な議論をすること。

もっと大事なのは、自分自身が体を張ってでも、身を切っても、行動やライフスタイルをあるべき姿に近づけていく必要があるのではないだろうか。

 

今年に入ってからの売電収入額

1月分 12/18-1/19(33日間)
2711kWh
105,403円

2月分 1/20-2/18(30日間)
3016kWh
117,262円

去年の12月には8万円を切ってしまったんですが、今年に入って持ち直してきました。

何やら、3/31までにソーラーシステムの増設をすると、うちが導入した時の売電価格(1kWあたり37.8円)で増設出来るらしい。その代わり初期導入時から20年間という計算になるらしい。まぁ多分もう増設はしないと思うけど、見積もりを見てみたいな。

ちなみに、去年分の報告はこちら。

導入から8ヶ月足らずで売電収入が100万円超え!!!
bokudeki.me/autonomy/technology/101408

一応、うちもソーラー発電所

IMG_0014.JPG

My house has become a tiny electric generation plant by solar with these tools mainly for electric stuffs like mobile products, PC and light for Butsudan in my rooms.

古い写真だけど、このセットで昼は発電、夜は蓄電された電気を使うようにしてる。

内容は、
・ソーラーパネル
・インバーター
・測定器
・蓄電器
で、確か8万円くらいだった。

ソーラーパネルは普段は固定してるけど、取り外して持ち運ぶことも可。

これで賄いたい電力は…
・iphone
・ipad
・macbook
・デジカメ
・電動シェーバー
・仏壇の電気
・自転車のライト
・ワイヤレスヘッドフォン
・練習用小型ギターアンプ
くらいかな。今は。

まぁ、これで電力を賄ったとしても良くて数百円の世界なんだけどね。
だけど、こういう不便を経験して電力を生み出すのがどれだけ大変かを体験しないと、省エネ以上に工夫して消費電力を減らす努力まで行き着かない気がするんだよね。

導入から8ヶ月足らずで売電収入が100万円超え!!!

2014年5月に導入した30kW超えの産業用ソーラー発電システムですが、計算してみたら、年内に売電収入が100万円を超えていることがわかりました!

多い月は18万以上、少ない月は8万以下とかなりバラツキがありますが、このペースでいけば本当に7、8年で初期費用がカバーできそうです。

発電出力 30.6kW
パネルメーカー:ソーラーフロンティア
設置場所:神奈川県平塚市
5月分 5/9-5/21 (13日間)
2162kWh
84,058円
6月分 5/22-5/18 (28日間)
3821kWh
148,560円
7月分 6/19-7/21(33日間)
4123kWh
160,302円
8月分 7/22-8/20(30日間)
4747kWh
184,563円
9月分 8/21-9/18(29日間)
3088kWh
120,061円
10月分 9/19-10/20(32日間)
3486kWh
135,535円
11月分 10/21-11/18(29日間)
2411kWh
93,739円
12月分 11/19-12/17(28日間)
2015kWh
78,343円

13日間で8万4千円売電できる!? 30kW超えソーラー発電システムの威力

今年5月にうちのマンションの屋上に導入した30kW超えのソーラーフロンティア制のソーラー発電システム。
ようやく売電明細が届きました。それも2か月分!
バタバタしていてあまり気にしてられなかったのですが、東電が直接マンションの住所に明細を送ってたため、家まで届かなかったようです。

それはさておき、発電・売電の結果は以下です。

5月分 5/9-5/21 (13日間)
発電量:2162kWh
売電金額:84,058円

6月分 5/22-6/18 (28日間)
発電量:3821kWh
売電金額:148560円

発電量の単位はあまりピンとこないかもしれませんが、売電金額を見ればわかりやすいですよね。
5月分は13日間のみですが、それでも8万円以上の売り上げになりました。
5月は比較的発電量が伸びる月らしいですが、それでも業者の予測よりずっと多く発電出来てたようです。

以下、業者(セントラルガス)さんの検証内容の転載です。

~~~~~~~~~~~

<5・6月の発電検証について>

※発電の比較は検針時期の区切りが良くない為、1日あたりの発電量を逆算し、60日(2か月)間の発電量比較で考えてみました。

予測値

5・6月の合算予想値は3,448kwh+2,838kwh=6,286kwhとしておりました。
※別紙発電シミュレーション参照

実データ

2,162kwh+3,821kwh=5,983kwh(41日間)。

5,983kwh÷41日=145.9kwh/日

145.9kwh×60日=8,754kwh

比較すると、実際の発電量はシミュレーション値の1.39倍という結果となります。

年間の発電量予測は、35,177kwhとしておりますが、この比率で計算すると実際の発電量は
48,896kwhという数字となります。

~~~~~~~~~~~

来月はまた違った角度から検証してみたいと思ってます。

30kw超え産業用ソーラー発電システムがついに動き出した!

長年の念願だった、産業用のソーラー発電システムが、今日無事に東電の系統連携を終えて、実質的に動き出しました!

10kw以上が産業用となるんですが、発電した電気を20年間東電に売ることができるんですが、今回導入したものは何と30kw超えの大容量のもの!

導入した機器のメーカーは評判の良いソーラーフロンティアのもの。

ほとんどはうちの家族の持つ資源のおかげなんですが、僕が言い出さなかったら実現することはなかったと思います。

とりあえず、パネルに囲まれて記念撮影。

20140509-204949.jpg

20140509-205001.jpg

たまたま湘南平に行ったので、ズームして撮ってきました。

20140509-205012.jpg

これから毎月、発電量と売電価格を公表して、いろんな角度から導入するメリットを研究して行こうと思ってます!

もしも湘南平の真ん中にソーラー電源があったら…

先週末、自宅から歩いていける観光地「湘南平」でいろいろソーラー実験をしてきた。

湘南平は神奈川県平塚市にある小高い丘陵のてっぺんの平になっている部分の公園。条件のいい日は横浜や都心の方まで見渡せ、反対側には富士山がきれいに見える。
IMG_1261

もしもこの湘南平の真ん中にソーラー電源があったら何が出来ると思いますか?

ソーラーパネル(Sun Pad)と蓄電器(SUGOIバッテリー)にインバーターをつなげばAC100Vのコンセントとして使えます。コンセントは必ずしも壁から出ている訳ではない!

このソーラー発電システムを使った実験、まず一つ目。
ソーラーパワーでミニ野外ライブ!

1604432_10203387792204549_842726175_n 1912053_10203387789204474_773327878_n 1468790_10203387788964468_228738448_n

1800492_10203387794804614_77916032_n

 

ハードオフで買ったジャンクなエレアコ(7500円)とミキサー(1000円)とマイク(ケーブル含め800円)とマイクスタンド(1500円)を小さなモニタースピーカー(3500円)につないでゲリラライブしました。

いや〜、恥ずかしかった!

決して目立ちたがりやではないんですが、言葉では伝えにくいので、イメージしやすいように自分がモデルになって写真におさめてもらいました。

太陽が出ている限りは電源が使えるので、駆け出しのミュージシャンとか気軽に集まってもらって演奏し合いっことかしたいなと思ってます。

そして実験2。
湘南平のテーブルといすを利用して勝手にコーワーキングスペース化!

1174950_10203387843485831_1863765476_n

1521580_10203387846525907_1929389127_n

ソーラー電源を共有すれば、太陽が出ている限りみんなでパソコンを使える。たまにはこんなのんびりした自然環境で打ち合わせとかしたら意外とはかどったりするんじゃないかと。

これらはほんの一例だけど、もしも湘南平にソーラー電源があったら出来ることってもっとたくさんあると思うんですよね。

他に面白いアイデアを思いついた人はぜひ教えてください!

 

 

オレゴン州ポートランドが持続可能な先駆都市として大々的に紹介されたBS1「スペースシップアース」、今ならWEB上で観れます!

僕がまちづくりの勉強のための留学地に選んだオレゴン州ポートランド。全米1住みやすい都市として知られ、人口減に悩む都市が多い中、特に若者が続々と引っ越してきてます。これまでの人生で地元以外に3年以上住んだのはポートランドが初めてで、第二の故郷のように特別な思い入れがあります。

そのポートランドが、NHK BS1の「スペースシップアース」という番組で、持続可能な先駆都市として大々的に紹介されました。この番組は4回に渡って放送されていて、ポートランドは最終回の中で最も時間を割いて紹介されました。その放送の全編がここで観れますので、ぜひ観てみて下さい。(いつ配信停止になるか分からないので、お早めに!)


スペースシップアース4 「新たな海図」を求めて 投稿者 tvpickup

この番組で語られているポートランドはまだまだ一部に過ぎず、僕が3年半も現地で暮らしても知らないことだらけで、さらに次に何が起こるか、どんな驚きが待ち受けているのかが全く予想出来ないところが、ポートランドの一番の魅力ですね。

ポートランド時代大変お世話になり、今も現地で塾を経営するKoichiさんもブログでこの番組について紹介されてました。→号外:ポートランドが画期的な都市としてテレビで紹介されました!

ぜひ、この機会にポートランドの取り組みについて多くの人に知ってもらい、自分が住んでいるところでまちづくりをする参考にして欲しいです!

DSC04639.JPG

あまり情報がないけど何気に充実してるソーラーフロンティアの災害補償制度

太陽光発電システムの中で、ネットで調べる限りは評判が抜群に良いソーラーフロンティア。
自分が導入するならソーラーフロンティアと決めてるんですが、導入を検討する上で災害による故障が気になるところですよね。
ソーラーフロンティアの公式ページを見ても意外とこの辺りの詳細が載ってないので、チラシの内容を載せておきます。

1461787_10202612000890251_603008099_n

 

ソーラーフロンティア
小規模産業用(50kw未満)
太陽光発電システム災害補償制度(導入費用に含まれる保険)

太陽光発電システム設置要領に応じた保険金額:
5.0kW未満の保険金額:200万円
5.0kW 〜7.5KW未満の保険金額:250万円
7.5kW〜10kW未満の保険金額:300万円
10kW〜20kW未満の保険金額:600万円
20kW〜30kW未満の保険金額:900万円
30kW〜40kW未満の保険金額:1200万円
40kW〜50kW未満の保険金額:1500万円

※家庭規模は5.0kWくらいで、10kWからは産業規模と言えるようなイメージですかね。

保障の対象となる機器:
太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、架台、表示機器または上記の付属物。もしくは付属配線(設置時に供給したもの)

カバー出来る災害の範囲:
火災、落雷、破裂・爆発、風災(台風・暴風雨・豪雨)、雪災、水災、外部からの衝突・他物の衝突

裏表紙の写真:

1469845_10202612001050255_606468024_n

注意点は、系統連携日からの保障になるので、施行から系統連携日までの間に災害にあった場合は保障されないみたいです。
また、地震や津波による被害は保障されません。
その他、お支払いの対象にならない場合が裏表紙に載っているので、よく見ておいた方がいいです。

ただ、導入費用にこれだけの保障が盛り込まれていれば、かなり親切だと個人的には思いますね。