「環境」カテゴリーアーカイブ

ディスク増設

ついにcolinuxで使っていたdebianイメージの1GB制限を突破してしまったみたいです・・・汗
いろいろ調べて、解決策を2つ発見しました。
今は、上記の問題は解消されてます。

続きを読む ディスク増設

coLinux-Debian GNU/Linux導入 ⇒ MT移行

2004年度のGWを使って、かなり苦労しましたがcoLinux-Debian GNUを導入し、WEBサーバもこちらで動かす事にしました。
【coLinux-Debian GNUについてのメモ】
 ■coLinuxについて⇒Windows上にLinuxを平行して動作させる事が出来るフリーソフト(ITMedia記事)
 ■coLinux本体のバイナリーイメージのDL先⇒Cooperative Linux
 ■coLinuxインストール/セットアップは、ERROR STORMさんのサイトがとても参考になりました。かなり感謝してます。
 ■colinux-0.6.0バージョンの仕様等について
   1.今のところ、使えるLinuxは、SorceForgeに載っているLinuxイメージか、Linuxイメージを自作するかしかない。
   2.Debian-3.0r0の場合、OSの容量含めて1GBしか確保出来ない
   3.1つのWindows上に一つしかLinux環境を作れない(と思う)
   4.OS毎にNICを独立して割り当てられない
   5.まだまだ情報が少ない。。。(汗)
   以上の点が商用ソフトに引けをとっているけど、普通に1台のマシンとして使えてるし、Virtual PC2004の購入を考えていた僕にとっては、かなり大助かりなツールだ。
 ■分りにくかった点
   ・初期状態だと、キーボードが日本の配置でないらしく、viを使ってファイルを保存しようとした時に、”:”の出し方が分らず苦労した。(「Shift + “;”のボタン」だった)
   ・ネットワークにつなげるまで⇒Windowsのネットワーク設定でのブリッジ接続等、条件が揃わないとネットワークに繋げられなかった。
   ・Debian-3.0r0バージョンは、Woodyというコードネーム(??)で、Debianの中で一番機能が少なくて古いバージョンなので、apt-get installでインストールしまくらなければならなかった。
   ・勉強不足でapacheの最新バージョンをtarボールからインストールからインストール出来なかった・・・(configureでエラーが出るんだけど、それがgccのバージョンの関係なのか、原因は不明)
   ・nmapが実行出来ない?⇒localhostの設定をする為(??)に/etc/network/interfacesに以下の記述を追加(Tips Collection – Debian GNU/Linux)
     iface lo inet loopback # loデバイス、ループバック
【MovableType データ移行】
 ■必要なディレクトリ/ファイルを丸ごと移しても動かない(perlのバージョンが違うと動かない場合が多いらしい)
 
 ■移行にはMT機能のImport/Exportで行う(以下はKAMKAM BLOG)さんのサイトのコメントより抜粋)
—————————————————————————-

続きを読む coLinux-Debian GNU/Linux導入 ⇒ MT移行

MovableTypeへ移行

Siteを刷新しました。
普通にHTMLでこつこつ更新していくとかなり面倒なのに気づき、
CGIで全部やれれば格段に更新が楽になるなと思い、試行錯誤してなんとか実現させました。
長かった。。。
最初、appleple CGI gardenのCGIを使おうと思ったんですが、
自分の環境でデフォルトのまま使うのが難しかったので、断念しました。
いろいろ探してみて、このMovable Typeがテンプレートが豊富だし、すごくシンプルなんだけど多機能なつくりでよいなと思いました。
これからは、外見より中身をガンガン更新していきたいなと思ってます。

メリー・クリ田マス

今日は仕事納め。今年も一年お疲れ様でした・・・(自分に向けて) 今年は社会人として成長が見られた一年だと思う。技術的な面は全くダメだと思うけど、仕事の進め方とかチームのあるべき姿ってのを見る力がついたと思う。とりあえず来年は違う環境で仕事してみたいなと思うなぁ。できるかなぁ。。。