「江戸」についての連続ツイート

今日は「江戸」についての連続ツイートをしようと思います。江戸は、歴史上で最も持続可能性が高い都市と言われ、低エネルギー社会でほぼ太陽光エネルギーで成り立っていました。そんな生活をそのまま現代に置き換えるのは無理ですが、江戸の社会から学ぶことは物凄く多いと思います。

江戸(1)概要:当時の世界最大都市/250年に渡り平和な時代を築いた/鎖国政策により自給率がほぼ100%/美しい緑の環境を破壊もしたが作り直し保持した/経済は堅調に伸びていた/貧富の差がそれほど無かった/江戸後は持続不可能な欧米式開発路線に急転換、今では極度の輸入依存社会に

江戸(2)イギリスが産業革命の化石燃料依存まっしぐらの時に、江戸では自然エネルギーである太陽光エネルギーの使用だけでほとんど済んでいた。

江戸(3)見事なまでの3Rs(リデュース、リユース、リサイクル)社会。現代では、大量のゴミが埋め立て地や世界の貧しい地域へ送られるだけ。極度の貧困層の人たちにとっては宝の山。こんなになる前に、江戸の人々は日常的にゴミを出さずに3Rsで資源の需要を減らし徹底的に有効利用していた。

江戸(4)現代人は都合の悪いものは見えないところへ隠すが、江戸では、し尿(大便、小便)もお金になる貴重な資源、肥料として有効利用されていた。今では、そのかけがえの無い肥料を使わずに、自動車以上にオイルが消費されると言う「人工の肥料」を使っている。

江戸(5)人々は密集して住んでいて、街が歩きまわれるほどコンパクトだった。この時点で、現代の際限なく広がってしまった都市構造に比べると、エネルギー効率は格段によかった。

江戸(6)社会起業家とも言える無数の多様な3Rs職人(自営業)が、社会における役割を果たしつつ、ビジネスを展開していた。元々、資源が少なく、リデュースを根本に、リユース・リサイクルをするしかなかった。鋳掛け、紙屑拾い、灰買い、肥汲みなど様々な3Rs職人がいた。

江戸(7)色濃い文化が発展(寿司、相撲、歌舞伎、浮世絵など)。元々はただの大衆の日常の一部だったが、やがて経済発展に大きく貢献するようになった。文化が発展すると経済が発展するということ。文化の力で、大量生産-大量消費-大量廃棄なしで経済発展が可能だった。

江戸(8)欧人のコメント「上層も下層もあまり変わらぬ家に住んでいる。公職に付いていないものはかなり自由な生活を楽しんでいますが、支配層に属する日本人はひどい拘束に耐えて暮らしています。」権力を持っている人たちが、余計に資源やエネルギーを使える訳ではないということ。

江戸(9)寺子屋などで、収入に応じた格安料金で教育が提供されていた。結果、当時類を見ない識字率の高さを誇った。教育など形のないものにお金が発生することは少なかったらしい。お金が、「マネー」という化け物と化してはいなかった。

江戸(10)士農工商という社会制度はあったが、責任の度合いのヒエラルキーは逆ピラミッド型だった。頂点に君臨する侍が、国に対して最も責任を持っていた。その責任の大きさは「切腹」という行為に現れる。卑怯を嫌い、徳や義、仁を重んずる「武士道」が、権力者たちの倫理規範を保っていた。

江戸についての連続ツイートは以上です。これは、以前、大学のクラスでアメリカ人生徒を前にプレゼンした内容です。こんな大変な時に、またおかしなことを言い出したって感じですか?笑

Similar Posts:

コメントを残す