これ、山形県のある高校での学園祭の一幕だそうです。
High school teacher played Yngwie Malmsteen.2002.酒田工業高校.酒工祭Live

一見すると普通の若干冴えない高校教師にしか見えないのに、ギターを持ってステージに立つと、何とイングヴェイ・マルムスティーンの超絶早弾きの完コピを披露!
ところ変わってパリの国鉄の駅。
Improvisation at the train station in paris!

「あなたが弾く番ですよ」という名目で駅の中にピアノが置いてあるらしく、見ず知らずの二人が素晴らしい演奏を繰り広げた二重奏の模様を映し出してます。
どちらの映像もすごく好きで、本業以外に人を熱狂させられる突き抜けた特技を持って、一肌脱いで、しかも一生懸命っていう姿勢に心が動かされますよね。そういう人が増えれば街は確実に楽しくなる。
まずは、本業以外に何か趣味などあって打ち込んでいることがあるかが大事だと思います。本業だけ突き抜けてても、他に何もないとちょっと味気ないですよね。自分の場合は、どれも中途半端だけど、本業が何なのか分からないくらいいろいろなことをやってて、「本当は何がやりたいの?」とよく言われます。そういうのもアリかなと思ってます。
また、時代遅れでダサいようなことでも、笑われても貫き通せるほど好きなことなら、ガチでやり通した方がいい。そういう姿勢はむしろカッコいいです。空気とか同調圧力とかに屈せずに打ち込んだものこそ芸術の域に達する特技になると思うし、笑われたり嫌がらせされたりしてたのが、いつの間にか尊敬に変わってたり。
そんな生き方をしていきたいです。