ローカル市民メディアの立ち上げ勉強会が開催されました。「平塚市民プレス」という仮タイトルで、β版として、早速サイトを立ち上げることになりました。仮コンセプトは「完全市民目線、つまりあなたが書くんだべ」ということで。まだまだ計画段階なので、是非次回の勉強会にご参加ください!

勉強会の書殴り議事録です。汚いです。 ow.ly/i/Mxal

参加者:@yossy_morisaki@masanari_iida @p0p0ji

平塚市民プレス(仮)立ち上げ勉強会でその他話されたこと→サイトが荒らされたり、炎上して収拾がつかなくなった場合のコントロールは難しい。規約でガチガチに固めて管理側がコントロールするのもありだけど、出来れば記者同士、市民同士で話し合って解決する流れを作りたい。

一番の対処法は、「平塚をより良くしたい」という意識を共有すること。そのために何が出来るかをこれから考えていく。実名やその他のプロフィール情報を必須にすることも、不用意な中傷などを防ぐのも効果があると思われる。出来るだけ参加の敷居を下げたいけど、その辺はしっかりやる

子どもたちの参加も募りたい。だけど、実名で参加させることに問題が発生する可能性もある。今後、子どもたちの安全で十分な参加の確保についても検討を進める。また、個人としてではなく、数人(グループ)での取材・記事投稿なども自由にやってもらう。

サイトの管理側がどこまでコントロールするかの考え方について。あまり思わしくない記事やコメントを書く市民も出てくることが予想される。悪人と言えるような人が出てきたら、排除して隠す?その必要がある場合もあるけど、基本的には、「悪人がいる平塚」もありのまま示したい。

現状のローカルメディアの問題点について→他のローカルメディア(タウンニュースや湘南ジャーナル)は、記者が固定されて必ずしも市民目線とは言えず、型にはまってしまっている。また、市民による平塚情報は確かにあるけど、バラバラに散らばってしまって埋もれてしまっている。

その点、平塚市民プレス(仮)は、このプラットフォームを介して市民が自由に平塚に関する情報を発信でき、平塚市内の地区や近所レベルの情報までも蓄積出来る。facebookなどより記事、記者という意識が高く、タウンニュースなどより自由度が高く市民目線のメディアになる。