地元平塚出身の津軽三味線奏者の寂空さん率いるThe Syamisenistのアルバム「Treble」レコ発ツアーのファイナルを観てきました!
個人的には「平塚出身者が二人」ってのを押し出したいけど、The Syamisenistは東京を拠点に活動するバンドです。
場所は渋谷のUnder Barというライブハウス。小さいハコだったんですが70名も集まったらしく、中はぎゅうぎゅうでした。僕は地元の友達と参戦。
リーダーの寂空さん。かっこよかった〜。独特の世界観があるね。追っかけと思われる女の子たちがつくのもよくわかる。
IMG_3401
寂空さんとは確か平塚のピアノフォルテで初めて会って、平塚のイベントで何度か演奏してるところを観た事あったけど、ライブハウスで観たのは初めてだった。CDで聴くのとはまた違ってやっぱり臨場感と迫力がたまらなかった。
もう一人の津軽三味線奏者のユージくんもいい味出してたな。ドラえもんのモノマネとか。笑 三味線はもちろんうまかった。
IMG_3417
このバンドでもう一人の平塚出身者の恭平くんはドラムス担当。音色といい、プレイといい、津軽三味線の持ち味を潰さずにやり遂げるところはさすがだと思った。
IMG_3403
ところどころに置かれていたキャンドルがとてもきれいだった。
IMG_3409
ここからはオープニングアクトをつとめたEscalera al Cielo.とのコラボ写真をお楽しみください。
IMG_3416
IMG_3418
IMG_3426
今回、ライブを観に行ったのは、地元の友達ってこともあったけど、そういうのを抜きにしても観に行く価値はあるなと思った。
若い頃はとにかく重くてサステインがある楽器じゃないと聞き応えがなく感じたけど、津軽三味線も弾き方や楽曲のアレンジでいろんな可能性があるんだな。
観に来ていたアメリカ人とも話したけど、すごく楽しんでたみたい。
ちなみに、三味線のローマ字版は「Shamisen」だけどあえて「Syamisen ist」という綴りにしているらしいけど、個人的にもこっちの綴りの方がしっくりくるな。
今回発売されたアルバム「Treble」のサンプル音源がここで聴けます。

ぜひCDを買ってライブに足を運んでみてください!