今時の若者が尾崎豊に共感しない理由の勝手な考察
尾崎豊はやっぱ熱いな〜。伝説的な表現者だと思う。今の若い人たちで、尾崎に共感する人は少ないみたいだけど、よく考えてみると、確かに共感しそうな要素が無いかも。まず、「自由」というものに対するアプローチが違いすぎると思う。
尾崎豊の「僕が僕であるために」という曲にあるように、彼は「何かに勝ち続けなければ自分らしくいられない」と考えていた。「自由」とは「不自由さ」との格闘のプロセスの中にしかないということだと思う。恐らく、こんな風に「自由」というものを捉える若者は多くはないと思う。
カラオケの楽しみ方は人それぞれだけど、カラオケに行くたびに思う。何ていう薄っぺらい歌い方をする人が多いんだと。ほとんど動きも表現も感情もなく、ただ音程を合わせるだけ。音読で言えば、棒読み状態。いくら歌がうまくても、その高欲感は持続しない。また、敵を多くしそうなつぶやきだけど…
まるで、そういう人たちが、狭い鳥かごに、外の世界があることも知らずに閉じ込められている小鳥のように感じることもある。個人的な見方に過ぎないけど、尾崎はとっくに鳥かごから出て外を自由に飛び回っていた。だとしたら、カゴの中の鳥たちに尾崎豊に共感するのが難しいのは当然だと思う。
確かに、今の時代は、自分らしくい続けることが難しい時代。カラオケで、無難に音程だけ合わせて上手に歌おうとする人たちに、僕は自分らしさを感じない。カラオケはストレス発散の遊び場だけど、カラオケにも自分を解き放てないような空気がある。
そういった空気を破るのはとてもリスクがいること。そのリスクをとらずに、その空気の中で安住してしまう人が少なからずいる。日常生活の中では何不自由なく生きていけても、心の中では何かに縛られ続けることになる。
 
「非行に走る」ことさえ価値になってしまう時代
「自分らしさ」とか「本当の自由」に行きつくまでに、人は少なからず遠回りするものだと思う。試行錯誤を繰り返し、失敗し、他人に迷惑をかけながら。尾崎はそのありのままの過程を、歌を通して示してくれた。僕たちが言葉に出来ない「生きづらさ」を代弁してくれた。
「バイクを盗んで走り出す」って行為だけを見れば、当然、肯定は出来ないないこと。だけど、本当の自由に行きつくまでに、そういう「無責任な自由」の経験が必要な場合があるかもしれない。それは、「教育」や「コミュニティ」がしっかりしていない場合。
むしろ、今のような「教育」や「コミュニティ」が崩壊な状態なら、若者が非行に走ることも、結果的に(10年、20年経った時に)、十分な糧になってしまうこともある。残念ながら。だからって「若者よ、非行に走れ」なんて言わないけど、それより「教育」や「コミュニティ」を立ち上げ直そうといいたい。
尾崎豊の歌のメッセージの根底には、そういうメッセージがあったんだと、僕は勝手に想像する。非行を推奨している訳じゃなく、自分が感じていて他の多くの若者が感じるであろう、窮屈で見放された感覚をありのまま表現し、未来の世代に持ち越しさせないよう大人たちにうったえる…というような。
今という時代は、尾崎豊が生きた時代とも事情が大分異なる。今は、昔のようなあからさまに非行に走る生徒もいないし、あからさまに荒れる学校は減ったけど、その代わり、見えにくい形で陰湿なイジメが増え、通り魔や親子間の殺人など含め、凶悪犯罪が増えた。とても複雑な結果だ。
尾崎が生きた時代は、15歳でバイクを盗んで走り出したくなる時代だったんだと思う。で、今は、そんな元気も気力も起こらないほど無気力な時代なんだと思う。元々問題なのは、教育やコミュニティが崩壊しているからではないか?それは、大人たちの、子どもたちの可能性に対する軽視から来るはず。
盗んだバイクで走り出したり、キレて手に負えなくなったりする若者たちを一方的に責める前に、まず大人たちが若者たちの心の声を聞こうとすることが大事だと思う。それが「教育」であり、「コミュニティ」というものなんだと思う。
 
「自分を押し殺して長生きすること」と「自分を解き放って早死にすること」
僕も自由を心底求めてる。それだけに、自分を押し殺して生きることに、とても苦痛を感じる。自分を押し殺して生きるってことは、「魂の自殺」に等しいと思う。そんな状態で生きることに意味があるのか?それなら、魂を解放して朽ち果てた方がまだましなのかもしれない。
僕は普通に熱い人間だと言われるけど、実はこれでもけっこう抑えてる。尾崎豊みたいな生き方をしたら、僕も体が持たないかもしれない。そういった意味で、個人的には彼に勝手に同苦してしまうところがある。尾崎の死因は、自殺、他殺などいろいろ説があるけど、結果的にどういう死に方をしたにしろ、その過程に少なからず社会からの圧迫があったはず。
誰も、彼を全肯定することも全否定することも出来ない。尾崎は完璧とはほど遠い人間だったと思う。「社会のせいにし過ぎ」っていう意見もあり、非行に走ったり覚せい剤に走ったり「無責任な自由」に溺れていた面もあった。だけど、だからといって、そこだけ切り取っただけで全否定もしてはいけない。
彼が「若くして死んだ」という事実に対して、それぞれで感じることがあるかもしれない。個人的には、人生の価値は「長さ」で決まる訳ではないと思ってる。生きている間に「どれだけ命を使った」か。つまり「どれだけ使命を果たしたか」で決まる。「自分を押し殺して長生きすること」と「自分を解き放って早死にすること」と、どちらが価値的かの判断は、一筋縄にはいかないはず。
 
個人的に、タブーになるほど人々の意見が極端に分かれるところに、何か重要なことが潜んでいると思う。この「尾崎豊の生き様、死に様」もその一つ。僕はそれが何だか分からないけど、彼のことに限らず、僕が感じることを示すことによって議論が深まればいいなと思う。その先にあることを僕も知りたいから。