改めて考える「国民主権の国家 日本」

僕たちの住む日本は、「国民主権」の国家。国民に主権があるということは、僕たち国民が国家における最高権力者だということ。

政治家や政党が権力の主体だと思っているとしたら、それは根本的な誤り。

あくまで国民に主権があり、政治家や政党は、国民の代わりに間接的に政治を運営しているに過ぎない。

政治家や政党よりも僕たち国民の方が絶対的な権力を握っているということを肝に銘じなければならない。

責任は100%国民にある

Noupload / Pixabay

「国民主権」である以上、その国の政治によるあらゆる結果は、100%国民に責任があることになる。

どんなに腐敗していても、それはその国の国民が招いた結果ということになる。政治家や政党が勝手にやらかした」と非難しても、結局、彼らを選んだのは、紛れもなく国民。

むしろ、日本のような民主国家では、そういう一方的な非難は、そのまま自分たちの無能さを曝け出すだけ。

どんなに言い訳をしようが、自分だけが責任逃れをすることは出来ない。

「自分はその議員(政党)には投票してない」とか「自分はあの政策には賛成してなかった」と言ってみたところで、責任逃れは残念ながら出来ない。

他人が動かないなら、自分がその分動かなければならない。自分が動かないなら、すべての政治的な結果を受け入れなければならない。

救世主が現れるのを期待せず、主体的に行動することが最前のリスク回避行動

Free-Photos / Pixabay

「国民主権」の国家では、他人に期待することはリスクになる。自らが主体的に行動することが、そのままリスク回避になる。

救世主が現れるのを期待するのは自由。だけど、現れなかった時の責任はきっちり取る必要がある。

国民主権の中でも「間接民主制」の日本では、国民は、自分の推す政治家や政党を育て、仲間を増やし、選挙で勝たせることが、政治の権力行使のメジャーな手段となる。

今一度確認しておきたい「国民主権」の原理

「民主主義」というかけがえの無い自由を得ることと引き換えに、僕たちは、実はとんでもない責任を背負っていることになる。

民主主義は、機能させれば最高の結果に行きつくことが出来る。

その代わりに、機能させられなければ、独裁主義よりひどい結果になり得る。

「政治」自体は常に中立であり、そこにいる人々によって、善くも悪くも変わる。

その因果が自分に起因し、責任の一端が自分にもあることを正しく認識しない限り、人々の行動は変わらないし、結果的に政治も変わらない。

この「国民主権」の原理を、今一度確認しておきたい。