舛添さんへの集団リンチに違和感を覚える投稿が増えてきたところで…

舛添さん、ついに辞職ですか…

舛添さんを擁護する気はさらさらないけど、この「集団リンチ」以外の何物でもない状況に違和感を感じてた。

そんな状況に対して問題提起する記事や投稿が出始めたとこだった。

不謹慎だと感じる人もいるかもしれないけど、米フロリダで起きた銃乱射事件と同じくらい、日本の有名人や政治家に対して行われている集団リンチは恐ろしいものだと思う。

何て言うか、例えれば、前者は「監禁」のようなもので、だとしたら後者は「軟禁」に当たるのではないか。物理的な恐怖より、精神的な恐怖の方が根が深いと思う。

僕の父親は、パチンコ屋に行く時にも家族の共用車を使う。自分でガソリン代を払うのが勿体ないからだそうだ。その父親のセコさと傲慢さのために、僕は自分の車を買わざるを得なくなった。

また、自分の買いたい食料品を勝手に買ってきて、一円も残らず母親に請求する。あたかも当然のように。僕だったら、自分で出して喜んで家族に分けるけどね。

そのセコさは舛添さんと同質。多分、舛添さんの世代特有のセコさなんだと思う。そんな父親はかなりの勢いでこの集団リンチに参加している。

自分を棚に上げて集団リンチに参加してしまえるほど恐ろしい人はいないかもしれない。

個人情報が悪用出来ないくらい、みんなで寄ってたかって売名すればいい

何でも売名行為だと疑われ、逆に非難されたり、逆に名前を隠す文化っていうのも世の中が生きにくくなっている原因の一つだと思う。

個人的な理想は、むしろみんなが名を上げようとして、それぞれで善いと思えることをする文化。それを実現する為には周りの人が妥当な評価が出来ることが条件。

堂々と善いことをして名前を売ればいいと思う。 個人情報が悪用出来ないくらい、みんながみんな名前を売ろうとすればいい。 名前を隠そうとする人が多いから悪用される。

そこまでいけば、何でも「偽善だ」「売名だ」と騒ぐ人はいなくなる。その為には、正当に名前を売る人を快く受け入れ、適切に評価し、育て増やさないといけない。

「仮面社畜」についての個人的な考察

そう、ここに書いてあることは、僕が勝手に提唱している「サラリーマン2.0」の姿に通ずる。

サラリーマン2.0:①会社と対等な関係(会社がクビ切るのと同じように会社を切れる)

仮面社畜は、会社を利用する立場だけど、結果的に会社に大きな価値を生む存在でもある。 個人的な解釈では。

声を上げたり意見をしたら不当なペナルティが待っているような企業の中で、疑問を持たずだったり、声を上げずに従来の仕組みの中で仕方なく活動を続けられる人は、社畜以外の何物でもない。

「社畜にだけはならない」と言って、モチベーションが低く、会社に実質的にはあまり貢献してない人も「社畜」に分類される。

つまり、会社にただ従順という訳じゃないとしても、会社に反抗して意味もなく不真面目になったり、会社のために頑張るのがダサいと思ってベストを尽くさず、自分を高められない人も社畜のうちということになる。

ただし、仮面社畜の場合、結果的に会社に大きく貢献する結果になったとしても、その「過程」がネックになって、実際の貢献度に見合った評価は得られない。上司の意向や会社の従来のやり方を簡単に無視するから。

「仮面社畜」を生かすか殺すかは、会社の発展にとってかなり重大なことだと思う。

米フロリダで起きた銃乱射事件の報道を見て思ったこと

このフロリダで起きた無差別銃乱射事件で、100人以上が殺傷されてしまった。 犯人を責めるのは簡単だけど、こういった事件を二度と起こさないためには、やらなきゃいけないことが他にも確実にある。

このナイトクラブはLGBTの人たちの憩いの場でもあったらしいから、あえてそのクラブを狙ったのは同性愛者に対するヘイトによるテロ行為の可能性が高い。(犯人自信がゲイだったという情報もあるけど)

特定の人種や民族、宗教などに対してはもちろん、同性愛者やテロリスト、在日外国人など、一括りにして悪く言ったり憎んでいるグループがあるとしたら、僕たち一人ひとりが改めてないといけないと思う。 そこにはいろんな人がいて、嫌いな人もいるかもしれないけど、好きになれる人も必ずいる。

あくまで対「個人」で見るべきで、集団に対して先入観や偏見を持つべきではない。

逆に、マイノリティだからと言って、かわいそうだとか手厚い対応をしなきゃいけないとか、必ずしも思う必要はない。 嫌いな人は嫌いなままでいいと思うし、ひどいことをされたら怒ったり非難すればいい。

そんなことをまとめた記事を書いたことがあった。

「ゲイ」について考えてみた

 

四季とか以上に、浜離宮はいつ訪れても違う顔を見せてくれる

あまりにも不可解なことに対応するためにエネルギーを使い過ぎて、今日は午前中で疲れてしまった。

そして、昼休みは浜離宮でエネルギーチャージ。

IMG_7315

この景色が好きなんだよね。

見下ろすのも好きだけど、見上げるのも好きだ。

過去に、かれこれ一年半弱、こんなに写真を撮ってきた。

IMG_2857

IMG_4346

IMG_6587

IMG_6049

IMG_6409

IMG_6245

IMG_3124

IMG_7175

IMG_6632

IMG_7181

IMG_7304

四季とか以上に、いつ訪れても浜離宮は違う顔を見せてくれる。

どんなに忙しくても、そう感じられる心のゆとりを持ち続けたい。

【4日目】九州目指してサイクリングツアー:同月にオバマ大統領が広島・岩国を訪れるとは夢にも思わず…

前日の強風・向かい風により電車移動+観光の味を占めてしまった僕は、この日も早朝から観光モードで福山ー広島を輪行し、広島にて早速、観光サイクリングを開始した。

広島城ー原爆死没者慰霊碑 ー原爆ドームを回り、決して遠くない過去の悲劇に思いを馳せた。

そして、この時は全く予想だにもしなかったことに、同じ月にアメリカのオバマ大統領が、アメリカの現職の大統領として初めて、この広島を訪れることになる。

広島からはとりあえず、青春18きっぷでよく電車を乗り換えていた岩国まで自転車で行くことに。途中、宮島へのフェリー乗り場付近で昼食をとり、そのまま岩国までサイクリング。

岩国駅から輪行しようと駅の改札近くまで行くと、何やら改札からバス乗り場へ向かうかなりの人の流れを確認。何が起きているのかしばらく分からなかったけど、どうやら岩国基地が1日解放する日(フレンドシップデー)だったらしく、基地で航空ショーなどを見に行く人の流れだったようだ。

とりあえず、こんな機会はなかなかないので、予定を変更して基地に向かった。(自転車で)

 

 

正直、基地とか武器とか戦闘機とか戦車とか好きではないんだけど、広大な土地に信じられないほど多くの人がいて、フレンドシップデーというだけあって、日本人とアメリカ軍の友好を深める大事な日だった。

そして、驚いたことに、同じ月に、オバマ大統領がこの岩国基地も訪れることになるのだ。

それだけに、オバマ大統領の岩国ー広島訪問は僕にとってとても感慨深いものになった。

岩国基地を後にして、岩国周辺からは輪行は無理(フレンドシップデーの為に電車は相当の混雑が予想されるため)だと考え、もう少し自転車を走らせることにした。

結局、広島から山口県の柳井港駅まで約70kmをサイクリング。海岸沿いの気持ち良いサイクリングだった。

柳井港駅から輪行。この時点でもフレンドシップデーのため山陽本線の車内は若干混雑していた。

終点の下関で下車。駅前のホテルにチェックインし、4日目を終えた。

30kWソーラーフロンティア製システムで2年目の売電収入も150万円突破!

うちのソーラー発電システムが二年目も総発電量40,375kWhで売電収入が150万円超えを達成!

The solar power generating system installed on the roof of my family’s apartment earned about $13,600 this year. The power generation amount was 40,375kWh.

6月分 5/21-6/18(29日間)
3816kWh
148,366円

7月分 6/19-7/20(32日間)
3751kWh
145,838円

8月分 7/21-8/19(30日間)
4565kWh
177,487円

9月分 8/20-9/17(29日間)
2783kWh
108,203円

10月分 9/18-10/20(33日間)
3913kWh
152,137円

11月分 10/21-11/18(29日間)
2516kWh
97,822円

12月分 11/19-12/17(29日間)
1829kWh
71,111円

1月分 12/18-1/19(33日間)
2489mWh
96,772円

2月分 1/20-2/18(30日間)
3130kWh
121,694円

3月分 2/19-3/21(32日間)
3471kWh
134,952円

4月分 3/22-4/19(29日間)
3283kWh
127,643円

5月分 4/20-5/22(33日間)
4829kWh
187,751円

二年目総計
40,375kWh
1,569,776円

年間の発電量40,375kWhということは…

10,000kWhでおよそ四人家族の家庭2世帯分を賄えるらしいので、うちのソーラー発電システムは四人家族の家庭8世帯分の電力に相当することになります。

たかが8世帯、されど8世帯。
収入がどうのとかより、化石燃料にも原発にも依存しない社会に向けて具体的な結果が残せたことが嬉しいです。

ソーラー発電システムの概要について
  • 発電出力 30.6kW
  • 売電開始:2014/5/9
  • パネルメーカー:ソーラーフロンティア
  • 設置場所:神奈川県平塚市

参考に、一年目の結果について…

導入から8ヶ月足らずで売電収入が100万円超え!!!

8月分は17万5千円超え!ここ3ヶ月の売電収入について

 

【3日目】九州目指してサイクリングツアー:強風で心が折れ、ほとんど電車移動日

3日目はまさかの電車移動で出発!
京都ー姫路を輪行しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前日のサバイバル過ぎるサイクリング習慣にさすがに命の危険を感じたのと、時間的な制約で九州まで行くにはどうやっても電車を併用する必要があるとの理由から。

姫路駅のホームで姫路名物「えきそば」で朝食を取り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

姫路駅で自転車を組み立て、岡山・倉敷目指してペダルを漕ぎだすと、線路沿いを通ると、なかなか気持ちのよい農道っぽい道路に出た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、この時、実はものすごい強風に苦しめられていた。それもド向かい風。。。

さすがに耐えきれずに、セブンイレブンに退避。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風が弱まったり、風向きが変わったりしないかな?という淡い希望は当然叶わず、ペダルをこがなければ押し戻されそうな強風の中、何とか相生駅までたどり着いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実は、この時、タイヤの空気をしっかり入れたいのと、ボロ雑巾のようになっている前輪のタイヤを交換したくて探し回ってたけどなかなか見つからず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相生の道の駅隣接のイオンタウンでも売ってないし!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、あまりの強風のため、この辺の道路でついに心が折れた。播州赤穂駅の手前くらいの地点だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのくらいすごい強風だったかというと、前日にこんな動画が投稿されてしまうくらいの。。。

すっかり戦意を喪失し、とりあえず播州赤穂駅の近くのイオンタウンで自転車の整備をすることに。

よく見ると、タイヤがこんなになっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイヤ交換時にいろいろトラブってる間に、iPhoneをソーラー充電。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無事にタイヤを履き替えて空気圧おばっちりになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

播州赤穂駅前のたこ焼き屋とたい焼き屋で腹ごしらえをし、岡山まで輪行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山城近くの公園。この景色、見たことあるなと思ったら、何年か前に来たことあったことに気づいた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山から倉敷まではサイクリング。倉敷アドベンチャーはこのアーケードから始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードでたまたま前を歩いていたおじさんが、同じメーカー(RITEWAY)のクロスバイクをおして歩いてて嬉しくなったのをよく覚えてる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーケードを抜けるとタイムスリップしたような街並みが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何かのグルメコンテストで賞を取ったというコロッケを頂き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倉敷観光を楽しみ…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日没と同時に「藤娘川舟流し」が始まった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、倉敷駅から福山駅まで輪行し、3日目を終了。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「内向的であること」が見直されてきてる⁉︎

僕はとても内向的な人間です。

ブログなどを見れば分かると思うんですが、物事を難しく考えるし、独自の考えや思ったことをストレートに言って周りの空気を乱すことも多々あります。そして文章が長い。。

今の時代は特に、難しいことを考えずに気楽に人と繋がれる社交性の高い人の方が明らかに人気がありますよね。SNSの世界で言えば、多くの人に囲まれてたくさんいいねやコメントがもらえる「リア充」な人。

僕は内向的な人間だけど、かなり社交的な人間でもあります。それでも、内向的な面を見せると、人は触れようとしないし、寄ってはこないんです。

明らかに、内向的な人と付き合うことは「リスク」だとされる社会なのだと思います。「内向的である事」が一種の障害であるように受け止められているのかもしれません。

もしかしたら、SNSで「リア充」な人も、このリスクを恐れて内向的な面を隠して振舞っている人もいるかもしれません。「KY」とかの「空気」が「個人」より優先されるような時代なのかもしれません。
しかし、「内向的であること」が見直される動きもあります。

内向的であることは全然悪いことではないはずです。むしろ、この記事やスピーチに現れているような良い面もたくさんあるし、もしかしたら、内向的な人が過小評価され排除されていることが、世の中が生きにくくなっている原因になっているかもしれません。

最近起きたファンによる大学生アイドル殺傷事件の犯人も、その内向的な側面をポジティブに受け止め、その能力を良い方向に向けてくれる人が周りにいたら、もしかしたら社会に大きな価値を生む人材になっていたかもしれません。

「内向的である事」のポジティブな側面が見直され、人と人とのつながりの質がより高まるといいなと思います。

【2日目】九州目指してサイクリングツアー:サバイバル過ぎる200km走行で京都へ

初日で静岡県越えを果たし、二日目の目標は当初は「奈良」でした。

【1日目】九州目指してサイクリングツアー

軽く自転車のメンテナンスをし、朝6時前には豊橋駅前のホテルを出発。

バックパックを背負って長距離サイクリングするのはやはり体にかなりの負荷がかかるので、この時点で、軽量化のために泣く泣くホテルで捨てていったものも。

そして、バックパックにくくりつけていたウェストポーチを自転車のフレームに吊るし、輪行バッグもフレームにうまくくくりつける技をこの辺りで編み出した。限られたリソースやエネルギーの中で不可能と思えることに挑戦するからこそ、いろんな工夫や知恵が生まれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、名古屋手前の自転車でギヤとブレーキの調整をしてもらった。(命が懸かっているので)

で、10:50頃には名古屋駅到着。

12:30頃にはとんかつのすずきで昼食。

13:15頃には三重県入り。このあたりで風向きが変わり、向かい風に。。。三重には歓迎されていないのか。。

この辺りで行き先を「奈良」から「京都」へ変更。理由は、「道が簡単」ということと「山登りが少ない見込み」ということ。

そして、想定したくなかった雨が。。完全防雨装備は用意してなかったが、元々、ユニクロのドライウェアを着ていて、ドライのウィンドブレーカーを着て走行していたら、結構平気だった。ただし、自転車に泥除けがなく結構泥をかぶった。

滋賀県湖南市の山龍で夕食。19時頃店を出た時にはもう真っ暗で、また結構雨が降っていた。しかも寒気がするほど寒かった。。。

iphoneのバッテリーはかなり回復していたが、雨のためハンドルに設置できず。。。行き先を京都に変更したことで、「国道1号線」という道しるべが出来てほんと助かった。

追い風にも助けられたけど、暗闇の中、雨で視界も悪く、事故の危険性が非常に高かった。この時点で中断するべきだったかもしれない。

しかも、京都にたどり着いたとして、宿泊場所が見つかってなかった。全部は問い合わせてないけど、GWなのでカプセルホテルも満室だったみたい。京都駅前に一晩仮眠も取れるサウナがあるらしいというネットの情報を頼りに前に進むしかなかった。

そして、琵琶湖手前くらいで自転車の前輪のタイヤがパンク。「まさかここで⁇」っていうタイミング。さすがに心が折れそうだったけど、幸い雨は上がっていたので、歩道上で車輪を外してチューブを交換。タイヤもすぐに交換が必要なほど痛んでいた。

再び自転車をこぎ出し、琵琶湖に差し掛かった時には21時を回っていた。。。

狙った訳じゃないけど、1日目は浜名湖、二日目は琵琶湖を夜に通ることになった。暗くてほとんど見えなかった。

琵琶湖を越えて大津市に入ってからも京都までは結構あった。自転車だと。。

自転車のナビではそれほど勾配はないように思えたけど、極限状態の中ではかなりきつくて、しかも自転車の走りにく道ばかりで、正直、この道中も事故の危険性が高かった。

結果的には無事に京都駅まで辿り着けて、駅前のサウナで一晩仮眠を取ることができた。

だけど、さすがにここまでの無茶修行はもう卒業します。皆さんも、自転車に限らず長距離ツーリングをする場合は、万全の準備と無理ない計画でお出かけください。

【2日目】
区間:豊橋駅(愛知県)ー京都駅(京都府)
距離:約200km
新幹線代に換算:7010円
宿泊地:京都市(京都府)
※新幹線代で浮いた分は、熊本地震の支援で寄付を行います

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。