自信とプライド(1)「自信」と「プライド」の違い

「自信」と「プライド」の二つは、僕たち人間とは切っても切れない関係があると思う。

もちろん、「環境」にも左右されるだろうけど、人間の生き方に大きな影響を与える要素なんだと思う。

プライドも高く自信もあるタイプ…
プライドは高いけど自信がないタイプ…
プライドはないけど自信はあるタイプ…
プライドも自信もないタイプ…

それぞれ傾向性が違い、歩む人生も大きく変わると思う。

では「自信」と「プライド」の違いとは何だろう?

いろいろあるだろうけど、個人的に決定的だと思うのは…
「プライド」が相対的なものであるのに対し、
「自信」は絶対的なものだということ。

「プライド」は他者に対して優れていることを示すこと。
他人や他の生物、環境より優れていたとしても、それで自分が能力を発揮しきれているとは限らない。
まして、それだけで本当に自分が優れているとは言えない。

逆に、「自信」とは自分に対して絶対的に感じているもの。
比べる相手はあくまで「自分」であり、他人や環境が変わろうが揺るがないものであるはず。

次の投稿から、この「自信」と「プライド」のバランスの違いが、僕たち人間にどのような影響を及ぼすのかを書いて行く予定。(完遂出来るかは実は自信がない…)

Similar Posts:

コメントを残す