初めての海外出張(台湾)と今後のITチームの出張予定

今年の10月で10年間のパスポートが切れる。
当初はほとんど海外旅行初心者だったけど、それなりにいろんな国に行った。
それでも、今回の台湾が初めての会社の出張(Business Trip)だった。
結構、旅費の予算がきつかったんだけど、それでも会社でお金を出してくれるなんて不思議な感覚だった。

今回の出張は、直接上司に言われた訳ではなく、現地と直接ウェブ会議をする中で呼ばれた形だった。
台湾のオフィスが移転するというタイミングで、台湾にはIT担当がいないこともあり、サポートが必要とのことだった。
後で上司に相談してぜひ行って来て欲しいということになった。

入社半年ちょっとの人間に一人で行かせるってのもなかなかないのかもしれないけど、僕はITの専門スキルのほか、以下の3点がクリア出来る稀な人間だったのだと思う。

  • 海外一人旅慣れしている
  • 貧乏旅行でも許容できる
  • 英語が話せる

総務課の中でも英語が話せる人は結構いるんだけど、それ以外の2点をクリア出来る人はいない。
会社としては経費を抑えられて使い勝手の良い人間なのかもしれない。

正直、上司は僕がやってきたことを正確に把握してはいないと思うけど、ある一定の成果をあげたと評価してくれていて、早速、大阪のIT担当の韓国オフィス訪問が来週に決まった。
韓国へは役員や通訳が訪問するのに同行する形で行けることになったらしい。

そして、年内に今度は僕はヨーロッパに行くことになると思う。
行けるとしたら、スペインとドイツかな。
ヨーロッパの子会社は、日本本社以上にIT部門やシステムがしっかりしていて、システムを統合していく上で一度行ってみないと話にならないところがある。

管理部門では国内の移動でも結構制限されてるんだけど、これから社内のグローバル化が加速する中で、現地に直接行くことも重要になってくるっぽい。

新たに海外拠点が出来てもIT担当を置くところはないだろうから、その都度、オフィスの立ち上げの時に出張することになるかもしれない。

そういった意味でも部長からかなり期待されている。

Similar Posts:

    関連記事なし

コメントを残す