第18話 旅行三日目早朝、サンディエゴへ

11月5日土曜日、旅行三日目が始まった。あまり良く眠れないまま、早朝の6時起床。

この日の予定は次の通りだった。
1.午前中にアムトラックでサンディエゴへ
2.サンディエゴからブルーライントロリーに乗り換え、お昼ごろにはメキシコに入国
3.夕方前にサンディエゴに戻ってきて、レドナと合流
4.ラ・ホヤへ行って夕日を見ながらディナー

15分くらいで仕度してチェックアウトの為フロントへ向かい、チェックアウトの手続きをし、ついでにアムトラック駅の場所を尋ねるため、
“Which direction is Union Station? Is there the map or something?”
と、合っているのかも分からない状態でちょっと気取った感じでフロントの人に尋ねてみた訳だが、すぐそこだよとあっけなく返されてしまって勝手に格好悪い思いをしてしまった。実際にホテルからユニオン駅までは目と鼻の先で、こんなほんのちょっと距離の為にタクシーを使ってしまった事に対して再び後悔の念が僕を襲った。

そんなこんなでユニオン駅へはアムトラック出発の1時間以上前に到着してしまったのだった。

早速発券機を探してクレジットカード経由で片道チケットを$25で購入してからは1時間時間を潰さなければならなくなってしまった。

ユニオン駅はメトロレールも走っている為なのかとにかくだだっ広く、ホームもいっぱいあって、どこがアムトラックの乗り場なのか良く分からなくて、こんなにも早く着いていたのに結局乗り遅れましたという事態は何としても避けたかったので、念のため窓口の人に聞いてみる事にした。

そうして窓口の人の説明を受けた訳だが、正確に聞き取れなかった癖に、お得意の分かった振りをしてしまい、「サンキュー」と偽りのお礼を言ってさっさと出てきてしまった。仕方なく、微かに聞き取れた数字の番号の付いたホームで待っている事にした。どうやら僕の聞き取った数字は正しかったようで、正しいホームから7時20分に無事アムトラックに乗車することが出来た。

アムトラックは全米を走る旅客鉄道で、車社会のアメリカにとってはマイナーな交通機関と認識されているらしく、中には知らない人もいるとかいないとか。USAレイルパスという一定期間格安で乗り放題になるパスもあるらしく、いつかこのパスを使ってアメリカ一周をしてみたいと思っている。ただ、毎年赤字続きで廃止になる路線も年々増えてきているらしく、おまけに全路線廃止の議論も毎年されるくらいらしいので、早めに利用しておくべきなのかもしれない。

僕の乗ったアムトラックの席は120Vの電源や足置きやトレーなどもあり、列車内はとてもゆったりしていた。

アムトラックは西海岸沿いを南下し、車窓からはビーチでサーフィンを楽しむ人などが見受けられた。その光景はまさにカリフォルニアといった趣で、ここに来てようやくアメリカにいるという実感が沸いてきたのだった。同時に、この太平洋を隔てたところに日本があると思うとちょっと日本が恋しくなった。日本ではこの時何が起こっているのかこの時の僕には全く知る由もなかった。

帰国後知った事なのだが、この頃、ソプラノ歌手でありミュージカル女優でもありタレントの本田美奈子さんが亡くなられたそうだ。僕は、自分へのあくなき挑戦を続ける彼女に大きな影響を受けた。日本人でもここまで英語が流暢になれるという指標を与えてくれたのも彼女かもしれない。彼女が志半ばで息絶えてしまった事は残念で仕方がないが、彼女の志は多くの人々の心の中に受け継がれたと思う。もちろん、僕の心の中にも。

続きを読む…http://bokudeki.org/?p=1828

Similar Posts:

コメントを残す