4年前に予言した通りポストWEB2.0は「オンラインxオフライン」による「コミュニティづくり」の時代になるかも!と思える久しぶりにゾクゾクする記事だった!

本当の意味で実質的に世界に影響を与えたいなら、オンラインだけのコミュニケーションでは限界があると思う。

利益の為に人々をオンライン常に止めようとするのも場合によってはマイナス効果になる。WeWorkとMeetupはそこにメスを入れようとしている。

記事の中で

FacebookやLinkedInといったWeb2.0時代のソーシャルメディアサーヴィスが、ユーザーをできるだけ長くサイトに引き止めておくことを重視する一方で、Meetupはむしろ人々をインターネットから切り離すことを目標にしてきたのだ

とあるけど、まさに僕が思い描いてたこととベクトルが同じ。

僕は2013年の日付が変わってクリスマスイブ(約4年前)にこんなことを予言してた。
(誰からもRTもいいねもされなかったけど)

冒頭に紹介した記事を良く読めば、このつぶやきの内容と大枠は共通してると思う。

WeWorkはめちゃくちゃフレキシブルなコワーキングスペースを提供するハイテクベンチャー。

Meetupを買収したってことは、固定的な会社だけでなく、ソーシャルキャピタルから生まれる潜在的なグループもターゲットとして拡大していく方向性なんだと思う。

やっぱりUberやAirbnbとベクトルが近い。

コワーキングスペースをビジネスにするアイデアは無かったけど、2014年に構想していた「湘南METRO」は湘南地域を首都圏から独立させると言う壮大な構想で、地域のサポセンやコワーキングスペースを拠点としてオンライン上でコミュニケーションしながら集まりやすくする機能も実装しようと思ってた。

湘南METROではビジネス化は無理だと思ってたけど、よく考えれば、WeWorkみたいなビジネスモデルでコワーキングスペースを展開して収益を確保できればビジネスとして成り立つかもしれない。

僕は日本の大学でITを学んでITでキャリアを積んできたけど、会社をやめて2008年からポートランド州立大学で「コミュニティ開発」を学んだ。

ITの重要性は誰もが認めるところだけど、やはり必須ではない。でも「コミュニティ」は必須。

だから、その時、自分の人生のミッションの柱を「コミュニティ開発」に切り替えた。

主体は「コミュニティづくり」で、オンライン技術はあくまでそれを補うツールという点で、WeWorkやMeetupと僕の目指すベクトルは一致してる気がしてる。

それだけに、個人的にこのムーブメントから目が離せなくなりそう。