JuralMin / Pixabay

今日からTechAcademyでプログラミング学習が再開されています。

退職後3ヶ月で自分への投資予算100万円プロジェクト(1):プログラミングのブートキャンプ

まずはWebデザインコースの延長コースを2週間。

どんな風に進めていくか、この記事を書きながら整理していきます。

課題で作ったオリジナルサイトをそのまま使う

既にレッスン9までは終わっているので、最終レッスンのオリジナルサイトを残すのみとなっています。

オリジナルサイトの課題は、ある程度自由に自分で企画書を作成して進めていけます。

このコースの修了ステータスが欲しければ、簡単なオリジナルサイトを企画して作成すれば得ることはできます。

ただ、僕はこの課題で作ったオリジナルサイトをそのまま自分のポートフォリオの一つとして使いたいと思ってます。

なので、お金をかけて延長コースをとってまで時間をかけることにしました。

どんなオリジナルサイトを作るのか?

Webデザインコースでオリジナルサイトを制作する上でどんなサイトを作ろうかなんですが…

まず、僕がどんな人間でどんなことが出来るのかなどを紹介するサイトが欲しいなと思いました。

こうやって今もブログを書いてはいるんですが、いちいち読んでくれる人は少ないでしょうね。。

なので、もっと見やすく、簡潔に、効果的に自分を紹介するポートフォリオサイトがいいかなと。

この場合、ブログはそのポートフォリオサイトの作品とかコンテンツの一つになります。

ポートフォリオサイトのコンテンツについて

今年1月の時点ではこんなコンテンツにしようと思ってたのですが…

ポートフォリオサイトのコンテンツ(スキルや作品など)

制作途中で変わるかもしれません。

オリジナルサイトの企画

課題では以下のような簡単な企画書を作って制作を開始します。

Webデザインコース オリジナルサイト企画

サイトの目的:起業仲間やプロジェクトのコラボパートナーなどの募集のためと自分のプロフィールやポートフォリオの紹介

サイトのメインターゲット:同じようなことを考えていて起業やコラボのパートナーを探している人、300万円までで僕に買収されても良いかなと思う会社など

サイトの印象:基本的に画面ごとにコンテンツがスクロールでき、縦方向にカテゴリ項目が進み、横方向にカテゴリ内のコンテンツがスクロール可能な形にする

いろいろ考えてたら、自己紹介以上に、起業仲間やコラボパートナーなどの募集が目的の企画内容になっていました。

サイトの印象に書いた条件だと、ちょっと調査したところでは同じような動きのサイトはありませんでした。

一度企画をしてしまうとこの条件をクリアしないとコース自体の修了まで出来なくなるので、今日午後のメンタリングで現実的かどうかを相談してから決めたいと思います。

企画書作成後にやること…

  • サイトマップ、ワイヤーフレームの作成
  • デザインカンプの作成
  • コーディングと公開