「カリフォルニア」タグアーカイブ

第34話 目・と・目・で・通じ合う~♪

パタゴニアで買い物をして、いよいよアメリカ北西部へ旅立つ準備が出来、ロサンゼルス国際空港に向かう為に、まずはビッグ・ブルー・バスの通るリンカーン・ストリートを目指した。

リンカーン通りと交差するアップダウンの激しいマリーン通りを1km以上歩く事になったのだが、この辺りの住宅地もまさにカリフォルニアといった風景で、この辺りに実際に住んでみれば、カリフォルニア州の人達のような外見につられて、僕の姿形までもが徐徐にカリフォルニア形に変形していくのではないかとさえ思えた。

相変わらず全荷物を背負って相当きつくなってきている体に鞭打って、やっとの事でリンカーン通りまで辿り着けたのだが、ビッグ・ブルー・バスのバス停まで行くのに、リンカーン通りをさらに500m程歩かなければならなかった。

バス停に着くと沢山の人がバスを待っていたのだが、バスがなかなか来なくてまたフライトの時間が気になり始めた。

やがてバスが到着し乗り込んでみるとバス内はかなり混んでいた。

混んでいる車内で、僕の近くにメキシカンと思われる女の子がいて、物珍しそうに僕の顔をじっと見つめていた。僕が微笑みかけてもずっと表情を変えずに、その子はじっと僕の顔を見ていた。僕は相変わらずピースをしたりガッツをしたりしてその子にアピールを続けていた訳だが、その子が母親とバスを降りる仕草をして何も分かり合えないままお別れを迎えてしまうかに見えた。しかし、その子が母親とバスの出口のステップに足をかけていよいよ外に出ようする時、その子は僕に向かってとびっきりの笑顔でバイバイしてくれた。僕も思わず顔をクシャクシャにしてその子にバイバイ返しをした。

日本でも、電車の中とかで同じような事があった事をこの時思い出した。子供達には、子供好きの人間から発せられる「子供好きオーラ」が感知できるのかもしれない。それは万国共通だという事も、今回の経験で分かった。

これならみんな出来るかも!ハイチ大地震の支援活動

一つ前の日記で、「ハイチ地震 緊急支援まとめて募金」を紹介しました。

ハイチ地震 緊急支援まとめて募金
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1395660364&owner_id=2247284

で、今更なんですが、すごい計画を思いついちゃいました。

先ほど、父親にメールを書いて、栗田家を代表してハイチ復興のための寄付を検討してもらうよう呼びかけました。
また、ずっと計画していてまだ出来ていなかったSkype家族会議を今月からやるために、姉にメールでSkypeのアカウントを取ってもらうよう呼びかけました。

もちろん簡単には行かないだろうけど、ハイチへの寄付について家族で話し合って、父親から寄付金が出るように頑張ってみようと思いました。
目標は5万円です。

結局寄付をしないことになったとしても、この議論があったというだけで全然違うと思います。
家族の結束も高まると思いますし。

前の日記にも書いたんですが、この大地震での死者が11万人を超えたそうです。
カリフォルニアで1994年に起きた大地震は同程度の規模だったそうですが、その時の死者はたった60人だったそうです。

僕は、この数字が意味することを、ほんの一部だけど、知っています。
それを家族内で共有して、いろんな角度からもっと深い因果をみんなで突き止めようとするだけでも、大きな大きな成果だと思います。

個人ではなかなか募金するまで踏み切れないと思うんですが、家族としてだったらいくらか出来る可能性があります。
その話し合いを家族内で持つだけでも、素晴らしい支援活動だと思います。

みなさんも是非トライしてみてください!

ハイチ地震 緊急支援まとめて募金

ハイチ大地震での死者が11万人を超えたそうです。
カリフォルニアで1994年に起きた大地震は同程度の規模だったそうですが、その時の死者はたった60人だったそうです。
これが何を意味すると思いますか?

最近、偶然なのか必然なのか分かりませんが、映画「ホテル・ルワンダ」をもう一度観てみたんですが、今この瞬間に、この映画と同じ事が起こっていると感じました。
間違いなく言えることは、ルワンダの時と同じように、この惨事を「国際社会が見捨てている」ということ・・・

僕たちは、このニュースを見て、「かわいそうね」とだけで、平然と食事を続けることが出来てしまってはいないだろうか。

「ハイチ地震 緊急支援まとめて募金」というものが開設されたらしいです。
マイミクのルイさんの日記で紹介されていました。

ここに募金をすると、自動的に、現地で支援活動を行っている下記の支援団体に均等に振り分けられるそうです。

(特活)ICA文化事業協会
(特活)ADRA Japan
(特活)AMDA
(特活)グッドネーバーズ・ジャパン
(特活)国境なき医師団日本
(財)ケア・インターナショナル ジャパン
(特活)ジェン(JEN)
(特活)ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)
(特活)難民を助ける会(AAR JAPAN)
(特活)メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団)
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン

是非とも、募金をご検討ください!

振込の場合は下記口座に。
<銀行振込>
三井住友銀行 神田支店 (普通)2232622
口座名義人:特定非営利活動法人国際協力NGOセンターNGOサポート募金

<郵便振替>
郵便振替口座:00110?9?615150
口座名称:(特活)国際協力NGOセンターNGOサポート募金

クレジットカードやネット銀行で振り込む場合はこちらから。
http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete09.php