「キューバ」タグアーカイブ

欧米の先進国では賞賛されない社会主義国からの国家勲章

ベネズエラのウゴ•チャベス大統領を必要以上に美化するつもりはないけど、彼は、間違いなく真の革命家であり、国民に支持される力のある政治家だ。彼が大統領に就任した年に、早速、創価学会の池田名誉会長に最高位勲章を授与し、その後も2つの国家勲章を贈っていることにはとても意味があると思う。 

キューバの革命家カストロ議長が池田SGI会長と初めて会見した1996年、キューバも最高勲章を会長に贈っている。アメリカとの関係悪化のため直行便がなかったが、会見実現の為、中継地点でキューバ政府所有機が会長を出迎え、カストロ議長は公式行事では革命後初のスーツ姿で会長を迎えた。 

革命家には革命家の価値が分かるんだと思う。

世界恐慌による帝国主義化の下でのTPPの議論

なるほど、日本がTPPに参加しないなら、相当の覚悟が必要になるのかもしれないな。1929年に始まった世界恐慌のように、グローバル経済の様相が変わって帝国主義化•ブロック経済化すると、今の日本では孤立したままではとても生き残れない。

TPPのようなメジャーな経済ブロックに所属しないということは、ソ連崩壊後のキューバのような状況になるのかもしれない。キューバは、アメリカからは経済制裁されて、ソ連崩壊後はほとんどの輸入品が仕入れられなくなり、経済的に孤立してある意味地獄を味わった。

日本は、TPPなどのブロックに参加するかどうかの選択肢があるだけ恵まれていると言えるかもしれないけど、選択肢があるだけに、一見楽な方向流 れる可能性が高い。でも、地獄を味わう覚悟で経済的孤立の道を歩むなら、今のキューバのように突破口を見つけて、独自の道を歩めるようになると思う。

僕たち日本人にその覚悟があるかどうかなのかもしれない。確かに、軽々しくTPP反対とは言えないと思う。僕は「経済的孤立」という地獄と喜んで戦うけど。むしろ、血が騒ぐよ。

どちらにしても、僕たち国民に必要なのは、自分の所属するコミュニティに対して当事者性を持ち、その中で必要な役割を果たすこと。

「経済的孤立」という地獄を味わった結果の現在のキューバ。もちろん完璧ではないけど、災い転じて福と成した姿と言えると思う。→「キューバの有機革命」ow.ly/1zAkVh