「キーワード」タグアーカイブ

オーガニックか地元産か

あちらこちらで聞いているんですが・・・

「オーガニック」か「地元産」のもの、みなさんだったら、同じ価格だった場合、どちらを選びますか?

これ、僕にとってはかなり微妙な選択です。

キーワード:健康、オイル枯渇、地球温暖化、地域経済、地産地消

Over 2,000 Words…

地獄の期末試験真っ最中です。
やっとのことで、Transportation Seminarのペーパーをほぼ書き終えました。
ダブルスペースで9枚、2,000 Wordsを超えました。
これだけやって1単位だけなので、割に合わないなと思いつつも、意外と楽しんでやれました。

何せ、「交通」関連のクラスなのに、ペーパーに主に書いたことは、コレクティブハウジングのことだったんです。
実は、ほとんど「交通」に直接絡めたことは書いていません。

主に、このセミナーについて、さらに掘り下げて書きました。(リンク先でセミナーの映像が見れます)

How Sharing and Openness Should Play a Critical Role in Our Transportation Future
http://www.media.pdx.edu/Transportation/Transportation_031309.asx

このセミナーは、Robin Chaseという、アメリカのカーシェアリング会社「Zipcar」の創始者がスピーカーとしてPSUに招かれて行われたものです。

彼女は、交通の分野において、何かを「シェア」し「オープン」にすることによる効果について語っていました。
僕も、こういったことにすごく興味があるので、すごく彼女に共感できました。

僕が将来的にやりたいと思っていることも、必ずこの辺りのキーワードが絡んできます。

たった1単位の為に9枚も書いた訳ですが、単位を取るという目的以上に、自分がまとめたいと思っていたコレクティブハウジングについてのポイントがまとめられて、ほんと良かったです。

集約型間伐

やっぱりありました!!!

集約的間伐!!!
ここのページを見ると分かりやすいと思います。

森林所有者の皆様のための情報:施業の集約化情報
http://www.zenmori.org/shihou/naka2.html

以前下記の日記で書いた、理想の林業の形にとても近いです!

林業も始めたい
http://www.bokudeki.info/2008/06/blog-post_23.html

今日の朝日新聞に載っていて、かなり興奮しましたよ。笑

林業を個々ではじめようと思っても、現状ではとても採算が合いませんよね。
現に、日本の林業は以前として壊滅状態です。

それにはいろいろ原因があると思うんですが、主なところだと、
 1.森林の土地を持っているとは言っても、林業を始めるには狭すぎる
 2.外国産の輸入木材が安すぎる

2.に関しては、環境問題への意識の高まりから、森林破壊防止と輸送で発生する莫大なCO2排出への規制などで、徐々に国産の木材への関心が高まってくると思います。

しかし、ことは緊急なので、この流れを出来るだけ早めたい。
そうするとしたら、1.の問題を解決させることだと思うんです。

上で紹介した日記にも書きましたが、うちも、森林の土地を所有しています。
ただ、林業を始めるには狭すぎるし、一家族の努力では到底持続できないでしょう。
そこで行き着いたのが、森林所有者+市民参加のコミュニティ単位での効率の良い戦略的な林業だったんです。

この新聞記事を見て、僕の構想にとても近い、「集約型間伐」という形で既に行われていることが分かりました。
「集約型」というのは、今後のキーワードになるのではないかと思いました。
林業だけではなく、農業も、水産業にも通じますよね。

一般的に見ても、森林所有者にとってニーズがあるということは良く分かりました。
後は、森林所有者や市民を巻き込んで、どこまで集約型で効率よく戦略的に林業を持続させていくのかですね。

なんだかとてもワクワクしてきました。
この新聞記事は父親に見せようと思っています。

【告知】6/14(土)『児童労働』日記ランキング大作戦

今日6月12日は「児童労働の日」だそうです。
さらに、あんまり関係ないですが、プチ知識で、アンネ・フランクが66年前のこの日に日記を付け始めたことにちなんで、「日記の日」でもあるそうです。

そんなこんなで、今度の土曜日、6月14日にSaveChildrenCommunity企画の『児童労働』日記ランキング大作戦をリベンジ決行します!

みんなで、6/14中に、『児童労働』というキーワードを使って日記を書きましょう!
注)必ず日記を「全体公開」にしてください!

SaveChildrenCommunityによると、

児童労働撲滅プロジェクト(通称IPEC)に対する支援金の金額が

G8諸国の平均が  50億円ドル袋

に対して

日本は        5千万円ふらふら

だそうです。

しかも、この金額は15年間の金額なので、年間300万円程度ということになるそうです。。。汗

最も豊かな国からの支援金としてたったこれだけっていうのは、議員達の関心が相当薄いということですよね・・・

まずはこの『児童労働』日記ランキング大作戦で多くの人にこの問題を知ってもらいましょう!

それから、特に子どもをピックアップしている下記の署名でそんな議員達のケツを叩きましょう!!!

1エイズ孤児キャンペーンの署名
PCサイト→http://www.shomei.tv/project-16.html
携帯サイト→http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=16
もっと詳しく知りたい人→http://www.plas-aids.org/pfp08/

2児童労働キャンペーンの署名
PCサイト→http://www.shomei.tv/project-18.html
携帯サイト→http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=18
もっと詳しく知りたい人→http://stopchildlabour.jp/

3貧困をなくすためのSign Upキャンペーンの署名
PCサイト→http://www.hottokenai.jp/pub/modules/smartsection/item.php?itemid=49
携帯サイト→http://www.hottokenai.jp/i/
もっと詳しく知りたい人→http://www.hottokenai.jp/pub/

【参考】「児童労働」でキーワードランキング1位を!!!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=824379334&owner_id=2247284

「マンデラの名もなき看守」を観て

昨日、日記に紹介した「児童労働」キーワードの日記ランキング1位キャンペーンは、わずか320名が日記に掲載しただけに留まり、残念ながらランキングにも載りませんでした。。。
しかし、6月15日(土)にリベンジするそうなので、どうかご協力下さい!

さて、昨日は、下記の日記でも紹介し、念願だった「マンデラの名もなき看守」を観てきました。
狙った訳ではないんですが、月の初めの日ということで1000円で観れたので、結果的に2度おいしい感じでした。笑

マンデラの名もなき看守
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=806478518&owner_id=2247284

悔し涙から始まり、南アフリカの白人達のあまりにも無慈悲な仕打ちに胸を締め付けられ、一人の看守とその家族の変革に胸を打たれ、最後は歓喜の涙で終わるという、本当に心にグッと迫ってくるような素晴らしい映画でした。
一つ一つのセリフにとても深い意味が込められているように感じました。

僕は、人間の「蘇生」の物語が好きです。
この映画は、物理的なアクションは全く激しくありませんが、主人公である看守の心の変化はとてもスピーディだと思います。
以外に、看守の妻の心の変化はもっとすごかったかもしれません。

あまり細かいことは書きませんが、もし興味があれば、是非ともみなさんに観て欲しい一本です。

たのしく学ぼう!フィンランドのこと

小中学生くらいのお子さんがいる家庭では、是非これ体験してみて欲しいです!
「教育大国」+「IT先進国」のフィンランドだけに、素晴らしい体験が出来ると思いますよ!

-----------------------------------

フィンランド大使館は、日本の小中学生を対象にしたインタラクティブな教育サイト「プロジェクト・フィンランド」を立ち上げました。ムーミンがガイド役の楽しいサイトはたくさんのマスコミに取り上げられ、反響を呼んでいます。

プロジェクト・フィンランド
http://www.projectfinland.jp/

プロジェクト・フィンランドには、下記の3つのツアーがあり、それぞれ5つの章で構成されています。

 ・フィンランドの学校と仕事
 ・美しい環境を守るために
 ・世界の中のフィンランド

取り上げられているテーマは、

 ・自然環境や学校生活
 ・エネルギー問題
 ・サンタクロース
 ・男女平等

などがあります。

(お知らせ)好評な学習支援サイト「プロジェクト・フィンランド」より抜粋

【おまけ】
フィンランドがIT先進国だというだけでなく、国際競争力で世界上位を維持していることがこの記事に分かりやすく書いてありました。
キーワードは、「ボーン・グローバル企業」だそうです。

【連載】ボーン・グローバル:フィンランドからグローバル・ベンチャー企業をつくる人々のビジネス+IT戦略
http://www.sbbit.jp/article/5469/

ゴキブリ現る

今日は早朝から雷がすごかった。
雷の轟音で6時前に起こされてしまったんだけど、その時は雷じゃなくて、米軍機が飛んでるのかと思った。
寝ぼけてて、「こんな時間に飛んでるなんて、絶対訴えてやるっ!!」と強気だった。
でも、心臓に響くような轟音に心底恐怖していた。
会社終わって久しぶりに町田屋でラーメンを食った。
やっぱまいう~だった。
シャワーを浴びようと、風呂場に入った時に事件が起こった。
ふふふ~んってお湯をだしてら、足に何かの生き物が這うような感触が・・・汗
見てみると、ゴキブリが、、、、
1年半住んでて初めてゴキブリに遭遇した・・・
かなり情けない悲鳴をあげるのと同時に、何か不思議なイメージが頭の中を巡った。
そのイメージのキーワードは以下の5点。
 ・真夜中
 ・真っ暗
 ・草むら
 ・しとしと雨
 ・侍
自分でもかなり謎だった・・・
先週の飲み会でおかしくなったか・・・汗
とりあえず、我に返るのと同時に、ゴキブリにお湯をかけてしとめて、フロを洗っておいた。