「グローバル経済」タグアーカイブ

世界恐慌による帝国主義化の下でのTPPの議論

なるほど、日本がTPPに参加しないなら、相当の覚悟が必要になるのかもしれないな。1929年に始まった世界恐慌のように、グローバル経済の様相が変わって帝国主義化•ブロック経済化すると、今の日本では孤立したままではとても生き残れない。

TPPのようなメジャーな経済ブロックに所属しないということは、ソ連崩壊後のキューバのような状況になるのかもしれない。キューバは、アメリカからは経済制裁されて、ソ連崩壊後はほとんどの輸入品が仕入れられなくなり、経済的に孤立してある意味地獄を味わった。

日本は、TPPなどのブロックに参加するかどうかの選択肢があるだけ恵まれていると言えるかもしれないけど、選択肢があるだけに、一見楽な方向流 れる可能性が高い。でも、地獄を味わう覚悟で経済的孤立の道を歩むなら、今のキューバのように突破口を見つけて、独自の道を歩めるようになると思う。

僕たち日本人にその覚悟があるかどうかなのかもしれない。確かに、軽々しくTPP反対とは言えないと思う。僕は「経済的孤立」という地獄と喜んで戦うけど。むしろ、血が騒ぐよ。

どちらにしても、僕たち国民に必要なのは、自分の所属するコミュニティに対して当事者性を持ち、その中で必要な役割を果たすこと。

「経済的孤立」という地獄を味わった結果の現在のキューバ。もちろん完璧ではないけど、災い転じて福と成した姿と言えると思う。→「キューバの有機革命」ow.ly/1zAkVh

再生可能エネルギーを推進するにも何をどのくらい推進すればいい?

政策的に推進される計画の中にはいろんなグループからの利害が絡み合っている場合がほとんどだと思う。大規模計画ほど利害が絡み易いので、市民がしっかり監視して賢く行動しなければ結局損をする。その計画が本当に必要なのか?必要であればどの程度必要なのか?を審議の上、見極めること。

市民にそういった監視能力や適切な政治へ働きかける能力が無い場合、公共の大規模プロジェクトをばっさり切ってしまうのも手だと思う。手に負えないことはもうやらない。言い方を変えれば、もうグローバル経済から降りてしまえと言っている。

再生可能エネルギー(太陽光(熱)、地熱、風力、水力、バイオマス)の中でも、僕は発電施設の規模の柔軟性に注目している。その中でも家庭規模でも始められる柔軟性のあるものは、太陽光(熱)、風力、バイオマスだけだと思う。それ以外が政策的に特に優遇される流れになるなら、注意が必要だと思う。

原発推進の問題は、事故が起きたときのリスクの他に、利権の問題があった。シェアを守るためには市民を騙すことも厭わなかった。この構造を残したままだと、地熱や水力発電を推進する場合、発電施設の規模を考えて、同じように一部の企業だけ利権を持ち、市民は相変わらず蚊帳の外であり続けるかも。

太陽光や風力を使って家庭規模で発電するようになると単純に企業側のシェアが減る訳で、企業側はよくは思わないのは当たり前。家庭で発電するのも立派な起業。ライブドアの堀江さんの例を見ても、既存の大企業群が自分達のシェアを脅かす起業家に圧力をかける可能性は十分に考えられる。

原発の利権に関しても、言ってしまえば、他の発電方法での無数の起業家たちを、あらゆる手を使って参入させないことによって守られてきたと言うことが出来るかもしれない。おかしなことを言っていたら指摘して下さい。

まぁ、特に地熱や水力発電推進を阻止しようとしている訳ではないので、結論としては、公正な競争が保証されるように、市民が十分に審議してバランスよく推進すればいいと思う。

地元平塚に帰ってからの僕の活動の焦点

日本企業の更なるグローバル化推進の議論について。この議論はグローバル経済が持続可能であるという前提でされていると思うんですが、過度に環境と人間に負担をかけるグローバリゼーションは明らかに持続可能ではありません。逆に、僕らが目指すべきは、ローカリゼーションではないでしょうか?

ローカリゼーションとは、出来るだけ小さい範囲で経済的な鎖国をすること。外部の経済に依存せず、お金の循環がその範囲内で完結する構造です。人々は地元産の物を買って儲けた地元企業もまた地元にお金を落とす。地元銀行にお金を預け、そのお金は地元の為に貸される…

個人的には、グローバリゼーションどころか、東京の経済に依存しないと何も出来ない日本の構造にも巨大な問題があると思います。

僕が生涯かけてやろうとしていること、種を植えようとしていることは、地元平塚市で市民間の交流を推進し、市民参加ベースの自治機能を強化し、ローカリゼーションの波を起して地域を活性化させ、市民の交通の需要範囲を平塚市内にとどめることです。

ちなみに、グローバリゼーションは、ピークオイル、環境破壊、資源の枯渇、雇用、人間の搾取(低賃金労働や奴隷)、エネルギー、地域経済保護あたりの問題が解決出来れば持続可能になるかもしれない…この前提で出来るグローバルビジネス…もしかしたらあるかもしれません。

学校の給食も…

■学校給食にフカヒレ、宮城で100%地産地消
(読売新聞 – 01月19日 09:50)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1081958&media_id=20

学校の給食も、教育の一部ですね!
栄養のバランスを考慮するだけでなく。

同時に、地元産のものを推進すれば、地元経済強化の助けにもなると思います。
グローバル経済の影響を出来るだけ受けにくくするために。

気仙沼は、昔の会社の出張で何度か行ったことがあるんですが、とてもいいところでした。
出張で結構いろんなところに行ったんですが、その中で気仙沼が一番思い出深いです。
その時、フカヒレも食べました。