「サンタモニカ」タグアーカイブ

第32話 リサ・ステッグマイヤーさんも大絶賛のハンバーガー屋「イン・エンド・アウト」

ドアのシステム故障により変更してもらった部屋に荷物を置いた後、カリフォルニア州で大人気というイン・エンド・アウトというハンバーガー屋に向かった。

イン・エンド・アウトは、ファストフードにしては珍しく、冷凍モノを使わない事を売りにしていて、当然店内に冷凍庫はなくて保温ライトも電子レンジもないらしい。さらに、すべてフレッシュで仕入れてレタスなども手割、フライポテトのフライもトマトも現場でザクザク切って使いきりにする等の拘わりがあり、他のハンバーガーチェーンとは一線を画しいて、カリフォルニア州では人気NO1なのだそうだ。

僕はこのお店のことは全く知らなかったのだが、リサ・ステッグマイヤーさんも自身のブログで大絶賛していて、彼女は、多い時には滞在中2?3回もこの店に寄るそうだ。

ここでもヤトミさんの奢りで、ダブルダブルのセットをドライブスルーで買ってもらってしまった。

その後、再びホテルまで送ってもらって、本当にお世話になりましたと感謝の気持ちを伝えてヤトミさんと別れてから、部屋でハンバーガーを食べてみた。ヤトミさんの言うとおり、一つ一つの素材が活きていて、今までに味わったことないようなリアルな味がした。ポテトにしても油が良いのか非常にさっぱりしていて、僕のお腹に自然にフィットした。ハンバーガーも中身がぎっしり詰っていて、手抜きは全く感じられずに丹精込めて作られたという風に感じられた。難しい事抜きにして、とにかくうまかった!確かにこのお店を経験してしまうと、カリフォルニア州では他のハンバーガーチェーンには行く気になれくなるかもしれない。

お腹も満足したので、翌日のサンタモニカでの動きとその後のシアトル行きの予定など確認し、20時頃には眠りに着いて、旅行4日目は終了したのだった。

アメリカ1日目 仏法対話

今、現地時間の夜中の3時30分なんですが、時差ぼけの為か目が冴えてしまっています。。。汗

初日からいろいろありました。

今、ロサンゼルスのサンタモニカに滞在しているんですが、アメリカにきたのに、現地に住んでいる日本人と7時間以上話してました。

何やら、その人は新しい真理を説いている思想団体に所属しているらしく、各地で拠点を持ち、共同生活をしながらその教えを広めているようでした。

宗教ではないようなんですが、いろんな思想・宗教について偏見無く学びたいという風に言っていたので、実際に家賃70万近くというその団体の拠点を訪れ(僕の宿泊しているユースホステルとは目と鼻の先)、その教えを論理的に説明している映像を見せてもらいました。

ここまで聞くと、海外まで行って相当危ない世界に足を突っ込んでいると思うかもしれませんが、う?ん、場合によってはそうかもしれませんね・・・汗

ただ、監禁されてリンチを受けるとかでなく、対話をするという目的なら、どんな場所にでも突っ込んでいきたいなと思っています。

現に、そういう団体の実態を掴み、僕の理想に近いような、人種のわけ隔てない共同生活をしている人たちのことを知れてすごく勉強になったし、逆に、それと照らし合わせて創価学会の活動のことや仏法のことを語りきれたので、すごく満足な一日でした。

こういった思想間対話はおそれる事無くガンガン推進していくべきですね。

正直、僕には、その団体の活動の限界が手に取るように分かったし、逆に、学会のこと、仏法のことを語り、具体的な自分の体験を語る中で、いろんな意味で論理的で具体的にその素晴らしさを再確認する結果となりました。

現に、彼は、とても信心2年半の人間の言っていることとは思えないと言っていたし、何故、学会がここまで発展したのかが良く理解できたと言っていました。