「ブログ」タグアーカイブ

ブログのカテゴリ・サブカテゴリ メモ

まだドラフトですが、ブログのカテゴリ・サブカテゴリの骨組みが決まってきました。
自分の棚卸しがてら、今までmixiに書いた記事800以上をブログに移行してカテゴリ化しています。
ちなみに、まだ記事はブログにはアップしてません。

パーソナル
– アイデア
– 体験談
– 日記・留学生活
– 旅行
– 海外事情

アメリカクエスト
– 第一章?第三章
– 第四章?第六章
– 第七章?第十章

人間主義
– 教育
– 文化・アート
– 平和
– 無関心
– 信仰

持続可能性
– 環境
– 社会的正義
– 経済

コミュニティ開発
– まちづくり
– エンタメ
– ボランティア
– ローカリゼーション
– 政治
– 科学技術

エッセー
– 熟考エッセー
– 小さな気付き

ハンガーマップ

下記のリンクは、Kontonさんのブログで紹介されていた、WFP(国連世界食糧計画)の「ハンガーマップ」です。

http://www.wfp.or.jp/hungermap/index.html

これを見て、皆さんはどう感じますか?

このマップを見て僕が率直に思ったことは、

緑は、僕が良く知っている国(≒豊かで憧れる国)
赤は、僕が良く知らない国(≒今まで気にも留めなかった国)

ですね・・・

日本にいると、食料危機に瀕している国の情報は、興味を持って取りにいかないと、知ることは出来ないんだなと思いました。

「知れない」「気付けない」ということを、マスコミや国のせいにしてはいけないと思いました。。。

知らなくて手を打とうとしない時点で、僕らは彼らを見捨てていることになりますもんね・・・

いろいろと考えさせられるマップです・・・

一次審査通過!!!

新風舎出版賞に応募したアメリカ旅行記ですが、一次審査通過の通知が実家の方に来てたそうです!!
何だか無性に嬉しい!!!
最終結果は6月に発表されるそうですが、どこまで行けるか楽しみです。

恐らく、6月には引越しをしていると思うので、通知は実家に来るようにしていたのですが、一次審査通過しただけで真っ先に電話やメールで知らせてくれた姉と母親の温かさに触れましたね。

家族ってやっぱり特別なものなのだと思います。
自分が本当に頑張っていれば、それを蹴落とすような事は絶対にせず、支えてくれるのが家族なのだと思います。
だから、僕も、出来る限り、家族の事を支えて行きたいと思うんです。

今、このアメリカ旅行記は、ブログとMS Word形式で公開してます(プロフィール参照)。
ないとは思いますが、もし、万が一、入賞するような事があると、公開は控えなければならなくなるので、もしご興味のある方は、6月までに読んでみてくださいね。

ブログにアップ完了

新風舎出版賞に応募したアメリカ旅行記ですが、やっとのことでブログにアップ完了しました・・・

それがこちらです。
bokudeki.me/category/ameque

やっぱ、PCで見るならMS Wordより、断然、こっちの方が見やすいですね・・・

ちなみに、MS Word形式のファイルはこちらです。(プリントアウトすれば、こっちのが見やすいかな。。。)
bokudeki.me/wp-content/uploads/2012/01/America-Quest-2005.pdf

あんま意味はないと思いますが、コピー&ペーストガードかけてます。

もう、時間がないので、これで完成としちゃいます。
一応、新風舎出版賞に応募した作品なので、もし興味のある方は是非とも読んでみてください!

という事でやっと次の作業に進めますわ・・・

僕は意外と不器用なんで、一つずつ作業を終わらせないと先に進めないんです・・・

Column-meeting only once in a lifetime-

Column-meeting only once in a lifetime-
LiFETiME projectのshiraiさんのブログです。
自分の考えを書き続けるという事を僕以上に推し進めている人だなぁと思います。
僕はmixiっていうものを良く知らないんですが、彼はmixiでも(いや、mixiの方が??)赤裸々で率直な考えを書いているらしいので、今度登録して見てみたいなと思ってます。

★☆ギャルの革命☆★

★☆ギャルの革命☆★
以前、ITmediaの記事で特集されていた、ギャルを貫いたまま起業して、「今」を超具体的に生きている、弱冠20歳の異色の人物のブログ。
彼女は、今、本当にいろんな活動をしているけど、その目的の一つ(?)に、このブログ名にあるように、「ギャルの革命」がある。
「オタク」と同じように、人々は、「ギャル」に対して、悪い偏見を持っている。
その中にはどうしようもない人間もいるかもしれない。
でも、必ずしも全員がそうなわけではない。
そういった意味では、どこの分野・世界に行ってもそれは同じなんじゃないか?
単なるイメージだけで、その集団全てをそうだと決め付けてしまうのは僕等の悪い癖だと思う。

続きを読む ★☆ギャルの革命☆★

扉のむこうより、熱を込めて

扉のむこうより、熱を込めて
以前、「教育」というコラムで紹介した義家弘介さんのブログです。
「ヤンキー母校に帰る」というドラマは、義家さんが元になっている。
現在は、横浜市の教育委員として、連日、市内にある学校を訪問している。
「自分もみんなと同じように弱い人間。」
それを自分で自覚しつつも、必至に前に進んで、行動で示そうとする姿は本当に尊敬に値します。
最近だけど、些細な事から今後を左右する事まで、ほんとに様々な事が重なって、精神的に本当に苦しい時期があった。
そのとき、それを全部掃き出す意味でも、自分の弱さについて、ここに事細かに書こうかなと思った。
でも、そんなときに、義家さんのブログを読んで、こんなところで立ち止まってても何も変わらない、辛くて苦しいけど、力を振り絞って前に進もう、という気になれた。
彼の一歩一歩は、確実に僕の歩みの後押しをしてくれている。
僕も、彼のように、自分の意思で自分の一歩を踏み出せる人間になりたい。
僕は彼と共に歩んで行きたいと思う。