「メッセージ」タグアーカイブ

悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 bokudeki.me/essay/mainessay/653/

ジブリ映画「もののけ姫」を観て

ジブリ映画「もののけ姫」は、宮崎駿監督が構想に10年かけた作品だと言われている。「風の谷のナウシカ」の時代では表現しきれなかったものを「もののけ姫」に込めたと聞いた。確かに、いろいろと設定が微妙で、解決が困難な社会問題をいくつも散りばめて絶妙に構成させているなと思った。 

この映画は、観れば観るほど深い映画だと思った。女性が元気で人々がある一定の満足感を感じ忠誠心を持っているコミュニティが、独裁者の女を筆頭に一体となって自然を征服しようとする。こんな微妙な設定は見たことがなかった。 

この映画で個人的に受け取とったメッセージは、自然を征服しようとするようなグループにも良い面があり、全否定は出来ないということ。そして、自然を征服した後に気づける自然の価値と、自然を破壊し尽くした後、時間はかかっても、人間次第でまた同等の自然を取り戻すことは可能ということ。 

「失敗したらそこで終了」なんてことは無いと思う。その失敗からどれだけ学び、その後の行動に結びつけるかで、失敗する前よりもより良い状態に持っていくことは十分可能なはず。

映画「ロード•オブ•ウォー」を観て

「Lord of War」という映画を観たんだけど、同種の映画でこれ以上は出来ないと勝手に思っていた「Blood Diamond」に匹敵する素晴らしい映画だった。映画の大部分は、クライマックスのシンプルで重大なメッセージへの「つなぎ」だった。 

Lord of War(ロード•オブ•ウォー)を2回観て、やっと全貌が把握出来た。この映画は、冷戦時代からソビエト崩壊後を生きたある武器商人の物語。この人は、とんでもないワル。ウクライナ出身だと聞いて、最初、差別的に描いた映画なのかと思ったけど、クライマックスにすべてが覆された。 

映画「ロード•オブ•ウォー」は、主人公の武器商人の『今、世界では12人に1人が武装するという割合で武器が出回っている。武器商人の関心ごとは、「どうやって残りの11人を武装させられるか?」になっている。』という台詞から始まる。 

映画「ロード•オブ•ウォー」のメッセージ:あるウクライナ出身の武器商人は、子供がいても武器を売る。どこかで知らない子供が撃たれるとしても武器を売る。ソビエト崩壊を機と見て武器をかき集め、紛争地域に売りさばく。妻や子供が出ていき、両親が勘当し弟が撃たれて死んでも武器を売る。 

続き:自分では手を汚さずに武器を売る。「アフリカの紛争地域では合法だ」と言って武器を売る。武器を売ればすぐに村人が絶滅させられると分かっていても武器を売る。酷い?でも、アメリカは、たった一日で、その武器商人が一年で売る以上の武器を売っている。

久しぶり!

今日はとても懐かしい人と電話で話した。大学の時に一緒にやってたアシュラバスターというバンドの先輩だ。電話番号変えて半年くらい連絡してなかったので、ちょっと前に電話して留守電にメッセージを入れておいて、電話かけなおしてくれたのだ。今は結構近くに住んでるから今度遊ぶことになった。彼は、Start TodayでGauge Means NothingのCDを買ったらしく、Webで僕が在籍していた事を知っていた。「かっこいいじゃねーかよー」と言ってくれた。ゆういちくん、やったね!当時は、バンドでいろいろお世話になったので、先輩方みんなに会いたいな~と思う今日この頃。みんな何してるんだろうな~?