「ユニオン駅」タグアーカイブ

第28話 今にも壊れそうなスリリングな日産車で高級住宅街を爆走

リトルトーキョーからユニオン駅に戻り、12時過ぎにはヤトミさんと初対面を果たした。

事前に、ヤトミさんに関する情報がほとんどなかっただけに、どんな車で現れるのか全く予想できなかった。ロサンゼルスに住んでいるくらいだから、もしかして高級車なのかもしれないなどいろいろ思いをめぐらしてはみたが、僕の予想を大幅に反してヤトミさんは思わず「ポンコツ」と口が滑ってしまいそうな日産の古―い型の車で現れた。

恐る恐る車に乗り込みさぁ出発だという事で、確かに車はに動き出したのだが、何故かそれに連動してスピードメーターは動き出さなかった。しかも、ガソリンメーターも0を振り切ったままで機能してなさそうだった。この極めてスリリングな車で、僕等はまずはダウンタウンからフリーウェイに乗ってハリウッド中心部へ向かった。

当初の計画では、どこかで自転車をレンタルしてサンタモニカからハリウッド近くまでをサイクリングしようと考えていたのだが、この時点でロサンゼルスの広大さに圧倒されてしまい、その計画は元々無理な計画だった事にやっと気づいた。

という事で、ヤトミさんにお勧めのコースを決めてもらい次のように決まった。

1.ダウンタウンからハリウッドへドライブ

2.ハリウッドからウェストハリウッドに抜ける

3.ビバリーヒルズの高級住宅街をドライブ

4.UCLAを訪問する

5.サンタモニカをツアーする

6.予約しているサンタモニカのホテルまで送ってもらう

まずは、ハリウッド方面に向かった訳だが、ハリウッド中心部では、スターウォーズやスパイダーマンなどのコスチュームを着た人が通行人に向けていろいろパフォーマンスしていた。通行人に写真を撮らせてお金をもらうシステムなのだそうだが、お金を払わないと支払いを要求される事もあるそうだ。もしかして正義の見方のスーパーマンの姿をしている人でも支払いを要求してくるのだろうか。夢を壊すような事はしないで欲しいなと思った。そんな僕の場合は、写真を取りまくっていたにも拘わらず、車からなのでお金を払わずに済んだのだが・・・

ウェストハリウッドを車で通りながら、ここはゲイの街として有名だという話を聞いて、ここに集まる人たちはそれを大っぴらに主張しているようにも感じられた。店の名前もそれを主張する名前が多く、自由である為に力強く生きる人たちがここにいるのだなと思った。

ビバリーヒルズは高級住宅街で世界的に有名だ。僕は昔からエディーマーフィー主演の「ビバリーヒルズ・コップ」という映画が大好きで、この映画で見た事のあるような風景がそこにはあってかなり興奮した!!ドライブしている間、ビバリーヒルズ・コップの各挿入歌が自然と僕の頭の中に流れてきた。

実際にビバリーヒルズを訪れてみる前は、僕にとってビバリーヒルズなんて一生行けないような映画の中だけの場所だというイメージがあったのだが、案外簡単に行けちゃうもんだなぁと思った。こう思えるようになれたのも僕にとって一つのブレークスルーだった。

次に、いかにも高級そうなゲートを通ってビバリーヒルズに負けず劣らずの高級住宅地「ベルエア」周辺の道を軽くドライブした。ベルエアという住宅街はあまり知られてないらしいが、閑静で広々とした住宅地で有名人も数多く住んでいるとの事だった。

そこら中でスターマップなるものが売られていて、有名人の邸宅の住所を手に入れる事は簡単のようだった。しかも、その住所を元に有名人の家を巡るバスツアーもあるそうだ。有名人達もありがた迷惑だと思っているのだろうなと少し同情してしまった。

第27話 ロサンゼルス観光ツアー開始

サンディエゴのサンタフェ駅からアムトラックに乗り、特に問題なくロサンゼルスのユニオン駅で下車後、この日会う予定のヤトミさんに公衆電話から早速電話してみた。もうこの頃になると公衆電話からの通話はお手の物だった。

この時ヤトミさんはまだ仕事中で、あと15分くらいで終わるから、終ったらすぐ僕のいるユニオン駅まで迎えに来てくれるとの事だった。

時計を見ると午前中の10時頃で、この時間に仕事をしているという事は、相当迷惑な時間帯に呼び出してしまっているのではないかと心配になり、せめてバスか電車でもうちょっと近くまで行くと言おうと考えた。だが、よくよく考えてみると、僕の方はロサンゼルスの地理に疎くて携帯電話を持っている訳でもなく、僕がうまく待ち合わせ場所に行けなくて迷惑をかけてしまう恐れもあったので、素直に迎えに来てもらうことにした。

待ち合わせ時間まで1時間程のフリータイムが出来たので、ユニオン駅から歩いていけそうなリトルトーキョーに行ってみる事にした。

リトルトーキョーはアメリカ最大の日本人街で、日本人向けの銀行や病院、弁護士事務所なども多いらしいが、極めて治安の悪い地区と隣接しているらしく、日本人街だからと言って決して油断できないらしい。

そんなこんなで僕はリトルトーキョーに向けて歩き出した訳だが、「適当」且つ「方向音痴」という僕の性質が祟ってしまい、今一場所が分からぬままぐるっと回って元のユニオン駅に戻って来てしまった。

こんな自分が情けないなとも思ったが、こうやってぶらっと街中を何となく歩くのも良いなと思った。

待ち合わせ時間近くに再びヤトミさんに電話をしてみたが、仕事が思ったより長引いてしまっていたようで、結局さらに1時間後の12時に待ち合わせとなった。

また1時間ほどフリータイムが出来た事により、リベンジの絶好のチャンスが訪れ、再びリトルトーキョーを目指す事にした。今度は計画的にガイドブックで方向を確認していたので、見当違いな方向に向かうことなく無事にたどり着けた。

リトルトーキョーに着いたは良かったのだが、思ったよりずっとしょぼくてがっかりした。僕が行ったのはジャパニーズ・ビレッジ・プラザという小さな商店街だけだったが、そこは全く東京じゃなく、外国人から見た間違った日本のイメージの集大成という感じで、果たして、もっと奥地に行ってみれば同じように感じずに済んだのだろうか・・・