「レンズ」タグアーカイブ

欧米列強の歪んだレンズで見ないリビア情勢

ベネズエラ大統領ウゴ•チャベスについてはこの間日記に書いたけど、これは彼ののスピーチの内容。→「その陰謀は、この国を服従させ、この国の資源を支配しようとし~ラテンアメリカとカリブ諸国、アジアとアフリカを結び世界の安定を目指す南半球連合の建設を妨害しようとします。」ow.ly/1A33qA 

今日は、この半年間にリビアで起こっていたことをいろいろ調べていた。ほとんど深くチェックせずに、何となくさわりだけ情報を押さえていたうちは、カダフィ大佐は物凄い悪どい独裁者と思ってたけど、どうやらそうでは無いらしい。 

独裁だったリビアが世界でも類を見ないほどの福祉の行き届いた国家だった?RT @Franciscus_SH: 『リビアで二度と見られなくなる16項目 – 2011年10月26日 (水) マスコミに載らない海外記事』 ow.ly/7k5bB 

リビアが、大学までの教育費や医療費、電気代が無料だったり、金利0%でローンが組めるなど、およそ独裁国家とは思えないほど充実した福祉サービスを持っていた。そんな国がNATOに7ヶ月も空爆され、カダフィ大佐の護衛が全滅したところで、無防備な大佐は民衆に嬲り殺された。何とも不自然。 

これが、物理的ではない「経済的な植民地支配」なんだと思った→「リビア情勢と石油資源争奪等の現実 – 見えない日本の姿」 / 益田哲夫 #blogos @ld_blogos ow.ly/7k88q 

欧米の先進国が、リビアの石油の利権を狙っていたことは間違いない。カダフィは、欧米列強に噛み付き、明らかに反抗していた。そこに、チュニジアやエジプトで革命が起き、リビアでも反政府体制によるデモが起こった。だけど、外国からの偏った介入がなかったとしたら、どうなっていただろうか? 

カダフィを殺害したリビアの現体制(以前の反政府体制)は、欧米の先進国(特にフランス)から支援を受けていた。カダフィ率いる旧体制では経済的な植民地支配化が困難だと悟り、中東のジャスミン革命の渦中、どさくさに紛れてカダフィを同様の悪の独裁者として打倒することを正当化したのだと思う。 

殺害されたリビアのカダフィは、自国のオイルの恩恵を、アフリカや南半球の国々の発展のために使おうとしていたんだと思う。第三世界の弱いもの同士で団結しよう、と。植民地支配して甘い汁を吸ってきた北半球の先進国にとっては、南半球の国々の人々が賢くなっても、団結されても困るはず。 

やはり、チュニジアやエジプトの革命と違い、リビアの場合は、アメリカを含む多国籍軍の介入によって反政府勢力による革命が成立したようだ。介入がなければ、カダフィ大佐は殺されることも政権を奪われることもなかった。引き続き、石油の恩恵を、自国民の為、アフリカの為、南半球の為に使っただろう。 

リビアでは、カダフィ大佐が反政府軍を制圧寸前に外国の軍事介入が始まり、形成が逆転した。NATO軍の空爆は7ヶ月近く続き、最後は、無防備なカダフィを反政府軍に殺させた。カダフィ支持派だって、強大な多国籍軍が相手じゃ逃げ出すだろうし、その脅威から逃れる為に、カダフィを売っても仕方ない状況だったと思う。 

リビアの反政府勢力は、調子に乗った革命で、カダフィ大佐からの独裁から解放される代わりに、欧米列強からの経済的植民地支配という、更なる強力な拘束を受けることになるのかもしれない。民主主義は、独裁主義よりもずっと悪になることは普通にあり得るんだ。

僕たちはアメリカの歪んだレンズでしかものを見れない

ベネズエラで2002年に起きたクーデターで、アメリカ大統領報道官アリ・フライシャーは、「今回の混乱の責任はチャベス政権にあると考える。非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出てしまった。それが引き金となって国民による暫定政権が発足した」と報道したが、これは全くのデマだった。 

アイルランドの番組制作チームが作成したベネズエラの革命に関するドキュメンタリー映画「The Revolution Will Not Be Televised」の内容がこのページで日本語でまとめられてます。「チャベス政権 クーデターの裏側」ow.ly/1A528y 

1998年に大統領として選出され、弱い立場にある人々に爆発的な人気のあるウゴ・チャベス大統領。マイノリティの声を丁寧に聞き、富裕層から富の還元をさせ、何も変わらないと半ば諦めていたマイノリティの人々の政治参加を活気づけた。 

チャベス大統領が、国有の石油会社をコントロールし、貧しい人々へ石油の恩恵を還元しようとした時に、国民が真っ二つに割れ、対立が起きた。貧しく弱い立場にある大統領の支持派と、石油関連で甘い汁を吸ってきた立場にある石油会社に近い経済界のトップの支持派。連日、双方で大規模なデモが起こり、銃撃戦も起きた。 

経済界のトップ率いる反政府派は、メディアで情報操作をし始め、アメリカのチャベス批判も追い風にして、あたかも大統領を悪者に仕立て上げた。両者の対立は深刻さを極め、やがて反政府派が「大統領が辞任しなければ、官邸を爆破する」と脅し始めた。大統領は、市民の犠牲を考え、爆破予告の5分前に現われ、拘束された。 

官邸は反政府勢力に乗っ取られた。唯一、チャベス大統領側だった国営放送も遮断され、反政府勢力に有利な民放が都合の良いように報道した。 

しかし、大統領は辞任しておらず、ただ拘束されていることを知ったチャベス支持派の平和的抗議は勢いを増し、官邸にて新たな政府の擁立を進める会議中も、数えきれないほどの人が官邸を囲み、チャベス大統領の復帰を叫ぶ声は会議の進行を不可能にした。その民衆の行動は歴史を変えた。 

反政府勢力が、あまりにも強大な民衆の声に恐れをなして逃げ出し、新政府の成立を断念したのだ。反政府勢力につき始めていた軍も、失われた国民の信頼を、チャベス大統領の元でもう一度構築し直す決意を語った。チャベス大統領を取り巻いていた議員も官邸に戻ってこれ、安全が確認されたところで、大統領も復帰した。 

例のドキュメンタリーでも証拠を示していたけど、確かに、チャベス支持派と反政府派で銃撃戦は起こったが、アメリカの報道官が言った「非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出た」というのは、反政府派が情報を操作して報道した内容だ。アメリカが、いかに反政府派に肩入れして、邪魔なチャベス大統領をどさくさに紛れて倒そうとしていたのかがわかる。 

「The Revolution Will Not Be Televised」は、「革命はテレビでは報道されない」というような意味。ベネズエラで起こったような本当の革命はテレビでは放送されない。逆に、何度も繰りかえし放送されるのは、無残に民衆に嬲り殺されるリビアのカダフィ大佐の映像のような、先進国にとって都合の良いように仕組まれた偽りの革命。 

僕たち日本人は、きっと、遠い外国で起こっていることを、アメリカの歪んだレンズで見ている。

Ork Cityでいろいろ買った

会社終わってから、京都で歪んだめがねを直しにOrk City行った。
いちおう保証書を持っていったけど、特に見せなくても直してくれた。
感じの良い店員さんで、「歪んでる」とか「締め付けが甘い」とか、いろいろとわがままを聞いてくれた。
かなり力ずくで直してたっぽいけど、かなりかけごごちがよくなった。
おまけにレンズがきれいになった。
その後、タワーレコードに行っていろいろ試聴した。
NOBのアルバムとCome Back My DaughtersっていうバンドのCDがポップでかなり良かった。
最近はどれもレベル高いなぁと思う。そのうち買おうと思う。
ポイントが2000円分貯まっていたので、In Flamesのニューアルバムを買った。
その後、靴屋で、前から欲しかったスニーカーを買った。
かなりシンプルで自然体なスニーカーだと思う。

めがね

今日は会社終わった後、町田の丸井のメガネ屋に壊れたメガネの修理に行った。
ほんとはレンズはそのままでフレームだけ新しいのにしたいなと思ってたけど、難しいらしいから修理にだした方が簡単そうだった。
修理には1万円くらいかかるらしい・・・痛い・・・
メガネ修理の時に丸井の赤いカードを作った。あとで考えてみればあんま必要ないなと思った・・・でも、飲み屋とかで割引になるらしいから良いか。