「一連」タグアーカイブ

マイケル•ムーアが来た!

 

オスカー受賞者でドキュメンタリー映画監督マイケル•ムーアが、ハロウィーンの日にOccupy Portlandの活動者たち向けに励ましのスピーチをしてました。月曜の午後なのに、沢山の人がいました。

彼は、ポートランドのOccupyキャンプサイトは、NYよりもLAよりもSFよりも規模が大きいと言っていた。ポートランドは、本当に他の都市とは一味も二味も違うと。平和的な抗議活動なため、ニュースになるような事件が起こらず、注目されることが少ないけど、それ自体が注目されるべきだと思う。 

オキュパイ•ムーブメントは、まさに、彼が「キャピタリズム~マネーは踊る~」で期待していた通りの運動だと思う。逆に、この映画が上映されなければ、一連のオキュ

パイ•ムーブメントも起こらなかったかもしれない。 

マイケル•ムーアが嫌いな人は多いけど、全否定しちゃうのもどうかと思う。もちろん、彼の映画がフェアだとは必ずしも言えないけど、それでも、有用な情報や参考になるデータが沢山ある。僕は、それだけで彼に感謝出来るけどな。

職場で英語使ってます

四半期に一回だけらしいけど、今やっている仕事で、結構海外の社員から問い合わせがきます。

電話は来ないので喋れはしないのですが、英語でのメールが結構来ます。

チーム内で、僕しか英語を書ける人がいないので、ほとんど全部、僕が返信しています。

普通に仕事が増えただけなのですが、何だかすごく嬉しいです。笑

英語が書ける自分の能力に酔っている訳ではなくて、単純に、英語で仕事が出来る楽しさを垣間見れているのが嬉しいのです。

実際、予期せぬ事ばかりで、事情を把握しながら英文を書かないといけないので、頭を使いながらソリューションに導くという一連のプロセスも経て、すっごく勉強になっています。

でも、勉強になるのはいいけど、やり取りしている人といえば、ほとんどがマネージャークラスの人なので、失礼があってはいけません・・・汗

用件は伝わるだろうけど、正直、これ書いたら失礼に当たるとか当たらないとかの判断は、今の僕には出来ません。。。汗

実際、Nixkとのチャットに”Please”を付け加えるくらいの事しか気の利いたことは僕には出来ません・・・

それでも、実践の場で英語を読んで書いて、日々、自分の英語力の成長をひしひしと感じています。

毎日英語に触れられるということは、英語を学ぶ者にとって、すごく重要なことなんだということを痛感しました。

#042. 創価学会、及び、宗教についての「今の僕」の考え

僕は、創価学会の事も、日蓮仏法の事も全くといって良いほど知りません。
肝心の部分を知らず、その末端の一部分しか見てないと思います。
そんな人間がこんなネガティブな事ばかり書いて、正直、みなさんに誤解をさせてしまうかもしれません。
ここに書いた事は僕の思った事、感じた事に間違いはありませんが、くれぐれも、僕が一連の事を「良く知らない」前提で書いているという事を忘れないで下さい。
また、僕は、創価学会の事を中傷する目的で一連の事を書いたのではなく、さらに良くなって欲しいという願いを込めて書いたという事も忘れないで下さい。

続きを読む #042. 創価学会、及び、宗教についての「今の僕」の考え