「僕等」タグアーカイブ

第29話 UCLA訪問

ベルエアから車で5分もしないところにUCLAはあった。

日曜だったのでUCLA内の駐車場は閉まっていた。

仕方がないので邪魔にならないところで路上駐車して、僕等は校内を歩き出した。

これで、スタンフォード大学、UCバークレーに続く、アメリカの名門大学3校目訪問を果たした事になる。

UCLAは、1919年に設立された州立総合大学で、構内には100以上の建物が軒を連ねる中、巨大医学研究所、寮や庭園などもあるそうだ。スポーツにも力を入れているようで、フットボールフィールドや巨大な体育館など、スポーツ施設が充実していた。

さすがに日曜日なので学生は少なかったのだが、日曜なのにライブラリーで勉強している学生は沢山いて、勉強熱心なアメリカの学生の雰囲気をひしひしと感じられた。

僕が日本の大学に通っていた頃、こんなに熱心に勉強をしている学生は少なかったように思う。もちろん、今の自分と当時の自分の感じ方は違うだろうが、僕は教育の国アメリカで、この熱心な学生達に触発され、お互いにモチベーションを上げ合いながら勉強をしてみたい。今まで漠然としていたが、この旅で一番目に焼き付けて持ち帰りたかったものは、このアメリカの学生の熱心さだったのだという事に今頃になって気づいた。

次に、昼食をとる為に学食に向かった。パンダエクスプレスというアメリカで展開されている中華のチェーン店で料理を注文したのだが、ここでもヤトミさんに奢ってもらってしまう結果となってしまった。

こんな初めて会ったような人間に対してでも自然に歓迎の気持ちを示してもらえて本当に嬉しかった。これがアメリカに住む人の習性なのかどうかは分からないが、僕ももっと日本の事を好きになって、日本に訪れてくれた外国人に対して、ヤトミさんみたいに自然に歓迎の気持ちを示せる人間になりたいなと思った。

この日の天気はそれほどよくなかったのだが、外のカフェテリアで食べる事にした。

パンダエクスプレスのサービスで、デザートのお菓子の中に占いみたいのが入っていたのだが、それによると僕は、

“You desire to discover new frontiers!”

らしく、まさに新天地を求めて冒険をしている僕にぴったりの言葉かなと思った。

ヤトミさんとはいろんな話をした。

ヤトミさんは日本での大学時代を無駄にしてしまったと感じていたらしく、アメリカで心機一転して勉強を頑張ってみようと決心してアメリカへ渡ったのだそうだ。それから何十年もアメリカで生活しているのだからすごいなと思う。

ヤトミさんがアメリカに行こうと思ったきっかけは僕が留学を決意したきっかけに近く、いろいろお話を聞くべきだったのだが、気づくと僕の話を一方的にしてしまっていたようだ。何だかヤトミさんとは昔から知合いだったような感覚があって何でも話せてしまった。

昼食をとった後、試しにUCLAの講堂を覗いたり、UCLAのシンボルの熊の迫力あるオブジェクトを見たり、いろいろな彫刻が並んでいる庭園を通って車に戻った。

Sunsetlines vol.20~release encore show vol.1

今日は、新宿のRed Clothというライブハウスで、Band Wagonのレコ発(!?)が行われていて、面白そうだからGahdisを誘って観に行った。
出演バンドは、BANDWAGON, KAMOME KAMOME(ex.ヌンチャク),kuh(ex.popcather, NATSUMEN), JOURNAL SPY EFFORTだった。
どのバンドも前身バンドから含めれば知っているバンドで、どのバンドも興味があったので、久しぶりにワクワクドキドキしながら観れた。
特に、KAMOME KAMOMEは、昔大好きだったヌンチャクというバンドのVoがやっているバンドなので、かなり興奮した。
当時、ヌンチャクって僕等のヒーローで、バンドで彼らの曲をコピーしたりしていた。
Air Jamで1万人以上の人の前でプレイした人だけど、この日のライブの観客は、たったの50人足らずで、手を伸ばせば普通に手の届く所にいた。
これだけ書くと、敗北者みたいに感じるかもしれないけど、僕としては、ちっとも衰えは感じられず、相変らず凄まじいオーラを感じた。
すごいなと思ったのは、一度、大成功を収めた人間なのに、すっごく小さい規模のライブに全力でライブをやっていた事。
そこには、”自分らしい音楽をやるのに、場所は関係ない”という強い意志があったのだと思う。
それに、僕には、昔のヌンチャク時代より、今の方が彼が楽しそうにプレイしてるなと感じられた。
音楽って、”成功する事とか、過去の栄光とか関係なく、今、楽しくプレイ出来ているか”が重要なんだって改めて感じた。

#025. English Zoneに吉井怜さんが!

英会話の勉強で、English Zoneという英会話学習向けの雑誌を買いに、町田のLIBROに行った。
英会話の先生に、ここに売ってる事は聞いてたけど、どこにあるのか分らなくってかなり探し回った・・・汗
何とか見つけて、何月号買おうかなって悩んでたら、吉井怜さんの闘病についての特集が載っているものがあった!
何て偶然なんだ・・・と思って、これっきゃない!と思ってそれを買った。
家に帰ってその記事を読んでみた。
知らない単語が多くてかなり苦戦したけど、おおまかな話は知っていたから、分らない単語はなるべく想像で読み飛ばしながら何とか読みきれた。

続きを読む #025. English Zoneに吉井怜さんが!

#024. 親

僕は今日、ふと思った。
親に感謝出来ない人は、自分が親になっても子供に感謝される事ってないんじゃないかと。
僕等が子供の頃にしていた事を、僕等が親になった時に子供にされるんじゃないかと思う。
本当にそうだとしたら、僕等はそれを繰り返すだけで果たして良いのかな?

続きを読む #024. 親

根岸フットサル(今年初)

今日は朝洗濯してから昨日の続きで歌録りをした。まぁ本番じゃないしと思って適当なところで切り上げた。ミックスもしてWEBに載せようかと思ったけど、間に合わなかった。。。
昼12時過ぎに家を出て原付で根岸のフットサルクラブに向かった。この日はかなり風が強くてバイクだと細かいものが顔に当たって痛かった。
30分前くらいに着いたのに、既に何人かいて、昨日誘った客先の人もまもなく到着した。
この日は空いていて時間前なのにコートが使われていなかったので、4人くらいで軽くアップしていた。
大体チーム毎に7人くらい集まってから対抗試合が始まった。最初、10分ハーフで負けたチームが連続でやるという過酷な設定でやってて、いきなり僕等のチームは40分ほど走りっぱなしでやったら早速深刻なガス欠になってしまった・・・汗
この日のフットサルはチームの力の差がはっきりし過ぎていてあんまり良くないなと思った。フットサルはサッカーと違って、人数が少ない分、個々の力が勝敗をはっきりと決めてしまう。一人でもボールキープが出来ない人がいるとバランスが一気に崩れてしまう。それでも楽しくやれれば問題ないけど、やっぱもっと楽しくやるんなら、サッカーくらいの人数でやるのが一番いいなと思った。
プレイ中、右足の太ももの辺りにずっと激痛が走っていた。何でだろうって心当たりがあるとすれば、バイクがパンクした時に押して歩いていった時に筋肉を酷使しすぎたときかなと思った。後遺症とか残らなければ良いんだけど・・・汗

地上の星

プロジェクトXでお馴染みの中島みゆきの曲です。
僕は、音楽を聴くっていっても、歌詞ってあんま聴いてなくて、やっぱ言葉として入ってこなくて、音っていうイメージで聴いてしまう。でも、この曲は特に歌詞が心に突き刺さる。
今、ちょうどUSの無人の宇宙船が火星に行ったり、火星や月の土地を(勝手に??)販売したりしてるけど、僕は、宇宙の星も素晴らしいけど、地上の星も同じくらい素晴らしいと思う。

続きを読む 地上の星

#019. 相手の一番良いところを引き出す技術

僕は、英会話レッスンが終わってから先生といろいろ語る機会がある。
僕はこういう、人とゆっくり語る時間ってすごく貴重だと思う。
やっぱり一人の力って限定されていると思うから。
人をうまく利用するっていったら聞こえが悪いけど、人から学んで僕等は成長するんだと思う。
例え、嫌いな人、薄っぺらな人でも、そういう人から学べる事って沢山あると思う。
その人が嫌いな理由とか薄っぺらだと思う理由とか考えてみれば何かしら学べると思う。
もっと大事なのは、相手の一番良いところを引き出す技術だと思う。

続きを読む #019. 相手の一番良いところを引き出す技術

川村渇真の「知性の泉」

川村渇真の「知性の泉」
今、会社で使っているプログラムに不具合が複数見つかって、その改修作業をしているんだけど、Column「歳だけとっている人は要らない」で書いたTさんの提案で、その改修作業を本当のシステム開発に見立てて、どんな作業が必要なのか、調べながら、手探りで作業をしている。
そんなときに、すごく参考になったのが、このサイトだった。
このサイトの管理人さんは、すごく自分を掘り下げてる人だなと思う。コンピュータ関係の情報が多いけど、その情報から、コンピュータ関係の事に限らず、僕等が学ばなければならない事を学ぶ事が出来ると思う。
まだ、全部見たわけではないけど、みなさんも、是非読んで見て下さい。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカを見た。
最近、たまたま北斗の拳を読んでるんだけど、話がシンクロしている部分が沢山あるなと思った。
破滅に向かっている世界の中でも、確実に希望の光があるんだってイメージ。
僕等が住んでるこの世界でも、同じだと思う。
だけど、僕もまだその光が見出せずにいると思う。
でも、少なくとも、その光がアニメの世界だけのものだとは思っていない。

平塚満喫

Gahdisの家で目覚めて、かるくハロプロの映像を見た。確かにいいもんだなと思うけど、DVD買ったり自分でライブに行ったりする気にはなれないな・・・まだその魅力に気づいてないだけなのかな??
Gahdisの神業的なハロプロ限定のDVDの編集が始まったので、彼の自転車を借りて実家に帰った。風呂入って飯食って、野菜を大量にもらってまたGahdisの家に行って、バンドの歌の練習をした。僕等はVoに全く向いていないので、せめて良いメロディーを作って、沢山練習しなきゃいけないと思った。
その後、6時頃から大好きやに行って飲んだ。大好きやは何しろ料理がまいう~!この日もチャーハンで早速やられた・・・
その後カラオケへ。今日は歌い上げ系に挑戦してみた。森山直太郎とかケミストリーとか。へたくそだけどスカッとした気分になれた。
その後、まだ早かったけど、アパートへ帰宅した。家着いてからやっぱ平塚はいいなと思ってしまった。