「初対面」タグアーカイブ

第28話 今にも壊れそうなスリリングな日産車で高級住宅街を爆走

リトルトーキョーからユニオン駅に戻り、12時過ぎにはヤトミさんと初対面を果たした。

事前に、ヤトミさんに関する情報がほとんどなかっただけに、どんな車で現れるのか全く予想できなかった。ロサンゼルスに住んでいるくらいだから、もしかして高級車なのかもしれないなどいろいろ思いをめぐらしてはみたが、僕の予想を大幅に反してヤトミさんは思わず「ポンコツ」と口が滑ってしまいそうな日産の古―い型の車で現れた。

恐る恐る車に乗り込みさぁ出発だという事で、確かに車はに動き出したのだが、何故かそれに連動してスピードメーターは動き出さなかった。しかも、ガソリンメーターも0を振り切ったままで機能してなさそうだった。この極めてスリリングな車で、僕等はまずはダウンタウンからフリーウェイに乗ってハリウッド中心部へ向かった。

当初の計画では、どこかで自転車をレンタルしてサンタモニカからハリウッド近くまでをサイクリングしようと考えていたのだが、この時点でロサンゼルスの広大さに圧倒されてしまい、その計画は元々無理な計画だった事にやっと気づいた。

という事で、ヤトミさんにお勧めのコースを決めてもらい次のように決まった。

1.ダウンタウンからハリウッドへドライブ

2.ハリウッドからウェストハリウッドに抜ける

3.ビバリーヒルズの高級住宅街をドライブ

4.UCLAを訪問する

5.サンタモニカをツアーする

6.予約しているサンタモニカのホテルまで送ってもらう

まずは、ハリウッド方面に向かった訳だが、ハリウッド中心部では、スターウォーズやスパイダーマンなどのコスチュームを着た人が通行人に向けていろいろパフォーマンスしていた。通行人に写真を撮らせてお金をもらうシステムなのだそうだが、お金を払わないと支払いを要求される事もあるそうだ。もしかして正義の見方のスーパーマンの姿をしている人でも支払いを要求してくるのだろうか。夢を壊すような事はしないで欲しいなと思った。そんな僕の場合は、写真を取りまくっていたにも拘わらず、車からなのでお金を払わずに済んだのだが・・・

ウェストハリウッドを車で通りながら、ここはゲイの街として有名だという話を聞いて、ここに集まる人たちはそれを大っぴらに主張しているようにも感じられた。店の名前もそれを主張する名前が多く、自由である為に力強く生きる人たちがここにいるのだなと思った。

ビバリーヒルズは高級住宅街で世界的に有名だ。僕は昔からエディーマーフィー主演の「ビバリーヒルズ・コップ」という映画が大好きで、この映画で見た事のあるような風景がそこにはあってかなり興奮した!!ドライブしている間、ビバリーヒルズ・コップの各挿入歌が自然と僕の頭の中に流れてきた。

実際にビバリーヒルズを訪れてみる前は、僕にとってビバリーヒルズなんて一生行けないような映画の中だけの場所だというイメージがあったのだが、案外簡単に行けちゃうもんだなぁと思った。こう思えるようになれたのも僕にとって一つのブレークスルーだった。

次に、いかにも高級そうなゲートを通ってビバリーヒルズに負けず劣らずの高級住宅地「ベルエア」周辺の道を軽くドライブした。ベルエアという住宅街はあまり知られてないらしいが、閑静で広々とした住宅地で有名人も数多く住んでいるとの事だった。

そこら中でスターマップなるものが売られていて、有名人の邸宅の住所を手に入れる事は簡単のようだった。しかも、その住所を元に有名人の家を巡るバスツアーもあるそうだ。有名人達もありがた迷惑だと思っているのだろうなと少し同情してしまった。

千と千尋の神隠し占い

amiさんのところから頂いてきました。

■千と千尋の神隠し占い
http://laos.press.ne.jp/kaonasi/kaonashitest.html

-----------------------------------–
あなたはススワタリのようです。

優しい印象が強いけれど、ときに突飛でなにをするか分からないあなた。仲の良い友達に対しては思い切ったことが言えるけれど、初対面の人間に対しては必要以上に優しくするタイプです。人を応援することやイベントごとが大好きで、リーダーに抜擢されたときは素晴らしいカリスマを発揮するでしょう。・・・ただし、普段は地道に努力をしているだけなので、あなたの才能に気付く人は少ないです。自分から売り込みに行きましょう。

-----------------------------------–

ススワタリって「まっくろくろすけ」のことですね。笑
あくまで自分的な評価ですが、かなりコメントが当たっている気がします。
そうです、僕は自分の売込みがへたくそです・・・汗
みなさんも是非やってみてください!

1勝1敗

昨日は英会話レッスンの日だった。

また前回に引き続き、シアトルに語学留学していた女性と軽く談話した。
彼女も正式にこの英会話スクールの生徒になったらしい。

初対面の時、僕がどうしょもなくダメな生徒だったら同じ結果にならなかったかもしれないな・・・汗

今回の談話は、前回と打って変わって、やはり実力の差を見せ付けられる結果となってしまった・・・
10分程という短い時間だったから難しい事は難しいんだけど、その中で全く流れを作る事が出来なかったのが悔しかった・・・
頭がぼーっとしちゃって話を切り出すのが面倒だったのかもしれない。。

現状では、英語に限らず、生産的な話が出来るかどうかは、その時の調子とか気分による・・・
その時々の調子や気分に左右されているようでは、何に対しても常勝街道を突き進む事は出来ない。

英会話だけに限らず何にでも繋がって来るこのメンタル面の強さこそ培って行くべきなんだなと思った。

clikanist、シンガポールに行く

少年アシベのスガオ君がネパールへ旅立ったように、僕は今日シンガポールへ旅立ちます。

しかし、こうして本物のスガオ君を見てると、本当に自分に似てるんだなぁと思ってきます。
違いと言えば、僕の方が多少スラっとしてるくらいでしょうか・・・

初対面の人に、「あれに似てない!?え?と、え?と、、、」と言われて、「少年アシベのスガオ君でしょ?」と答えると、8割がたは、「そ?、そ?!!!(爆)」という100%同意した答えが返ってくる・・・

まぁ、その意味がだんだん自分でも分かってきました。

プロフの写真と同じ状況を再現したら、ほんとそのままになるっぽい・・・
もし、少年アシベの実写版を作るなら、スガオ君の役は僕が引き受けましょう。

#019. 相手の一番良いところを引き出す技術

僕は、英会話レッスンが終わってから先生といろいろ語る機会がある。
僕はこういう、人とゆっくり語る時間ってすごく貴重だと思う。
やっぱり一人の力って限定されていると思うから。
人をうまく利用するっていったら聞こえが悪いけど、人から学んで僕等は成長するんだと思う。
例え、嫌いな人、薄っぺらな人でも、そういう人から学べる事って沢山あると思う。
その人が嫌いな理由とか薄っぺらだと思う理由とか考えてみれば何かしら学べると思う。
もっと大事なのは、相手の一番良いところを引き出す技術だと思う。

続きを読む #019. 相手の一番良いところを引き出す技術