「可能性」タグアーカイブ

悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 bokudeki.me/essay/mainessay/653/

確かにある未知の能力、持続的にどう引き出す?

LSDなどのサイケデリックのドラッグは、人間の潜在的な能力を引き出すものだとは思う。確かに、サイケデリックを使ってすごいアートや音楽を作る人はいる。だけど、体に不自然な方法で「覚醒」の状態に到達させているだけに副作用がある。効力が切れると憂鬱になって逆にやる気が起きなくなる。 

サイケデリックドラッグが人の潜在的な能力を引き出すことについて、その能力は確かに自分のものだとは思うけど、問題は「持続可能ではない」ということだと思う。アスリートがドーピングをするのと同じで、副作用があり、その効果は持続しないということ。 

サイケデリックドラッグにより、自分の能力や可能性を垣間見るというのは必ずしも悪いことじゃないけど、その手段だけしか自分の能力を引き出せないというのは何とも悲しいこと。自分の潜在能力に気づくのには意味があるかもだけど、将来的にはドラッグに頼るのは得策ではない。 

誰もが眠らせている能力や可能性がある。ドラッグなど持続不可能な手段ではなく、自分の未知の能力や可能性に出会うには、どういう手段があるだろうか?

「命の重さは同じ」って本当はどういうこと?

gasp at life

昔、「命の重さは同じ」って、本当はどんなことなのかを考えたことがあった。世界の貧しい地域で今にも失われる命と引き換えに死ねばいい?でも、それはただ機械的なだけの平等思想で、本当の人道的な行動とは、自由に動ける僕たちがリスクを恐れずに文字通り「死ぬ気で」行動することなんだと思った。 

「命の重さは同じ」なんて、今時じゃ古くさくて顧みもされないかもしれないけど、そういう世の中だからこそ、生命をモノのように扱うような出来事が増えてきているのではないかな。凄惨な殺人事件とかだけじゃなくて、企業の派遣切りなどの姿勢や、週刊誌のいじめ体質などからも感じ取れる。 

「生命」に対して直接危害を及ぼすのは問題外だけど、「無関心」も同等に有害だと思う。「同情」でも全く不十分で、それ以上に正しい感覚を身につけることが必要だと思う。それには「生命の可能性」に対する正しい認識が不可欠。いろんな大問題の根本的原因はやっぱここにあると思う。

ハイチの例で示す「米国の軍事介入や自由貿易で国が滅びる可能性」

今のオバマ政権がどうなのか分からないけど、アメリカは、世界のほんの一握りの人々から構成される「国際社会」の下での軍事介入や、不公正な自由貿易により、いくつもの国を破壊してきたのは事実。全部の詳細は知らないけど、ハイチの例を書いてみようと思う。 

ハイチ①西半球最貧国と言われるハイチ。2008年に起こった食料危機の時、人々が泥で作ったクッキーを食べている写真が話題になった。これは大地震が起こる前のこと。穀物価格の高騰により、米の輸入が困難になったからだ。これは、ハイチの人々が怠け者だったからなのだろうか?自己責任? 

ハイチ②ハイチは、元々、米も含めて自給率90数パーセントを誇る食料自給国だった。そんな国が、食料輸入依存国に変わってしまった。その輸入の7割はアメリカから。この急激な変化には、アメリカとの自由貿易開始が大きく影響している。 

ハイチ③「自由貿易」自体は良いも悪いもない。それが悪く働くのは、「悪意がある」又は、「対等な立場で行われない」場合だと思う。ハイチの場合は、明らかに対等な立場で行われていなかった。明らかに、アメリカが有利なように進められていった。結果として、ハイチの主食生産農業は破壊された。 

ハイチ④アメリカから自由に輸入された米が、ハイチの主食生産農業を破壊しつくした。それも、アメリカの圧力により、ダンピング(公正な競争を妨げるほど不当に安い価格で商品を販売すること)されていた。結果として、それまでのハイチの食生活が、アメリカ産の米食一辺倒に変わっていった。 

ハイチ⑤ハイチが食料輸入依存国に成り下がったところで、食料危機が襲った。それまではアメリカから輸入出来ていた米が、輸入出来なくなった。その時にはもう既に、ハイチは食料を自給する能力を失っていた。結果的に、泥のクッキーを食べるしかなくなったのだ。 

ハイチ⑥「米国のコメは大量の補助金なしでは競争力をもたない。貧しい国が米国との競争を強制されるのはスキャンダラスなことだ。もっと悪いことに、彼らは安値輸出から自らを護る機会を否定される」オックスファム・インタナショナルの”貿易を公正に”キャンペーンを率いるフィル・ブルーマーの言葉 

ハイチ⑦アメリカとハイチとの間で自由貿易が始まったのは1995年。長いアメリカの支配から、「ラバラス」という名で知られる草の根運動により初めて民主的に選ばれた元神父のアリスティード大統領が、軍事クーデターにより倒され、国連の承認の下、多国籍軍の介入まであった年の翌年のこと。 

ハイチ⑨クーデターを起こした軍事政権は、アメリカに名目上の経済制裁を受けるが、秘密裏に援助を受けていた。しかし、この軍事政権が長続きしないと見たアメリカは、軍事政権とアリスティードとの間の条件付きの和平合意提案したが、軍事政権がこれを拒否した。 

ハイチ⑩結果的に、国連の承認の元にアメリカは軍事介入の結果、軍事政権を倒し、アリスティードを「条件付きで」大統領に戻した。その条件が、関税をほぼ撤廃する「自由貿易政策」だったのだ。 

ハイチ⑪アメリカの理不尽極まりない圧力に、時折妥協しながらも屈しなかった大統領は、2000年の選挙で、4分の3の票を獲得し、アメリカの推す候補を引き離し、圧倒的な勝利で再選することになる。しかし、国際選挙監視団が選挙の公正さを保証したのにも関わらず、アメリカは選挙に不正があったと主張し、裏で軍事介入を始めた。 

ハイチ⑫アメリカは、前回のクーデター時の反政府勢力含む反アリスティード派に武器と資金の供給をし、ドミニカの反乱勢力を後押しし、ハイチを攻めさせた。この2つの勢力が合流し、結果的にハイチの首都は制圧された。結果的に、アリスティード大統領は拘束され、辞任に追い込まれる。 

ハイチ⑬ハイチは、西半球の最貧国と言われている。泥のクッキーでも食べなければ生きていけないほどの貧しさだ。それは、ハイチの人々が怠け者だからなのか?いや、ハイチの社会の崩壊は、アメリカ都合の軍事介入や、これもアメリカ都合の不公正な自由貿易によるものだったのだ。 

参考URL: 
•貧しい国のコメ農民の関税保護をー国際開発NGOが新報告 ow.ly/7q8YU ハイチの真相と米国の介入 
•ラムゼー・クラーク t.co/jKnOquBH 
•泥を食べる人たち ow.ly/7q900 
•ハイチ もうひとつの見方~クーデターの裏に見えるアメリカの影 ow.ly/7q90u 

このハイチの歴史は、現オバマ政権の前のことであり、そのまま今のTPPの議論に当てはまるかは分からない。だけど、悪意があり、対等な立場にない不公正な自由貿易は、本当に国を滅ぼすことがあり得る。アメリカの目的が、悪意なく、共栄して中国に対抗するという目的なら、問題ないと思うけど。

「中古」の価値

新品と中古が同じ値段だったとしても、中古の方が価値があると考えるパターンがあってもいいと思う。「中古の方が価値がある」という可能性について考えてみたい。もちろん、場合によるだろうけど。 

個人的には、何かを買うとき、中古のものを先に探す。「安いから」というのもあるけど、「環境に出来るだけ負担をかけずに済む」というのが主な理由。別のいい方をすると、「新品のものを買う」ということは、環境に負担をかけることなんだと思う。そのくらいの覚悟をして新品を買うべき。 

食品など腐るものや明らかな消耗品は除けば、腐らず半永久的に使えるものということになる。そういうもので新品を買うってことは、将来のゴミを増やすということ。中古で買えばゴミは増えない。深刻さを極めるゴミ問題を考えれば、中古で買う価値は確実にある。 

偏見かもしれないけど、固定観念で嫌いなのものに「ブランドものの新品がいい」ってのがある。個人的に、Goodwillで買ったものは、値札をそのまま貼ってGoodwillブランドとして使っている。Goodwillとは、ゴミ同然の寄付されたものを中古で安く売り出す非営利団体。

巨人「マクドナルド」とポートランドの「フードカート」

「マクドナルド」とポートランドの「フードカート(屋台)」を対比してみる。前者は、ビジネスの効率性と、ある一定の「品質」と「安心感」がある。だけど、果たして僕たち消費者はそれでどれだけ得しているのだろうか?僕が一番注目する点は、「従業員の可能性がどれだけ活かされているか」だ。

一軒一軒のフードカートは、いろんな面でマクドナルドには勝てないかもしれないけど、それぞれのカートは自由に想像力を発揮させて独自の料理を提供出来る。(可能性を引き出しやすい)無数のエンパワーされた多様なカートが集まれば、全体としての価値は、マクドナルド一辺倒よりは数段高くなるに違いないと思う。

マクドナルドのようなチェーンビジネスで一番問題になり易いのは、利益追求の為に従業員をパーツのように扱い、その創造性や可能性を著しく制限する形でビジネスが行われることだと思う。(それがクリアされれば、チェーンビジネスでも問題ないのかもしれないけど)

ビジネスが巨大だとそれだけ大きなアウトプットや恩恵があると錯覚しがちだけど、たかがビジネスの為に貴重な従業員(人間)の可能性が台無しにされるのは、社会全体において極めて大きな損失だと思う。

ルームメイトはゲイ

家賃を抑えるため、同じベッドルームにルームメイトがいますが、最近、彼がゲイだということが分かりました。
彼をルームメイトに決めた時は気付かなくて、しばらく気付きませんでした。

さすがに、男同士で抱き合っているところを見た時はびっくりしたけど、まぁ、男女で抱き合ってるところに偶然出くわした時もそのくらい驚くかなと思った。

彼とは同じ部屋でベッドを並べて寝ています。
彼は鳥の胸肉など筋肉を付けるためのものばかり食べる筋肉質の人です。
か弱い僕が襲われたら、ほとんど何も抵抗出来ないでしょう。
(これはあくまで設定の話です)

人によっては、この時点ですぐに出ていくかもしれませんね。
でも、僕の場合は、ゲイだろうと全く問題ありませんでした。
ほとんど抵抗が無かった自分にむしろ驚きました。

僕にほとんど抵抗がないと知った彼は、ゲイの友達を家に呼んでかなり大っぴらになってきました。
最低限のプライバシーは守りたいけど、出来る限り自由にさせてあげたいと思っています。

僕に近寄らなければいい?
全然そんなことなくて、むしろもっと仲良くなりたいですね。
実際、彼がゲイだと気付く前より、気付いた後の方が仲良くなれた気がするし。

じゃぁ、僕を好きにならなければいい?
それも、そんなことなくて、こんな僕でいいなら好きになってもらっても全然構わないんです。

ゲイの人は、同じゲイの恋人を捜す傾向があるかもしれないけど、むしろ、「ストレートの男性を好きになって何が悪いんだ!」と思う。
むしろ、それを迷惑がる人の方がどうかと思ってしまう。

僕は、将来、同性が好きになる可能性もあると思っている。
自然にそうなるなら、全く抵抗はない。
さすがに強制的にされるのは嫌だけど、いろんな可能性があっていいと思うんだ。

この体験を通して、昔と比べて本当に偏見が少なくなったなと思った。
自分が弱い立場になることが多くなった上に、弱い立場の人たちとの接点が劇的に増えたからかもしれない。

弱い立場の人の痛みが分かるのって、掛け替えのない財産だと思ってる。

「やめさせる」より「もっと選択肢を用意する」方が大事だと思う。

■「ぺしゃんこ楽しい」中2、線路に自転車置く
(読売新聞 – 10月19日 13:19)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1378289&media_id=20

以前、青少年の万引きのニュースでも書いたけど、大人たちが一方的に犯罪を「やめさせる」だけだったら、それは「子供たちの選択肢を奪うこと」でしかないと思う。

まず、子供たちがこのニュースのような行為を「選択する」のは何故か?を考える必要があると思う。
そうすると、僕たち大人たちが、彼らの選択肢を恐ろしく狭めている可能性が見えてくるかもしれない。

それが本当だとしたら、このニュースの少年にその行為をやめさせるということは、選択肢を奪い続けて来た上に、さらに選択肢を奪うことにならないだろうか。

そうではなくて、僕たち大人は、子供たちのために、出来るだけ沢山の選択肢を提供出来るよう努力し、その中で出来るだけ好ましい選択をしてくれるように働きかけ続けべきだと思う。

宗教だけじゃなく社会も経済も…では?

ToshI戦う!妻取られたセミナー暴く
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1187965&media_id=8

こういうニュースを見て、「宗教=洗脳」だって一括りに決めつける人がまた増えそうですね…

もちろん、宗教は人間を洗脳することも、奴隷にすることも実際にありますので、十分に注意が必要です。
一般社会との間に簡単に超えられないような溝あると、そういうことが更に起こり易くなると思います。
でも、そういう溝が無ければ、害を及ぼすような宗教団体もそんなに好き勝手に動けなくなるはずです。

個人的には、洗脳や人間を奴隷化してしまうものは、宗教以外にまだいろいろあると思います。
下記は依然、Twitterでつぶやいた内容です。

--------------------—-
この社会って本当に強力な洗脳装置にもなり得ると思う。良く知りもしないのに、一方的に「お前は洗脳されている」とか言う人ほど、既にどっぷり社会に洗脳されている気がする今日この頃。

人間が宗教の奴隷になるのと同じくらい、人間が経済の奴隷になるケースがあると思う。
--------------------—-

恐らく、「宗教=洗脳」と決めつけ、「あ?、宗教なんて入らなくて良かった」なんて安心している人こそ、社会や経済にどっぷり洗脳されている可能性が高いと思います。
洗脳を恐れて宗教関連のことに触れず近寄らずというスタンスの人がきっと一番危ないですね。
だって、洗脳される可能性を残したままってことですからね。
人間を洗脳し奴隷化するものなんて、宗教の他にいくらでもあるんですから。

僕自身が宗教者なんで、「既に洗脳されている人間」と見なされるだけで、僕が何を言っても聞き入れてもらえない場合も少なくないんです。。。
どうしたものか。。。

家族の崩壊…

女性暴行死 逮捕の弟ら、日常的に暴行
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1172098&media_id=88

死ぬまで殴るなんて…それも家族を…
家族の崩壊もここまでひどくなりえるんですね・・・
日本は、この点で、世界一深刻な国かもしれないなと思います。
こんなに豊かな国なのに何故???

緑の福祉国家と言われるスウェーデンでも、家族の崩壊が起こっているということを耳にしました。
優れた政治システムがあっても、不幸な人々が生み出される可能性はあるということです。

そう、持続可能な社会と不幸な人々は両立し得る。。。
政治システムの整備に加えて、他にやらなければならないことが必ずあるということ。

日本は政治から腐りきっている訳ですが、日本も例外でなく、政治システムの改善に加えて確実にやるべきことがあると思います。
こんなにも悲しい事件をこれ以上起さないために、それぞれで、一刻も早く行動を起こさなければならないと思います。