「問題」タグアーカイブ

悩む対象を広げると発揮される可能性

僕はそんなに悩みがなさそうにみえるんだろうか?人並みに苦悩していると思うんだけど、外からはそうは見えないのかな。33になって彼女さえいなくて、留学生活で貯金は底をつき、社会的責任という面では、むしろ振り出し以前に戻ってからの再出発で、実は不安や心配は尽きないのに。

今日は、先月若くして母親を亡くし、彼氏との関係に深く悩んでいるSGIのメンバーとお昼を食べてきた。僕だけに向けたものじゃなかったけど、とても放っておけないような助けを求めるメッセージを受け取った。大して言葉では励ませなかったけど、苦悩を共有し、同苦しようとする意思は伝わったと思う。

自分のことでそれどころじゃないのに、他人のことまで気にかけ励ますのを損としかとらない人がいる。うちの親がそう。常に言うのは、「他人のことより自分のことを心配しろ」と。確かに、ただの現実逃避になる場合もあるけど、そればかりではないと思う。

自分が苦しい時こそ、同じように苦しんでいる人たちを励ます。それは自分を励ますことでもあり、気にかける対象を自分を超えて大きく持つことにより、自分の問題ごときではへこたれない生命状態に行き着くことができる。結果的に、気にかける対象を広げれば広げるほど、自分の力を引き出せる。

自分の問題だけで悩んでしまうと、その限られた範囲内でしか力が引き出せない。例えば、自分の問題の範囲で70%など。だけど、悩む対象をさらに広げると、その範囲で70%の力を発揮出来る可能性がある。それを自分の問題の方の基準に合わせると、実は150%の力が引き出せたことになってたり。

これは、5年以上前の、「知り合いに対する激励が及ぼした自分への精神的な作用」に関する体験談です。『「激励」が及ぼす精神的な作用」 bokudeki.me/essay/mainessay/653/

家庭内だけでは解決しない問題

家庭内だけでは解決出来ないことばかりだなって思う。でも、家庭外のサポートが自然に発生しにくい社会になっているなとも思う。 

日本では特に、家庭内の問題に対して家庭外のサポートが発生しにくくなっていると思う。街の物理的な構造にも問題があるけど、「世間体」っていうのも多いに邪魔していると思う。 

アメリカでは、日本ほど「世間体」を気にする空気はないけど、やっぱり家庭内だけでは解決出来ない問題が沢山あると思う。アメリカ人があんまり遠慮せずに、普通に助けを求められるのはまだ救いで、ただ、やっぱり無関心でケアする人自体が少ないように思う。 

こっちでは、家庭内や夫婦間、恋人間の問題で助けを求められることが結構ある。面倒見がいいっていうのはあると思うけど、言語の壁的にも、あまり打ち解けていない人に対してっていう面でも、やっぱりチャレンジになる。でも、自分が介入することによって状況が好転することも多い。 

今日は、SGIの家庭で子供が親に反発して硬直化していたおうちで、他の青年部も誘ってカジュアルなパーティを催した。30代の僕が、10代の子たちが中心のパーティということで、企画段階では、本当に不安だらけで辛かったけど、やってみたら楽しかった。そこの家族も大分絆が深まったようだった。 

先日は、友達の夫婦で、奥さんの誕生日に、旦那さんとの企画でサプライズで他のメンバーも誘って誕生会に参加した。奥さんの誕生会を祝いたいってのもあったけど、引きこもり気味だった旦那さんを励ます意味もあった。なかなか本腰を上げて仕事をしない旦那さんに奥さんがストレスを感じていた。 

家庭や夫婦の間に第三者として介入するのは、辛いことにもなり得る。正直、自分がやりたいのか分からない。実際、疲れるし、ストレスにもなる場合がある。だけど、機会を逃したくないって気持ちが強い。少なくとも、周りの家庭や夫婦に和楽が生まれれば、自分にも巡り巡って恩恵があるとは思える。 

SGIの中では、旦那と仲良くなって欲しいとか、彼氏と仲良くなって欲しいとか言われることが多いけど、キレイな奥さんにダメ夫だったり、その彼女が実は好きな人だったりすると、正直、複雑な気持ちになる。でも、僕がベストを尽くすことが、思いがけない縁の広がりを自分にもたらすとは思う。 

要は、人助けっていうのは付け足し程度のことで、根本的には自分のためにやっているということなんだと思う。 

僕は、意外と自己犠牲では行動しない。ただ、他人のための行動の中に、自分の利益をひねり出す努力は人一倍している。だから、ストレスにならずに持続する。

人間の自己中心性と関連性への無知について

これも再掲載!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クラスのテキストで最近読んだ"What's in a Neighborhood"という記事で、全体的な都市開発がうまくいかない理由として、以下の二点をあげていました。

1. Most citizens and public officials are interested only what happens in their own neighborhoods
2. Ignorance about what causes neighborhood deterioration and how it is related to the overall urban development process

一つ目は、ほとんどの市民や役人が、自分たちの近所で起こっていることしか関心がないということ。
二つ目は、特定の近所の荒廃が何故起こされたのか?また、それが全体の都市開発にどう影響しているのかへの無知です。

まさに、人間の自己中心性と、関連性への無知が根本的な原因だと言っているのだと思います。

これをもっと拡張すると、たとえば、自分たちの国内で問題がないからいいやと言う自己中心性と、ハイチで起こっているような極度に悲惨な地域を放っておくことによる、地球全体の健全な発展や持続可能性への影響への無知。

もっと言ってしまうと、一人の人間が本来の能力を発揮できず、むしろ制限されて一生を終えることによる、この宇宙への影響がどの程度なのかも計り知れないと思います。
それは僕にも分かりませんが、僕も含めて、多くの人が、自己中心性から、こういった事への関連性に対して無知であることは間違いないと思います。

すべてか僕も分かりませんが、多くの問題の根っこにあるのは、結局はこういったことなのかなと僕は思っています。

自転車より、車に対する制限をかけるべき

■イヤホンして自転車禁止です…34都道府県
(読売新聞 – 10月16日 14:37)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1375728&media_id=20

高校がJRの駅で二駅離れていて、毎日45分くらいかけて通っていた。
その時に、初めてウォークマンを聞きながら通学した時の感動が今でも忘れられない…

問題は、自転車の為の環境が整備されていなくて、未だ自動車がでかい顔をしながら走っていることだと思う。
弱い立場のサイクリストの立場から言うと、車こそ道路を譲ってサイクリストによりよい環境を作るべきだと思う。
サイクリストにばかり制限をかけるより、ドライバーにこそもっと制限をかけるべきと思う。

エイズ孤児や児童労働などの問題を知る

マイミクのルイさんの紹介で下記のYoutube映像を見ました。
エイズ孤児や児童労働などの問題を報道するニュースの映像です。
とても考えさせられました。
みなさんも是非見てみて下さい。

レンガ工場で働く子どもたち

エクアドルの子ども

エイズ孤児