「姿形」タグアーカイブ

第34話 目・と・目・で・通じ合う~♪

パタゴニアで買い物をして、いよいよアメリカ北西部へ旅立つ準備が出来、ロサンゼルス国際空港に向かう為に、まずはビッグ・ブルー・バスの通るリンカーン・ストリートを目指した。

リンカーン通りと交差するアップダウンの激しいマリーン通りを1km以上歩く事になったのだが、この辺りの住宅地もまさにカリフォルニアといった風景で、この辺りに実際に住んでみれば、カリフォルニア州の人達のような外見につられて、僕の姿形までもが徐徐にカリフォルニア形に変形していくのではないかとさえ思えた。

相変わらず全荷物を背負って相当きつくなってきている体に鞭打って、やっとの事でリンカーン通りまで辿り着けたのだが、ビッグ・ブルー・バスのバス停まで行くのに、リンカーン通りをさらに500m程歩かなければならなかった。

バス停に着くと沢山の人がバスを待っていたのだが、バスがなかなか来なくてまたフライトの時間が気になり始めた。

やがてバスが到着し乗り込んでみるとバス内はかなり混んでいた。

混んでいる車内で、僕の近くにメキシカンと思われる女の子がいて、物珍しそうに僕の顔をじっと見つめていた。僕が微笑みかけてもずっと表情を変えずに、その子はじっと僕の顔を見ていた。僕は相変わらずピースをしたりガッツをしたりしてその子にアピールを続けていた訳だが、その子が母親とバスを降りる仕草をして何も分かり合えないままお別れを迎えてしまうかに見えた。しかし、その子が母親とバスの出口のステップに足をかけていよいよ外に出ようする時、その子は僕に向かってとびっきりの笑顔でバイバイしてくれた。僕も思わず顔をクシャクシャにしてその子にバイバイ返しをした。

日本でも、電車の中とかで同じような事があった事をこの時思い出した。子供達には、子供好きの人間から発せられる「子供好きオーラ」が感知できるのかもしれない。それは万国共通だという事も、今回の経験で分かった。