「従業員」タグアーカイブ

「オランダ」に関するつぶやきまとめ

「働きにくい日本」を形成しているのが、実は、消費者という立場の僕達日本国民であるとしたら? 

労働時間が世界最短国の一つだであるオランダの従業員は、休憩時間になったり、就業時間が終われば、さっさと仕事を終わらせると聞いた事がある。例えば、空港や郵便局の窓口に人が並んでいても、自分の勤務時間が過ぎれば窓口を閉めることがあるという・・・ 

オランダでは、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針らしい。これなら、仕事中に過度のプレッシャーで事故を起こしたり、自殺に追い込まれるような事も無くなるばかりか、従業員のモチベーションが上がり、むしろ生産効率も上がるかもしれない。 

オランダのように、政府や企業が「労働者の権利を顧客サービスより優先する」という方針を持ち、消費者としての僕たちが不便を甘受出来る姿勢を持てれば、日本社会に渦巻くプレッシャーや息苦しさは減るのだろうか。 

日本とオランダの人々の労働環境を対比してみた日記。「過剰なサービスが引き起こす因果」bokudeki.me/essay/mainessay/509/ 

オランダのある学校の校則って「人間らしく行動すること」だけ???日本人の感覚だと具体的なことを聞かないとピンと来ないものだけど、ある中学校の校長は「それは生徒が自分で考え、自分で決めることです。あまり細かい規則をつくると、生徒は自分の頭で考えなくなるので、つくりません」だそう。

巨人「マクドナルド」とポートランドの「フードカート」

「マクドナルド」とポートランドの「フードカート(屋台)」を対比してみる。前者は、ビジネスの効率性と、ある一定の「品質」と「安心感」がある。だけど、果たして僕たち消費者はそれでどれだけ得しているのだろうか?僕が一番注目する点は、「従業員の可能性がどれだけ活かされているか」だ。

一軒一軒のフードカートは、いろんな面でマクドナルドには勝てないかもしれないけど、それぞれのカートは自由に想像力を発揮させて独自の料理を提供出来る。(可能性を引き出しやすい)無数のエンパワーされた多様なカートが集まれば、全体としての価値は、マクドナルド一辺倒よりは数段高くなるに違いないと思う。

マクドナルドのようなチェーンビジネスで一番問題になり易いのは、利益追求の為に従業員をパーツのように扱い、その創造性や可能性を著しく制限する形でビジネスが行われることだと思う。(それがクリアされれば、チェーンビジネスでも問題ないのかもしれないけど)

ビジネスが巨大だとそれだけ大きなアウトプットや恩恵があると錯覚しがちだけど、たかがビジネスの為に貴重な従業員(人間)の可能性が台無しにされるのは、社会全体において極めて大きな損失だと思う。

録画してあった番組を見まくった

家に帰って、DVDレコーダーにとっておいた以下の番組をみた。(タイトルは適当)
 ・プロジェクトX – 金剛力士像(仁王像)の修復に挑んだ男達の物語
 ・奇跡体験アンビリバボー – (前)ウィンチェスター家の呪われた血筋により建てられた奇妙な豪邸、(後)現代のメル友殺人のような事件が50年前にも存在した
 ・ガイアの夜明け – ユニクロ、店長の自立を目指す
ガイアの夜明けのユニクロの話はすごい面白かった。
ユニクロでは、僕と同じ歳の25歳の女性がすでに店長をやったりしているらしい。。。
いろいろ苦労しているみたいだけど、彼女なりに経営の面白さを発見したみたいだった。
見ていて、かなり大変で最初は絶対やりたくないと思ったけど、見終わった時は、結構面白いかもなと思うようになった。
面白そうだなと思ったポイントは、次の2点。
 ?従業員に目的意識を持たせて、各自で考え行動できるように、いろいろ考えて働きかける事
 ?お客さんの視点になって、ディスプレイの仕方を最適化していく事
これを実現するには、様々な方法があるし、考える余地が無数にあって、自分で試行錯誤しながら答えを見つけていかなきゃいけない。
すっごい苦労するだろうけど、これが出来るようになれば、人間的にすごく成長出来ると思う。