「時点」タグアーカイブ

この事件と自分との関係

家族5人刺した男を逮捕 2人が死亡
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1179832&media_id=88

僕は、こういった事件を見るたびに、こういった事件と自分との関係を考えるようになりました。
自分は、勝手に特別な立場にあってあれこれ評価すればいいだけの立場にいるのだろうか?

この事件が起こったのは、
インターネットを取られたことだけが原因じゃない。
この家族の長男だけの責任じゃない。
だからといって、この家族の責任だけでもない。

僕たちは皆、彼と何らかの形でコミュニティを共有している。
その時点で、彼とは無関係ではないはずなんです。
僕たちがそれぞれ彼に対して出来る事が確実にあったはず。
その時点で、無関係では決していられないはずなんです。

以前、「彼は僕たちのコミュニティの一員です」というタイトルで日記を書きました。
この事件ととても関連するので、一部転載しておきます。

--------------------—-
僕には、彼とはいろんなコミュニティを共有していという意識があります。
だから、この事件の責任の一端は、厳然と僕にもあると思います。

彼の抱えているものを共有できず、彼の能力を活かしきれずに、犯罪者にしてしまった。
実は、これはいくらでも予防できたことだと思うんです。

でも、彼が犯罪者になってしまった時点で、果たして彼の人生は終わりなのか?
それは、これからの僕たちの働きかけにかかっている。

それをしなければ、さらに僕たちは損をし続けることになるでしょう。

実は、これは厳然とした因果の法則であって、人々がその関連性に鈍感になってしまったことから、すべての腐敗が始まっていると思うんです。
どんなに努力したって、この因果の法則から自分を除外することは出来ない。

だから、大事なのは、自分が所属するコミュニティへの意識を正しく持ち、責任を持つこと。
そして、そこに属するメンバーを、仲間外れなくケアし、苦しみや悩みを共有し、共に乗り越えていくという覚悟を持つこと。

彼は僕たちのコミュニティの一員です
http://bokudeki.org/archives/255

心をさらに豊かにするための実践

ほめる育児で社会適応力高い子
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1155908&media_id=2

どんなに小さな変化や成長も見逃さずに誉めて讃えてあげることは、育児に限らず、すべての人間関係に有効なことだと思います。
何でも誉めればいいってもんじゃないと思うけど、相手に関心を持ち、相手の心の動きや行動に敏感になること。
他の人と比べるのではなくて、あくまでその人自身の過去のある時点と比べて、成長した点は惜しみなく讃えてあげて、更なる成長の為に激励してあげる。
それは、自分自身の心をさらに豊かにするための実践でもあると思う。

心の豊かさについて
http://bokudeki.org/archives/74

ハンガーマップ

下記のリンクは、Kontonさんのブログで紹介されていた、WFP(国連世界食糧計画)の「ハンガーマップ」です。

http://www.wfp.or.jp/hungermap/index.html

これを見て、皆さんはどう感じますか?

このマップを見て僕が率直に思ったことは、

緑は、僕が良く知っている国(≒豊かで憧れる国)
赤は、僕が良く知らない国(≒今まで気にも留めなかった国)

ですね・・・

日本にいると、食料危機に瀕している国の情報は、興味を持って取りにいかないと、知ることは出来ないんだなと思いました。

「知れない」「気付けない」ということを、マスコミや国のせいにしてはいけないと思いました。。。

知らなくて手を打とうとしない時点で、僕らは彼らを見捨てていることになりますもんね・・・

いろいろと考えさせられるマップです・・・

シンガポール旅行には変圧器が必要・・・

明日、シンガポールに発つというのに、今更になって、現地で携帯(カメラの為に必要)やLinuxザウルス(現地でWirelessアクセスしてみたい)やipodの充電が出来ない事に気付いてしまった・・・汗

シンガポールに行くと決まった時点で気付けよ、、、という感じだけど、当然、電圧とかコンセントの形状が違うからそのままじゃつかえない・・・
(ipodはPCのUSB経由で充電は可能だけど、他は絶望的だ。。。)

当然Nixkも持っていなかったので、仕方ないので、明日の予定を急遽変更して、秋葉原に寄って変圧器と変換プラグを購入してから成田に向かう事にした。

結局、まだあんまり準備してないし、何かもっと致命的な事を見逃していなければ良いのだけど・・・

会社の面談

今日は、仕事終わってから、会社が雇っている精神的アドバイザーみたいな人との面談だった。
多分、この面談の目的は、それぞれ社員が、その時点で、どのくらいのモチベーションを持って仕事をしているかを見るという事だと思うんだけど、僕は、こういう場だとしゃべりまくる方なので、それだけでモチベーションは高いと判断されて、だいたいいつも速攻で終わる。
だけど、この日は、若干、そのアドバイザーの自慢話が始まってしまって、ちょっと長引いてしまった。
話の流れからすると、暫くは今の職場での仕事が続きそうだ。
僕は、アメリカ留学するまでにもうちょっと仕事で修羅場を経験した方が良いと思うんだけど、こうなったら、もっと仕事以外の私生活でもっともっと活動の場を広げるしかないなと思った。

スポクラの前にブックオフ巡り

今日は、スポクラの前に以下のブックオフ3店を巡った。
 ・つきみ野駅近くのブックオフ
 ・16号線で相模大野に向かう途中にあるブックオフ
 ・相模大野からおださがに向かう途中にあるブックオフ
目的は、レ・ミゼラブルの小説を全巻安く買うことだったけど、結局、全5巻中、2~3巻しかなか変えなかった。。。
しょうがないので、1巻は定価で買った。
あと、ブックオフで氷室京介の2nd、3rdを各200円で購入。
とりあえず、レ・ミゼラブルは100ページくらい読んでみたけど、そのほとんどが映画版で削られている部分だった。
それほど小説版は細かい。
それに、時代背景がなかなか掴めないので、なかなか読み進められない・・・汗
この時点で大分疲労感が漂っていたが、スポクラの為に藤沢へ。
藤沢着いた時点で9時近くで、「腹へって泳げない」という話になり、禁断の「泳ぐ前に食う」を餃子の王将にて強行。
予想通り、ジャグジーでまったりしてしまい、実質30分程しか泳がなかった(泳げなかった?)。

近所に食品のお店

今日は雨がちの日だったので、この間買った長靴とウィンドブレーカーの装備でバイクで通勤をした。
ウィンドブレーカーは専用のカッパほどの効果がなく、意外と雨が中の衣類に進出してきたけど、長靴は完全にシャットアウトしていた。
これが常時バイクに積んでおけたら便利なんだけどと思って、将来的にはスクーターに乗り換える構想をまとめた。
家に着いた時点でかなり雨が降っていたけど、近くに食品専門の小さなスーパーが開店日だったので、行ってみた。
コンビニよりちょっと広いスペースの中にところ狭しと品物が並んでいた。
開店日とあってかなり安いものがあっていろいろ買ったけど、通常の値段はそれほどたいした事なさそうで残念だった。
でも、近くにコンビニもなかったので、かなり今後お世話になりそうだ。
店の名前忘れたけど・・・

ひいきしちゃいけないと思いすぎる

最近は、何だか若い女の子のサポートが多い。
昨日は、背の高い(175くらい?)女の子のサポートがあって、今日は、デザイン系の部門の背のちっちゃいかわいい感じの女の子のサポートだった。
いや、サポートする人を選んでるわけじゃないんだけど、たまたま多かっただけ。
何か、僕はひいきが嫌いだから、こういう場合は、特別扱いしちゃいけないと思って、かえって対応悪くしちゃう事がある。
結局、これがひいき(逆の意味で)になっちゃったりする。
なんにしろ、こんな細かい事気にしてる時点で自然体じゃないなと思う。
何も意識しないで、誰とでも公平に接する事が出来ればすごく楽なんだけどな。